topimage

2017-06

「007/消されたライセンス」 - 2013.11.15 Fri

いままで見た007のなかでは、ずいぶん楽しめたランク。

親友のCIAエージェント・フィリックスの結婚式を前に、派手な空中アクションからスタート。

キャリー
キャリー・ローウェルさん。ボンドじゃないよ。

今回は、友人夫婦に危害が及び、個人的な恨みゆえに、殺しのライセンスを返上してまで、復讐に突っ走るボンド。
〇〇〇が殺されるなんて、ひどい!と思ったけど、だからボンドの復讐心にも同感できるわけだ。


タリサ
タリサ・ソトさん

キャリー・ローウェル、タリサ・ソトの、ふたりのボンド・ガールは、よかったです。ボンドをめぐって、キャリーは相手に嫉妬しちゃったりしてます。
Qが秘密兵器を渡すだけでなく、ボンドのアシスタントにつくのも、おもしろい。
チンピラ風な若造だけど凶悪そうな敵が、二十歳そこそこの若いベニチオ・デル・トロなのも、お楽しみ。


トロ
トロ。007じゃないよ。

オープニング主題歌は、どうも、さえない。歌うのは、グラディス・ナイト。エンディングの歌は、パティ・ラベル。

(11月10日)


またキャリー
キャリーさんのサービスショット!

LICENCE TO KILL
1989年 イギリス・アメリカ作品
監督 ジョン・グレン
出演 ティモシー・ダルトン、キャリー・ローウェル、タリサ・ソト、ロバート・ダヴィ、ベニチオ・デル・トロ

参考:007/消されたライセンス@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) MGM / UA All rights reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

ベニチオ・デル・トロさん、若かったですねー。
ボンドが復讐って...と思うんですけど、わりと好きな作品でした。

最近、ロバート・ダビを見かけないんですが元気でやってるんでしょうか? きっと国許では年老いた母親も心配していることと思います。

>yukarinさん

おはようございます。
デル・トロが出ていたのには、びっくりでした。
個人的な復讐は気になりませんでしたよ~。やったれ、やったれ、と思いました。(笑)

>ふじき78さん

いまどき公開中らしい「THE ICEMAN 氷の処刑人」に出演しているようですよ。
主役じゃないですが、母上も安心です。

ライセンス・トゥ・キル

 これ 昔 テレビの録画でみました。、v-55v-54
ティモシーのボンドは歴代のボンドのなかでは一番すくなかったのでは・・・
デルトロ若いですね。サメのシーンはえげつなかったことが一番印象に残ってます。

>オープニング主題歌は、どうも、さえない。歌うのは、グラディス・ナイト。エンディングの歌は、パティ・ラベル。
 他のボンドシリーズの主題歌と比較してしまうと影が薄い気がします。

>zebraさん

ティモシー、わりとワイルドでよかったと思うんですけどね~。
デル・トロのチンピラが似合ってました。
サメ…まさか、ああなるとは、ですね。

主題歌は、この頃になると、もう記憶に残らないです。どういうわけなんでしょうねえ。作曲家のせいか…?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2613-5de1b981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

007/消されたライセンス

【LICENCE TO KILL:1989/09】製作国:イギリス/アメリカ監督:ジョン・グレン主題歌:グラディス・ナイト出演:ティモシー・ダルトン、キャリー・ローウェル、ロバート・ダヴィ ボンドとフェリックス(ヘディソン)が逮捕した麻薬王サンチェス(ダヴィ)は部下の手で脱...

『007 消されたライセンス』を日劇2で観て、油断してグーグーふじき★★★

五つ星評価で【★★★前半快調、後半記憶欠如】    劇場鑑賞以来の再見。 そういや昔も後半で睡魔に勝てずに寝た気がする。 ブレがないな、俺(ダメじゃん)。 ロバート・ダ ...

『007/消されたライセンス』(1989)

ボンドの友人フェリックス・ライターが麻薬王サンチェスに襲われ、新妻は惨殺、彼自身も瀕死の重傷を負う。ボンドは復讐を誓い、<殺しの許可証>を剥奪されながらも単身サンチェスを追い詰める。 もはやスパイ・アクションではなく、復讐鬼、処刑人としてのボンドを描いた異色作で、既にイアン・フレミングの原作は全て使い切っていたため、題名共々映画用のオリジナル作品となった(一部、原作から借り受けたシーン...

「容疑者Xの献身」 東野圭吾 «  | BLOG TOP |  » アメ横センタービル「海女カフェ」へ

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード