FC2ブログ
topimage

2020-01

「ザ・ファイター」 - 2012.12.14 Fri

この映画、興味なくて忘れてたけど…エイミーちゃんが出てたんだっ!

役に合わせて、やさぐれた(までは行かないか)、根性ある、はすっぱ感を出しているエイミー・アダムス嬢、えらい!

エイミーたんです!

アカデミー賞では、姉御ぶりが、もっと年季の入っているメリッサ・レオだけが助演女優賞を取ったが、エイミーも取っておかしくない。

母ですか

クリスチャン・べイルは、バットマンの面影まったくなし(笑)のキレキレ演技で、あいかわらずの役者やのう状態を、いかんなく発揮しまくり。

兄弟ですか

たしかに、ああいう家族だったら、離れてボクシング修業をするのは無理、かつ、それは本人の希望でもあったのかも。
試合シーンを見ていると、やられてばっかりで、終盤に逆転パンチを繰り出すスタイルのようだが…。
スロースターターと言ってたから、そういうふうだったのかもしれないが、タフでないと、こらえきれないスタイルだよね~。

ボクシングですね

助演のふたりが盛大に受賞しまくっていたけど、キレキレ演技すれば目立っていいのかねえ。
それと、たぶん、アメリカ人って、ボクシング(映画)が好きなんだろうかなあ、と改めて思った。

(12月9日)

カップルですか

THE FIGHTER
2010年 アメリカ作品
監督 デヴィッド・O・ラッセル
出演 マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・マクギー

参考:ザ・ファイター@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.

● COMMENT ●

マーク・ウォールバーグと、まっと・でいもん、あんまり区別がつかないんだが。

ボーさん、こんにちは!

今日のボーさんのブログ、いつもと見え方が違う!
全記事の下に、やっと左サイドのプロフィールとかが出てきてる。
何があった?

このエイミー・アダムスは気の強い女性でしたね~
クリスチャン・ベイルの怪演はやっぱりスゴイと思いました!
マークとマット、2人とも猿顔っちゃあ猿顔かなあ~(^^;
私はしっかり区別がつきますよ(^―^)エヘン☆

>YANさん

こんにちは!
…ん? 何もないですよ。自分では普通に見えておりますがっ。
本文部分の幅から、はみ出すサイズの画像などがあると、サイドのカラムが下に回りこんだりするのですが…YouTubeの画面が大きいのかもしれませんから、追記にして隠します。
我が家で大丈夫だけど、他家ではダメなことがあるのかな?

…と本題は、エイミーが良かった!ということですね?
マークとマット、頭文字もM、マで似てる!

ミッキーのためを思うなら "よそで メシ食ってこい"と言うべき!



ウォルバーグ演じるミッキーに重荷にさせていたのは まぎれもない事実。急遽代役の相手選手は体重差がありすぎな無茶な対戦を組ませてたり 特に兄貴は 薬や暴力沙汰で 足をひっぱりまくって・・・・

ベガスの試合で 体重差のありすぎる相手と戦って ズタボロに負けたあと 
よそのプロモーターが 「私のジムに来い トレーニング中にも金を払う」だって・・・
そんな願っても無いチャンスを家族の絆優先してしまったため その話を蹴って・・・ミッキーも おめでたく感じます。


 その後も 別のチャンスで 親父さんが連れてきてくれたプロモーターがミッキーに声をかけてきたとき それを快く思わない母親は親父さんと恋人のシャーリーンを罵倒して気分が悪かったです。

 "家族は家族、ボクシング・ビジネスはボクシング・ビジネス"の区分けをしないと・・・・

 ボクの小さいときの知り合いのレストランのご主人とその息子さんも そうでしたが、息子さんが後を継ぎたいと言った時 父親であるご主人は・・・

 "よそでメシ食ってこい"と言ったそうです。身内がそばにいては しがらみや甘えが出て 腕を磨くのに妨げになるから よそで修業して一人前になってこいって事です。

 ホントにミッキーのためを思うなら よそのジムでトレーニングを積ませてやればよかったんですよ。そのほうが 本人だって のびのびと練習できたのだから 

>zebraさん

家族が仲良しなのはいいけど、がんじがらめになりすぎですよね。
会社などでも同じと思いますが、家族経営の陥る悪いところが。

もう、どんなエンディングだったかも忘れてしまったくらいですけれど…。

コメント2つありましたので、前のほうは削除しました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2422-7015d0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ザ・ファイター

マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベイル共演で、実在のプロボクサーであるミッキー・ウォードの半生を映画化。 小姑たちの煩さも凄かったけれど、やはり、クリスチャン・ベ

ザ・ファイター

3月26日(土)@丸の内ピカデリー1。

ザ・ファイター

【THE FIGHTER】 2011/03/26公開 アメリカ PG12 116分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・

映画評「ザ・ファイター」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督デーヴィッド・O・ラッセル ネタバレあり

このクリスチャン・ベイルを観よ!!~『ザ・ファイター』

 THE FIGHTER  1993年、マサチューセッツ州ローウェル。父親の違う兄弟、ディッキー・エ クランド(クリスチャン・ベイル)とミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ) は、ボク...

『ザ・ファイター』 (2010) / アメリカ

楽天ブログ「Nice One!!」2011年3月26日日記のコピー記事です。 TBはこちらにお願いします。 原題: THE FIGHTER 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: マーク・ウォールバーグ 、クリス

ザ・ファイター・・・・・評価額1600円

ボクシングの元スーパーライト級の名選手、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクルンドの半生を描く、実話ベースの人間ドラマ。 複雑に入り組んだ家族の葛藤を、マーク・ウォ

ザ・ファイター

低所得の労働者階級が暮らすマサチューセッツ州、ローウェル。 兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)は、天才ボクサーとしてスポットライトを浴びたものの、ドラッグで身を崩し、...

ザ・ファイター

頂点へ。 原題 THE FIGHTER 製作年度 2010年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 116分 脚本 スコット・シルヴァー/ポール・タマシー/エリック・ジョンソン 監督 デヴィッド・O・ラッセル

ザ・ファイター/ THE FIGHTER

ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミネートで話題の作品 実在のボクサー、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクランドをモデルに映画化。 「...

ザ・ファイター

泣けるような感動作とは違うけど、 兄弟の絆、役者達の執念が感じられる演技に、 胸がいっぱいになりました。 THE FIGHTER 監督:デヴィッド・O・ラッセル 製作:2010年 ア

ザ・ファイター

凄いわあ〜!何が、、、?クリスチャン・ベールです。この作品のためでしょうね。かなり減量したその顔は凄く目が奥に引っ込んでいました。昔観た「マシニスト」で眠れない男を演じ...

「最後の賭け」 «  | BLOG TOP |  » 「抱きたいカンケイ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード