topimage

2017-06

「007/リビング・デイライツ」 - 2013.11.02 Sat

お、ダルトン・ボンド、なかなかじゃん。

シリーズ25周年記念作であり、シリーズ15作目。

ポスター

ボンド役は、ティモシー・ダルトンに交代。
わりとマジで、前任者ロジャー・ムーア時代に比べると、ギャグ封印か!?
マジ路線といえば、現在のダニエル・クレイグ版もそうだが、ダルトンもマジ寄りだったのか。(昔、いっぺん見ているはずなんだけど覚えてなかった。)

オープニング曲はa-haというグループ。印象に残らず。
そのオープニングロールで、エンディング曲がプリテンダーズだって出てたので期待したけど、やっぱり印象に残らなかった…。

ボンドくん、女スナイパーを撃つかと思いきや、プロじゃない相手は殺さない、って、カッコよすぎ~!
敵の情報を知るために、その彼女、ダボちゃんと行動をともにするダルトン・ボンド。
マリアム・ダボちゃんは色気というより、かわいこちゃんなチェロ奏者の役で、ボンドと愛のメロディを奏でます。(あ、しゃれたことを書いてしまった。)

ダルトンダボ

編集者を経て、監督を任されるようになった、ジョン・グレン、「ユア・アイズ・オンリー」から4作連続の担当。無難といえば無難ですが。
新しいボンドの新味もあって、おもしろく拝見しました。

(10月26日)

THE LIVING DAYLIGHTS
1987年 イギリス作品
監督 ジョン・グレン
出演 ティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジェローン・クラッベ、ジョー・ドン・ベイカー、ジョン・リス = デイヴィス

参考:007/リビング・デイライツ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


狙撃

(c) 1987 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

愛はともかく、マリアム・ダボちゃんと性のメロディーは奏でたいなあ。

>ふじき78さん

ダボちゃんの場合は、どうでしょうねえ~?

こんばんは♪

ティモシー・ダルトンもなかなか良かったですよね!
2作だけだったのがちょっと残念でした。
ロジャー・ムーアのボンドがギャグがおおすぎたのか軌道修正ですかね?

>yukarinさん

おはようございます。
いいと思います。
2作だけとは。その時点で、以後、誰でも2作ずつ出演することにすれば、いろんなボンドが見られて面白かったかも!?

あっ、そうそう・・・ 音楽面では 最悪だったと知りました。

この作品ね~・・・・
テレビで何年か前 「昼のロードショウ」って放送してて 録画してみましたが・・・
つまらんかった。 まだ「消されたライセンス」のほうがよかった。

音楽を担当したジョンバリーと主題歌を担当したa-haは ことごとく 意見が対立して 最悪だったとか なんか 映画サウンドトラック関係の本で 007シリーズに書いてありました。
 まっ、 どっちも お互い譲れない プロ意識からだと思うし どっちの主張も まちがってはいないのでしょうけどもね・・・
 いちおう 動画のアドレスはりつけておきます。

オープニング a-ha「The Living Daylights」
https://www.youtube.com/watch?v=WzV4WGoyl4Q

エンディングPretenders 「If There Was a Man 」
https://www.youtube.com/watch?v=QsTBYQ-jZDk

>オープニング曲はa-haというグループ。印象に残らず。
そのオープニングロールで、エンディング曲がプリテンダーズだって出てたので期待したけど、やっぱり印象に残らなかった…。

 ボーさん 同感!!! 曲を聞いたけど 作り手には悪いケド ”味”がぜんぜん薄いv-12 耳に響く ”聞かせどころ”ってヤツがまったく感じなかった。2曲とも・・・

>zebraさん

改めて聞いてみましたが、なんだか合わないというのか、つまんない曲ですよねー。
映画のほうは、新しいボンドという面白みもあって、楽しくは見ましたよ~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2604-ea4c4162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『007 リビング・デイライツ』を日劇2で観て、真面目に作るって大事だよふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★ティモシー・ダルトンのムサイ感じが好き】    公開以来の再見。 普通におもろいと思う。 敵がセコイ割にあくどくて個性的。 アクションが一つ一つは ...

007/リビング・デイライツ

【THE LIVING DAYLIGHTS 1987/12】製作国:イギリス監督:ジョン・グレン原作:イアン・フレミング主題歌:a-ha出演:ティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジェローン・クラッベ、ジョー・ドン・ベイカー KGBのコスコフ将軍が亡命を希望してくる。護衛についたボ...

「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」 «  | BLOG TOP |  » 「舞妓 Haaaan!!!」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード