topimage

2017-10

2013年・映画・好きな順・ベスト44 - 2014.01.08 Wed

2013年に観賞した新作映画の、個人的に好きな順の順位発表!

「マイ・ベスト10」だけでは、つまらないから、ぜーんぶに順位をつけちゃったら、どーなのよ、え!? という、おばかな恒例のお遊びです。

2013年に見た映画は、映画館観賞、衛星放送での映画放映やDVD観賞など、合計で121本

映画館などの大きなスクリーンで観た新作映画に限り、「好きな順番」を考えてみました。

「また見たいかどうか」が重要な選考基準。
今年は44本あるのでベスト44です。
(全部じゃベストと言わんぞ! と今年も前年と同じくセルフツッコミ。ついでに、今回も、前回の文章を手直しして省エネで作ってるぞとツッコんでおく。…という文章まで同じかいっ!)

あくまでも、私の今の時点での好きな順が基本。
世間一般で、いい映画といわれていても、まったく、ぜんぜん、気にしません。 むしろ、反発しそうです。

こんな順位おかしいだろ!訴える!と、のたまわれても、あくまでも個人的な好みで決めた順位ですからねえ。

2013年、映画館などのスクリーンで映画を観たのは55回。(同じ映画を観た場合でも、その回数分を数えます。ただし、映画に、生のオーケストラ演奏を合わせた「名作シネマとオーケストラ」のイベントでの観賞は除きます。)
そのうち「旧作」7本を引くと、48回になり、リピート観賞が4回あるので、それも引いて、「新作」観賞本数は44本となります。

毎年のことながら、すべてに順位をつけるのは無謀で、たいした意味もありませんが、記事を書いたときの「好き度」の点数を基本に考えてみました
映画タイトルは、すべて、感想記事とリンクしていますので、興味がわいたらタイトル名をクリックするべし!!

今回は、初の試み、まず、ザ・ベストテン形式(?)で、第10位から第1位まで、画像で順番に紹介してみましょう。


第10位 「インポッシブル」


インポッシブル
(c) 2012 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

家族の絆が素晴らしい。ナオミ・ワッツさんの熱演や、長男役のトム・ホランドの存在感で引きつける。監督はスペインの新鋭フアン・アントニオ・バヨナ。


第9位 「ゴーストライダー2」


ゴーストライダー
(c) 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

B級カテゴリーという中で、思う存分はっちゃけて楽しすぎる。自分で書く記事も、この時のような会話調は読み返しても面白くて好き。監督はマーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー。


第8位 「オブリビオン」


オブリビオン
(c) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ビジュアルがいい。IMAXで観て、すごく満足。これぞSF映画! 楽しめる。「オブリビオン」って、意味がわかんなくても覚えやすい(間違えない)。監督はジョセフ・コシンスキー。


第7位 「ホワイトハウス・ダウン」

ホワイトハウス

次から次へと、ハラハラ、アクション! ワクワクが続く脚本。「ダイ・ハード」的な楽しさといえるだろうか。多少は大ざっぱでも面白きゃいい。監督はローランド・エメリッヒ。


第6位 「かぐや姫の物語」


かぐや
(c) 2013 畑事務所・GNDHDDTK

歓びと哀しみの表情を豊かに表現したヒロイン。「生きる」ことが、ここにある。朝倉あきさんの声もハマっている。監督は高畑勲。


第5位 「イノセント・ガーデン」


イノセント
(c) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

映像表現に魅せられた。悪の妖しさみたいなものも、じんわり刺激的。女子の、こういうのには引かれるね。監督はパク・チャヌク。


第4位 「パシフィック・リム」


リム
(c) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

萌えた! 昔みていたロボットアニメが、現代の映画ではこうなるんだ!ってのをハンパなく眼前に繰り広げてくれた。監督はギレルモ・デル・トロ。


第3位 「ゼロ・グラビティ」


グラビティ
(c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

前評判の良さに期待度が上がっても、観て、がっかりしなかったって、すごくない? ラストの感動は、原題「重力」にも、つながる。監督はアルフォンソ・キュアロン。


第2位 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」


パイ
(c) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

映像の美しさ、CGのすごさ、物語の意味。1月にIMAXで観てから、長い間、2013年のベスト1でありつづけた堂々たる1本。監督はアン・リー。


第1位 「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」


マリリン瞳
(c) 2012 Diamond Girl Production LLC. All Rights Reserved.

やっぱり、マリリンが主役(?)の映画は、我が家では1位。もはや、お約束みたいなものとも言えるが、「好き度」も唯一の星5つ、満点をつけたので、間違いなく、問題なく第1位。第一線で活躍する女優たちが、マリリンの書いた言葉を語るユニークさも良し。監督はリズ・ガルバス。


さて、では、44本すべての順位を発表!

「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

「ゼロ・グラビティ」
「パシフィック・リム」
「イノセント・ガーデン」
「かぐや姫の物語」
「ホワイトハウス・ダウン」
「オブリビオン」
「ゴーストライダー2」
10 「インポッシブル」
11 「愛しのフリーダ」
12 「テッド」

13 「ペーパーボーイ 真夏の引力」
14 「パッション」
15 「グランド・イリュージョン」
16 「死霊館」
17 「ポゼッション」(2012年)
18 「ヒッチコック」
19 「フライト」
20 「ゼロ・ダーク・サーティ」
21 「アンコール!!」
22 「アイアンマン3」
23 「マン・オブ・スティール」
24 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

25 「ファインド・アウト」
26 「クラウド アトラス」
27 「オズ  はじまりの戦い」
28 「キャリー」(2013年)
29 「ウルヴァリン:SAMURAI」
30 「鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~」
31 「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
32 「L.A. ギャングストーリー」
33 「リアル~完全なる首長竜の日~」
34 「ストロベリーナイト」
35 「アフター・アース」
36 「ダイアナ」
37 「ジャンゴ 繋がれざる者」
38 「LOOPER/ルーパー」
39 「クロニクル」
40 「世界にひとつのプレイブック」
41 「恋のロンドン狂騒曲」

42 「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」
43 「ワールド・ウォー Z」

44 「エリジウム」


観ていない映画は、たくさんあるわけで、そうした映画が入ってきたら、どういう結果になったか? とは毎年考えることですが、見方を変えると、どうしても観たいものは何としても観るだろうから、観ていないという時点から、すでに私の選考からは、はずれた作品としていいのではないかと捉えておきます。(この文章も毎年流用ですが。)

順位を1行あけて区切ってあるのは観賞時の点数による区切り。
1位は5点(星5つ)をつけています。2位が4.5点、3~12位が4点、13~24位が3.5点、25~41位が3点、42~43位が2.5点、44位が2点でした。

3.5点の映画のなかでは、17位までのものは、だいぶ気に入っています。18位以下は、順番はこんなもんかなと。
3点の映画群のなかの順番も、「だいたい、こうか?」です。「代替効果」ではありません。

3点が「普通」評価ですから、ずっと下にある41位だって「普通」なのです。下にあると評価が悪いみたいに見えますが、それほどでもありません。びっくりです。


ちなみに、44本の順位の中に、旧作7本を加えると、以下のようになります。プラスした7本は、分かりやすいように、映画タイトルの後に(旧作)と書いておきます。

「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」

「八月の鯨」(旧作)
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

「メリー・ポピンズ」(旧作)
「ゼロ・グラビティ」
「パシフィック・リム」
「シェルブールの雨傘」(旧作)
「イノセント・ガーデン」
「かぐや姫の物語」
10 「ホワイトハウス・ダウン」
11 「オブリビオン」
12 「ゴーストライダー2」
13 「インポッシブル」
14 「愛しのフリーダ」
15 「テッド」

16 「ペーパーボーイ 真夏の引力」
17 「パッション」
18 「グランド・イリュージョン」
19 「死霊館」
20 「ポゼッション」(2012年)
21 「十階のモスキート」(旧作)
22 「ヒッチコック」
23 「フライト」
24 「暗くなるまでこの恋を」(旧作)
25 「ゼロ・ダーク・サーティ」
26 「アンコール!!」
27 「アイアンマン3」
28 「マン・オブ・スティール」
29 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

30 「ファインド・アウト」
31 「クラウド アトラス」
32 「オズ  はじまりの戦い」
33 「キャリー」(2013年)
34 「山猫」(旧作)
35 「ウルヴァリン:SAMURAI」
36 「鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~」
37 「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
38 「L.A. ギャングストーリー」
39 「リアル~完全なる首長竜の日~」
40 「ストロベリーナイト」
41 「恋のマノン」(旧作)
42 「アフター・アース」
43 「ダイアナ」
44 「ジャンゴ 繋がれざる者」
45 「LOOPER/ルーパー」
46 「クロニクル」
47 「世界にひとつのプレイブック」
48 「恋のロンドン狂騒曲」

49 「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」
50 「ワールド・ウォー Z」

51 「エリジウム」


ということで、次回の記事は「第9回(2013年)シネマ停留所映画賞」を、こぢんまりとアップ予定! たぶんね。


関連記事::
第9回(2013年)シネマ停留所映画賞
年度別マイ(ベスト)ムービー検索用リスト

ブログパーツ

● COMMENT ●

やっぱり「瞳の中の秘密」が一位ですよね。これは納得!マリリン本人の書いた文章を現代の女優を使って朗読劇にするって、映画としては画期的かと。女優がマリリンに扮しちゃうと、似ているかどうかを見ちゃうから、マリリンの内面を伝えるのならこの朗読劇の手法は素晴らしいです。ついでに。映画初日初回にマリリンファンで集って観たのも良かったです。私が遅れそうになっちゃいましたけど。遅刻癖はマリリン並かもしれません。

他の映画は観てないのでコメントできませんが、こういうランキング記事っていいですね。

>たけしさん

さっそく、ありがとうございます。
マリリンの場合は特別なので、もう、よっぽどつまらないか、脇役でなければ、こういう結果になりますね!
そうそう、初日初回に、ファンクラブ数人で観に行ったのも、楽しかったです。
遅刻までマリリンの真似をしなくても、よろしいんですよ?

ほかの映画は観ていないということは…たけしさんも1位は「瞳の中」!?

こちらにも

私はほとんどがレンタル鑑賞なので、
(それも昨年は特に少なかった)
この中で観たのは15本でした。
上位では、「ライフ・・パイ」「ゼロ・グ・・」「イノセント・・」
「オブリビオン」あたり、私も好きです!

下位でも普通評価って事は、ボーさんにとっては
まあまあ良作の多い年だったという事でしょうか。
私は残念ながら、昨年は好きと思える作品の少ない
イマイチな年でしたよ。

>YANさん

ありがとうございます。
レンタルも、劇場公開から、そうそう遅くもないので(今も半年後くらいでしょうか?)、同じ年のうちに見られる映画も割とありますよね。

いえいえ、好き度2.5以下の映画は、もともと少ないです。厳しくないんですよ~。

1位に輝くのは何だろうとドキドキワクワク。
あっそうか!これがありましたね、去年は。
忘れてました(未見だし)。
覚えていれば、昨日の段階で「一位はきっと『瞳の中の秘密!』」って言えたのにな。
残念~。
2位の「ライフ・オブ・パイ」は納得ですが、この映画って去年でしたっけね。
もうだいぶ前に観たような気がします(^_^;)

ども。ひきつづきマリリン道を邁進しておられるのですね。
アメコミ者としてはゴーストライダー2がひっそりと8位にランクインしてるのが嬉しいです。わたしゃ正規じゃなくい別枠のランクの方に入れちゃいましたけど
2013年は映画の他には『あまちゃん』が特に面白かったですね! じぇじぇっ!

>kiyotayokiさん

きのうは楽しかったです。オニオングラタンスープも久々でした。
どきどきわくわくしていただけると、ありがたいですね!
そう、これがあったんですよ。
公開が小規模だったし、いまひとつ盛り上がりが…。

「ライフ・オブ・パイ」は去年の1月だったので、昔のようにも思えますよね~。

>SGA屋伍一さん

ええ、マリリン道は永遠に。ですね。
あ、ゴーストライダーも、アメコミでしたっけ、そういえば。
まじめなアメコミより、あとにまで残る、おばかな面白さといいますか…ほめてないようで、ほめている。

「あまちゃん」は、小泉ファンとしては、輪をかけた大事件、大イベントになりました。
自分の中で、こんなに多方面で盛り上がったテレビドラマはありませんですよ。…うばっ…!

今年もよろしくお願いします。
マリリン、瞳の〜が一位!これは他にいないベストですね。
とってもボーさんらしいです。
毎年、ついつい同じことを言ってしまいますよね。私もです。

ベスト10ではかぐや姫だけがカブりましたが、他には「ホワイトハウスダウン」「オブリビオン」「イノセントガーデン」は私も大好きでした。
「愛しのフリーダ」はとても評判が良いんですよね。時間があれば見たいと思います。

>とらねこさん

こちらこそ、よろしくお願いします。
たぶん、ファンならではの1位なのでしょうねえ~。
とらねこさんのも、興味深いベストですけれど。

うちの場合、メジャー公開的なものを観ることが多いので、ほかのもので面白いのを見逃している可能性が高いです。
「愛しのフリーダ」はビートルズが好きなら、より興味を引かれます。

今年もよろしくー

マリリンが1位、もう、さすがです。ボーさん。
自分とこの1位なんだから、好きに選んじゃって全然OK! ですよねー。
私も人のこと全然気にしませんもんw

それよりも私が「おおっ!」って思ったのは、『○やのよる』の順位の低さ!!
いいんですかーそんなとこで!?
あの方がご出演なのに・・・笑

ともあれ去年も大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

>rose_chocolatさん

訪問ありがとうございます。
ファンでなければ1位にはならないと思います。
マリリンはスペシャルですからねえ。もう、世界一の女優、伝説、偶像、天使。神…とは言いませんが。

「つや○よる」は、でも、星2つ半ですよ。正直に評価したら、全体のなかでは、こんなに下の順位になってしまいました。
小泉さんの場合は、好きでも無条件に評価するわけではないのですよね~。

もしも今年、小泉ライヴがありましたら、よろしく(期待薄)!
その他もろもろでも、引き続き、よろしくお願いいたします。

今頃~

あけおめ~、で、ことよろ~~☆

実をいうと、何度も覗いてはいたのよ~。
でも、慌ただしい訪問でした!
「ゼロ・グラビティ」評判いいのに、ナゼかスルー予定。
「パシリム」の方が観たいかも♪
泣く子とマリリンには勝てないわ(笑)

>kiraさん

あけすぎー。よろぴーでお願いします。
えー、のぞき去らずに足跡をつけましょうよー。
「ゼログラ」はテレビ画面だったら、半分以上、価値が下がる気がしますが…スルー?
「泣く子」は「パシリム」の? マリリンに勝てないのは同意!

こんにちは

ベスト44面白いですね。
私もベスト10に成らなかったですし(笑)
1位はボーさんらしいですね。残念ながら知りませんでした。
ゼログラとパリシム(私も略してみました)はやはり上位にきますね。
ボーさんはちゃんとした順位をつけられてますね。
私はただパッと思いついたものから順ですもん(笑)

てなわけで、今年もどうぞよろしくお願いいたしまーす♪

>yukarinさん

こんばんは。
今年もよろしくお願いします。
毎年こんなことをやっております。
マリリン映画は知りませんでした? 東京でも2館しか上映しませんでしたし、認知度は低かったと思います。
真ん中へんの順位は、こんなもんかな?というものですから、遊びみたいなことですよ~。

ライフオブ~

WOWOWで放送され始めてから、既に3度観てしまいました(笑)
「レミゼ」も何度観ても同じ場面で毎回涙(爆)

ナオミの10位と36位に納得!!
「ダイアナ」は、うーーーん、、、でした(苦笑)

去年は秋ごろから忙しくて、観ては書くだけで精一杯。
今も変わらないのですが(苦笑)時間の使い方が上手くなりたいです。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

>オリーブリーさん

今年もよろしくお願いいたします!
おおっ! もう3回も! 私は録画しましたけど見てないや…。「レミゼ」も?
けっこう何回も見るんですね~。

ナオミたんは「インポッシブル」は良くて、「ダイアナ」は…と、同じような評価ですね。

私も映画を見るのはいいけど、記事に書いていない感想が、すぐに溜まっていきます。
かんたんに書いちゃえばいいとはいえ、それでも時間はかかるし。
でも、更新停止は、やりたくないですね。

こんちは。

あーもー「エリジウム」と「オブリビオン」は私の中で同格なので、よー分からん。やっぱ、人それぞれだなあ。

今年もよろしくですう

>ふじき78さん

こんばんは。
いやいや、「エリジ」はツッコミどころありすぎでしょー。
あきれて、しらけて、よよいのよい、でしたよ。
ということで、よろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2640-c08a2732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013年 この映画がアレだ!! 幕内編

さて… それではひっそりとまとめますかね。本年度の映画ベスト30弱(ハンパだ)。

2014謹賀新年&2013マイベスト

明けましておめでとうございます。 平和で幸多き年になりますように。 昨年後半から、 家族の関係で生活パターンが少々変化したので、 映画を観たり、ブログを書いたりが、 思うように出来なくなってきました。 その中でも自分なりに時間のやりくりを考え、 少しでも多くの映画を観られたら幸せです。 ブログ更新や皆様の所への訪問は ゆっくりペースになりそうですが、 ...

2013年my映画ランキング

映画祭・特集上映・日本未公開部門編ランキングに引き続いて、こちらが一般公開編のランキングです。 個人ランキングのTB、集計用はこちらを使って下さい。 対象となる本数ですが、 2013年劇場公開観賞 239本 です。単純に今年劇場(試写会含む)で観賞した本数のう...

今年のベスト1・・・映画編

大晦日になってないけど今年も映画鑑賞の総括を試みることにした。

2013年辛口映画ベスト10 【洋画編】

 2013年も残りわずか、一年間「新・辛口映画館」をありがとうございました。  例年通りに今年のベスト10も諸事情がありブログにレビューを書いていない作品のオンパレードです。未見に終わった作品も数多く、かなり偏りのあるベスト10になりました。

2013年度、年間マイベスト10+α

2013年度のマイベスト10発表です。

2013 My Favorite Movie 外国映画

続きましては2013年マイベスト10の外国映画部門です。今年鑑賞した新作劇場公開の外国映画は158作品でした。そのうち二度目を観に行ったのが4作品なのでのべ162作品となります。これも ...

懲りずに選んだ2013年映画ベストテン。

 2013年の個人的映画ベストテンを発表したい。下半期に鑑賞ペースが落ちたことを勘案しても、食指の動く作品があまり多くなかったのは事実だ。それでも何とか10本を選んでみた。 日本映画の部 第一位 東京家族 第二位 舟を編む 第三位 そして父になる 第四...

2013年 私の好きな映画

昨年はたくさん映画を観せていただきました。こんなに映画を観たのは人生初かも。やっぱり試写会で観れたことが大きい。感謝!便乗させていただいてありがとうございました。年末、映画ブログの皆様のところにお伺いすると、年間ランキングされているのを目にするので、私...

映画 私的ベスト10・2013

My favorite films 2013 今年もベスト10を選ぶほどたくさん

2013年 私的映画ランキング

2013年にみた映画の満足度ランキングです。総数=72本(内、今年公開作=56本

2013年日本インターネット映画大賞 外国映画部門

引き続き外国映画部門も。 モットーは今年も「頑張れ、華流!」 [作品賞投票ルール(抄)] 選出作品は3作品以上10作品まで 持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする 1作品に投票できる最大は10点まで -------------------------------...

2013 MY BEST MOVIE TOP 10

詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312310001/ 【送料無料】オリジナル・サウンドトラック ゼロ・グラビティ [ スティーブン・プライス ]価格:2,520円(税込、送料込) 【送料無料】【特典なし版】パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット【初回限定生産】【Blu-...価格:2,9...

2013年を振り返って<映画>

はい、恒例の今年観賞した作品の振り返りを行います。 今年劇場に観に行った本数は1

日本インターネット映画大賞―2013年度外国映画投票

 今回は、前回に引き続いて、外国映画についてです。 ------------------------------------------- 『 外国映画用投票テンプレート 』 【作品賞】(3本以上10本まで) 「 ザ・マスター   」    7 点 「 25年目の弦楽四重奏 」  5 点 「 偽りなき者 ...

2013年、映画観賞履歴〜1年の観賞を振り返る

2013年も残すところ今日が最後となりました。そこで、今年観た映画を振り返ります。 まずは1〜6月の上半期で54本、7月以降が56本を観賞。ごく平均的な本数(月8〜9本)ですが、年間本数としては昨年の107本を僅かに抜いて過去最多の110本を記録しまし...

Moviegoing 2013 作品編

●印象に残った作品 ()内は監督名、50音順01 きっと、うまくいく (ラージクマール・ヒラニ)02 キャプテン・フィリップス (ポール・グリーングラス)03 クロニクル (ジョシュ・トランク)04 ジャンゴ 繋がれざる者 (クエンティン・タランティーノ)05 ゼロ・グラビティ (アルフォンソ・キュアロン)06 天使の分け前 (ケン・ローチ)07 25年目の弦楽四重奏 (ヤーロン・ジルバーマ...

2013年の映画ベストテン and more.

ベスト&ワースト,他いろいろ!

2013年下半期に印象に残った作品

【2013年下半期に印象に残った作品】 【ホラー】 フッテージ バスケットケース 悪魔のいけにえ 【サスペンス】 ランズエンド -闇の孤島- トランス・ワールド 【アクション・SF】 HK/変態仮面 ヘンゼル&グレーテル アイアンマン3 クロニクル パシフィック・リム マン・オブ・スティール 【ヒューマン・...

2013年のお気に入り♪映画編

2013年に観た映画

2013☆ベスト&ワースト映画 /2013 BEST&WORST MOVIE☆

ランキングクリックしてね ←please click 今年で16年目 独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、 面白かったもの、好きというのを重視  対象となるのは ...

2013年度 個人的映画BEST(^-^)

毎年恒例の”個人的”BEST MOVIEを決める時がやってまいりました。

2013年のベスト10です。

世界の映画界に「じぇ、じぇ、じぇ」と衝撃が走った2013年。 「引退するなら今でしょ!」とばかりに本当に引退をされた宮崎駿監督を始め、大島渚監督、三國連太郎さん、夏八木勲さ ...

My Best Movie 2013

今年もあと3日。 一年の総ざらえとしてベスト・ムービーをまとめてみました。 今年劇場で観た映画は67本。 昨年から2本増で観賞ペースは変化なし。 やはり月5本か6本が限度ですね。 満点☆5つ評価が4本、☆4つが12本。 なのでベスト・ムービーは満点評価の中か...

2013年度・ベスト20 ワースト10発表

  あけまして おめでとうございます。   今年もよろしくお願いいたします。   さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。

2013 thinkingdays Best 10 of the movie

 2013年に劇場鑑賞した作品の中から、洋画はベスト10、邦画はベスト5を選ん でみました(+αあり)。  昨年、劇場鑑賞した映画は85本、そのうち邦画は20本(23.5%)です。自宅 鑑賞を含めると、89本の作品を鑑賞しました。劇場鑑賞数は1本増えています が、自宅鑑賞数が激減(12本)しています。これも、ぜんぶiphoneのせい、と いうことで(汗)。 ◇  ...

2013年振り返り

さて、今年も残すところ、あと僅かとなりました。 と言う事で、2013年鑑賞映画の振り返りです。 2013年の観賞数ですが、 1月:4本 2月:3本 3月:4本 4月:7本 5月:6本 6月:8本 7月:2本 8月:6本 9月:9本 10月:5本 11月:7本 12...

2013年度 日本インターネット映画大賞 外国映画部門

昨年は洋画は132本を鑑賞。

第18回(2013年)日本インターネット映画大賞

今年もインターネット映画大賞のサイトに投稿させて頂きます。見た本数は毎年減っていきますが、私の見た映画で心に残った作品をリストアップさせていただきます。この記事を書くことで、自分の一年間の鑑賞を振り返ることが出来ることが有難いと思っておりま...

「2013年ベスト・ワーストな作品、ランキングは無理なんじゃ?と思ったけど頑張ったスペシャル」

今年も残すところあと僅かです。あっという間の一年となりましたが、最近は恒例(個人的)になってしまったんでベスト・ワースト作品を選んでみました。今年はコレだ!!!という作品がヒジョーに少なく中途半端なランキングとなりました。とりあえずコレだ!!という作品のみ...

2013年、洋画ランキング・ベスト10

新年明けましておめでとうございます。 皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 昨年から、大好きなアクション映画を別の枠にして選出してみました。 第1位 :キャプテン・フィリップス 第2位 :マン...

迷宮映画館的2013年ベスト&ワースト

独断と偏見と希望を持って・・・

2013年観た映画まとめ ベスト&ワースト

2013年に映画館で観た本数は合計88本、一昨年と同じ数に なります、内訳は洋画77本(内リバイバル上映2本)、邦画 11本(内アニメ9本さらにOVAイベント上映含む)、と洋画 中心は変わらず、邦画もアニメ以外の2本は特撮ですので ほぼ洋画専門と言っていいかもしれません、年1~…

2013年 総まとめ

映画館観賞83作品から。 マイ・ベスト(★4つ以上)(公開順) *「もうひとりのシェイクスピア」 *「アルバート氏の人生」 *「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 *「ゼロ・ダーク・サーティ」 *「ジャンゴ 繋がれざる者」 *「愛、アムール」 *「偽りなき者」 *「ルビ...

2013 unforgettable movies

内も外もきな臭さが漂った2013年。 各国の政治の季節も一段落し、間もなく希望と不安が半分ずつの2014年がやってくる。 今年の日本映画を一言で表すなら、「イヤー・オブ・ジブリ」という事になるだろう。 映画史に残る「となりのトトロ」と「火垂るの墓」の公開からちょうど四半世紀の節目の年に、宮崎駿と高畑勲は共に圧倒的なクオリティで自身の最高傑作を作り上げ、アニメーション映画の世界に地殻変動...

映画2013 総決算!

2013年の映画鑑賞も一応終了。鑑賞総数(リピート含まず):83 本。内訳は外画:57本、邦画:12本、アニメ:14本。昨年が89本(外:57 邦:32)だったので、やや減ったものの比率的には変わらず

『2013 フォーンと“天国にいちばん近い島”で観るならこの映画』(年間ベスト)

----あれれ、今年は“無人島”じゃないんだ。 「うん。 2013年、最大のできごとはフォーンが天国に旅立ったこと。 幸いに、こうやって時空を超えてお話しているけど、 それはあくまでウェブでのお話。 やはり、どこかで会いたいなと…。 そう考えていたら、この島、 “天国に...

[ナカデミー賞 2014´ キューブリックとスタローンのハイブリッドな時代]

☆はいはい、遅ればせながら、私の映画賞を発表させて頂きます。  先ず、最優秀作品賞の候補を挙げておきます。  昨年は、まっだまだ、いい作品がいっぱいありました!      『横道世之介』・・・どうぞ、世之介を好きになって下さい。            ...

2013年洋画・邦画総合ベスト作品

年末恒例、そして自分にとってはブログ納めでもあるベスト映画選出ですが、自分のベストの場合ジャンルの偏りも然る事ながら観賞数もかなり少ないため、最早悩むまでも無いくらい選出が容易になってるここ数年であって、今年はそれが特に顕著になってる気がしますねぇ・・。未公開作品の観賞もかなり減っちゃったので、それが更に拍車を掛けた感じでもあります なので今回は例年のようにベスト10といった本数で括らず、...

日本インターネット映画大賞・外国映画2013年分の投票記事だ、ふじき

----------------------------------------------------------------- 『 外国映画用投票テンプレート』 【作品賞】(3本以上10本まで)   「マッキー     」  5 点   「ジャッジ・ドレ ...

2013年を振り返って

昨年2013年の映画総決算です。 昨年は映画館で49本、DVDで81本の計130本の映画を鑑賞しました。 旅行に行ったり、父の死で大阪へ何度か帰ったりしていたので、劇場鑑賞本数は大幅に減ったのでは と思っていたのですが、映画館に足を運んだ回数は意外にも昨年...

今年の47作(2013)

個人的には「あまちゃん」と東北楽天ゴールデンイーグルスに後押しされた1年。 他にも珍しく明るいニュースが多く、いい年だったと振り返ろうと思った途端に尻すぼみになったのが最後の2か月。 気がつけば、まるで何かに追われて逃げるように1年の幕引きをしているの...

今年もありがとうございます^^

 今年もあとわずか。てか、1日。  1年、大変お世話になりました  来年も引き続きよろしくお願いしますね  さて、数々の映画を観てきたわたし。  独断と偏見と趣味丸出しの好きな映画&イマイチ映画ランキングをやりたいと思います  洋画は好きなのが多くて。4...

2013年マイベストシネマ20

今晩は☆★ 昨年は色々なことがあって映画を観る機会が少なかった一年でした。わずかな数ではありますが、記事アップしていないものも含めると50本以上観たようです。(正確な数分からず・・・) ということでその中で記事アップしたものをピックアップしてご紹介したい...

第18回(2013年)日本インターネット映画大賞に投票 «  | BLOG TOP |  » 祝マリリン記事500本&年末のごあいさつ

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード