FC2ブログ
topimage

2020-02

「大空港」 - 2013.05.19 Sun

パニックものの先駆ともいえそうな1970年の娯楽作。

空港長にバート・ランカスター、空港長と恋仲の航空会社社員にジーン・セバーグ、機長にディーン・マーティン、機長と恋仲のスチュワーデスにジャクリーン・ビセット。

ポスター

常習の無賃搭乗者にヘレン・ヘイズ、爆破物を持って乗り込む男にヴァン・ヘフリン、その妻にモーリン・ステイプルトン、滑走路をふさいだ旅客機の移動作業を指揮するジョージ・ケネディ…。

彼女はスチュワーデス

パニックものとしてよりも、ドラマ部分がさまざまに展開されて、飽きることがない。

彼女は…

見るのは通算4回目だが、おもしろいね~。
なによりも、アルフレッド・ニューマンの音楽が、わくわくする名曲で、耳から離れない。
知らない方には聴かせてあげたいよ…。

コクピット内

(5月12日)

AIRPORT
1970年 アメリカ作品
監督 ジョージ・シートン
出演 バート・ランカスター、ディーン・マーティン、ジーン・セバーグ、ジャクリーン・ビセット、ヘレン・ヘイズ

参考:大空港@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) Universal Pictures. All rights reserved.

● COMMENT ●

雪の空港

「エアポート・シリーズ」の中ではやはり、これが一番の出来ですね。何回観ても面白い。
私はスカパー版を保存しています。オーソドックスなパニックムービー。
なんといっても、ジャクリーン・ビセットの魅力。ジーン・セバーグは「悲しみよこんにちは」とはまるで別人で分からない。ヘレン・ヘイズのコミカルな味もとぼけている。男くさいバート・ランカスターとディーン・マーティンもいい。忘れちゃいけないジョージ・ケネディ(笑)
そしてあの「シェーン」でお馴染みのヴァン・ヘフリンだっけ?俳優たちがそれぞれの持ち味を出している鍋料理みたいな面白さ。

雪の空港というと、たしか「ダイハード2」もかな?この作品の影響あるかも。
日本では「ウルトラQ」の「東京氷河期」を思い出します。

>又左衛門さん

やはり、「元祖」は面白いということですね。
「エアポート75」もスリルがあって面白かった記憶はありますが、こちらはドラマとしても良いです。

ジャクリーン・ビセット、好きでしたね~。この映画では、最後に大変なことに…。
中盤はヘレン・ヘイズの無賃搭乗おばさんと、ヴァン・へフリンのダイナマイト男がメインな感じです。

こんにちは!
ずっと気になってた作品なんですが、やっと見ることができました。さすが有名な作品だけあって、面白いですね~。
パニックものは、ドラマ部分をしっかり描いてこそ盛り上がります。エアポートシリーズの3作目?も観たけど、そちらは登場人物が地味で印象に残らず損してました。

>アルフレッド・ニューマンの音楽が、わくわくする名曲で、耳から離れない。

記事に書き忘れたけど、音楽もホント良かったですよね。名作の要素に音楽は欠かせません!

>宵乃さん

おはようございます!
昔は、「エアポート’75」などと2本立てで名画座でも時々上映されたりした映画です。
3作目というと「エアポート'77」? 見てませんけど、ジャック・レモンなど有名どころが出ていますね。
音楽は、映画音楽を集めたアルバムがあれば、選ばれて入っていてもおかしくないものだと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2513-54c15a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「大空港」観ました

原題:AIRPORT 製作:アメリカ’70 監督:ジョージ・シートン 原作:アーサー・ヘイリー ジャンル:★パニック/ドラマ【あらすじ】アメリカ中西部地方を襲った30年来の猛吹雪のため、機能麻痺寸前のリンカーン国際空港。空港長ベーカースフェルドは、他空港の援助を受けつつ、事故や密航常習の対応に追われていた。だが、ローマ行きの旅客機が離陸するという時、機内に爆弾が持ち込まれたという...

「間諜X27」 «  | BLOG TOP |  » 「小悪魔はなぜモテる?!」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード