topimage

2017-08

「SMASH 第12話」 - 2013.01.19 Sat

第12話「ゴシップガール」。
以下、あらすじ。


今回は、いい歌、楽しい歌とそろっている。

演出家のデレク(ジャック・ダヴェンポート)はカレン(キャサリン・マクフィー)を呼び、「君はいいマリリンになる」と自分の考えを告げる。
レベッカ(ユマ・サーマン)はカレンを誘ってライヴハウスへ。カレンをステージにあげ、彼女の歌の実力をチェック。
ここでキャサリン・マクフィーが歌うスノウ・パトロールの「run」は、しみる名曲。



レベッカは、なぜか、連日のようにカレンと夜遊びに出るようになる。
舞台稽古(げいこ)では、マリリンの分身にも歌わせるというアイデアで、カレンが新曲を練習する。こうすれば、歌に不安のあるレベッカが歌う曲数は減る…。

カレンは恋人のデイヴ(ラザ・ジャフリー)と一緒に、レベッカとディナーの席に着くが、デイヴは、スターになるには男は障害物だと考えるレベッカと口げんかに。
このときカレンが想像している曲が、オリジナルの「A Thousand and One Nights」。デイヴに合わせて、インド・テイスト。アンジェリカ・ヒューストンやクリスチャン・ボール、デブラ・メッシング、メーガン・ヒルティなども登場してくる楽しい歌。



ジュリア(デブラ・メッシング)の家庭問題も尾を引く。息子レオ(エモリー・コーエン)は、家出騒動を起こす。
アイヴィー(メーガン・ヒルティ )は、嘘のメールでカレンを休ませ、自分がカレンの持ち歌を稽古で歌ってみせる。

メーガン・ヒルティが歌うオリジナルの「Secondhand White Baby Grand」は、彼女が歌う動画がないけれど、マリリン・モンローさんの画像を使ったものがあるので、ぜひ見てください。
ノーマ・ジーン(マリリン)が母親からもらった白いピアノ…。
泣ける。プロデューサーのアイリーン(アンジェリカ・ヒューストン)も聴きながら涙ぐんでいたよ。



放送局Dlifeのホームページは、こちら
「SMASH」のページは、こちら


(c) 2012 NBCUniversal, Inc.
(c) 2012 Dlife All Rights Reserved.

● COMMENT ●

ジーンときました

いいですね Secondhand White Baby Grand  最後はお墓の画で終わるんで、しみじみしました。

>officeroaderさん

ありがとうございます。
ドラマでは、メーガンが歌うのを映しているのですが、YouTubeにはキャサリン・マクフィーさんに比べると、メーガン・ヒルティさんは動画数が少ない気がします。
これは、マリリンの画像で聴けるから、いいですよね。

動画

感動しました。
この曲も大好きです。

>夕♪さん

いらっしゃいませ!
この回の曲は、みんな良かった! 次の13話は曲数が少なかったんですよね…ムラがある?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2447-0e57274f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セカンド・コンサート「出逢いの瞬間(モーメント)」 キョン2ディスコグラフィ(12〔番外編〕) «  | BLOG TOP |  » 「恋のロンドン狂騒曲」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード