topimage

2017-04

「ウルヴァリン:SAMURAI」 - 2013.09.28 Sat

ハリウッド映画が描く、変な日本をどう受け止めるかは、観る人の許容度しだい。

変になるのは、日本独特なものについては研究不足なんだろうけど。
今回も変なんだろうなという心構えで観たせいか、それほど変でもなかった。いや、変だけど想定範囲というか、笑って許せるというか、ね。

対ニンジャ

笑いの(変な)ポイントを挙げてみると…(すべての文末に(笑)の文字をつけてお読みください)
女性に「ユキオ」という名前。雪緒とかならありえるけど、ユキオは男の名前でもあるから、ちょっと変。
シンゲンという名前も、普通、ないでしょ。ヤシダってのもポピュラーじゃない。
長崎に原爆が落ちたときに、早くも「ハラキリ」という「日本」が登場。

ウルちゃん(ウルヴァリン)、「(日本に行くのは)1日だけだぞ」と言いながら、当然、1日じゃ終わらない。
汚いからお風呂入りなさいといわれ、女中2人に無理やり裸を触られる(洗われる)ウル(ヒュー・ジャックマン)。女性陣の夢想か!
パチンコ店やラブホテル。秋葉原のメイドさんも、ちらっと見えたような。東京タワー、新幹線、お寺(僧侶)、ニンジャ、ヤクザ、和服女性に今風な女性…。もろもろの日本イメージ。

パチンコ

ヤクザ、バレバレ。ニンジャ、目立ちすぎ。
新幹線の上でウルとヤクザ大決戦! ウルと対等にジャンプしてナイフを新幹線に突き立てて張り合うヤクザ。(超人かよ!)
獣医に治してもらうウルちゃん。俺はケモノか。
長崎行きのバスが、どう見ても普通の乗り合いバスで、長距離には見えない。

近所のおばちゃんと会ったとき、マリコがそのまんま説明的に「近所のおばちゃん」なんて言ってるが、ふつう「あ、おばちゃん」ぐらいでは?
そのおばちゃんが、木が倒れてさあ、とか変なこと言うもんで、いきなり、ウルちゃんが、転がってる木を斧で切ってる。木こりか? でも、なんて、いい人なの。
最後はロボットみたいの出てきて、もう何がなんだか。
ボディガードだといって、ウルちゃんに同行してきたユキオなのに、出口のシーンではウルちゃんしかいないけど?

闘うボディガード?

ウルに絡む(ひとりは体も?)日本女性ふたり、よく知らない人だったが、世界で活躍するモデルさんなのか。
リラさんは逆三角形の面白い顔(ごめんね)だな~と思ったけど、アクションをちゃんとやってるので見直した。がんばれ!って応援したよ。

ひとつ、こりゃいかんだろと思うのは、父が娘の命を「何の疑問も葛藤もなく」狙ったり、孫が祖父の(以下、同文)。
根本から間違ってる。変な日本より、こっちのほうが大問題。

相変わらず、エンドロールが始まると帰りはじめる観客が多いが、アメコミの映画はとくに要注意!
まだ何かあるぞ! と考えてなきゃいけません!
本作はエンドロールの途中に、何かある! しかも、ちょっと長めだよ!
…なんて書いたって、最後まで観ないで帰るタイプの人は、ブログの映画感想なんて読んでないか。

毒女

ヒュー・ジャックマンというと、こないだ偶然見た「スマスマ」で、料理を食ってたのを思い出すが、ホントに日本が好きなんだね~。ありがたいけど。
「スバラシイ!」

(9月23日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

THE WOLVERINE
2013年 アメリカ作品
監督 ジェームズ・マンゴールド
出演 ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン

参考:ウルヴァリン:SAMURAI@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2013 Twentieth Century Fox.

ブログパーツ

● COMMENT ●

おおっ!コメントがないぞ! ウルヴァリンに怒られるぞ!
”What kind of monster are you?”

「ウ・ル・ヴァ・リ・ン!」

こんにちは

やっぱり外人から見た日本なんだけど、
そこまで変には描かれてなかったので
タイトルから想像するおかしな映画にはなってなかったですね
しかしまあツッコミどころはありましたが…
忍者さんいちいち回転するのとか笑っちゃいました
ヤクザもお前ミュータントか?ってレベルでしたね
逆三角形の顔形のユキオさんはアクションも様になっててなかなか良かったですね!

>makiさん

こんばんは。
笑って楽しめる程度の変さ、でしたね。
日本人が、ちゃんと映画製作アドバイスをしないのかってことも思いましたけども。
ふと、わざとやってるのか? と思ったり。
面白いから、いいかということで。

2度もTBごめんなさい。
でも消えてしまったのですね。
後ほど入れさせていただきますm(_ _)m

結構な言い様に一見見えますが
すっごい愛情溢れるレビューですね。

でもどの感想も(うんうん分かります)です(笑)

>タケヤさん

いえいえ、すぐにTBが表示されなかったりすると、受け付けなかったのかと思って、再度送ってしまう、なんてこともありますし。

「好き度」としては普通ですが、変な日本も楽しめたし、決して嫌いではなかったですね。

ボーさん、こんにちは!

ほらね~ 福島リラさんの事、面白い顔って言ってるじゃないですか~
まあ応援もしてるけど。絶対にボーさんの好みじゃないでしょう?(≧ε≦)

変な日本は、私も笑って受け入れましたよ。
いかんと思ったのは、ボーさんと同じく、
日本人の人間としての行動のほうです。

>YANさん

おはようございます。
おもしろいものはおもしろいので間違いないです!(わら)
好みじゃないのも間違いないですねー。

ジャパニーズ・ガイどもは確かに、ろくなもんじゃなかったですねえ。
そこは、ちょっとアレでしたよね~。(アレって?)

あはは、ツッコミどころ満載!(笑)
私はもう麻痺して「まだマシかな」と思いながら観てしまいました。
ほんと、ラスボスの展開以外は笑えたんですけどね…

>まおさん

本作の場合は、笑える(楽しめる)ツッコミどころ寄りに思えたので、まあいいかなと。
ラスボス…あんなことになっちゃってましたねえ。
ウルヴァリンのは、X-MENシリーズ番外編という感じです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2591-4567a023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルヴァリン:SAMURAI

不死と爪の一蓮托生。  

タイトルデザイン_35(Picture Mill) ヒュー・ジャックマン主演、ジェームズ・マンゴールド監督『ウルヴァリン:SAMURAI』

注・内容、台詞に触れています。『X-メン』シリーズのメインキャラクターのひとり、ウルヴァリンを主人公にした第2弾『ウルヴァリン:SAMURAI』。出演はウルヴァリン=ローガンにヒュー・ジャックマン、他

ウルヴァリン:SAMURAI

カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救った日本人実業家・矢志田の願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と日本へ向かう。 ローガンと再会した病床の矢志田は、謎めいた言葉を告げ、息を引き取った。 葬儀に参列したローガンは、謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコ(TAO)を救い出し、執拗な追っ手から逃げ出すが…。 「X-ME...

『ウルヴァリン:SAMURAI』

ウルヴァリン、SAMURAI、トンデモジャパン。 今更、いや今時こんなトンデモ日本を描くとは…。そう思い始めると失笑せずにはいられないこのスピンオフ企画第2弾。原作コミックにも ...

ウルヴァリン:SAMURAI

評価:★★【2点】(F) 英国自動車バラエティ番組でヒューが最新映画の裏話してた

『ウルヴァリン:SAMURAI』

□作品オフィシャルサイト 「ウルヴァリン:SAMURAI」□監督 ジェームズ・マンゴールド□キャスト ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感...

ウルヴァリン:SAMURAI/ヒュー・ジャックマン

『X-メン』シリーズのウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ・ムービーの第2弾です。大量宣伝で周知の通り今作の舞台は我らが日本。この大作ヒットシリーズで日本が舞台となるのは ...

映画:ウルヴァリン:SAMURAI The Wolverine 増上寺,秋葉原,上野... 日本で大暴れだけで十二分に満足!

何たってウルヴァリンって、Xメンの中心人物。 その彼が過去の因縁で、とはいえ日本それも増上寺、秋葉原、上野、都内とか未近な場所に出没! だけでなく、新幹線廊下、新幹線車両の上(笑)、そして長崎などなどで大暴れ! それだけでもう〜ニコニコなのだ! 最近では...

ウルヴァリン:SAMURAI

【THE WOLVERINE】 2013/09/13公開 アメリカ 125分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン 散ることのな...

ウルヴァリン:SAMURAI

ツッコミどころは多いけど、面白かった。

ウルヴァリン:SAMURAI

日本で撮影してくれてありがとう~公式サイト http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai監督: ジェームズ・マンゴールド  「17歳のカルテ」 「ウォーク・ザ・ラ

『ウルヴァリン:SAMURAI』 牛丼の看板との共通点は?

 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。  『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開  『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』 2009年公開  『X-メン』 2000年公開  『...

ウルヴァリン:SAMURAI/THE WOLVERINE(3D字幕)

ランキングクリックしてね ←please click ぜったい2Dでふつうに観たかったのに、有楽町も渋谷も3Dでしかやってないので 仕方なく、、、、3D鑑賞  これ、まったく3Dの意味ないからカネカエセ! 大好きなX-Menシリーズのスピンオフ。 前作「...

ウルヴァリン:SAMURAI

タイトルを見ただけでハリウッドも困ったもんだという笑いがこみ上げてきてしまう作品なのですが、実際に原作で日本人妻を娶るウルヴァリンの話があるもんだから、なんともいえなくなる。新幹線上で戦うのとか失笑予告を見せられていたので、期待せずに鑑賞。舞台が日本ってだけで好きになれないのが不思議。 実業家の矢志田に請われて日本を訪れるウルヴァリンは彼の孫娘に惹かれる。しかし何者かの罠により治癒能力を奪...

ウルヴァリン:SAMURAI

THE WOLVERINE 2013年 アメリカ 125分 SF/アクション 劇場公開(2013/09/13) 監督: ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮: スタン・リー 出演: ヒュー・ジャックマン:ローガン/ウルヴァリン 真田広之:シンゲン TAO:マリコ 福島リラ:ユキオ ハル・ヤ...

ウルヴァリン:SAMURAI

監督: 出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ファムケ・ヤンセン 【解説】 『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾。超人的治癒能力と手の甲から飛び出す鋭利な爪を持つウルヴァ...

映画『ウルヴァリン:SAMURAI』を観て

13-72.ウルヴァリン:SAMURAI 3D■原題:The Wolverine■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:126分■料金:1,300円■観賞日:9月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ジェームス・マンゴールド◆ヒュー・ジャックマン◆真田広之◆TAO◆福島リラ◆ハル・...

ウルヴァリン:SAMURAI

せっかく日本が舞台なのに中身が薄い・・・ 侍精神はどこに? THE WOLVERINE 監督:ジェームズ・マンゴールド 製作:2013年 アメリカ 上映時間:125分 出演:*ヒュー・ジャックマン *真田広之 *TAO *福島リラ *ハル・ヤマノウチ *ウィル・ユン・リー *ケン・ヤマムラ 散ることのないサムライ。 不老不死の肉体を持つウルヴァリン(ヒュ...

映画評「ウルヴァリン:SAMURAI」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ=イギリス合作映画 監督ジェームズ・マンゴールド ネタバレあり

先週観た映画 〜8/3

  はー…今週の酷暑はきついですね。 日差しが痛いです。 皆様、熱中症にはくれぐれも気をつけて! 「ウルヴァリン: SAMURAI(The Wolverine/13)」   レミゼで痩せ衰えたバルジャンを演じた後にこの肉体を作ったジャックマン、   さすがの気迫とカッコ良さでした。そして思っていた以上に全編日本だった。   トンでも日本も多少はあるけど、ハリウッド物としては...

「あまちゃん」 最終週(第26週) «  | BLOG TOP |  » 「エリジウム」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード