topimage

2017-06

「艦隊を追って」 - 2013.12.03 Tue

フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースの名コンビによる、ダンスと歌。

いただいたDVDで観賞。ありがとうございます!

マリリン・ファンにとってジンジャー・ロジャースさんというと、マリリンが助演で出演した「モンキー・ビジネス」(1952年)で主演女優だった、というイメージが大きいかもしれない。

アステア&ロジャース

でも、それ以前から、彼女は踊って歌える大スターであったのだ。
やはりミュージカル・スターのフレッド・アステアとコンビを組んで、次々に作品を生み出していた。

この粋さ!

このダンスの粋さ、優雅さを見よ!
かと思えば、コミカルなダンスも見せてくれるし、ふたりのダンスの呼吸がぴったり合うところは、ミュージカル・ファンなら一見の価値がある。

ベティ・グレイブル、3人娘の真ん中

調べていて知ったのだが、本作には、ベティ・グレイブルさんも出演していた!
コーラス3人娘の真ん中。当時19歳か。
この後、戦争時はピンナップガールとして人気で、マリリンとは「百万長者と結婚する方法」(1953年)で共演していますね。

ベティ

さらに!
ルシル・ボールさんも出ているんですよ! なんと!

ルシル・ボール、右

右側の女性です。
ジンジャー・ロジャースさんから、姉さんを少し垢抜けたふうにしてくれない?と頼まれる同僚の役。

その2

メガネを取って、お化粧して、着替えて…おお、見違えた!

左、ルシル

ルシルさんは、左。
この、真ん中のお姉さん(ハリエット・ヒラード)と恋仲に?となるのが、ランドルフ・スコットで。
ランドルフ・スコットといえば、私には、西部劇の印象しかなかったので、ミュージカル映画に出るとは驚いた。もっとも、歌ったり踊ったりしていなかったけども。

アステア&ロジャースのダンスを見られるだけでも、いい気分になれる。
私はそういうミュージカル好きなのですよ。


(11月24日)

FOLLOW THE FLEET
1936年 アメリカ作品
監督 マーク・サンドリッチ
出演 フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース、ハリエット・ヒラード、ランドルフ・スコット、アストリッド・オールウィン

参考:艦隊を追って@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

お久しぶりです

おお、若き日のルシル・ボールが出ているんですか、この映画。
意外な役者さんを発見するというのは、古い映画をみる楽しみのひとつですよね。

そうそう最近、シャネルのCMでマリリン・モンローの映像と声が使われていますよね。ボーさん、もうご覧になりました?

>kiyotayokiさん

おひさしぶりです、お元気ですかっ。
ルシルさんも、ベティさんも、映画を見た後に、出演しているのを知って、調べましたよ。
うれしい驚きですね。

マリリンのCM、録画しました! バッチリです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2625-fbfa7bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『艦隊を追って』『鉄腕ターザン』をシネマヴェーラ渋谷で観て、春眠春眠ふじき☆☆,☆☆

特集上映「映画史上の名作V」から1プログラム。 ◆『艦隊を追って』 五つ星評価で【☆☆春眠暁を覚えず】 フレッド・アステアとジンジャー・ロジャーズが歌う、踊る。 元 ...

「暗くなるまでこの恋を」 «  | BLOG TOP |  » 「チヨ子」 宮部みゆき

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード