topimage

2017-03

「愛しのフリーダ」 - 2013.12.24 Tue

ビートルズに「秘書」のような女性がいたんだなあ。

この映画で、はじめて知った。

フリーダさん

ビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインが雇った女性、フリーダ・ケリーさん。
キャヴァーンクラブで演奏するビートルズが大好きになってクラブに通い詰め、エプスタインの目に留まった。
ファンクラブの会報をつくりはじめた人であり、ビートルズ解散の少し後まで仕事についていたというから、本当に長い間、ビートルズのすぐそばで彼らを見ていたのだった。
リンゴ・スターが加入する前からビートルズファンということは、リンゴよりも「ビートルズ(に関する)歴」が長い。

メンバーたちにとどまらず、彼らの家族とも仲良くなった。
リンゴの母親にいたっては、フリーダの給料を上げなさい、とエプスタインに言ったほどで、ふたりは母娘のような関係を築いていたんだね。

ポールと

映画はフリーダさんへのインタビューを中心に、ビートルズの写真や動画も出てくる。
キャヴァーンクラブでの写真は、あまり見たことがないので新鮮だった。

「マジカル・ミステリー・ツアー」は、エプスタインが亡くなったときに、ポール・マッカートニーが、今すぐ何かやんなきゃ!とメンバーに声をかけて作ったのだそうだ。みんなが、そのまま気が抜けたようになってバンドの解散危機になるのを恐れたのだろう。

フリーダさんはビートルズととても親しい関係でありながら、自慢げに吹聴することもなく、今回はじめて、記録としての映画ができた。
それは、自分の子にちゃんと話すことがないまま、その息子を亡くしてしまったことが大きな動機だったのだろう。孫には知らせておきたい、というフリーダさん。

インタビューの最後には、富も名声も、どうでもいい、生きていれば…と、亡くなった人々をしのんで涙を流す彼女に、こちらも、もらい泣き。

ジョージと

バックに流れる音楽は、ビートルズの歌は4曲ほどで物足りない気もするが、ビートルズがカバーした曲のオリジナルらしい歌を多数、流していたのは面白かった。
こういう歌を、ビートルズが歌ったら、ああなるんだね…と分かるから。

ビートルズが好きなら興味深く見ることができる、良い映画だと思う。

上映後、思いがけなくトークショーがあった。
萩原健太さん、本秀康さん。私は存じ上げないお二方だったが、楽しく拝聴しました。

(12月20日 角川シネマ有楽町)

色つき

GOOD OL' FREDA
2013年 アメリカ・イギリス作品
監督 ライアン・ホワイト
出演 フリーダ・ケリー

参考:愛しのフリーダ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2013 Magnolia Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

世のずうとるびファンには、うらやましがられる女性だなあ。

ずうとるび、じゃない! びいとるず、じゃけん!

ドキュメンタリーもののサガ?
上映館少なし、上映期間短し…。
上映スケジュール、自分の見間違いやも知れぬが、「年明けてから、観に行こう~」と呑気に構えていたら、終わっていましたv-406

フリーだ…ではなくフリーダさん、確か、来日したんですよね。
今年は、リンゴもポールも、あたしの為に(?)来てくれて、それだけで
“I Feel Fine”でした。
舞台「Let It Be」も来るんですね。
個人的には、“The Meetles”さんたち(←バンドです。You tubeで見られます)に来日してほしいかな~。

>モぺ改め「謎の」ミトンさん

あらら…
これは、ずうとるびファンなら、もとい、ビートルズ好きなら、DVDでもいいから見ておくといいと思いますよ~。
ええ、私が観に行った映画館にも来た?みたいな感じです。サインがありましたし。
あ、リンゴも来たんでしたっけ?(カヤの外ですいません、リンゴー!)
舞台は私は行かないです…カネかかるし…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2633-c77daa8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛しのフリーダ

愛しのフリーダ(2013 アメリカ・イギリス) 原題   GOOD OL' FREDA 監督   ライアン・ホワイト 脚本   ライアン・ホワイト 編集   ヘレン・カーンズ 出演   フリーダ・ケリー (ドキュメンタリー映画) ザ・ビートルズのファンでフリーダ・ケリー(Freda Kelly)の名に聞き覚えのあるファンは今、どれだけいるでしょうか?もし、ビートルズの...

フリーダ・ケリーさんインタビュー:映画「愛しのフリーダ」(1月18日公開)について/ザ・ビートルズの秘書兼ファンクラブ責任者を11年間務めた女性を描いたドキュメンタリー

公開中の「愛しのフリーダ」はザ・ビートルズの秘書兼ファンクラブ責任者を11年間務めたフリーダ・ケリーさんを描いた珠玉のドキュメンタリーだ。フリーダさんが来日した際にお話を伺った。 2014年1月30日まで角川シネマ有楽町にて公開、ほか全国ロードショー

「007/ゴールデンアイ」 «  | BLOG TOP |  » 「ゼロ・グラビティ」(1回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード