topimage

2017-10

「パシフィック・リム」(1回目) - 2013.08.15 Thu

バトル・シーンが暗くて、動きがよくわからない。
そのほかの点では、ものすごく楽しい!


IMAXの3D吹替版で観賞。これは絶対IMAXで観ると決めていたし、そういう内容の映画だ。

ポスター

ロボットと怪獣の戦いを大迫力で魅せまくる力技!
監督が日本のロボットアニメや怪獣ものが大好きなようで、それは素直にうれしい。

ロボ

私も「マジンガーZ」やら、もろにハマる時代を生きたので(さすがに「鉄人28号」の記憶は薄い)、この映画には萌える!
しかも大スケールの実写(とCG)で、つくってくれてるのだから!

乗員

ヒロインが菊地凜子さんなのも、うれしい。
ロボット、怪獣が主役なんだから、その文化の生みの親といってもよさそうな日本への敬意なのだろうか。

マコ

ロボット(ちゃんとした名称はつけてあるようだが、特には書かない)の操縦が「ふたり一組」で、コンビネーションをとるところに、ドラマが生まれてくる。
お互いの記憶までシェアするので、どちらかに、つらい記憶があれば、もうひとりも、それを経験しなければならない…。

ニュース

…なんて難しいことは置いといて!
ロボットアニメや怪獣ものを、ワクワクして見ていたときと同じように、楽しめばいい。
ただ、はじめに書いたように、戦闘シーンが夜、海…で、暗くて見にくいんだよね…。
でも、ネットで予告編を見ると、思ったより見にくくないので、もう1回、今度は字幕で2Dで観たい気がする。
(追記:で、2回目の記事が、こちら。)

上官、育ての親

マジな戦いの合間に、ふたりの博士と、ロン・パールマンのコミカルな演技が挟まって、息抜きっぽくなってる。
ツッコミどころは多々、多々あるが、そんなものは問題じゃないし、作り手のほうだって承知の上のはず。

出現

エンドロールの最後には、レイ・ハリーハウゼンと、本多猪四郎への献辞があるので、見逃さないほうがいい。

運搬

(8月10日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

ファイト!

PACIFIC RIM
2013年 アメリカ作品
監督 ギレルモ・デル・トロ
出演 チャーリー・ハナム、菊地凛子、イドリス・エルバ、ロン・パールマン、芦田愛菜

戦え!

参考:パシフィック・リム@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

ブログパーツ

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

○○さん

おお! 新手の連絡方法ですね。
無事に到着、良かったです。
左欄の下のほうに「メールフォーム」がありますので、そこからメールが送れます。
あ、でもメールアドレスがないと使えないんですね?

こんにちは♪

ボーさんは、この作品を楽しまれたようでコメつけにくくて
TBのみにして読み逃げしてしまいました(汗)
ボーさん、トランスフォーマーは、あまり好きで
なかったように記憶しているのですが
記憶違いかな?

なので、ボーさんこういう作品は評価低いんじゃあないかなと
思って来たら、感想も評価も良くてちょっと驚きました^^

私もIMAX3Dでの鑑賞でしたが、イェガーと怪獣の夜の海バトル
は見え難くて残念でした。IMAXって他の3Dより暗くないと思うのですが・・・

予告編で期待し過ぎたので、ちょっと肩すかしな感じもありましたが
映像は迫力があって素晴らしかったです!

以上、かすか~~に、鉄人28号を知っている、観ていた?私でした(笑)

>ひろちゃん

こんばんは。
トランスフォーマー、好きですよ?
記憶が改ざんされているようなので、修正をお願いします。(笑)
アクションで、すっきり楽しいの、好きですってば。

見えにくいですよね? ですよね?
そういうこと書いてる人が少ないので、不思議に思っているのです。私の動体視力が悪いのかしらんと? 普通の視力は悪いですけどね。

もー、戦うだけの話でしたよね。
…え?鉄人を見ていた!? ということは、年齢が…(笑)と書いて、ごまかしておこう…

なかなか面白かったです☆

菊地凛子さんが出演されているということとは別に、私にはなにやら日本の怪獣映画(ゴジラやガメラetc.)の臭いがプンプンしていました(笑)日本の怪獣映画へのオマージュも感じたのは私だけかなぁ?(笑)日本の俳優さんが大活躍しているのも、観ていて本当にうれしかったし、楽しかったですね〜♪私的には、必殺技を繰り出したときには、テロップで技の名前を堂々と出してほしかったなぁ。その方が、もっと楽しめた気もしています(勿論マニアではないですけど、マニア思考が強い方がもっと面白くなったかもと思いました)。
怪獣達の姿形をもっとはっきりと観たくもありました。
続編もたのしみだなぁ〜☆彡

>さえさん

ありがとうございます。
日本の怪獣やロボットへのオマージュは、きっと、いっぱいありますよね。監督がファンだという話ですから。
だから、日本人である菊地さんを使ってきたのでしょうね~。

必殺技名のテロップなどが出ると、お遊び感が強くなりますし、だから採用しなかったのでしょうね。けっこう、リアル路線で行ってたので。とはいえ、博士2人は少しギャグめいていましたが!(笑)

戦うときの形、もっと、はっきり見たいですよねえ!

写真を見て、凛子ちん、島田陽子に似てるなと思った。

>ふじき78さん

凛子っちゃも頑張ってます。「47RONIN」の予告編でも見かけました。ロボットに乗ってませんでした。

吹き替え版。

2D版鑑賞です。
以前、3D酔いして以来、微妙に避け気味なんですよね。

凛子ちゃん、ある意味、主人公より主人公していたような気がします。こうやって順調にキャリアを重ねていく姿を見るのは、同じ日本人として嬉しく思いますね。
個人的に博士コンビがツボだったので、続編にもぜひ登場願いたいなー。

ちなみに、私に「鉄人28号」の記憶はありません。記憶はありません。
(重要なことなので2回言いました。笑)

>小夏さん

私は3Dって、あんまり期待していません。観ているうちに効果が気にならなくなるというか、実感してないことが多いので。
それよりも重要なのは、大画面と音響ですね。

博士コンビは良かったと思います。あれがないと、一本調子になってたんじゃないかと思われまする。
凜ちゃんは浪人が47人な映画にも出るので、よろしくお願いします。名前を売った映画「バベル」は見ました?

むむ。重要なことなので…というフレーズは、まさか、まさか! …恐ろしい子!

こんにちは

もう大興奮してみました
世代的には違うのですが、ツボ押しされましたよー
ロボットアニメ、特撮なんかを昔(子供の頃にでも)みていた方には
私含め燃えるものと萌えるものがあったんじゃないでしょうか

>makiさん

おはようございます。
楽しめてよかったです! こういうの、乗れない人もいますからねー。
ロボットアニメ見てたなら、萌えますよね!
こんなに、スゲー迫力の映画にしてくれたってこと(など)に!

ボーさん、こんにちは!

ゲッ、もろに鉄人28号とかゴジラとかガメラの世代です・・・(^^;
こういうので年がバレるんだな~(@_@;)

スケールが大きくて、ほんとワクワクしました!

しかし、戦闘シーンを夜や海中にしたのはなぜでしょうね。
鉄人28号は昼間にバンバンやってましたよ。

>YANさん

こんばんは!
ええっ!
鉄人世代ですかあっっ!!! バレちゃいましたね…てか、自らバラしてません?(笑)

ワクワクしていただけて良かった! それでなきゃ、デル・トロさんも作ったかいがないってもんです。
昼間のファイト、続編でどんどんやってほしいものです!

先日レンタルで、家族3人で鑑賞しました。
ロボものになんの思い入れもないわたしですが、これは楽しかったです!
息子(4)がいちばん夢中になって見ていました。

IMAXの3dだったら、迫力が桁違いだったでしょうね。いいな!
凜子さんもたいへんに美しく、可憐でしたね。

>とーふさん

おお! ごらんになりましたか!
楽しいと思いますよ、とくに、こういうのが好きな子には、たまらないでしょう。
大画面、大音響は迫力があって、こんな体験ができるなんて、昔だったら夢にも思わなかった、というところです。
菊地凛子さんも、世界的な映画で活躍していますね!

3Dで観たんですね、いいなあ!と思いましたが、確かに暗い画面が更に暗くなりますよね。
菊地凜子さん、ハリウッドでウケそうなアジアンなんだな〜なんてしみじみとしたりもして。
あちこちの日本語が嬉しくも楽しくもあった映画でしたv

>まおさん

暗かったですよう。
もともと夜間戦闘や海中が多いので、なおさら見にくい…。
先駆としてのロボットアニメは「日本」がすごいんだろうな、と改めて確認もしたことでした。
そういえば、早く続編、こないかなー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2568-1a903a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パシフィック・リム

パシフィック・リム@よみうりホール

パシフィック・リム

ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。  

パシフィック・リム IMAX-3D/チャーリー・ハナム

初めて劇場予告編を観たときに、コレは絶対に日本の影響を受けた作品でしょと思ったのですが、やっぱりそのようで劇中に登場する巨大生物は日本でお馴染みの怪獣そのままに“KAIJU ...

パシフィック・リム

監督の日本愛公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim監督: ギレルモ・デル・トロある日突然、未知の巨大生命体が、太平洋の深海の裂け目を通って異次元から

★パシフィック・リム(2013)★

PACIFIC RIM 人類最後の望みは、この巨兵。 映時間 131分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/08/09 ジャンル アクション/SF/ロボット 映倫 G 【解説】

パシフィック・リム (3D吹替版)

【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(

パシフィック・リム MAX3D(字幕)

パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り

[映画『パシフィック・リム』を観た]

☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素

パシフィック・リム・・・・・評価額1700円

鋼鉄のルチャドール。 こんなにも中二魂を刺激される映画があっただろうか。 未知の深海から出現する巨大怪獣!迎え撃つのは人型戦闘兵器! オタクを自認するメキシコの鬼才、ギ

タイトルデザイン_34.(Imaginary Forces) ギレルモ・デル・トロ監督『パシフィック・リム』

『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズなどのギレルモ・デル・トロ監督による怪獣巨大ロボット映画『パシフィック・リム』。出演はチャーリー・ハナム、菊地凛子、ロン・パ...

『パシフィック・リム』

(原題:Pacific Rim) ----おっ、いよいよ再開だニャ。 そういえば、今日、来てくれたんだよね。 「うん。いわゆる初七日だしね。 四十九日まで待つのは フォーンの性格からしてもイヤ

『パシフィック・リム』

「俺、こういうのが大好きなんだよぉ!!」という監督の叫びがビンビンに伝わってくる怪獣映画。 監督の特撮趣味全開。 この映画を楽しむために大事なのは主人公に感情移入出来るか ...

パシフィック・リム

中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。

映画:パシフィック・リム Pacific Rim この夏激押しのロボットアクション!

何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素

「パシフィック・リム」人類が1つになった先にみた人類が生き残るための戦い怪獣との激しい攻防戦

「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...

『パシフィック・リム』が守った映画のルール

 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそ

[映画][☆☆☆☆★]「パシフィック・リム」感想

 「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督最新作。近未来、突如として太平洋海溝に発生した次元の裂け目から、謎の巨大生物「カイジュウ(怪獣)」が出現...

『パシフィック・リム』を109シネマズ木場2で観て、オタクとしてこの映画にはいい所と悪い所があるふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★近親憎悪のようなものかもしれんが】 IMAX3D吹替で鑑賞。 とりあえず評判を聞いて物凄くテンションがあがった。 そして、単なる「怪獣プロレス」 ...

映画「パシフィック・リム」

映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。

「パシフィック・リム」 (2013年 アメリカ)

遅れ馳せながら「パシフィック・リム」を観て来た。 海底から突如出現した「怪獣・KAIJU」 vs 人類の味方「巨大ロボ・イェーガー」との対決を描いた作品。 まずはファーストインプレ...

パシフィック・リム

 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)に...

パシフィック・リム

パシフィック・リム '13:米 ◆原題:Pacific Rim ◆監督:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」 ◆主演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、ロン・パールマン、クリ...

映画:パシフィック・リム

(基本的にネタバレありですのでご注意ください。) ●パシフィック・リム  2013年、太平洋グアム沖の深海に異世界とつながる割れ目が生じ、そこから怪獣が現れ、サンフランシスコを襲撃する。米軍は陸海空軍総攻撃をかけ、その怪獣を倒すことに成功する。しかし喜ぶのもつかの間、次々と怪獣が出現する。関係各国は協力して環太平洋防衛軍、通称PPDCを設立し、対怪獣用巨人兵器イェーガーを開発する。イェー...

パシフィック・リム

かかか、KAIJU! ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)。 対KAIJU兵器「イェーガー」には精神的負担の軽減からパイロットは二人、そのシンクロ率は作品の中でも重視されていて、二人の記憶を共有してしまうなどの面も。 特撮の設定を実...

映画「パシフィック・リム」レビュー(世界を守るために戦った戦士達の魂の物語)

映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス

パシフィック・リム

PACIFIC RIM 2013年 アメリカ 131分 アクション/SF/ロボット 劇場公開(2013/08/09) 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:ギレルモ・デル・トロ 脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: チャーリー・ハナム:ローリー・ベケット イドリス・エルバ:スタッカー・...

映画『パシフィック・リム 3D』を観て

13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チャーリー・...

パシフィック・リム

この戦いは音楽で すっごくテンション上がるわ~! PACIFIC RIM 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:2013年 アメリカ 上映時間:131分 出演:*チャーリー・ハナム *イドリス・エルバ *菊地凛子 *チャーリー・デイ *ロン・パールマン *芦田愛菜  人類最後の望みは、この巨兵。 日本のアニメ、特撮作品への造詣も深いギレルモ・デル・トロ監督が ...

先週観た映画 〜5/11

  季節の変わり目って感じですね… 久々に体調を崩して寝込んでしまいました; 皆様も気をつけてー! でも寝込む前に映画はちょっとまとめて観ましたよん。 「舟を編む(13)」   辞典を10年以上かけて企画編集する出版部門の物語。   その様子が面白くもあり、完成間近の修羅場など身につまされもしたり。   言葉の海を彷徨い、溺れ、迷走する…というのが分かるなあ、   ...

映画評「パシフィック・リム」

☆☆★(5点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ギエルモ・デル・トロ ネタバレあり

「あまちゃん」 第20週 «  | BLOG TOP |  » 「頭痛 肩こり 樋口一葉」を観た

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード