topimage

2017-10

「ルビー・スパークス」 - 2013.12.17 Tue

彼女を束縛しちゃいけません。

簡単に記事は済ませていますが、適度にネタばれしているかもしれません。

彼女

スランプの作家が、夢で見た彼女のことを書いて、想像だと思ってたら、ほんとにいた!ってお話。

何か書くと、書いたとおりに変化する彼女。
じゃあ、あんなことも、こんなことも…ぐふふ。
っていう映画じゃないんです! こら!

ファンタジーなんだけど、主演の彼女が脚本を書いたって! 男の妄想じゃないんだ。女性のほうが考えて書いたんだね。
その、ゾーイ・カザンさん、名監督エリア・カザンの孫なんだー! …かわいいというか、個性的です。

彼女と彼

監督が「リトル・ミス・サンシャイン」の2人。ポール・ダノは「リトル・ミス~」に引き続いての出演で、主演ということですね。

自然に知り合う形のラストは好き。
ルビーがスパークするっていう名前は、きらきらしていいよね~。

(12月8日)

RUBY SPARKS
2012年 アメリカ作品
監督 ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
出演 ゾーイ・カザン、ポール・ダノ、クリス・メッシーナ、アネット・ベニング、アントニオ・バンデラス

参考:ルビー・スパークス@ぴあ映画生活

親

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2012 Twentieth Century Fox

ブログパーツ

● COMMENT ●

この映画

ちょうど去年の今頃観てました。
1年経つのは早いねえ。
内容は・・・ 結構忘れてます(苦笑)

>rose_chocolatさん

ありがとうございます。あいかわらずroseさんのハンドルネームをコピペしているボーです。
見た後に、この2人、実際に恋人なのかー!と知って驚きました。いや、驚きはしないけど、へー!くらいですか。
お兄ちゃんは誰?って感じでしたが、両親役が案外豪華でしたねえ。

> ルビーがスパークするっていう名前は、きらきらしていいよね~。

JOJOの中に出てくる必殺技エメラルド・スプラッシュみたいだなー。

>ふじき78さん

スパークリング・ルビーって飲み物かと思ったら、宝石で、のどにつまってしまうわけですねえ。(飲むなって。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2631-632bebfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルビー・スパークス

 『ルビー・スパークス』を渋谷のシネクイントで見てきました。 (1)大層面白かった 『リトル・ミス・サンシャイン』(2006年)を監督した二人(注1)の作品と聞いて映画館に出かけました。  物語の舞台はロスアンジェルス。  主人公は、10年前に処女作を書いてヒット...

ルビー・スパークス ★★★

「リトル・ミス・サンシャイン」のジョナサン・デイトン&バレリー・ファリスが同作以来6年ぶりに手がけた監督作。 スランプ中の若手作家と現実世界に出現した小説のヒロインが繰り広げる恋を描いたラブストーリー。脚本を執筆し、タイトルロールを演じたのは、映画監督...

映画評「ルビー・スパークス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス ネタバレあり

映画:ルビー・スパークス Ruby Sparks 意外にツボに入ったそのワケは。

プロットはいくらでもデジャブしそうなネタ。 小説に書いた女性(写真:右)が、小説家(写真:左)の前に突然 リアルに現われ、主人公の人生が激変する。 だがナゼか引き込まれた。 その理由は「主演女優」かも? というには彼女、「いかにも主演女優」的な佇まいと...

ルビー・スパークス

若くして天才と騒がれ、華々しいデビューを飾った小説家のカルヴィン(ポール・ダノ)は、2作目を書けず、長いスランプから抜け出せない状態。 ある日、理想的な女性が夢の中に現れ、彼女をヒロインにした小説を思いつく。 “ルビー・スパークス”と名付け創作に没頭するカルヴィンの前に、なんと想像上であるはずのルビー(ゾーイ・カザン)が現実に現われ…。 小説家の青年と、彼が創り上げたヒロ...

ルビー・スパークス・・・・・評価額1600円

愛するほどに、苦しくなる。 スランプに陥った天才作家が、なぜか実体化した小説の主人公に恋をする、ファンタジックでちょっとビターなラブストーリー。 巨匠エリア・カザンの孫娘である才媛、ゾーイ・カザンが脚本を書き上げ、自らタイトルロールのルビーをキュートに演じれば、彼女の創造主たる作家のカルヴィンを、実生活でもゾーイのパートナーだというポール・ダノが、クリエイターの苦悩たっぷりに魅せる。...

『ルビー・スパークス』 (2012) / アメリカ

原題: RUBY SPARKS 監督: ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演: ポール・ダノ 、ゾーイ・カザン 、アントニオ・バンデラス 、アネット・ベニング 、スティーヴ・クーガン 、クリス・メッシーナ 観賞劇場: シネクイント 公式ブログはこちら。 公...

理想の現実 ジョナサン・デイトン&バレリー・ファリス 『ルビー・スパークス』

『駆ける少年』を観終わって映画館を出たらそれはもう見事な雪景色。いまのうちに帰っ

『ルビー・スパークス』

(原題:Ruby Sparks) ----この映画、『リトル・ミス・サンシャイン』の ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督の作品だよね。 6年ぶりニャんだって? 「そう。 『リトル・ミス・サンシャイン』は、 あの年のベスト1に推したほどのぼくのお気に入りの作品...

ルビー・スパークス

■「ルビー・スパークス/Ruby Sparks」(2012年・アメリカ) 監督=ジョナサン・デイトン & ヴァレリー・ハリス 主演=ポール・ダノ ゾーイ・カザン アントニオ・バンデラス アネット・ベニング  ある日突然、理想の彼女が目の前に現れて、しかも自分を愛してくれる・・・なーんて...

「ゼロ・グラビティ」(1回目) «  | BLOG TOP |  » 「かぐや姫の物語」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード