topimage

2017-06

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 - 2013.02.01 Fri

映像の美しさ。動物、とくにトラの動き。驚きの物語。
映画芸術を堪能させていただきました!


IMAX3Dで観たのも大正解。3D効果には時々、感嘆した。やはり、画面の大きいIMAXは、いい!
観賞可能な環境ならば、ぜひ、おすすめします。

ポスター

トラと人ひとりが一緒に漂流するなんて無茶だろう、映画も2時間もたないのでは? と思っていたが、とんでもない。
船に乗るまでの話も少しあったのだけれど、遭難からラストまで、飽きさせない手腕は素晴らしい。

登場!

トラの映像は、かなりの部分がCGだと思うが、すごいものだ。
トラの動きを見るだけでも楽しかった!

いかだで

ボートにトラと人間。どうサバイバルするのかという興味にも、ちゃんと応えてくれた。
手引書があって、日本語も書いてありましたね? 日本の船だから、だよね。
魚に食らいつくところは、あ、刺身だなあと。(笑)
毒のないものを、ちゃんと食べてほしいね。

幻想的な

トラ、かっこいい!
腹が減って弱っていても、水のなかからボートに上がれなくても、動物の王者たる凛々しさを失わない。
この「命」を、よくCGでつくってくれたよ!

泳ぐ虎!

このあとは、これから観る方は読まないほうが。読んでもいいけど、そういうことがあるんだな、と知ってしまって期待しちゃうと、つまらないので。
それに、下手にネタばれしていそうな感想文やツイートは目にしないほうがいいです。


雨は飲み水になるよ

物語としても、平坦ではなかった。
最後のほうで、あっと思わせることが待っていたのだ。
そうか。
なぜ、一緒にいたのがトラだったのか。なぜ、あのタイミングでトラが飛び出してきたのか。それが分かった。
トラと別れるときの彼の涙の意味は…。
余韻が残る。

きれい!

トラの名前は「リチャード・パーカー」。
公式サイトには、エドガー・アラン・ポーの小説のなかで、漂流サバイバルの食料(いけにえ)になった人間がリチャード・パーカーだとあり、実際にも同じような事件が起きたという。
え!? このトラ…

きれい! と思ったら!

パイが生き延びて、新しい生活を手に入れられたのも、きっと、この「トラ」、リチャード・パーカーのおかげだろう。

対決

(1月27日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

おちゃかなが

LIFE OF PI
2012年 アメリカ作品
監督 アン・リー
出演 スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、レイフ・スポール、アディル・フセイン、タブー

かっこよすぎ

参考:ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@ぴあ映画生活

このふたり…

好き度☆☆☆☆★(4.5点。満点は5点)


(c) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

● COMMENT ●

わからなかった

「なぜ、一緒にいたのがトラだったのか。なぜ、あのタイミングでトラが飛び出してきたのか。」
わかりませんでした。(笑)
たしかにあのタイミングでトラが出てくるのはへんでした。

ちょうど今夜観てきました

ぼくは2Dで観たんですがそれでも映像の美しさは伝わりました。サバイバルを題材にしたものとしては最近での傑作であることは間違いないと思いました。

最初に宗教的なテーマから始まりました。ヒンドゥー教だから肉は食べない、ベジタリアンであるとか、3つの宗教は同時に信仰できないとか、このあたりは無神教に近い日本人にはピンとこない少し理解しづらいところだと思いました。宗教に造詣が深い人ならわかるのかも。。そしてこの宗教観が全編の根底にあるようにも感じました。

そしてやっとトラが登場。でもなんで?どうしてボートに乗れてたの?って不思議なところも。不思議な事はその後もときどき見受けられます(ネタばれになるのでこれ以上は言いません)。
トラがいたからむしろ生き残れた。トラがいなかったら生き残れなかったかもしれない(だがもし自分だったらトラがいようがあんな状況ではとても生還はムリだったと思う)。しかし彼は闘いやりとげる。よくぞ生き残れた、感動がわきあがる。

ミーアキャットの住む不思議な島は興味深い。映像もキレイ。
いずれにしても観終わって不思議な気持ちと余韻が残ったのはなぜかわからない。

>まっつぁんこさん

ネタばれです。(コメントはネタばれOKですが、とりあえず宣言)
私が考えたのは、パイさんの2つのパターンの話の、あとのほうが真実であるという前提でです。正しいとは限りません。
トラは、彼が子どものときの経験から、最強の恐ろしい力を持つ動物として印象づけられているので、ボートでの4人のサバイバルのときでも、彼(最後に生き残る人物)の代理として話を作る場合は、トラになるだろうな、ということです。
あとのほうの話では、4人のなかで彼が最後に相手を殺すわけですから、当然、トラ(彼)がいきなり牙をむいて最後の襲撃者になる、ということです。じゃあ、彼はボートのなかで隠れていなかったんだろうから、トラもカバーの下で隠れていなくてもいいじゃん、ということにもなりますが、彼が相手を襲った瞬間に、トラになった、みたいなイメージでいいかなと。
わかりづらいでしょうか? ですよね。

>officeroaderさん

2Dでも、奥行きが出ないだけですからね。
美しさは問題ないと思います。

肉は食べない、という話は、でも、サバイバルのときには、どうしたのか?という疑問を呼びますね。きれいごとでは済まない、というあたりが考えどころじゃないでしょうか。

上のコメントに書いたような私の考えだと、いくら不思議なことがあっても、おかしくないです。
だいたい、ミーアキャットの島は、現実的には、なし、では?
トラの(生命)力とか残酷さを心に思い描きつづけて、自分を鼓舞したからこそ、生き残れたのではないかなあと。パイにとっての、あのときの精神的な神といってもいいかもしれません。
…って、単なる私の考えですよ。

こんにちは♪

ボーさんもIMAX鑑賞だったんですね^^
鑑賞できる環境なら、これは絶対にIMAXで観たほうが
いい作品ですよね(^_-)-☆

前半、ちょっと長いかなあ~って思っていたら、船の沈没が始まり
パイが遭難、漂流してからは、ほんと、飽きさせない展開になっていました!

意外と奧が深かった物語でしたが、私はそれよりも、この作品の圧倒的な
映像美がより好きでした^^

気高さのあるトラ、素敵でした(^.^)
CGの進歩は凄いですね(@_@)

>ひろちゃんさん

こんばんは!
これはIMAXでよかったです! 
アクションものでなくても、映像の美しさは大きな画面で、より楽しめました。

序盤の長さは感じなかったですけど…みなさん、航海に早く出ないかと、あせりすぎなんですよね~。

トラさん、素晴らしすぎます。リチャード・パーカー、助演男優賞あげようかな。

こんにちは、
なかなか深い作品でしたよね。
航海する前、最初だけは退屈で眠かったものの、
あとはぐいぐいひっぱられました〜

ボーさんは
きいろいゾウ見られるのかな?
もし観られるなら、
静かな映画なので退屈しないで楽しめるといいのですけど、、、

絵画的な美しさ♪

序盤の動物園のシーンから引き込まれて、
漂流してからの美しいCGの映像にもため息で、
実写には3D要らない派の私も、これは程よくてよかった!

トラのキンニクの動きを伝えるフサフサ感とか、
まばゆいトビウオとか~、埋め尽くすミーアキャットとか、
神々しい夕日に照らされるボートの一人と1匹など、、本当に素晴しかったよね♪

幻想美

ボーさんこんばんわ♪TB有難うございました。

自分もトラは観終わった後からアニマルCGだと知りましたが、知ってたとしてもあのリアルさには驚嘆せざるをえなかったですね。それにこの作品って何気にリアルCG動物や幻想的な光景のオンパレードでもあったので、その映像美を堪能するだけでも価値はあったと思います。ホント、自分も3Dで鑑賞すれば良かったです(でも吹き替え・・--;)

・・ただ自分は『トラと漂流する』という部分に固執していたせいでしょうか、冒頭とかがちょっと長く感じちゃいました^^;(汗

こんばんは

IMAX3Dでの鑑賞はより映像が素晴らしかったでしょうね。
ほとんどCGだというトラは本物と変わらない動きで驚きますね。
猫好きなんでシュンとした表情が可愛かった~。
でも...私は前半部分はちょっと長く感じちゃいました(汗)

>migさん

こんばんは。
私はずっとおもしろく観てましたよ~。
あ、すぐには航海に出ないんだなと思いつつ。

きいろいゾウねー、めったに邦画は観ないし…予告編は見ましたけれど…。

>kiraさん

IMAXの3Dって、疲れないんですよ!
しょっぱなから、遠近感ありましたね。
美しい映像を、どこに見出すかを、かなり考えた結果なのでしょうね。
作り物のCGであっても、ここまでやってくれれば、芸術です。
テレビの画面で見たら、どれだけ感動が減るのか、考えたら怖いくらいです!
もう1回、IMAXで観たい気もします。。。

>メビウスさん

こんばんは。
私が耳にしたのは、8割方CGとか…。猛獣ですからねー、演技させるのは難しいですよね。
吹替えでも構わないと思いますし、私は基本的に3Dはそれほど気にしていません。時々、おおっと感動しますけど。それよりも大画面で観たいのですよね。

私は、きれいなお母さんのおかげで(?)、序盤も楽しかったです。笑

>yukarinさん

こんばんは!
IMAXは、でっかくて、いいですよね~。
こんな映像を楽しめるなら、2200円も高くない!(ホントはもっと安くしてほしいけど)
知らなかったら、本物のトラとしか思えないですよね。あんな映像が作れるとは、映画って、すごいものです。
シュンとしたり弱ったりしてるときは、ほんと、なでなでしてあげたい。(食われるって)

こんばんは。

貨物船でのほんのワンシーンで、アナザーストーリーが頭に浮かびますね。
何が真実かより、想像力とそれぞれの結末を観客に与えてくれる。
こんな映画も珍しいような気がしました。
IMAX料金も勿体無いとは思わないわ~(笑)ハイ(^-^)/

>オリーブリーさん

おはようございます。
彼の語った話ですから、何が本当なのかは彼の思うままなんですよね。
語られた2つのパターンの、どちらも違うのかもしれないし…。
もったいなくないです。私は、低音が響くウィンブルシート200円までプラスしちゃいました。

映画を観て、人間の人格は「イド(本能)」と「エゴ(自我)」と「超自我(スーパーエゴ)」の3つの要素から成り立ってるってフロイトさんの説を思い出しました。
その説に従えば、凶暴な虎はパイの「イド」が具現化したものと考えられるかも。
パイは長い漂流生活を送るうちに、そのイドを人格から分離させ、格闘し折り合いをつけることで、孤独に耐えようとしたのかもしれませんね。

>kiyotayokiさん

虎は実在していなかったという考えは、私も持ちました。
ああいう状況での孤独は精神的に、きついと思いますから、なにか、生きる「張り」のようなものがないと…。

あ、この映画、心理的分析で面白く観られたのではないですかっ!?

こんにちは

私ももうひとつの話のほうが真実であったと思っています
トラの話は抽象的な意味合いの話であって、実際には彼自身がリチャード・パーカーだったのだと。
冒頭から色々学んでいくべき事柄が映し出され会話にされ、
とても深い興味深い作品でした

全然関係ないんですがママジの逆三角形の肉体が凄いなーと思ったりしてました(笑)

>makiさん

おはようございます。
そうですよね。トラがいない話のほうが、ありそうです。
これ、映像もよくて、もしかしたら、いまだに今年のマイベストかも。

ママジ…そうでしたっけ、あんまり気をつけて見てなかった!

ボーさん、こんにちは!

前にボーさんがこれを誉めていた事が納得できる作品でした。
映像美だけが素晴らしい映画だと思っていたら、
いろいろ考えさせられる内容になってましたもんね。

トラが出てきたタイミングは見事でした!
オランウータンが襲われたのに激怒して、
パイの中から野生の獣の本能が飛び出したと言う事でしょうね。

トラがCGだったなんて、ただただビックリでした。

>YANさん

こんばんは!
納得できますでしょ?
映像だけじゃない。…宣伝って、映像だけでしたっけ? あ、トラと過ごした…っていうだけの話しか知らされていなかったんですよね。

そうそう、あのタイミングです! あそこでトラだ、お前はトラになるのだ!(タイガーマスクかよ!?)です。
一部は本物トラを使ったらしいですけどね。見分けがつかないくらい、すごいです。

こんにちは、コメントとTBありがとうございました。
仰るとおり映画芸術と表現するのにふさわしい映像の数々でしたね。トラなんて、言われなければCGと気付かないでしょう。
いつもはCGに頼りっきりの作品は…なんて言ってますが、この作品は見事、CGに命を吹き込んでくれました。もちろん物語もしっかりしていたし。
苦手意識を持たず、私も劇場で観ればよかった!

>宵乃さん

こんばんは。
ふつうのドラマっぽいものは、あまり気を引かれないのですが、トラと漂流するあたりが気になったのかな、と自分で過去を振り返っています…。
画面は、きれいでした。
映画ならではのものが見られたなあということですね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2452-a2f53d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 IMAX-3D/スラージ・シャルマ

カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し 世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたベストセラー小説「パイの物語」をオスカー受賞監督であるアン・リー監督が映画化した作品です。16 ...

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

22/7≒円周率=π(パイ) 公式サイト。原題:Life of Pi。ヤン・マーテル原作、アン・リー監督。スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、ジェラール・ドパルデュー、タッブー、アディ ...

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012 アメリカ) 原題   LIFE OF PI 監督   アン・リー 原作   ヤン・マーテル 『パイの物語』 脚本   デヴィッド・マギー デ

映画レビュー「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」

Life of Pi◆プチレビュー◆摩訶不思議なサバイバル劇「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」。圧倒的に美しい3D映像に息を呑む。 【85点】 インドで動物園を経営するパテル ...

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@ユナイテッドシネマ豊洲

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

評価:★★★★【4点】(13) いろんな解釈のできる映画ならではの語り口の広がり

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI

ランキングクリックしてね ←please click  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、 アン・リー監督(「ブロークバック・マウ

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか?

[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

小説のネタ探しをしていたカナダ人ライターは、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性の冒険譚を聞く。 1976年のインド。 動物園を経営していたパイ(スラージ・...

【ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日】生があることの美しさ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日~ Life of Pi ~    監督: アン・リー    出演: スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラルド・ドパル...

[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)]

☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 インドで動物園を経営していたパテル一家は、カナダへ移住することとなった。 その移動中、太平洋で、嵐にあった。 唯一生き残ったのが

映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。

当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人

ライフ・オブ・パイ

人生って冒険なのよね。  

★ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)★

LIFE OF PI なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 上映時間 127分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/01/25 ジャンル アドベ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★★

世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。動物園を経営する家族と航行...

少年と海、リチャード・パーカー ~『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】

 LIFE OF PI  インド・フランス領区に住む少年パイ(スラージ・シャルマ)は、動物園を営む 家庭に育った。一家でカナダに移住することになったパイは、家族と、動物たち とともに...

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観に行ってきました。カナダ人小説家のヤン・マーテル著「パイの物語」を原作とする冒険映画。第85回アカデミー賞に11部門...

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』

(原題:Life of Pi) 「この映画。 実は次の言葉ですべてを言い表せられる。 『Miracle&Beautiful』。 ほんとうは、もうそれだけで語らなくてもいいほど。 導入部、 少年パイが船に乗るまで...

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

【監督】アン・リー 【出演】スラージ・シャルマ/イルファン・カーン/アーユッシュ・タンドン/ゴータム・ベルール/レイフ・スポール 【公開日】2013年 1月25日 【製作】アメ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー ...

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

2月1日のファーストデーに話題の映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞しました。

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』

□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルフ...

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

1976年。 インドからカナダへ移住するため、家族や、父が経営する動物園の動物たちと共に貨物船で航海に出た16歳の少年パイ。 しかし嵐に遭い船は沈没してしまう。 ただひとり生き...

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日間

これはファンタジーと考えていいのでしょうかねえ。見てて違和感を感じた自分はやっぱリアリスト?

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日・・・・・評価額1800円

割り切れない、宇宙の理。 太平洋のど真ん中を、トラと共に救命ボートで227日間に渡って漂流・・・。 一人のインド人少年の極限のサバイバルを描いた、ヤン・マーテル原作のベスト...

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー

【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった...

映画:「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」~劇場で

3Dで見てきました。どうせ見るなら、よくよくの理由のない限り3Dをお勧めします。なにせ、監督自身が「2Dで作れってなら、俺は降りる」って言ったようですから~。 → 「2D

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり

当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞して

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 動物ものはあまり好みではありませんが、世評が高いので観に行きました。  予想していた筋立ては、少年とトラの漂流という牧歌的でありながら緊張感を孕む展開という程度にすぎ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

幻想的な映像美は見応えあり。

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 動物ものはあまり好みではありませんが、世評が高いので観に行きました。  予想していた筋立ては、少年とトラの漂流という牧歌的でありながら緊張感を孕む展開という程度にすぎ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

【=15 うち今年の試写会2】 今日と明日は滋賀県大津市でお仕事、この週末は波乗り出来そうにないので、出張出発前に地元の海で1ラウンドやっておきたかったので昨日寝るのが遅かった...

漂流の果てに

28日のことですが、映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を鑑賞しました。 1976年 インドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に嵐に襲わ...

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』’12・米

あらすじインドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中

先週観た映画 ~3/3

  久々に映画館に行ってきました! 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(Life of Pi/12)」   3D吹替を劇場で観てきました。一番の目当ては「大きな猫」ですかね!   ト...

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(2012 米)

アカデミー賞の授賞式の前にノミネート作を観ておきたいな… そう思って、先日、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を鑑賞。 …と、書いたところであることに気づいてび

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

普通に考えるとトラと漂流したら真っ先に喰われちゃうものと思います。…が、人がもつ生命力というものは凄いものですね。主人公であるパイは自分が襲われないように、トラの腹をす...

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

圧倒的映像美! 最後にそれまでの物語をガラッと覆されてビックリ( ̄∇ ̄)ゞ LIFE OF PI 監督:アン・リー 製作:2012年 アメリカ 原作:ヤン・マーテル「パイの物語」 上...

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

監督  アン・リー 出演 イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール 【あらすじ】 1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

LIFE OF PI 2012年 アメリカ 127分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2013/01/25) 監督:アン・リー 製作:アン・リー 原作:ヤン・マーテル『パイの物語』 出演: スラージ・シャ...

映画評「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督アン・リー 重要なネタバレあり。未鑑賞の方、ご注意を。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

この映画が紹介された時、あっと驚くメイキング風景(舞台裏)と、実際の映像の美しさに圧倒され主人公が、オーディションで選ばれた新人の少年、だったのにも、びっくり。(たしか、付き添い、だったのが偶然だったんですってね)最初は、驚異の体験の再現ノンフィクションかと思いきや、終盤から最後まで至るにつけ??実は、もっとも権威ある文学賞であるブッカー賞に輝いた、映像化不可能と言われた世界的ベストセラー小...

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観ました

原題:LIFE OF PI 製作:アメリカ’2012 127分 監督:アン・リー 原作:ヤン・マーテル ジャンル:★アドベンチャー/ドラマ【あらすじ】小説のネタを探していたカナダ人作家は、パイ・パテルというインド人男性を訪ねる。インドのボンディシェリ動物園を営んでいたパイの家は、彼が16歳の頃にカナダ移住のため動物たちと船に乗った。だが、途中で船は沈没し、パイは救命ボートに乗り移...

「SMASH 第14話」 «  | BLOG TOP |  » 「ストロベリーナイト」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード