FC2ブログ
topimage

2018-12

「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 - 2013.08.30 Fri

エイリアンが人間に化けていて、それが誰なのかわからないというのは怖い。

古生物学者ケイト(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)が南極に呼ばれる。宇宙船が見つかり、エイリアンの氷漬けが…!
学者が未知の生き物を研究したいのは分かるが、映画のなかでは、だいたい、そんなことしてると無事に済んだためしがない。
当然、エイリアンが復活して、人々を恐怖のどん底に。

研究

対処法としては焼き殺すだけで、とってもシンプル。
生物の中に潜んで、その生物になりすまし、隙あらば襲ってくるというから、たちが悪い。
エイリアンが、人の顔を持ちながら怪物化する姿は、おぞましくて気持ちわるい。触手みたいなのを振り回したり、人の顔にくっついて同化しようとしたり。

いったい誰がエイリアンなのか? というサスペンスと攻防戦を基本に飽きさせず、気持ちわるい変身と、その後の姿が、子どもが見たらトラウマになりそうなくらい?
男たちの人数がわりと多くて、見ていて、誰が何の役の人なのか、よく分からなかったりした。はじめに、ちゃんと把握していない自分が悪いのかもね。

恐怖

主演のメアリー・エリザベス・ウィンステッドさんは、ほかに「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」「デス・プルーフ in グラインドハウス」などにも出ている。

本作は、「遊星からの物体X」(1982年)の前日譚なので、「…ファーストコンタクト」というタイトルが加えられている。
同じ原作小説をもとに、1951年、ハワード・ホークス製作で「遊星よりの物体X」という作品が作られている。たしか、映画雑誌「ロードショー」でSF映画特集に取り上げられていて、私はその作品タイトルを知り、興味をもった映画なのである。

(8月28日)

集団

THE THING
2011年 アメリカ作品
監督 マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr
出演 メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョエル・エドガートン、アドウェール・アキノエ=アグバエ、ウルリク・トムセン、エリック・クリスチャン・オルセン

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


武装

(c) 2011 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

誰が誰だか・・・

これ、私も致命的な欠点だと思いました。
この手のストーリーにしては人数が多すぎるんですよね。
結局、主演のケイト博士がメインなのでその他大勢はどうでもいい・・・わけない!

「ファースト~」のEDと「カーペンター版」のOPが綺麗につながっていて、
そこはちょっと感動しました。
同じ映像使い回し?ってくらいそっくりでしたよ。
うちに録画したものがあるので、思わず見比べちゃいました。(微妙に違ってました)

>小夏さん

そうですよね!
集団で防衛することになったときに、えっと、この人は、どこの何の人だっけ?と考えちゃいました。

おおっ、やっぱり、ぴったり2つの映画を合わせたのですね。前日譚は、そのくらい凝ってほしいです!
でも…見比べる人が(そこに)いるんだから、きっちり同じにしないとね!(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2574-42ee3693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遊星からの物体X ファーストコンタクト

遊星からの物体X ファーストコンタクト@京橋テアトル試写室

遊星からの物体X ファーストコンタクト

「遊星からの物体X」の前日譚…ノルウェー基地でなにがあったのかを描いた作品です。なので、ラスト(冒頭に当たる)はどうなるかはわかっているのですよね。 またも、氷に閉じ込め...

「遊星からの物体 ファーストコンタクト」ハンパない!

1982年の「遊星からの物体X」へ続くビギニングストーリー。 普通なら続編を作るところを、プロローグをそれも見事に完成させている。 ハンパない衝撃映像は、前作をはるかに

遊星からの物体X ファーストコンタクト

顔が裂けるシーンとかイイな。

遊星からの物体X ファーストコンタクト /THE THING 2011

ランキングクリックしてね←please click 1982年の、ジョン・カーペンター監督の傑作SF「遊星からの物体X」のビギニング カルト的な人気で面白いあの映画をどう作り直したのか、

遊星からの物体? ファーストコンタクト(2011)☆★THE THING

 それは、細胞の一つ一つが単独で生きているそれは、生物に同化して擬態する それは、すでに我々の中にいる・・・・。 好き度:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 1982年

鑑賞した映画 - 2013年9月 -

9月の鑑賞メーター観たビデオの数:8本観た鑑賞時間:825分 バイオハザードV リトリビューション(初回生産限定) [DVD]シリーズ重ねるごとに薄っぺらぺらになるストーリー。ゲームキャラ勢揃いの本作だが、レオン&エイダの再現具合が微妙すぎる件。ウェスカーに至ってはもはやコント。鑑賞日:09月01日 監督:ポール・W・S・アンダーソントランジット [DVD]犯人グループがあまりにもオバカす...

「ウルトラヴァイオレット」 «  | BLOG TOP |  » 「ワールド・ウォー Z」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード