topimage

2017-06

「ホワイトハウス・ダウン」 - 2013.09.13 Fri

めっちゃ、おもしろいじゃん! で、ホワイトハウスにマリリンとの逢引き用秘密通路が、あるんかい!?

まあ、実際はないと思うけどさ。

大統領と

おもしろいというウワサを聞いて観てみたわけだが…おもしろい!
「ダイ・ハード」みたいな面白さといえるだろうか。
タイトルどおり、ホワイトハウスがダウンする話だ。(どんな話だよ?)

主人公の娘まで危険に巻き込まれるのだが、彼女が単独で…というあたりがドキドキ感を増す。
この娘を演じるのが、ジョーイ・キングちゃん。
最近では「オズ  はじまりの戦い」で、車椅子の少女、陶器の少女の声を担当、ほかにも「ダークナイト ライジング」「ラブ・アゲイン」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」などで活躍している、注目株!(たぶん)

案内人と

主人公が負けないという点は、こういう映画だから問題ないし、それでも面白いのは脚本のおかげでしょう
それで誰が書いたのかチェックしてみたら、ジェームズ・ヴァンダービルトという人で、「アメイジング・スパイダーマン」の脚本家だった。ほかに「ゾディアック」の脚色もしていた。
ところどころユーモアも入り、飽きさせない、楽しませてくれる展開。
敵の正体、というか、そういう仕組みかあ~というあたりも、ひねってある。…考えてみれば、ありがちだけどね。

大統領も、守られるだけじゃない、大活躍。そんなこともあって、地味…じゃなくてジェイミー・フォックスが演じてますよ。

逃げる

いちばん受けたのが、ホワイトハウスの庭(?)での追いかけっこ(カーチェイス)。おもしろいことするねえ。派手だし。

きれいどころの女優さんが出ていない映画は私の評価が低いのではないかという、ちまたの評判があるようだが(出演しているマギー・ギレンホールさん、すみません)、あなた、そんなことはないのです!

マギー

おおざっぱなところはあるが、これだけ楽しませてくれたら、文句なし
ローランド・エメリッヒ監督、見直した!(なんとなく。)

(9月8日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

WHITE HOUSE DOWN
2013年 アメリカ作品
監督 ローランド・エメリッヒ
出演 チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、ジョーイ・キング、マギー・ギレンホール、ジェームズ・ウッズ

破る
↑「シェー」とやりながら飛び出した…のではないと思う。…わかるやつだけわかればいい(「あまちゃん」より)

参考:ホワイトハウス・ダウン@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

面白いよねえ。

>ホワイトハウスの庭(?)での追いかけっこ(カーチェイス)
ほぼ、コントでしたよねえ。
映画もこのくらい派手だと、逆に許せちゃうのがイイのよ。

面白かったです☆彡

ということで、2回観ました(笑)
2回目は、この映画いろいろと伏線がちりばめられていることに
気づき、こういうのが面白さを更に引き立てていたのだなぁ、
と思いました♪
まさにダイ・ハードのホワイトハウス版ですよね、これ☆彡
私が住んでいる南の国は、映画人口が少ないらしくて、館内が
満席になることはまずないのですけど、この映画は驚いたことに
週末はいつも満席の盛況ぶりでした。
終映も近いのでしょうけど、私的にはお薦めの1本です♪

こんばんは。

ホワイトハウスを舞台とするなら、先のジェラルドより、こちらの方がエンタメとして楽しめました。
マリリンの地下道、なさそうでありそう、ニンマリネタでした(笑)

豪華ナレーションの「マリリン~瞳の中の~」が楽しみです♪

>rose_chocolatさん

ほぼコント、ええ、笑えました。
観客を楽しませてくれるなら、大歓迎。
期待していなかったので、思わぬ満足感を得られちゃいましたよ。

>さえさん

おお!
2回観ても楽しいでしょうね~。
そうそう、伏線がちゃんとしていると、気づいたときには感心するんです。
気づかなくても、しっかりした作りになっているわけだから面白いことが多いですね。

こちらも盛況でした。面白いというウワサは伝わるのでしょう。
映画館で観られて良かったです。

>オリーブリーさん

おはようございます。
「先のジェラルド」のは観ていないんですよ。似たような話が同時期に来ちゃったみたいですね。
マリリンの地下道がネタにあると聞いたのも、これを観る重大な動機でした。
思った以上に面白かったので、得しました。(クーポンで1200円観賞ですし。)

マリリンの新作(?)記事、このあとアップしますよー!

こんばんは☆

>タイトルどおり、ホワイトハウスがダウンする話だ。(どんな話だよ?)

笑っちゃいました(笑)ほんと、どんな話だよ~(笑)

面白いって聞いての鑑賞で楽しめたってことは、映画が本当に
良かったってことですよね。しかも、1200円で鑑賞できましたし(笑)

>きれいどころの女優さんが出ていない映画は私の評価が低いのではないかという、ちまたの評判があるようだが

そうなんですか!メモメモ(笑)

緊張感の中にもユーモアがあって私も好きな作品でした♪

ps.後で記事をアップしますが、ちょっとお休みいたします。
復活したら、また遊んでやってくださいませ~(笑)

>ひろちゃん

おはようございます。
ホワイトハウスがダウンするんです。ええ、そのとおり。笑
「ダウン」って雰囲気でしょ~?
いやいや、メモしなくても!

お休みの件、拝読しました。
映画の感想なんて、ひとりとして全く同じものはないので、「私はこう思う」と書くならば、意見が違う人は出てくるでしょうし、文章って、書き方によって誤解されやすいものですよね。読むほうも、そういうことを分かった上で、違う意見を楽しむくらいでありたいです。
まあ、ひとことでいえば、「ドンマイ!」
はやく帰ってきてね~!
リフォームも、がんばって!(監督を!?)

こんにちは

ツアーガイドさんの
活躍があるとは思いませんでした(笑)

>makiさん

こんばんは。
ああいう意外性も、映画の楽しみどころですよね。

ボーさん、こんにちは!

めっちゃ・・・まではいかなかったけど、かなり楽しめました!
ドハデに破壊してくれたのが良かったです。

マリリンとの秘密通路はウソでしょうか?
本当だったら明かすわけないか・・・

ジョーイ・キングちゃんのこれまでの出演作は全部観てるのに、
全く目に止めてませんでした。
クロエちゃんとかレイチェル・ワイズさんに似てますね。

>YANさん

こんばんは!
えー、めっちゃ面白いじゃんけ!(朝ドラの方言入ってる)
うーん、たぶん、大きなスクリーンで見たら、めっちゃ面白いと思います。
ジョーイちゃん、レイチェル・ワイズ説には同意です! なんか独特です。

秘密通路はないと思いますねー。こないだ確認してきましたし、あったら私が使ってます。(大嘘)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2580-05d7ac7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホワイトハウス・ダウン (試写会)

娘の役は 旗振り公式サイト http://www.whitehousedown.jp8月16日公開製作総指揮・主演: チャニング・テイタム監督: ローランド・エメリッヒ国内外で賛否両論の、第46代大統

『ホワイトハウス・ダウン』 (2013) / アメリカ

原題: WHITE HOUSE DOWN 監督: ローランド・エメリッヒ 出演: チャニング・テイタム 、ジェイミー・フォックス 、マギー・ギレンホール 、ジェイソン・クラーク 、リチャード・ジ

ホワイトハウス・ダウン

議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、シークレットサービスへの転身を目指し、次席特別警護官キャロル(マギー・ギレンホール)の面接を受けるが、結果は不採用...

ホワイトハウス・ダウン

てんこ盛りの見どころ&笑いどころ。  

ホワイトハウス・ダウン

ホワイトハウス・ダウン@ニッショーホール

ホワイトハウス・ダウン/チャニング・テイタム

わりと最近とてもよく似た題材の映画を観たばかりのような気がしますが、もちろんジェラルド・バトラー主演の『エンド・オブ・ホワイトハウス』のことなんですけど、こんな偶然っ ...

『ホワイトハウス・ダウン』

□作品オフィシャルサイト 「ホワイトハウス・ダウン」□監督 ローランド・エメリッヒ□脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト□キャスト チャニング・テイタム、ジェイミー・フォ...

★ホワイトハウス・ダウン(2013)★

WHITE HOUSE DOWN 世界は、ここから落ちる 上映時間 132分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2013/08/16 ジャンル アクション/サス

ショートレビュー「ホワイトハウス・ダウン・・・・・評価額1550円」

アメリカの、内なる敵。 ローランド・エメリッヒ監督による、スペクタクルなアクション大作。 謎の武装勢力によって占拠・封鎖されたホワイトハウスで、チャニング・テイタム演じ...

ホワイトハウス・ダウン

【WHITE HOUSE DOWN】 2013/08/16公開 アメリカ 132分 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク、リ

「破壊王」 エメリッヒ参上! ~『ホワイトハウス・ダウン』

 WHITE HOUSE DOWN  議会警護官であるジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、ジェームズ・ソ イヤー大統領(ジェイミー・フォックス)をヒーローと崇める娘エミリー(ジョー イ...

ホワイトハウス・ダウン ★★★★★

「インデペンデンス・デイ」「2012」のローランド・エメリッヒ監督が、謎の組織にホワイトハウスが乗っ取られ、ワシントンD.C.が危機に陥る様子を描くアクション大作。議会警察官のジ

ホワイトハウス・ダウン

予想以上に面白かったなぁ。

ホワイトハウス・ダウン

WHITE HOUSE DOWN 2013年 アメリカ 132分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/08/16) 監督: ローランド・エメリッヒ『2012』 出演: チャニング・テイタム:ジョン・ケイル ジェイミー・フォックス:ジェームズ・ソイヤー大統領 マギー・ギレンホ...

ホワイトハウス・ダウン

チャニング・テイタムさんを主役に、ジェイミー・フォックスさんを大統領に据えた、「エンド・オブ・ホワイトハウス」に続くホワイトハウス陥落もの。うーんこれは甲乙つけがたい。どちらも娯楽映画として充分に楽しめます。色々被ってるところもあるけど。 しかし「エンド…」が外からの攻撃だったのが、本作では内側の腐ったリンゴ。そんでもってチャニング・テイタム!気分も上がる上がる。黒人の大統領ってのがまた時...

映画『ホワイトハウス・ダウン』を観て

13-68.ホワイトハウス・ダウン■原題:White House Down■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:131分■料金:1,800円■観賞日:8月31日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・製作:ローランド・エメリッヒ◆チャニング・テイタム◆ジェイミー・フォックス◆マギ...

ホワイトハウス・ダウン

監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェームズ・ウッズ 【解説】 『インデペンデンス・デイ』『2012』などのローランド・エメリッヒ監督が放つアクション大作。謎の武装集団に占拠されたホワイ...

ホワイトハウス・ダウン

チャニング・テイタム版「ダイ・ハード」 何も考えずに楽しめるアクション娯楽大作。 WHITE HOUSE DOWN 監督:ローランド・エメリッヒ 製作:2013年 アメリカ 上映時間:132分 出演:*チャニング・テイタム *ジェイミー・フォックス *マギー・ギレンホール *リチャード・ジェンキンス  *ジェームズ・ウッズ *ジェイソン・クラーク 世界は、こ...

映画評「ホワイトハウス・ダウン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ローランド・エメリッヒ ネタバレあり

ホワイトハウス・ダウン

ホワイトハウス・ダウン [DVD](2014/06/04)チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 他商品詳細を見る 【WHITE HOUSE DOWN】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 ホワイトハウスが占拠されてしまうアメリカ史上最悪の危機に、たまたま 居合わせてしまった議会警察官ジョン・ケイル。 ジョンは、娘の憧れの第46代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・ソイヤ...

「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」、10月5日公開! «  | BLOG TOP |  » 「あまちゃん」 第23週

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード