FC2ブログ
topimage

2020-02

「スーパー!」 - 2012.12.23 Sun

普通の人がヒーローになって悪をやっつけるだけかと思っていたが、ちょっと甘かった。

以下、すごくネタばれ。

ポスター

たしかに、やっつけるのだが、やりすぎて、もはや正義というには疑問符がつくまでになっている。
武器として、レンチを持ったときから、危険!
殺されて当然なほどではない程度の悪いことをした人まで、レンチで頭を殴るとなれば、過剰な制裁だろう。

妻リヴ・タイラー

正義のヒーローの正当性への疑問とか、こむずかしいことを考えてもいいが、まず身近に起こった不法(に思えること)をどうするかを考えていくうちに、正義を思いつき、神の啓示のように思い込み、制裁を実行したらば、そのうちに世間のすべてにも正義を及ぼしたれや! とオーバーヒートして逸れていってしまった、という感がある。

兵器作成

しかし考えてみれば、過去の出来事に、過剰な制裁がなかったか。軽い罪の者や、罪のない者にまで、リンチや死刑を処したことはなかったか。
誰でも行き過ぎることがあるかもしれないことは、頭においておくべきだ。

コンビ?

エレン・ペイジは、彼の正体を知って、自分もバットマンにおけるロビンのようになると、強引にアシスタントになる。
ところが、正義の味方は、敵をぶっ殺してもいいんだ、くらいのキレ具合全開のはしゃぎっぷり。
まだ少女体型のような彼女だから、よく分かっていない子どもがゲームをしているようにも見えたりする。彼は彼女への対処も誤る。

ベーコン

結末は、救いを残したのではないか。
普通なら捕まってるし。乗ってるクルマも丸分かりだし、市民の誰かが彼の正体に気づかないはずがないからね。

悪いやつはお仕置きだ

オープニングクレジットのアニメーションと音楽は、ゴキゲン!

(12月23日)

うっふん

SUPER
2010年 アメリカ作品
監督 ジェームズ・ガン
出演 レイン・ウィルソン、エレン・ペイジ、リヴ・タイラー、ケヴィン・ベーコン

参考:スーパー!@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


Crimson Bolt, LLC (C) 2010

● COMMENT ●

私も観ていく内に「うお、こう来たか」という感じでした、うん、甘くみていた(笑)
結末があんなにほんのりと終わるとは思いませんでしたね、いろいろな不思議な印象が残る映画です。

>まおさん

おー、ごらんでしたか!
甘くないですよね。
スパイダーマンやバットマンなどでも、正義の名のもとに暴力をふるっていいのか、みたいな問題はありましたが、これは、もう少し突っ込んで描いたような感もありますね。
録画も残しましたよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2433-80102a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スーパー!

レイン・ウィルソン、エレン・ペイジ、リヴ・タイラー、ケヴィン・ベーコン。なんでかみんな変人です。 「スリザー」の監督さんなんだね、成程納得!POPな振りして中身グロ。仮面を

スーパー!/レイン・ウィルソン、エレン・ペイジ

スゴク観たかったんですけど、新宿武蔵野館さんではレイトショーのみのようで劇場鑑賞は諦めてDVD化待ちにしてました。運が良ければキネカ大森さんの名画特集に入って観られるかな ...

クリムゾンボルト! ~『スーパー!』

 SUPER  サエない中年男フランク(レイン・ウィルソン)は、最愛の妻サラ(リヴ・タイラ ー)をドラッグ・ディーラーのジョック(ケヴィン・ベーコン)に奪われてしまう。 サラ

『スーパー!』 私たちが好きなものの正体

 あなたは『キック・アス』の映画とマンガのどちらが好きだろうか?  ストーリーラインは概ね同じでも、その印象は大きく異なる。  映画の方はちょっとブラックなコメディーで

『スーパー』をシアターN渋谷2で観て、真実は痛いふじき☆☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆☆クリムゾンボルトはなれなかった俺だ】 泣けた。 泣ける事は映画の免罪符でも何でもないが、 この手の「俺が君の為に全てを失っても君を愛す」路線 ...

スーパー!

【SUPER】 2011/07/30公開 アメリカ R15+ 96分監督:ジェームズ・ガン出演:レイン・ウィルソン、エレン・ペイジ、リヴ・タイラー、ケヴィン・ベーコン 冴えない負け犬人生を送る中年男のフ...

スーパー!(2010)☆★SUPER

評価:+8点=88点 京都みなみ会館にて鑑賞 面白いというべきか・・・・?いやあ何か悲しい気分です。哀愁を誘うとかそんなもんではなく、とてもフランクという冴えない男にとて

「レ・ミゼラブル」(1回目) «  | BLOG TOP |  » 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード