topimage

2017-11

「メリー・ポピンズ」 - 2013.08.26 Mon

子どもだけじゃない、大人も楽しめる、ディズニーの名作ミュージカル。

「午前十時の映画祭」で観賞。
ちなみにTOHOシネマズのチケットをオンラインで買うと、楽天ポイントを使うことができる。私はチケット代1000円からポイント分を割り引いて、600円台で買った。
でも、この映画は、1000円払っても、決して高くない。

4人で

見るのは6回目になる。
140分あるけど、カットしてもいいと思うところがないくらい、好きですね~! 
民放のテレビ放送だったら、短くするために、歌のどれかをカットしそうだけど、そんなことしたら許せません!

幼い姉弟にとって、魔法使いのような(実際、そうなのだが)乳母の存在は、夢のようで、次々と楽しいことを体験させてくれる。
映画を見ている子どもたちも、楽しめると思うよ~。それとも今の子は冷めてるから、そうでもないか?

一方、両親はといえば、パパは銀行の仕事ひとすじで、お堅くて、子どもたちと関わる時間を作らない。ママは女権運動だか政治に関する活動だかで忙しくて、出かけてばかり。
子どもたちは乳母に任せきりなのだ。
そんな家庭問題も扱っている…とはいえ、そんな堅苦しい話は、さらっと表現されていて、ほとんど楽しさいっぱいの映画。

やってきた

ディック・ヴァン・ダイクの「芸」(しかも、エンドロールで明かされる、驚きの2役! えっ! あの人も彼が演じてたの!?)、ジュリー・アンドリュースの歌。
両親や、おじさんの歌も味わいがあるし、実写とアニメの融合も楽しい。


私はサントラ盤LPを持っていたから、どの歌もおなじみ。いい曲ばかりで、どれが一番好きか、なんて決められない。
そうなると、映画を見た場合、ラストで歌われる「凧をあげよう」が耳に残ることになるのだが…。

アカデミー賞では、主演女優賞(ジュリー・アンドリュース)、作曲賞(リチャード・M・シャーマン、ロバート・B・シャーマン)、歌曲賞『チム・チム・チェリー』、特殊視覚効果賞、編集賞を受賞。
ゴールデングローブ賞でも、女優賞をとっている。

小鳥とお話

ということで、では、
「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」
って言ってみてください。
よく知らない方は検索を。
いえ、悪いことじゃありませんよ。

(8月24日 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)

MARY POPPINS
1964年 アメリカ作品
監督 ロバート・スティーヴンソン
出演 ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク、カレン・ドートリス、マシュー・ガーバー、ジェーン・ダーウェル

アニメの世界へ

この記事の分類「映画感想(私にとっての永遠の名作)」についての説明は、こちら

参考:メリー・ポピンズ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

DVD持ってます

>午前十時の映画祭
 当地では12月公開予定になってますね。実は今月の初めに「冒険者たち」をやってたので、よほど観に行こうかと迷ったのですが、猛暑には勝てませんでした(笑)
当地で9月に「ウエストサイド物語」が上映されますので、行ってみようかとも思ってます。

この「メリー・ポピンズ」。ディズニーだけにアニメと実写の合成が見事ですね。ロンドンの空を飛ぶというと「ピーターパン」を思い出します。

ディック・ヴァン・ダイクは「刑事コロンボ」の「逆転の構図」で凶悪で知能犯の犯人役を演じてまして、好きな作品でもあります。

>又左衛門さん

ありがとうございます。
この暑い時期、映画館の中は快適ですが、そこにたどり着くまでが大変ですよね。
「ウエスト・サイド物語」は、映画館で観るのとテレビで見るのとでは、迫力が断然違う映画のひとつだと思います。ぜひ、観に行かれてください。

今どきなら、技術的に合成なんて簡単でしょうけど、本作はそういうシーンなどで、アカデミー賞の特殊視覚効果賞をとっていますから、当時としては見事なものでしょう。

そういえば、ディック・ヴァン・ダイクも、コロンボに出ていましたね。見た覚えはあります…。

昔々ボーさんとお話しできた時、「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」をスラスラとおっしゃっていたような、遠い記憶が…。
LPで勉強されたのですね。
先週、NHKのラジオで流れて、アナウンサーが曲紹介の後、「あ~、言えた…」と、一息つかれていました。

私事ですが、引っ越しまして、段ボールの山に向かって「指パッチン」をしているのですが、全く片付いてくれません…。
「指パッチン」…死語かと思っていましたが、そのアナウンサーも使っていました。

鳴らしているうちに、「じぇじぇっ、ジェット団との対決に行かんと」と、街へ出て、ギャロップして…(ません)。
「ウエストサイド物語」のリニューアル版記事も、期待して待っています。
自分は、来週鑑賞予定です。
段ボール?まぁ、そのうち…

>モペ改め「謎の」ミトンさん

スーパーカ…は、歌のメロディとともに覚えてしまいますよね。
ん? そんな話をしましたっけ?
なつかしいといっても、あれは「マンマ・ミーア」上映の頃…。ウン年前ですね。
アナウンサーがトチったら恥ずかしいですが、原稿があって、ゆっくり読んだら、間違わないと思いますよ。

だいじょうぶです。うちなんて、引っ越して2年半たちますが、いまだに片付きません!
指パッチンしすぎて、ジェット団から誘われました。じぇじぇ。断りました。

え? リニューアル版記事?
観るなら府中に出張ですが、観たとしても、前に書いた以上のものは、もう、おらには書けねえ…かも。

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス

噛みます。
今までちらちらとはみたことあったんですが、
本格的に観たのははじめてでした
知ってるこの曲~~ってのがいっぱいあって、やはり名作のひとつですよね!
そもそもが「ウォルト・ディズニーの約束」を借りてきたので、
だったら…と、ついでに借りてきたんですが、みてよかったです
両方の作品とも、ああ、うん、ここでね!みたいな親近感が沸いたりして。

>makiさん

知ってる曲いっぱい、というのは、その映画を楽しめる要素ですよね。
「ウォルト・ディズニーの約束」と「メリー・ポピンズ」をセットで見るのも素晴らしい考えです!

この呪文、「ティック」につなげて「エクスピアリ」の部分を言うときが難しいです、私の場合は。「エクスピアリ」って、ディズニーリゾートのなかにあるショッピングモールみたいじゃんか! って、なぜかディズニーつながり。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2571-46fb1f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メリー・ポピンズ/オーガストウォーズ

9月1日映画の日。

DVDまとめてレビュー「メリーポピンズ」「レ・ミゼラブル」「しあわせの隠れ場所」

花見もしちゃったし、なんとなく春の嵐に出かける気分をくじかれて、おうちDVD。 今日は何を見ようかなー

メリー・ポピンズ

ジュリー・アンドリュース主演。実は今まで観た事なかったのです。 アニメーションとの合成を使った、凄く夢のあるお話。かといってお子様過ぎない物語は、大人にも是非見ていただきたい。 聞いたことのある曲もあるしとても楽しいミュージカルなんですが、やっぱり子供の頃に見たかったかな。私にとっては子供の頃に何度も見た「チキ・チキ・バン・バン」には勝てませんでした。 「チム・チム・チェリー」、「お砂...

「パシフィック・リム」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「あまちゃん」 第21週

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード