FC2ブログ
topimage

2020-06

「カサンドラ・クロス」 - 2013.05.29 Wed

リー・ストラスバーグが出てた!

今回、あ! 出ていたんだっけ! とはじめて認識した。
アクターズ・スタジオの先生、マリリン・モンローさんの先生じゃないですか! この映画の頃は70歳代なかば。

懐かしい映画。公開当時は高校生だったか? 
「カサンドラ」という名前が妙に印象的で、列車が鉄橋から落ちるのか!? うわー!
しかも監督、ジョルジ・パン・コスマトスっていうのがヘンな名前~って失礼な感想を持ったし。ギリシャ風の名前は、その頃まだ私には馴染みではなかったのだ。

主役たち

下の出演者名には女優さんの名前しか挙げなかったが、リチャード・ハリス、バート・ランカスター、マーティン・シーン、O・J・シンプソン、ジョン・フィリップ・ロー、レイモンド・ラヴロックとか出てる。

病原菌を浴びた男が列車に乗り込んだために、当局は列車ごと隔離する方針をとる。途中、カサンドラ・クロシングの鉄橋を渡ることになるが、そこはすでに廃線になっていて、列車が通ると崩落する危険性もあるのだった…。
アクションもドラマも、70年代のエンタメ映画として見れば、なかなか楽しめる。特撮が、おもちゃの列車、見え見えだけど…。(苦笑)
エヴァ・ガードナーさんが、おばちゃん顔が派手メイクすぎて、怖い。。。(すいません)

ポスター

(5月25日)

THE CASSANDRA CROSSING
1976年 イタリア・イギリス作品
監督 ジョルジ・パン・コスマトス
出演 ソフィア・ローレン、エヴァ・ガードナー、イングリッド・チューリン、アン・ターケル、アリダ・ヴァリ

参考:カサンドラ・クロス@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


● COMMENT ●

おおお~~っ!

超~懐かしい☆
バイト仲間と観に行った事だけ覚えてる♪
リチャード・ハリスも懐かしいけど、久々に見た"レイモンド・ラヴロック"の名前!
超~美形でスキだったわ、乙女の頃(笑)
内容はもう忘れてるけど、鉄橋のシーンは印象的だったね~。

>kiraさん

ありがとうございます。
懐かしい、という世代…
お正月映画だったらしいですよ、これ。
ラヴロック君の画像あったらよかったですねえ。脚を撃たれたけど、生きてた役じゃなかったかな~?
鉄橋、鉄橋。おもちゃ、おもちゃ。でも印象的。

コメントありがとうございました

マリリンの先生だった人が出てたんですね~。
リー・ストラスバーグさんの画像を見てみたけど、廃線のことを知ってたおじいちゃんでしょうか?
この作品で一番印象に残ってたキャラですよ、さすが~。

落ちるシーンは、列車がおもちゃでちゃちなのに、人が次々と死んでいく描写は意外と生々しくて後味悪かったです。
もう少し助けられなかったのかなぁ…。

>宵乃さん

ストラスバーグさんは、列車に乗った、時計売りのセールスマンだそうです。(もう忘れてる。笑)
廃線を知っていたおじいちゃんで正解ですね。

そういえば、事故で容赦なく(?)犠牲者がありましたよね。
たぶん、落ちるシーンのスペクタクルも、映画の売りのひとつだったのではないかと…。

こんばんは。

最後の列車落下は、さすがにミニチュアでしたね。差し込まれる人間の落下もあったので怖かったですが…最近だとCGでしょうけど、まぁ、当時としては大スペクタルシーンで、観ていて怖くて愕然としていました。
それにしても、あんなに人が死んでしまうとは、しかも1等の人ばかり。(@o@)

>エヴァ・ガードナーさんが、おばちゃん顔が派手メイクすぎて、

確かにここは!
美人さんなんですけど…どうしてこうなった!(T T) 失礼

トラックバックありがとうこざいました。
こちらからもさせて頂きました。

>白くじらさん

おはようございます。
映画とはいえ、あんな事故が起きてしまうとはショックですね。
まず、あんなところ(高いところの鉄橋とか)を走行する列車は乗りたくないです!
ソフィア・ローレンさんと同じく50年代から活躍した方なんですが、エヴァさんのほうは、なんとも…。きつめの美人顔のせいですかね。

コロナ禍の今見ると犯人の行動一つ一つが怖くてたまらんという感じでした。
鉄橋&列車は流石に模型っぽかったですね。それでもあーなるとは思ってなかったので呆然として観ちゃいましたよ。
パニック映画として面白かったです。

>pu-koさん

いま思うと、なんだか少し身近な怖さがありそう。
私も初見のときは、転落は、たぶん驚いて見ていたのかな~。
カサンドラとか故須磨鳥栖、いや、コスマトスというのが当時、新鮮に聞こえて。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2522-ec7dec59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一言映画感想(11/3~11/8)

先月から咲きまくっている西洋朝顔。夜中も元気に咲いてます。 「グリーン・レクイエム」を再読したかったけど一向に見つからない…。疲れたから、出てくるまで気長に待とうかな。 11/8「セント・エルモス・ファイアー」隠す気がなさすぎる浮気男ビリーのおかげで、途中まで「ビリー何人いるんだよ」と思ってた(笑)セントエルモの火のエピソードは良かったけど、これだけ問題児が揃った7人組が何年も崩壊せ...

カサンドラ・クロス

この列車に関しては、危険はまったくありません。 1976年(THE CASSANDRA CROSSING)製作国:西ドイツ、イタリア、イギリス監督:ジョルジュ・パン・コスマトス原案:ロバート・カッツ、ジョルジュ・パン・コスマトス製作:カルロ・ポンティ、リュー・グレード製作総指揮:ジ…

映画評「カサンドラ・クロス」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1976年イタリア=西ドイツ=アメリカ合作映画 監督ジョルジュ・パン・コスマトス ネタバレあり

「ジェニファーズ・ボディ[完全版]」 «  | BLOG TOP |  » マリリン in SCREEN誌 2013年7月号

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード