topimage

2017-08

「オテサーネク 妄想の子供」 - 2013.11.21 Thu

赤ちゃんコワイ。

エーンエーン。
もぐもぐ。

エーンエーン

おいちいわねー。
あ…ママの髪の毛たべちゃ、メッでちゅよー!

ワオッ

木の切り株が赤ちゃん。動物も人間も食べちゃうという、お話をもとにした映画。
赤ん坊の泣き声が耳に残る。
わがまま、あまやかされて、すくすく育つ赤ちゃんは天使であり、モンスターであるな。

テメーなあ

パンチラこっそり見てんじゃねーよ、ジジイ!

(11月17日)

OTESANEK
2000年 チェコ・イギリス作品
監督 ヤン・シュヴァンクマイエル
出演 クリスティーナ・アダムコヴァ、ヴェロニカ・ジルコヴァ、ヤン・ハルトゥル、ヤロスラヴァ・クレチュメロヴァ、パヴェル・ノーヴィ

参考:オテサーネク 妄想の子供@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

切り株君はまあいいとして、問題はこの娘だ。
確か観た時にこれはひどいビジュアルの娘を連れてきたなと思ったんだけど、
写真で見てみると全盛期の梅宮辰夫みたいっすね。そら、興奮しないわ。

>ふじき78さん

この写真は、とくにガンつけてるので、コワイっす。眉毛ないし!
もうちょい、かわいい小娘にしてほしいですよねー。
おじいちゃんは、パンチラで興奮してましたけど、顔は別として…オトコのサガか…笑

これは絵本で知っていたので「よく映像化したなー」と思っていたものですが、うん、やっぱり観直したくなるものではないですね、キモコワ(^_^;)

>まおさん

おっ! 先に絵本でご存じとは!
画像では歯が出ていますが、映画では、めったに見せません。
でも、この歯があるところに、目玉も出てくるんですよ~~(うう)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2617-be140f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「オテサーネク 妄想の子供」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2000年チェコ=イギリス=日本合作映画 監督ヤン・シュヴァンクマイエル ネタバレあり

「Xの悲劇」 エラリー・クイーン «  | BLOG TOP |  » 「アリス」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード