topimage

2017-06

「クラウド アトラス」 - 2013.03.20 Wed

いくつもの時代の話が並行して描かれ、しかも、同じ俳優がそれぞれの時代時代において、別の役を演じているという、ややこしさ…。

この映画、つい最近に映画館で予告編を見て、えー、こんなのあるんだ、ウォシャウスキー監督!? とびっくりして、観ようと決めた。

複数の話が細切れになってシャッフルされて、つながっているような状態。
ただし、ひとつの話のなかでは、時間の流れる順序を変えてはいないし、それぞれの話は楽しめる。

違う時代の話を、なぜ同じ俳優が演じているのか。輪廻がどうとかいう話が解説などから聞こえてきたような気もするが…。
たんに、たとえば1人6役で演じただけだよ、といわれても納得できるから、見ていて輪廻とは分からない

逃亡

公式サイトのプロダクションノートには、
『本作が示唆するのは、個々の人生が時代を超えて個人的な軌跡を描き続けるということだ。魂は生まれ変わり、互いの絆を再び築き直す。何度も何度も。過ちは正すことができる……あるいは、繰り返される。自由は得られるにせよ、失うにせよ、永遠に求められる。そしてつねに、愛は生き残る。』
とある。
映画を観たあとに、このことを考えてみても、なんとも、もやもやとして、つかみづらいのだ。なんとなくは、分かるが。

監督のひとり、アンディ・ウォシャウスキーは、さらに言っている。
「ストーリーが6つあるという概念を捨てることが鍵になる。それは1つなんだ」
え、そ、そうなんですか…。

わかりやすくするために、公式サイトなどからの「あらすじ」と、おもな登場人物で整理してみると…

1849年

1849年、南太平洋。奴隷売買を託された若き青年ユーイングは、ひどい拷問を見せられ良心の呵責にさいなまれる。故郷サンフランシスコに帰る船中で青年は病にかかり、邪悪な医師グースの餌食になろうとしていた…。
青年がジム・スタージェス、医師がトム・ハンクス。青年の妻がぺ・ドゥナ。
監督は、ウォシャウスキー姉弟。

1936年

1936年、スコットランド。ユーイングの航海日誌を読む作曲家志望の青年フロビシャー。父に勘当された彼は、天才作曲家のもとで夢に見た最高傑作を完成させようと苦しむ。それは、のちに幻の名曲と呼ばれる『クラウド アトラス六重奏』だった…。
フロビシャーがベン・ウィショー、その友人(恋人)シックススミスがジェイムズ・ダーシー、天才作曲家がジム・ブロードベント。
監督は、トム・ティクヴァ。

1973年

1973年、サンフランシスコ。ある女性ジャーナリストが巨大企業の汚職を追及するが、その露呈を防ごうとする企業が雇った殺し屋に追われることになる。彼女と恋に落ちた、この企業の男が会社への裏切りを決意するが…。
レコード店で『クラウド アトラス六重奏』の話が出たり、フロビシャーの手紙が登場したり。
ジャーナリストがハル・ベリー、彼女に協力する男がトム・ハンクス、殺し屋がヒューゴ・ウィーヴィング。
監督は、トム・ティクヴァ。

2012年

2012年、イングランド。巨大企業の陰謀をあばいたノンフィクションを出版した編集者が主人公。著書を酷評した評論家を殺害した作家ホギンズの自伝は大ヒットし、編集者は大儲けとなるが…。
編集者がジム・ブロードベント、ホギンズがトム・ハンクス、女看護師がヒューゴ・ウィーヴィング(笑)。
監督は、トム・ティクヴァ。

2144年

2144年、ネオ・ソウル。地球温暖化のため地上は水没、その廃墟のうえに街がつくられている。クローンの少女ソンミ451は人間としての意識が芽生えはじめ、導かれて反乱に加わるが…。
編集者の災難を描いた映画が出てくる。
ソンミ451がぺ・ドゥナ、協力者ヘジュ・チャンがジム・スタージェス。
監督は、ウォシャウスキー姉弟。

遥か未来

そして遥か未来、文明がすっかり崩壊した地球。ソンミは神としてあがめられている。羊飼いの男のもとへ、進化した人間コミュニティからやってきた女が訪ねてくる…。
羊飼いの男がトム・ハンクス、訪問者の女メロニムがハル・ベリー。
監督は、ウォシャウスキー姉弟。

…と書いてみて、各話のつながりは、なんとなく、あるかな
でも、無理やりっぽくないか? 日誌、音楽、本、映画…でつなぐって。
生まれ変わっても一緒だよ、みたいなのは、1849年と2144年のジム・スタージェスとぺ・ドゥナ、1973年と遥か未来のトム・ハンクスとハル・ベリー。ほかにもあるかどうか…。

原作本で読んだら、もっとよく分かるのだろうか。いま、理解があやふやなので、ちょっと確かめてみたい気もする。

ハ、ハル…

いちばん笑えるのが、ハル・ベリーさんの医者役。上画像の右。なんで、これ演(や)るん? 笑

公式サイトによると、トム・ハンクス6役、ハル・ベリー6役、ジム・ブロードベント5役、ヒューゴ・ウィーヴィング6役、ジム・スタージェス6役、ぺ・ドゥナ6役、ベン・ウィショー5役、ジェイムズ・ダーシー4役、ヒュー・グラント6役、ジョウ・シュン3役、キース・デイビッド4役、デイビッド・ギヤスィ3役、スーザン・サランドン4役。
たいしたことない、ちょい役も多いけれども。
エンドロールで、誰がどの役を演じたのか、紹介されるので、お楽しみに。
演じるほうは楽しかっただろうなあ。

(3月16日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

CLOUD ATLAS
2012年 アメリカ作品
監督 ウォシャウスキー姉弟、トム・ティクヴァ
出演 トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、ぺ・ドゥナ、ジム・スタージェス

参考:クラウド アトラス@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(つまらなくはないが、すっきり分からんので、3点。満点は5点)


(c) 2012 Warner Bros. Entertainment. All Rights Reserved.

● COMMENT ●

そうそう、映画だけではそれぞれの繋がりは分かるけど、輪廻転生、というテーマは分かりにくかったですよね。
原作を読むと、色々と頷けるのかな?とは思いつつ…
ほんと、役者さんは楽しかったのではと思う七変化ならぬ六変化?でしたねー(笑)

>まおさん

ありがとうございます。
輪廻転生は分からないですよね。だって、顔が似ているってだけで、ほかに共通点はないと思うんです。同じ俳優が別の役を演じるのは、輪廻とは限らないわけで…。
でも、仕組みは面白い、ユニークな映画ですよね。

こんにちは

そうなんですよね、結局、テーマがあるようでなさそうだったから、あまり楽しめない。
役者もここまでやられるとふざけてんのか?と思わなかったんですかね~(笑)
ハルさんとスーザンには苦笑でしたよ。

>オリーブリーさん

こんばんは。
ひとつひとつの話では、ふむふむ、と観ていましたが、つながりや輪廻のことはピンとこなかったです。
俳優さんは、何役もやるのは基本的に楽しいんだろうと思いますけれど、けっこうヘンなメイクもありましたよね~。

演じる方は楽しいね(笑)

観ている方は・・・ 微妙?
いくつもの話を出すのは悪くないけど、ここまでしなくてもという感じでした。

>rose_chocolatさん

各時代のつながりも、輪廻も、観ているときは、よくわかりませんでした。
理屈こねるのはいいけど、理解の程度を超えたんじゃ困っちゃうなーと思います~。

こちらにも~♪

ボーさん、こんにちは♪

そそ、つまらなくはないけど、すっきりわからん・・・まさにそんな感じでした(汗)
でも、私は、ウォリーを探せ!感覚で楽しめました(笑)
壮大なストーリーと感じますし、それぞれのお話もつまらなくはない・・・
ですが、驚きとか感動もないって言う作品でした(汗)
だけど、こういう作品嫌いじゃないです(笑)

>なんで、これ演(や)るん

どうか~ん(笑)同感!(笑)

原作は難しそうですし、上下巻で高いから、
読むのやめました(笑)
ボーさん、どうします?(笑)

>ひろちゃん

私も嫌いじゃないです…が、終わってみると、ううむ…となり…。
なんだか、もやもや。

本は上下巻ですか! 図書館で借りるなら値段は関係ないですけど、長いと読みきれるかどうかという問題が出ますね。
考えちゃいますねえ。

こんにちは

闇医者のハル・ベリーは私も気づかず、エンドロールにて笑いました
特殊メイクって面白いですねえ
輪廻というか魂のつながりをテーマにした物語でしたが、
私は結構楽しめました
とくに、おじいちゃんたちが大活躍する編集者の物語の後半が面白かったですね
気づくと、後半のそれぞれのストーリーの盛り上がりに
手を握ってしまっていたりしたのでした

ボーさん、こんにちは!

確かに、私もつかみづらい作品だな~と思いました。
でもプロダクションノートの文章を今ここで読んで(≧ε≦)
すごく納得出来ましたよ。
過ちを繰り返す人、正す人、
自由を求めて壁を乗り越えようとする人、そして愛、
・・・どの時代にも存在してましたもんね!
なるほど~

>YANさん

こんばんは!
納得できましたか!
まー、そういうことです(知ったかぶり)
もうちょっと、ブロンド美女が出てたらよかったのかなー?(それは個人的な趣味でしょー!)

>makiさん

コメント返してなかったのに、いま気づいてびっくりです!
ごめんなさいっ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2481-485e8b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラウド アトラス

19世紀から24世紀、時代も場所も違う6つのエピソードを並行し、人間の神秘を描くスペクタクル・ドラマ。 デイヴィッド・ミッチェルの同名小説を、「マトリックス」のウォシャウス

クラウド アトラス

Cloud Atlas [CD]6つの物語がシンクロする壮大な物語「クラウド アトラス」。今まで見たことがないような構成にびっくり。ウォシャウスキーが兄弟ではなく“姉弟”になったことに驚い ...

先週観た映画 〜3/17

  今年は月イチくらいで映画館で観てるかな?! 「クラウド アトラス(Cloud Atlas/13)」   彗星の痣を持つ人物を中心に6つの時代の物語が交錯しながら進んでいく。   更にキャ

クラウド アトラス ★★★★

この作品は6つの時代を生き続ける人間の時空を超えた魂である。「マトリックス」「スピード・レーサー」などのラナ&アンディウォシャウスキー姉弟と、「ラン・ローラ・ラン」のト...

クラウド アトラス

ジョウ・シュンが出てるなんて知らなかったよ。

クラウド アトラス

クラウド アトラス@ワーナーブラザース映画試写室

クラウドアトラス 映画見終わった時点では「???」だったが・・・

【=18 うち今年の試写会2】 昨日は台風並、いや台風以上の風が吹きまくっていた、春一番とかがこんな暴風になるなんて自分には記憶が無いのだけど・・・ とにかくここ最近、天候が極...

映画:クラウドアトラス Cloud Atlas 「変化」をもたらすのはどの時代でも、正しい方向に向う「意志」

オープニング早々、鑑賞者は混乱に陥る。 時代バラバラの物語が次々とキックオフされ、翻弄される。 原作本が「統合されないバラバラのプロット」的に批判されてた記事を見ていたこ...

輪廻する六重奏~『クラウドアトラス』

 CLOUD ATLAS  世紀をまたぎ、国も性別も超えて転生する魂たち。6つの時代の異なる場所 で起こる出来事を並行して描きつつ、ひとつの命題に光を当てる壮大な物語。  「何故、人...

クラウドアトラス/ CLOUD ATLAS

ランキングクリックしてね ←please click 3時間の大作というので覚悟して観に行ったけど、、、長い うーむ これは好き嫌い分かれるな〜 6つの時代が時系列関係なく出て来て...

『クラウド アトラス』 (2012) / アメリカ

原題: CLOUD ATLAS 監督: ラナ・ウォシャウスキー 、トム・ティクヴァ 、アンディ・ウォシャウスキー 出演: トム・ハンクス 、ハル・ベリー 、ジム・ブロードベント 、ヒューゴ・ウ...

映画「クラウド アトラス」感想

映画「クラウド アトラス」観に行ってきました。アメリカ・ドイツ・シンガポール・香港の4ヵ国共同合作で、トム・ハンクス等の有名俳優が多数出演している作品。今作では、作中に...

★クラウド アトラス(2012)★

CLOUD ATLAS いま、<人生の謎>が解けようとしている。 上映時間 172分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/03/15 ジャンル ドラマ/アドベンチャー/SF 映倫...

繋がる 6つのストーリー

17日のことですが、映画「クラウド アトラス」を鑑賞しました。 1849年 航海の物語 1936年 高名な作曲家と弟子の物語 1973年 原子力発電所の陰謀 2012年 編集者の奇妙な冒険 2144年 クロ

クラウド アトラス

SFと「輪廻転生」というテーマを上手くまとめあげた作品だと思います。一見、複雑で脈絡なく進んで行くように見えてしまう物語も6つの時代を巧みに繋ぎ合わせられており、その繋が

クラウド アトラス

CLOUD ATLAS 2012年 アメリカ 172分 ドラマ/アドベンチャー/SF PG12 劇場公開(2013/03/15) 監督: ラナ・ウォシャウスキー トム・ティクヴァ アンディ・ウォシャウスキー 製作:...

クラウド アトラス

【CLOUD ATLAS】 2013/03/15公開 アメリカ PG12 172分分監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー いま、<人生の謎>が解けようとしている。 [Story]■1849

クラウドアトラス

監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー  出演: トム・ハンクス (ドクター・ヘンリー・グース/安ホテルの支配人/アイザック・サックス

映画評「クラウド アトラス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年ドイツ=アメリカ=香港=シンガポール合作映画 監督アンディ・ウォシャウスキー、ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ ネタバレあり

クラウド アトラス

ぼくの魂は時空を遥かに超える・・・ 感性を刺激するような映画です。 CLOUD ATLAS 監督:*ラナ・ウォシャウスキー  *アンディ・ウォシャウスキー      *トム・テクヴァ 製作:2012年 アメリカ 原作:デイヴィッド・ミッチェル  上映時間:172分 出演:*トム・ハンクス *ハル・ベリー *ジム・スタージェス    *ペ・ドゥナ *ベン・ウィショ...

「オズ  はじまりの戦い」 «  | BLOG TOP |  » 「月世界旅行[カラー版]」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード