topimage

2017-03

「ポゼッション(2012年)」 - 2013.06.15 Sat

それほど怖くはないし、あっと驚く新味もないが、オーソドックスに、しっかりできていて好感をもった。

1981年作の「ポゼッション」とは区別したいので、今回はタイトルに(2012年)と付け加えます。

イメージ

その「箱」に秘められたものとは?
災いをもたらす木箱として、アメリカのオークション・サイトで話題になったという実話をベースにしているらしい。
妻と離婚した男が、娘ふたりと週末を過ごすが、下の子がガレージセールで古い木箱を手に入れる。

…それにしても、離婚して、元夫(または元妻)は週末だけ子どもと過ごす、というパターンの話が、映画の世界では、ものすごく多いような気がする。(ということを書くのも初めてではない気がする。)
つまり、実社会でも、それほど、このパターンが多いわけだろうか。

箱

この映画のお父さん、ちょっとハビエル・バルデムっぽい風貌。(私は見る目がないので、うのみにしないでほしいが。)
お母さん役は、キーラ・セジウィックさんで、有名なんだけど、途中までは、そんなに出番がない。

箱のおかげで、あんなんなったり、こんなんなったりしちゃう娘はナターシャ・カリスちゃん。かわいいです。カナダの人?
憑かれたようになったり、自分を取り戻していたり、どう振る舞うのか、その表情も、しっかり演技している。

誰?

悪魔祓いは「エクソシスト」などを思わせるけど、こっちはユダヤ教で、多少の目新しさがある。
製作には、サム・ライミが参加。
ちなみに、今回はじめて行ったシネマサンシャイン池袋の「6番館」は、ほかのシアターとは入り口が違って、なんだか異境に行くみたい。ホラーにはピッタリ!?

箱の鏡に映る歪んだ顔。MRI検査で見える「もの」。のどの奥から現れる「もの」。最後に姿を現す「もの」。最後のオチ。…なかなか、です

のど

(6月8日 シネマサンシャイン池袋)

THE POSSESSION
2012年 アメリカ・カナダ作品
監督 オーレ・ボールネダル
出演 ナターシャ・カリス、マディソン・ダヴェンポート、ジェフリー・ディーン・モーガン、キーラ・セジウィック、マティスヤフ

祓う

参考:ポゼッション@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

遅くなってごめんなさい!

こんにちは、ボーさん。
せっかく久しぶりに遊びに来ていただいたのに、コメントがスパム扱いになっちゃってました…うーん!ごめんなさいv-12
こちらからTBが反映されなくなってしまって…もう全滅。今後、コメントのURL欄のところに記事URLを入れる形で、TBとさせてくださいませ。よろしくお願いしますー。

そうそう、私もシネマサンシャインに行きましたよー。
ここ、以前ジャッカスの3Dなんかもやってて、その時はあまり眼鏡の見づらい3Dでした…。

>とらねこさん

こんにちは。
あー、こないだ見たら、コメントが表示されてないと思ったら…。「悪魔つき」の文字がよくなかったでしょうか。

池袋は行きやすい場所なのに、映画はあまり行かない…ほかの映画館でポイントをためたりするからなんですが。でも、はじめて入るシアターというのは経験として面白いです。

こんにちは

MRIに写るというところは結構目新しいものの
全体的にはオーソドックスなつくりでしたね
実体化した悪霊の姿が宇宙人に見えてしまってつい笑ってしまいました

>makiさん

こんばんは。
はい、オーソドックスでした。
やっぱり、見えないうちが怖さもありますよね~。
笑えてしまう造形だと、ちょっとねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2531-6bcef7df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポゼッション ★★★

『スパイダーマン』シリーズを大ヒットさせたサム・ライミがプロデューサーに回り、『ナイトウォッチ』のオーレ・ボールネダルが監督を務めた驚がくのホラー。2004年に「Los Angeles Times...

ポゼッション

怖くはないけど、個人的には満足。

ポゼッション

THE POSSESSION 2012年 アメリカ/カナダ 92分 ホラー 劇場公開(2013/05/25) 監督:オーレ・ボールネダル 製作:サム・ライミ 出演: ジェフリー・ディーン・モーガン:クライド キーラ・セジウィック:ステファニー ナターシャ・カリス:エミリー <ストーリ...

ポゼッション

実話を元にした(所有者に災いをもたらす木箱として米国オークション・サイトで話題になった「ディビュークの箱」の都市伝説)てのがいいですよね。ガレッジセールで買った小箱に惹かれた次女エミリーがなにかに憑依されてしまう。 少女の喉から指が出たり、顔の中を何かが動いたり、蛾が口から飛び出したり(部屋中のあの大量の蛾は本物を使ったようです)といった現象で少女の中に巣食うモノを視覚化しています。 ...

ポゼッション

『ポゼッション』  THE POSSESSION 【製作年度】2012年 【製作国】アメリカ/カナダ 【監督】オーレ・ボールネダル 【主演】ジェフリー・ディーン・モーガン     【イントロダクション】 by Amazon.co.jp ガレージセールでアンティークの木箱を購入したクライド。彼の次女・エミリーはその箱に異常な執着を示すが、やがて狂暴な振る舞いを見せ...

「イノセント・ガーデン」 «  | BLOG TOP |  » 「あまちゃん」 第10週

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード