topimage

2017-06

「恋人たちの予感」 - 2013.11.25 Mon

定番的な恋愛映画の位置にある一本だと思うけど、それほどピンとは来なかったな…。

メグ・ライアンさんは、以前からずっと大好きである。かわゆいし、アヒル口っぽくなるのもキュート。

紅葉の下

映画としては、男女の関係を語ったもので、友人のように仲良く喋りあって、ずっとそうした付き合いをしていくんだけど、やっぱり……ということですよね。

なかよく

友達のように付き合えるってことは、いっしょにいる相性はいいというわけで、だから結婚をするのか、それとも友達みたいだから、友達で終わるのか…。
いろいろと、道はあるのかもしれません。

脚本がノーラ・エフロン、撮影がバリー・ソネンフェルドというのは懐かしいというか、ふたりとも後に監督になりますよね。

(11月23日)

WHEN HARRY MET SALLY...
1989年 アメリカ作品
監督 ロブ・ライナー
出演 メグ・ライアン、ビリー・クリスタル、キャリー・フィッシャー、ブルーノ・カービイ、スティーヴン・フォード

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

オトコがハリー、オンナがサリー、韻を踏んでいる!

前の記事でも、おんなじようなこと言ってなかったか?

奇妙なカップル

確か去年の今頃、観たって書いた覚えがあります。
上のスチルでも綺麗な、秋の紅葉の素晴らしい景色が見どころですかね。
ビリー・クリスタルって「オスカー授賞式」での軽妙なプレゼンターってイメージが強いのです。どちらかというと「3の線」ですかね。半分茶化している感じがマイナスにもなる。「よく喋る男」の代表みたいなイメージかな(笑)

本物の老夫婦が何組か出てくるのが素敵だなぁと感じました。それは若夫婦にはない「熟成された関係」かな。もう「惚れた、はれた」を超越するんですよ。仲のいい友達」みたいに....「腐れ縁」もあるだろう(笑)

はい、オスカーの司会やってましたっけ。
よく喋る、三枚目に近いですよね。

はじめのうちは恋愛感情があって…というには、このカップルは友人同士の雰囲気が強くて、それでも結婚かあ、と思っちゃうのは多少、否めないわけで。
気づいたのか。
ま、だから、いろいろあるよね、と書いた次第でございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2619-8eeee6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

銀座ミキモトのクリスマスツリー «  | BLOG TOP |  » 「Xの悲劇」 エラリー・クイーン

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード