topimage

2017-10

「死霊館」 - 2013.10.28 Mon

かなり怖かったぞー。

しかも、実話だというのだから、これは、もう!

ポスター

人形が看護師たちに危害を加えるという心霊現象、「アナベル事件」(1968年)を解決して有名になったウォーレン夫妻が、あまりの邪悪さゆえに、40年以上、誰にも語らなかった事件を映画化。
映画は、そのアナベル事件から始まり、ウォーレン夫妻(ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン)の講演の様子などと並行して、ある一家に襲い掛かる恐怖の現象を描いていく。

講演

一家が引っ越しをしてくる、ということから、ああ、これは「この家」に何かあるな、とは、すぐ分かる。
案の定、飼い犬が嫌がって、家に入ろうとしない。
やがて、不気味なことが起き始めて…。

一家

子どものなかのひとりに、最近よく見かける、ジョーイ・キングちゃんがいた。観たあとに調べて、気づいたんだけど…。
とくに、「ホワイトハウス・ダウン」では、大活躍してたよね。

恐怖

一家が、夫婦と、子どもが5人いて、すべて女の子だというのも、なんだか、すごい。
恐怖に襲われるのが、かよわい女性がほとんどという状況だから…。

公式HPにあった、ロレイン・ウォーレンさんの話。
「家に入ってすぐ、この家が取り憑かれていることが判りました。ベールのような気配に包みこまれ、エネルギーが吸い出されます。霊体が出現するためにはそうしなければならないからです。人からエネルギーを得るのがたった一つの方法なのです。家の中は本当に重々しくて、引き倒されそうになります。とても薄気味が悪いのです」

怖い箱?

オーソドックスな「恐怖の家」ものだけど、いつ何が起きるかが分からず、スリルが継続する。
こんな家で、目隠しして、かくれんぼ遊びするなんて怖すぎる。見えずに階段を落ちたりしたら、どうするよ~! 目の前に怖いものが出てきたら、どうするよ~! わー!

一家の主婦役の、リリ・テイラーさん、いちばん大変な役でした。すぐ前に観た「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」にも出演していたんだよね…。

憑く…?

原題は“THE CONJURING”。conjureの意味を調べると、魔法[魔術]を行う、手品[奇術]をする、(呪文・まじないで)悪魔[霊]を呼び出す、などとある。

怖すぎ

ホラー映画は数多く見ているほうではないが、そのなかでは、これは、かなり、じわじわ、気持ち的に、怖かったよう。
ああ、こわ。でも映画のスリルとしては、面白い。

(10月19日 新宿ピカデリー)

戦い

THE CONJURING
2013年 アメリカ作品
監督 ジェームズ・ワン
出演 ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン、ジョーイ・キング

参考:死霊館@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ブログパーツ

● COMMENT ●

「資料館」って書いたら、怖くないよな。

…なんも言えねえ。

こんにちは

よくある話だと思ってたら、いやはや怖かったです。
実際にあったというから怖さ倍増しますよね。
うっかり夜遅くに観てしまいました(汗)

>yukarinさん

こんにちは!
これは、なかなか正統的に、こわかったですね!
夜、見ちゃいけません…怖さを増したいのなら、いいですが…。

目隠しかくれんぼ

のくだりは本当に怖かったですよね~。
落とされないかハラハラしてたけど、いないはずの場所から手拍子と声が…のくだりだけでも心臓止まるかもしれない!
みなさん演技も上手くて、傑作ホラーと紹介してもいい作品ですね。

>宵乃さん

あんまりドキンとするのは歓迎したくないのですけど、見たいような好きなような複雑な…。
正体がわからない(見えない)うちが、いちばんこわいですよね。
「死霊館」の続編も、そのうちに見てくださいねー。

死霊カーンと言うから、死霊のキラー・カーンが出てきてモンゴリアン・チョップするかと思ったら、それ以上に怖くて困った。

>ふじき78さん

「私寮監」だったら、寮の管理者が寮生を次々に餌食にする、抜群の怖さです。

こんばんは。

これが実話を基に…って実に驚くべきことですね。
この手のオカルトは、気を許していた瞬間にドーン!と来る場面が多いのでびっくりしてしまいます。もう心臓が弱いので、コメントが無くなったら死んだと思ってください。(@@;;

「ホワイトハウス・ダウン」のジョーイ・キングちゃんでしたか!
あれはよかったですね。昔(ってほどでもないけど)っから体当たりの演技だったんですね。

続編も観ましたよ。
こちらも怖かったですが、感想はまたレビュー後に。(^o^)

>白くじらさん

おはようございます。
音で驚くのは心臓によくないですが、そんなこと言わずに、霊界からでもコメントをください! 六道りんねに手伝ってもらって。

女の子については、気になったら、ちゃんと調べます! 差別です。
怖い映画ばかり出るのも、どうかと思いますけど、出ないよりはいいですね。

おお! 続編も観賞済みですか。怖いのに…。(苦笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2600-855a0685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

死霊館

死霊館@ワーナーブラザース映画試写室

死霊館/ヴェラ・ファーミガ

『ソウ』シリーズや『インシディアス』を手がけたジェームズ・ワン監督が『インシディアス』のパトリック・ウィルソンを再び主演にして1971年にアメリカで実際に起きた奇怪な事件を ...

死霊館

悪魔さん怖すぎ。勘弁して下さい。  

ジェームズ・ワン新作ホラー『死霊館』

死霊館(2013)アメリカ原題:The Conjuring 監督:ジェームズ・ワン 出演:ヴェラ・ファーミガ/パトリック・ウィルソン/ロン・リヴィングストン/リリ・テイラー日本公開:秋 1971年、 ...

『死霊館』

(原題:THE CONJURING) ----もう。 夏も終るというのに、 ニャんでこんな怖そうな映画を? またまた眠れなくなるじゃニャい。 「うん。 これは、 『ワイルド・スピード』シリーズの新作を任せられたことでも話題の ジェームズ・ワン監督の新作ホラー。 フォーンも知...

タイトルデザイン_36(Becker Design) ジェームズ・ワン監督【The Conjuring (死霊館)】

「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督がアメリカで実際に起こった実話を基に描くホラースリラー『The Conjuring (死霊館)』物語・1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人

死霊館

評価:★★★★【4点】(P) 今やミステリーホラー界の第一人者の異名をとるワン監督の

死霊館/THE CONJURING

ランキングクリックしてね ←please click 40年もの間、関係者全員が口を閉ざし続けたある一家に起きた実話を 「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が発掘し映画化 タランティーノが、早くも選んだ今年の10本のうちの1本 元々、...

死霊館

2013年10月19日(土) 19:00~ 109シネマズ川崎6 料金:1000円(ポイントカード会員感謝の日) パンフレット:未確認 古臭いが故に目新しい。正統派オカルト映画。 『死霊館』公式サイト 元来「ソウ」の監督の奴なのだが、その後撮ったホラーは、あまり奇をてらっていない。 その最終局面か、極めてオーソドックスな、正統派オカルト映画。 大音量やビジュアルで怖がらせると言う安易...

死霊館

なかなかに怖くてイイ!

死霊館  監督/ジェームズ・ワン

【出演】  ヴェラ・ファーミガ  パトリック・ウィルソン  ロン・リヴィングストン  リリ・テイラー 【ストーリー】 1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時...

「死霊館」

全米が泣いた・・・かも。 調べたら、今年は「エクソシスト」から40年にあたるらしい。 当時はオカルトブームなんて言われて、映画は半ば社会現象になった。撮影中に不可解な事故が起きたなんてことが、話題性に輪をかけた作品もあった記憶がある。 ただ、ブームというの...

『死霊館 THE CONJURING』('13初鑑賞89・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:25の回を鑑賞。

死霊館(2013)**THE CONJURING

   “心霊現象の大半は科学的に解明できる”と証言する著名な学者が、キャリア史上唯一100%本物と認めた事件。 結局この前観た「悪いやつら」は記事アップ出来ず、、、、。昨日観た死霊館を書くことにしました。ジェームズ・ワン監督作品の代表的...

死霊館・・・・・評価額1650円

その恐怖は、実在する。 現代ハリウッド随一のホラーマイスター、ジェームズ・ワン監督が、1971年にロードアイランド州で実際に起こった事件を基に映画化したオカルト・ホラー。 購入した古い屋敷で怪奇現象に襲われた一家は、数々の心霊事件を解決していた著名な心霊研究家のウォーレン夫妻に助けを求める。 あの手この手で一家を追い詰めるお化け屋敷の支配者と、近代的な機器を駆使してその正体を突き止...

死霊館

戦慄の実話。ジェームズ・ワン監督なのできっと不気味な人形がまた出てくるよと思ってたら、出てきた!(笑) 特別特殊な演出はされずに、「インシディアス」同様、シンプルなオカルトホラーとして楽しめる出来になっている。 「デッド・サイレンス」もそうですが、ワン監督のホラーとは相性がいい。けれどインシディアス第二章でホラー畑から引退らしく、残念であります; 古典ホラーのような演出が、じわじわ...

死霊館

THE CONJURING 2013年 アメリカ 112分 ホラー PG12 劇場公開(2013/10/11) 監督: ジェームズ・ワン 『インシディアス』 出演: ヴェラ・ファーミガ:ロレイン・ウォーレン パトリック・ウィルソン:エド・ウォーレン ロン・リヴィングストン:ロジャー・ペロ...

死霊館

【THE CONJURING】 2013/10/11開 アメリカ PG12 112分監督:ジェームズ・ワン出演:ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リヴィングストン、リリ・テイラー “心霊現象の大半は科学的に解明できる”と証言する著名な学者が、キャリア史...

死霊館 ★★★

『ソウ』シリーズなどで有名なジェームズ・ワン監督が、アメリカで実際に起きた出来事を基に描くオカルトホラー。不可解な怪現象に悩まされる一家の相談を受けた心霊学者の夫妻が、調査に赴いた館で壮絶な恐怖を味わう。実在の心霊学者ウォーレン夫妻には、『インシディア...

映画評「死霊館」

☆☆★(5点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジェームズ・ワン ネタバレあり

死霊館

ポスタ- A4パターンA 死霊館 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【THE CONJURING】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 1971年、ロードアイランド州ハリスヴィル。 野中にポツンと建つ古びた一軒家に、ロジャーとキャロリンの ペロン夫妻と5人の娘たちが引っ越して来た。一家は新しい生 活に胸を躍らせるが、翌朝から様々な異変が一...

『死霊館』 (2013年 アメリカ)

「鬼さんこちら、手の鳴るほうへ」 「クローゼットの中から音がする」 「ベッドの下に何かいる」 お約束ながらイヤ~な予感シチュエーションの数々、ごっつぁんです。 終始ビビりまくりで、もうお腹いっぱいです。 普通であれば、5人姉妹のうち一番霊感強そうな四女(タンスにゴンの娘)あたりが憑依されそうなものなのに、選ばれたのが「母親」というのは意外な感じがしました。しかも、憑...

死霊館 (The Conjuring)

監督 ジェームズ・ワン 主演 ヴェラ・ファーミガ 2013年 アメリカ映画 112分 ホラー 採点★★★★ 私が住んでる家と同じ敷地内に一軒の廃屋が。元々は私の両親が「店舗兼住居じゃなにかとしんどいから家建てんべ」と建てた2階建ての一軒家なんですけど、そこに住ん…

映画「死霊館」観ました

原題:THE CONJURING 製作:アメリカ’2013 112分 監督:ジェームズ・ワン ジャンル:★ホラー【あらすじ】数々の心霊現象を解決してきた超常現象研究家ウォーレン夫妻のもとに、ある女性が相談に来る。ロードアイランドの人里離れた一軒家に引っ越したペロン一家が、不気味な怪現象に悩まされているというのだ。家族を守りたいという彼女の想いに共感したロレインは夫と共に調査に赴くが...

『死霊館』を新文芸坐で観て、ワンさん上手いなふじき★★★

▲ワンさん、子供を可愛く撮るのが美味いんだよなあ。 五つ星評価で【★★★音が怖い】 初見。 続編の『エンフィールド事件』を先に見ている。 これ、本当キリスト教素養が ...

「ダイアナ」 «  | BLOG TOP |  » 「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」(2回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード