topimage

2017-11

「リアル~完全なる首長竜の日~」 - 2013.06.08 Sat

小泉今日子さんが出ているから観る。

ファンの私にすれば当然である。たとえ1シーン、推定5分未満の出演であっても!

キョンちゃん

黒沢監督とは、「贖罪」の監督・主演という、つながりがあるから、友情出演のようなものだったのだろう。
息子の浩市(佐藤健)が捜し物をしに実家に来たときに出迎えて、少し会話をする。彼女は、浩市の父親ではない、新たな男性と暮らし始めているのだが、物語の大筋には関係がないのだった。

キョンアップ

さて、物語は、昏睡状態の妻・淳美(綾瀬はるか)の意識のなかに入る(この技術をセンシングという)浩市を描いていく。
淳美は、おどろおどろしい漫画を生業にしていたので、浩市の目(意識?)にも、ときおり恐ろしいイメージが飛び込んできたりする。
怖さは黒沢監督の得意分野であろうけれど、私としては、いろんな映画で慣れているのか、それほどでもない。
かえって、浩市が車を運転するシーンで、事故に遭ったりするのではないかと、ヒヤヒヤした。
車が走り、外の景色が流れていくビジュアルが、少し普通じゃないのだ。あとから思えば、このあたりも、なるほどと納得できることだった。

主役

中谷美紀さん演じる女医も、どこか冷たい感じで、浩市の体験を聞き出して、なにか企んでいる悪い人なんじゃないかと思ったり。
意識下で出遭う淳美以外の人間をフィロソフィカル・ゾンビというのだが、無表情でゆっくりと動き、顔が銀色っぽい(?)。
おなじみの俳優の顔が、フィロソフィカル・ゾンビを演じているのを見ると、笑いそうになってしまった。(特に、松重豊。)

女医

途中で急展開があり、首長竜も出てくる。
あるシーンの怖さは「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」を思い起こさせた。

首長竜と対決するなら、やっぱり陸の上ですね。ヒレを使って地面を進むのは大変だから。
エンディングも含め、何がリアルで何が幻想なのか、そんな雰囲気も面白いのでは?

(6月1日 TOHOシネマズ 有楽座)

ポスター

2013年作品
監督 黒沢清
出演 佐藤健、綾瀬はるか、中谷美紀、オダギリジョー、小泉今日子

参考:リアル~完全なる首長竜の日~@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2013「リアル~完全なる首長竜の日~」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

不思議な雰囲気

ボーさん☆
トリ肌立ちませんでしたかー?
でも不思議な雰囲気の映画でしたね。
私も緑の顔のゾンビにはちょっと笑いました。

>ノルウェーまだ~むさん

こんにちは。
いや、鳥肌は…。
他人の意識に入る、という設定からしてミステリアスになりえますよね。
無害とわかれば怖くないゾンビなのでした~。

やっぱり(笑)

こんにちは♪

>小泉今日子さんが出ているから観る。

絶対に観ると思ってました(笑)やっぱりね~
でも、キョンキョンだけでなく、ちゃんと映画も
ご覧になっていたようで良かった(笑)
松重さんのゾンビ、確かに笑えますね(;^ω^)

相変わらず、女優がらみの写真ばかりだ~(笑)

>ひろちゃん

こんばんは!
観ますともさ!
予感どおり、ほんのちょっとの出演でしたが!

…いや~、いろんな誰かのファンでもありますが、基本的に、一般的な映画ファン(?)ですから、ちゃんと観ますョ。
オダギリとかのゾンビは笑わなかったんですけど、なんで松重ゾンビで笑えちゃったんでしょうね? 失礼でしょうか?
はい、女優さんが出てなきゃ画像載せたくありません。

> 小泉今日子さんが出ているから観る。

こんちは。道のりが長い話をします。
「県庁おもてなし課」で田辺愛美が演じている錦戸君の女性同僚の役名が「小泉恭子」というのです。

>ふじき78さん

こんばんは。
小泉恭子でも小泉京子でも古泉強固でもいいです。好きです。

こんにちは

劇中で、急に「ゾンビだっ!」とかいわれたので
びっくりしました
説明とかありましたっけ。。。?
色んな点において腑に落ちないところが多い作品でした
小泉ママはきれいでしたねー^^
あんなお母さん欲しいです

>makiさん

そのセリフの前か後か覚えていませんが、フィロソフィカル・ゾンビという名称は出たような気もします…。説明もあったような。
小泉ママ、役によっては、こわいですよー?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2529-dd2e6c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒沢清監督『リアル~完全なる首長竜の日~』佐藤健、綾瀬はるか : 主演

注・内容に触れています。2011年に発表の乾緑郎の原作を、黒沢清監督が映画化した。『リアル~完全なる首長竜の日~』主演は佐藤健と綾瀬はるか。共演は中谷美紀、オダギリジョー、

「リアル~完全なる首長竜の日~」☆『このミステリーがすごい!』がすごい!

選考委員満場一致で決まった『このミステリーがすごい!』大賞に選出された作品「完全なる首長竜の日」が原作。 面白い「このミス」作品とかが映画化されると、たいてい「小説で読

「リアル〜完全なる首長竜の日〜」意識の世界を彷徨った先にみたあの事件の後悔で生まれた首長竜の本当の正体

「リアル〜完全なる首長竜の日〜」は乾緑郎原作の「完全なる首長竜の日」を映画化した作品で意識不明に陥った漫画家の女性を救おうと彼女の意識に入り込んで自殺に至った経緯など ...

『リアル〜完全なる首長竜の日〜』

----これって、カリスマ的な人気を誇る黒沢清監督の作品だよね。 『叫(さけび)』『LOFT ロフト』などのホラー映画でよく知られているけど…? 「原作はホラーというよりもミステリー

リアル〜完全なる首長竜の日〜

最初は観る気はなかったんだけど、予告を観るうちに観たくなって・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 幼馴染みの恋人・淳美は理由も告げずに自殺を図った。 昏睡状態の彼...

映画「リアル ~完全なる首長竜の日~」感想

映画「リアル ~完全なる首長竜の日~」観に行ってきました。乾緑郎の小説「完全なる首長竜の日」を原作とする、実写版「るろうに剣心」の佐藤健および「ひみつのアッコちゃん」の...

★リアル〜完全なる首長竜の日〜(2013)★

きみを救うため、 ぼくは何度でもきみの<頭の中>へ入っていく。 上映時間 127分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2013/06/01 ジャンル ドラマ/ロマンス/SF 映倫 G ...

リアル〜完全なる首長竜の日〜 映像はいろいろ実験的だったが

【=32 うち今年の試写会5】 富士山に登ってみたいなって思うのだ。せっかく近くに住むようになったから。天気のいい日は波乗りしながらいつも美しい富士山を眺めているし。やっちゃ

リアル 完全なる首長竜の日

綾瀬はるかが可愛かった!

『リアル』を109シネマズ木場8で観て、恐怖映画としてニコニコふじき★★

五つ星評価で【★★黒沢清をでっかい劇場で観れるならいいんじゃない。というか監督の黒沢清が映画を観に来るのに監督もノーチェックかよと鉄槌を下した映画と言ってもいいかもし ...

『リアル』をネタバレありで、もう一発

絶賛ネタバレ中です 「モリオ、これあげるからどこか行って」 モリオはどこかへ行った。 しかし、空の彼方から翼手竜のオリモがやって来て、佐藤健を攻撃する。 (綾瀬はるか ...

リアル〜完全なる首長竜の日〜

 『リアル〜完全なる首長竜の日〜』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)黒沢清監督の作品と聞いて(注1)、映画館に出かけてみました。  本作の冒頭では、マンションの部屋で、浩市...

映画『リアル 完全なる首長竜の日』を観て

13-47.リアル 完全なる首長竜の日■配給:東宝■製作年、国:2013年、日本■上映時間:127分■料金:0円(ポイント使用)■観賞日:6月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) ◇綾瀬はるか◇佐藤健◇中谷美紀◇オダギリジョー◇染谷将太◇小泉今日子◇堀部圭亮◇松重豊【ストー...

リアル〜完全なる首長竜の日〜

前半のホラー映画っぽい仕上がりは何のため? ミステリー・ファンタジー・SF・ロマンと色々ごった煮の本作、ただ単に綾瀬はるかと佐藤健のために観た人は「むむ?」となるんじゃないのかなー。ちなみに原作では姉弟のようですが、本作では恋人同士。でも主演二人が恋人同士にどうしても見えないのはなぜだろうか。 センシングという技術でこん睡状態の人間と夢を介して意思の疎通が出来るようになった近未来、相原医...

リアル 完全なる首長竜の日

原作は、第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の小説「完全なる首長竜の日」だけど、 佐藤健&綾瀬はるかを筆頭に、キャスティングの豪華さがハンパなかったです。 なにげに、オダギリジョー、中谷美紀、染谷将太、小泉今日子、ですもん。 黒沢清監督作品、だったのですね 個人的に、豪華キャスティングで描かれる「世にも奇妙な物語」って印象でした。 誰の夢かが、...

「あまちゃん」 第10週 «  | BLOG TOP |  » 「イージー・ライダー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード