FC2ブログ
topimage

2019-09

「ソウ」 - 2005.08.31 Wed

一杯食った。…いや、ご飯の話ではない…。
食わされた、といったほうがいいか。(…どっちでも同じか。(^_^;)
あのラスト。一瞬、ワケが分からなかったぞ。しばらく経ってから、おおー!と感心。とんでもねーよ! あーた、そんなこと、よくやるよ!

状況設定がキモ。バスルームの中、鎖でつながれた2人の男。その真ん中に死体。片方の男は、見えざる犯人に指定された時間までに、相手の男を殺さなければならない。そうしなければ妻子の命がない。
さて、2人は、どうする?
それが興味の中心。

観ている間は飽きなかった。
犯人捜査の場面で「リーサル・ウェポン」シリーズなどで知られているダニー・グローヴァーや、「スターシップ・トゥルーパーズ」などのディナ・メイヤーが出てきたり。

それに、操り人形が怖かった!

しかし。
低予算のデビュー作として、設定の面白さで勝負して成功はしているのだろうが、結局、これはゲームみたいなものだね。
真面目にツッコミを入れるべき映画ではないのかもしれないが、いろいろ無理がある。
犯人が映像装置やトリックを作る能力が尋常ではないとか、そんなにうまく計画を進められるものかとか、捕まったときの記憶をなぜすぐに思い出さないのかとか。
驚愕のラストにしたって、考えてみれば無理があるよね。あのプランは実行が大変でしょ? それに、気づかれるだろ、普通。

そんな文句を言ってもしょうがないのは重々承知。
アイデア賞ものだけど、荒削り。
全体として、本能的に好きじゃないのかな。好き嫌いは理屈じゃないのさ。

DVDのオーディオコメンタリー(スタッフ、キャストが映画を観ながら解説や裏話を喋るもの)を見たら、SAWは「見る」意味でもあると言っていた。「覗く」だったかも。「のこぎり」とのダブルミーニングか。
(8月27日)

SAW
2004年 アメリカ作品
監督 ジェームズ・ワン
出演 リー・ワネル、ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローヴァー、ケン・レオン、モニカ・ポッター、ショウニー・スミス、ディナ・メイヤー

トラックバックは、七月のうさぎ様(こちらの記事に刺激を受けて、この映画を観たのだ)、ソウ@映画生活様に。

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

なんとなーく

「CUBE」みたいなイメージを抱いたんですけど違いますかね~?
低予算の実験的なアイデア勝負モノってことで「ブレアウィッチプロジェクト」も浮かぶし・・・。
でもあらすじ聞いただけで寒そう怖そうです。ケアリー・エルウェスまで出てるんですね、う、懐かしい。

ちょっと見てみたいけど、生理的に苦手そうという映画、いろいろありますねー。でも私は外国モノのほうが怖い映画は好き。
日本のはマジで恐怖度が違います!!

えー?

おはよーです!
人それぞれ、価値観というか...すごく違うものですね~
私、この映画すごくグッドで好きな映画です!
ベスト3に入るかも!なんて言えるくらい(^^;
そーいうもんなんでしょうね、、映画って(笑)
秋にSAW2が始まりますよん。
ポスターが過激で取り外されたそうです。(切断した指)
私は「なんだ?指じゃん」ですけど(笑)

ちなみに「オールドボーイ」見ましたか?
私はコレも好きなんですけど(^^;
日本のホラーって怖くないしーTVの「ほんこわ」は楽しいけど。

そう?

「好きじゃない」感想を目にしたのは初めてかも。
大抵の方が絶賛してますもんね。うーん、だから映画の感想って面白いんだなw
でも、ボーさんが「一杯食わされた!」ってのはちょっと意外!
「サプライズED」とは聞いてましたけど、ある程度のオチは読めるのかなぁ~と安易に考えてました。
そうか・・・ボーさんもまんまと・・・うふふ♪
何だか、観る楽しみがまたひとつ増えましたわ。

TB&記事内リンクありがとうございました。
鑑賞後にはこちらからもTBさせて頂きますねw

>紅玉さん、ルッカさん、小夏さん

紅玉さん。「CUBE」って、閉じ込められてるヤツですよね。「ソウ」は鎖のせいで部屋から出られないから、そういう意味では似ているのでしょうか。
ケアリー・エルウェス、懐かしいですか? マーロン・ブランドの物真似が上手いと、コメンタリーで話題にされてました。なんとなくブランドと感じが似てますもんね。

ルッカさん。文句書いてますが、まあまあ楽しんだのですよ。3点あげましたし。悪くはないけど、あまりピンとこなかった、というところ。
こういう生きのいい才能は、映画界に歓迎すべきだとは思います。これからも面白い作品を作っていってほしいです。
ホラーは日本が怖いか洋物が怖いか、人それぞれなのでしょうね。
「オールドボーイ」は機会があったら観ますよ~。

小夏さん。たいていの人が絶賛してます? そういうのには反発したくなるんですよねー!(アンチ虚人と同じ心理?) 
…というわけではなくて、ほんとに、絶賛には至りませんでした。「あ、ソウなんだ? こういう話なんだ?」
私は、一杯食わされるのは多いですよっ! 先読みしないし素直だしっ!プンプン。…「ED」って何です? 

あ、ソウなんだ?

いえ、ボーさんの性格の話(^^;
「ED」ってのは、「Ending(エンディング)」の略ですわよ♪

>小夏さん

ソウです。
エディション(Edition)かと思いました。

観ましたよ。

いや、観たのはけっこう前なんですけど記事が後回しになっちゃった。
トラバさせていただきますね~♪

とにかく終盤のゴードン医師の壊れ方が半端じゃなくてビックリしましたよ。
ノコギリ伸ばせば充分届くじゃん!とツッコミ入れたのは私だけじゃないでしょ?(笑)
観客を驚かすことに執心したのか、説明不足の箇所が多かった点もちょっと気になりました。
オバカな私は、???の部分がいまだ幾つかありまする。

ま、何だかんだ言ってもかなり楽しめたんですけどね。

>小夏さん

コメント&TB、ありがとうございます!
そうですよね。ホントにやるか!?って感じですよね。
製作者の熱気あるヤングパワーで押し切ったような感もあります。

説明不足の点…うーん、どこがそんなふうだったか、もうすでに忘れてる…。

おはようございます。

今頃「ソウ」を見たのですが、世間では「ソウ」シリーズは人気がありますね。でも意外や、ボーさんはこのシリーズはこれだけなんですね。
>本能的に好きじゃないのかな
だからなのかな。
私はちょっと二作目にも興味が出てしまいました。でも噂では残酷度アップ内容低下みたいなので、次の見るチャンスがあったら見ればいいやと思っています。

これって設定やラスト、本当にアイデア賞ものだと思います。私は見る事のない映画だと思っていたので、YANさんのブログでラストが分かってしまったのですよ。それでも結構楽しめました。私的には残酷度は思ったほどではなかったのですが、絶望度100と言う感じが、怖かったです。

>kiriyさん

おはようございます。
もう5作目でしたっけ。まあ、見てもいいのですけど、人気があると、あまのじゃくなので…。

絶望度100は、いやですよねー。

たしかに、あのオチ(あれです)には驚きました。予想もしてなかった、というより、私は考えていないんですよね~。
2以降も、そんな驚きがあると楽しいですけど…。

やっと見ました

ボーさんお久しぶりです。
再三人に勧められて、やっと見ました。
さすがに人気シリーズだけあって、面白かったです。
今年は3Dだそうですね。
その後シリーズは見てますか?
私はこれ以上痛いのは・・・(汗)

>ノルウェーまだ~むさん

おひさしぶりです。ありがとうございます。
「ソウ」は、何本もあるみたいなのですが、ソウソウに、いや、早々にリタイア気分です。
見ていて楽しいものではないですし、そもそも、それほど興味がわかないのです。

…なんて言っていて、そのうちシリーズ通して見たりして!?(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/251-5e056f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソウ

SAW (2004年、アメリカ)監督、原案: ジェームズ・ワン 脚本、原案: リー・ワネル 出演: ケイリー・エルウィズ、ダニー・グローヴァー、リー・ワネル他薄汚れた広いバスルームで目を覚ました2人の男、ゴードンとアダム。彼らはそれぞれ対角線上の壁に足首を鎖で繋がれた

ソウ

 コチラの「ソウ」は、nigeraさんのご紹介で観させていただいちゃいましたぁ~♪噂には聞いてましたが、エグいですねぇ~。  ナニゲにハロウィンにぴったりなこの映画は、低予算のインディペンデント映画ながら、話題になったR-15指定のショッキング・サスペンスです。...

「ソウ」

ソウ(2004) - goo 映画 11月15日ケーブルテレビにて スプラッタ嫌いなので、ずっとこの映画を避けてきました。永久に見ない映画かと思ってい...

「SAWソウ」ソープパークでソウ体験

日本帰国時に、「はい、まだ~む、これ見てね☆」とニコニコしながらmigちゃんに手渡されたのが、この人気ホラーの1作目「SAW ソウ」である。 痛い映画苦手な私が、当初から敬遠してきたこのシリーズ。 「第一作は名作だよ!」とのmigちゃんの強い勧めに、観念して...

【最前列】に座れ 目を閉じるな ショックの限界を超えるソリッド・シチュエーション・スリラー「ソウ」

【関連記事】「ソウ2」 「ソウ3」 「ソウ4」

ランタナ@携帯 «  | BLOG TOP |  » 地元のお祭り

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード