FC2ブログ
topimage

2020-02

「127時間」 - 2013.02.26 Tue

あきらめるな!

そういう映画です。

渓谷へ

どんな絶望的な状況になっても、あきらめずに対処する。
1時間あまりの、ひとり芝居をどうやって持たせるのかと思っていたが、過去の回想や幻想を挟み込みながら、見事に見せ(魅せ)ましたね~。

あの危機を抜け出すには、ああするしかないでしょう、と想像したとおり。でも、キツイわ、あれは。

女の子たちと

最低気温6.6度は寒い! 陽が当たるのも数分だから、私はイヤです。(てか、そもそも行かない。)
で、ほかの映画でもよくあるのだが、個人が使うビデオやカメラが、キャノンやソニーなのが、さすがジャパン!と、いつもながらの感想。

チャレンジ

舞台になったブルー・ジョン・キャニオンは、アメリカのユタ州にある。すごい大地の裂け目で、よくあんなところを歩こうと思うものだが、好きな人は好きなんだろうなあ。

後ろを何度も振り向いたシーンが、なんだか記憶に残るが…。
極限まで追い詰められながら、生きようとする精神力。
人間、捨てたもんじゃないなとは思う。

(2月23日)

127 Hours
2010年 アメリカ・イギリス作品
監督 ダニー・ボイル
出演 ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー

参考:127時間@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

● COMMENT ●

旅先は借金取り以外の誰かに教えておきましょう。

ボーさん、こんにちは!

ワンシチュエーションでの一人芝居なのに、
上手く変化を付けてテンポが良くて、飽きませんでしたね!
ラストのあれはリアル過ぎてまともに見てられなかったわ(><)
強烈過ぎる~~
自分にはあのような精神力の強さが欠けてるんで、
素晴らしい人だなあってグッときましたよ。

>YANさん

こんばんは!
ごらんになっていましたか。
ひとり芝居を見せる監督と俳優の力量は、さすがです。
苛酷な運命もあるものですね。でも、そこを抜け出すのが、すごい。
実話なんだなあと思うと、また圧倒されますね。

ベテランであるがゆえ自分がどうなるかリアルに予測できてしまう、これは辛いですねぇ。
だからこその「あの選択」でしょうが、あまりの凄まじさに目を背けちゃいました。
でも、あの件で挫折せず、今も頑張ってるようで、心底、山に惚れ込んでいるんだなぁ、と。

>小夏さん

リアルにやってますもんねー。
いたいよ、こわいよ!
その後の写真も見ました。元気そうで良かった!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2467-ccc45c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

127時間・・・・・評価額1650円

一人旅に出るときは、行き先を誰かに告げておきましょう・・・。 今年のアカデミー賞戦線を賑わせた話題作の中で、実質最後発での日本公開となったのが、「スラムドッグ$ミリオネ

映画レビュー「127時間」

127時間 (ダニー・ボイル、サイモン・ビューフォイ 監督) [DVD]◆プチレビュー◆“動かないアクション・ヒーロー”を技巧をこらした映像で活写。「127時間」は実話ならではの感動が沸き ...

映画『127時間』★ラストよりも“127時間の経過”こそが重要なのだ!と言いたい。

            作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156305/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   公式サイトです。 http:...

『127時間』をギンレイホールで観て、良くも悪くも予定調和ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆予告通り過ぎる】 大変よくできた予告である。 足りないのは結果だけ。 って事で結果を確認できた。思った通りだった。 【銭】 ギンレイホール、会員証 ...

127時間

5月12日(木)@20世紀フォックス試写室。 TwitterとFacebookのユーザー限定のイベント。 さすがに若者が多かった。

生きることをあきらめない~『127時間』

 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右...

127時間

気合いだー!!!!!

「127hours」(邦題 127時間)精神力との戦い

精神力との戦いである。 実際に体験したアーロン・ラルストンは当然ながら、主役のジェームス・フランコ、そして見ている観客がまず精神力を試される。 はたして最後まで見届けら

127時間

自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫す...

『127時間』 (2010) / アメリカ・イギリス

原題: 127 Hours 監督: ダニー・ボイル 出演: ジェームズ・フランコ 、アンバー・タンブリン 、ケイト・マーラ 、リジー・キャプラン 、クレマンス・ポエジー 本年アカデミー

127時間

【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト...

127時間

絶体絶命の状況下でも、生き抜こうとした奇跡の127時間。 このポジティヴな生命力が眩しい~☆ 127 Hours 監督:ダニー・ボイル 製作:2010年 アメリカ・イギリス 出演

『127時間』

※少しネタバレもあります。 でも、すでに知ってられる方もいるかも (原題:127 Hours) ----この映画、 今年のアカデミー賞に 何部門もノミネートされていたよね。 監督が『スラムドッ...

127時間(2010)◆◇127 Hours

            自分のミスは自分で片付ける、、、、? でもこれって苛酷過ぎるなあ。 パソコン教室の食事会の後、東宝シネマズ二条へ・・・・。 公開を心待ちにしてい

「スパイ」 «  | BLOG TOP |  » 「コンテイジョン」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード