topimage

2017-08

「トリック劇場版 ラストステージ」 - 2014.01.26 Sun

「上田、これが最後って、どういうことだ」

「なんだ、誰かと思えば、705番目の弟子の山田じゃないか。いったい、どうしたんだ」

コンビ

「今回の映画、ラストステージってことは、訳したら、『最後の舞台』じゃないですか。ということは、上田さんとの縁も、これっきり、終わりということですね…」
「いくら寂しいといっても、俺に泣き落としを仕掛けてもダメだぞ。これは、堤なにがしという監督が決めたんだからな。それに、ユー、俺が言った『705番目の弟子』の意味に気づいてないだろ? つまり、705というのは…」
腐れ縁も、これっきりかあ。あー、せいせいするなー」
「おい、話を聞かんか!」

「でも、またジャングルみたいなところに行くんですよね。最後くらいハワイとか世界一周とかに連れてけ!」
「俺に言うんじゃない。俺だってスポンサーの出してくれる金で海外に出かけるんだからな。しかし、行った先で、ユーのお母さんに会いそうな気がしてならないのだが」
ムッシュムラムラでですか?」
「ムッシュム・ラー村だ」
「いったい、海外で習字を教える需要があるんでしょうかね」
「ユーを心配して来ているんじゃないのか、口には出さないけど」

じゅじゅちゅし

「今回、『じゅじゅちゅし』がいるそうですが、これが偽者かどうかを調べるんですね?」
「『じゅじゅちゅし』じゃない、『じゅじゅちゅし』だ」
「…同じじゃないですか!」
「ああ、これが、なんと、水原希子さんが扮しているのだ。俺なんか最後まで外国の方かと思っていたぞ」
「さすが、エキセントラックな女優さんですね」
エキセントリックだろ!」

「しかし、東山紀之さんがフツーの商社員なので、びっくりしました」
「ユーには、歌って踊るイメージが強いんだろう。だがな、俳優というものは進化するのだ。私だって学者としての進化は隠しようもな…」
「最大の見せ場は、やっぱり、どこをとっても、何から何まで、すっかりですね。上田さんだって泣いてましたよね?」
「いや、あれはお化けのような格好が笑えるほど泣けてだな、」
「ごまかさなくてもいいです。今回は最後にちょっと感動的にしてみましたので、ぜひ皆様、私の美貌とともに、ご堪能ください!」
「…終わりにならないかもしれないがな」

お見通しだ!

(1月13日 MOVIX さいたま)

2013年作品
監督 堤幸彦
出演 仲間由紀恵、阿部寛、水原希子、東山紀之、野際陽子

参考:トリック劇場版 ラストステージ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2014「トリック劇場版 ラストステージ」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

笑ったー。
二人のやりとりが目に浮かびます。
実は私も...じゅじゅちゅしは外国人だと思ってましたよ(笑)

>yukarinさん

ありがとうございます。
笑ってもらえると、うれしいですねー。
まさか、じゅじゅちゅしが! じゅじゅちゅしがねえ。

なんじゃこりゃー!!
大爆笑じゃないですかァーー!!

そう、じゅじゅちゅしと東山、オーラ消してましたね(笑)
「じゅじゅちゅし」って、言い難い^^

>オリーブリーさん

なんですってー!
大爆笑でよかったですー!

本人っぽさのオーラが消えていたんでしょうかねえ。
ところで、2枚目の画像の「じゅじゅちゅし」、首が長すぎますよね? 変じゃないですか? まさに、呪術師?(あ、言えた)

こんにちは。

エキセントラック(^^)な水原さん呪術師を引き継いだ美貌のマジシャンの活躍、
愉快にそして、うるっと楽しめました。

また、どこかで上田と奈緒子のコンビに会えるといいな☆と思います。

>みぃみさん

こんばんは!
最後は、うるりとさせましたよね。
このコンビ、終わりというわけじゃないので、ひょっこり再開(再会)でも、まったく、かまわないですよね!

じゅじゅちゅしはキリンさんの血を引くのかも(ガッツ石松虫がいる世界だからなくもない)

>ふじき78さん

首ながじゅじゅちゅし。
ガッツ虫は嫌いでしゅ。

こんにちは

まるで2人が話してるかのような様子が目に浮かびますなー(笑)
じゅじゅちゅしとか噛むところかもありえそうで笑えます
後半10分は良かったですねえ
仲間さんの笑顔が多かったような気もするけど…

>makiさん

こんにちは。
このシリーズの感想は、すべて会話風お笑い(違うか)にしてありますので、よろしかったら探してみてください。
これで終わりっぽいですけど、気が向いたら、再開してくれてもいいかな。(偉そうに)

こんにちは~。
二人のやり取りに笑わせてもらいました。もしかして映画より笑ったかも!?
映画はいいかげん金儲けはやめて完結させろよと思ってたので、やっと終わったという感慨がありました。
これでまた本当のラスト!とかやりだしたら怒りますよ?(笑)
それにしても、じゅじゅちゅしさんが日本の方だったとは。カタコトしゃべりが上手でしたね~。

>宵乃さん

こんばんは。
ありがとうございます! これで笑ってもらえると本望ですね!
…と主役のふたりも言っております。
私にとっては、だらだらと続いていても、まるっとOKなので。でも、終わり、といってるから、だいたいは終わりでしょう。(笑)
私は、じゅじゅちゅしは、現地の人だと思っていました。

うまい!二人そのもの!(笑)
前作までの映画化をみて期待していなかったせいか、ラストのいかにもラストらしさはよかったであります。
これで終わりにならなかったら、がっかり…かも。

>まおさん

ありがとうございますー。
なんだか、「トリック」の観賞記録は、こんなふうにしちゃうんですよね。
ラストっぽくなってました。
たぶん、ラストのつもりだと思います!(強めな語気で! 笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2646-4e49483d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トリック劇場版 ラストステージ

ビッグバンから何かが始まる!  

劇場鑑賞「トリック 劇場版 ラストステージ」

一年後に、連絡します… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401110000/ 【送料無料選択可!】TRICK-劇場版-ラストステージ[本/雑誌] (単行本・ムック) / 堤幸彦/監修 ...価格:1,260円(税込、送料別) 【送料無料】さよなら!トリック公式パーフェクト...

『トリック劇場版 ラストステージ』 霊能力者の正体とは?

 【ネタバレ注意】  「われわれも、そしてきっと皆さんもモヤモヤしていたドラマのテーマ性の部分に、そろそろ決着をつけてもいいのではないかと思ったのです。」  山内章弘プロデューサーはこう語った。  「霊能力なんか信じないという人も、お正月には初詣でに行ったりはしますよね」  「われわれも『トリック』みたいな作品をやっていて何ですが(笑)、おはらいをやったりする。でも、それが人間だ...

「TRICKトリック ―劇場版― ラストステージ」呪術師のトリックはズバッとお見通しだ!山田は呪術師を継承し皆を救って上田の前に○子として現れた

「TRICKトリック ―劇場版― ラストステージ」は2000年に連続ドラマでスタートし劇場版4作目となるTRICKシリーズの最後の作品で赤道直下の国で謎の死を巡る事件に山田と上田が関 ...

トリック劇場版 ラストステージ/仲間由紀恵

自称天才美人マジシャンと天才物理学者のコンビによる奇怪な事件の謎解きを描いて人気となった2000年スタートのTVドラマの完結編となる劇場版シリーズ第4作目です。個人的にはこのシ ...

トリック劇場版 ラストステージ

これで最後?!ほんまに終わり??『トリック劇場版 ラストステージ』を観てきました。 ★★★★★ これまで終わり終わりと言いながら、良い意味でダラダラとマンネリを重ねて続いてきた大好きな『トリック』シリーズですが、遂にこれで終わってしまいました。 見事なフィナー...

映画「トリック劇場版 ラストステージ」

映画「トリック劇場版 ラストステージ」を鑑賞しました。

トリック劇場版 ラストステージ

2014/01/11公開 日本 112分監督:堤幸彦出演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、東山紀之、北村一輝、水原希子、中村育二、石丸謙二郎、池田鉄洋、吉田鋼太郎 トリックシリーズ14年間の集大成!本当に最後です! [Story]海外の秘境でレアアースを採掘するため、...

トリック劇場版 ラストステージ ★★★★

自称天才美人マジシャンと天才物理学者のコンビを仲間由紀恵と阿部寛が演じ、高視聴率を記録したテレビドラマシリーズのラストを飾る劇場版。レアアース採掘の障壁となる魔術師のトリックを解くべく、秘境を舞台に登場人物が活躍を繰り広げる。主演の二人に生瀬勝久らレギ...

トリック劇場版 ラストステージ

天才物理学者・上田次郎(阿部寛)は、村上商事の加賀美慎一(東山紀之)からある依頼を受ける。 村上商事は海外の秘境にあるレアアースの採掘権を獲得したが、呪術師を信奉する地元部族が立ち退きを拒否しているという。 呪術師のトリックを見破る必要があると考えた上田は、自称超売れっ子天才美人マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)を旅に同行させるが…。 自称天才美人マジシャンと天才物理学...

トリック劇場版 ラストステージ

これで終わりかぁ。

トリック劇場版 ラストステージ  監督/堤 幸彦

【出演】  仲間 由紀恵  阿部 寛  水原 希子  東山 紀之 【ストーリー】 海外の秘境でレアアースを採掘するため、協力を依頼された天才物理学者・上田次郎。しかし、採掘権は獲得してあるものの、そこに住む部族が立ち退きを拒否。上田は自称天才マジシャン・山田奈...

トリック劇場版 ラストステージ

【監督】堤幸彦 【出演】仲間由紀恵/阿部寛/生瀬勝久/野際陽子/東山紀之/北村一輝/水原希子/中村育二/石丸謙二郎/池田鉄洋/吉田鋼太郎 【公開日】2014年 1月11日 【製作】日本 【ストーリー】 ある日、自称・天才物理学者の上田次郎のもとに、村上商事の加賀美慎一と名乗る男が訪ねてくる。海外の秘境で有望なレアアースの採掘権を獲得したが、その地域に住む部族が立ち退きに...

もうひと捻り!が欲しかったかも。『トリック劇場版 ラストステージ』

奇術師と物理学教授のコンビが怪しげな超常現象を解き明かす物語。 テレビシリーズで大人気を博した「トリック」の劇場公開作第3弾です。

映画:「TRICK劇場版 ラストステージ」♪。

平成26年1月16日(木)。 映画:「TRICK劇場版 ラストステージ」。 監  督:堤幸彦 脚  本:蒔田光治 音  楽:辻陽 キャスト: 山田奈緒子:仲間由紀恵・上田次郎:阿部寛 矢部謙三:生瀬勝久・山田里見:野際陽子 加賀美慎一:東山紀之・谷岡…

「トリック劇場版 ラストステージ」:遂にフィナーレ

14年にわたった『トリック』もいよいよラストですか。『トリック劇場版 ラストステ

映画「トリック劇場版 ラストステージ」レビュー (仲間由紀恵、大脱出マジック!最後の賭け)

映画「トリック劇場版 ラストステージ」を見てきたのでレビュー記事を書いてみたいと思います。

トリック劇場版 ラストステージ

 『トリック劇場版 ラストステージ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)TV版や映画版で見たことがある「トリック」シリーズの最後の作品ということで、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、“サイキック・ハンター”でもある奇術師フーディーニが、死の訪...

映画 トリック劇場版ラストステージ

JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆トリック シリーズ    ギャグ満載の『トリック劇場版ラストステージ』。    ボノイズンミが、最後に仕掛けたトリックを見事に    こなした山田奈緒子。ボノイズンミが持っていた本に山田奈緒子の &...

『トリック劇場版 ラストステージ』をトーホーシネマズ渋谷3で観て、有終の美だなあふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★こんなんで泣くのかと言われたら、そら泣くよと答える】    堤幸彦が監督だから、ダメだろうと言う憶測は当たっている。 今回だって、ダメに片足を突っ ...

トリック劇場版 ラストステージ

ついに見納め。まったりからマンネリへと移行しての最後の作品。 ネタが古くてよくわかんないというのもあるのですが、ゆる寒ギャグと内輪受け、ショボいピンチなどの相変わらずの感じ。個人的には無駄な「3D〜!」が笑った。 事件自体はたいしたことがないです。北村さんのオネエキャラがはじけてたくらい。 OPのフーディーニの霊界からの通信の話。山田と上田、二人の距離が少しずつ縮まり気づけば名コンビと...

トリック劇場版 ラストステージ

2013年 日本 112分 コメディ/ミステリー 劇場公開(2014/01/11) 監督: 堤幸彦 『劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 爻(コウ)ノ篇』 主題歌: 鬼束ちひろ『月光』 出演: 仲間由紀恵:山田奈緒子 阿部寛:上田次郎 生瀬勝久:矢部謙三 東山紀之:加賀美慎...

一言映画感想(1/17〜1/31)

1月に入ってから、邦画と吹き替えばっかりでキレそう…。字幕の映画で耳を休めたいです。1/30「大菩薩峠 完結篇(1961)」龍之介が行く先々で美人に助けてもらうのにイラッとしてきた(笑)浜と豊まではまだしも、一人三役もくどいよね。この龍之介は剣の魔力に魅入られているというより、ヒステリーで殺人衝動が抑えられなくなってるだけ。ただの情緒不安定なヒモのおっさんに見えた。.1/29「ウーマン・イン...

先週観た映画 〜1/25

  録画を結構観ましたよ。 民放の映画放送も久々にそのまま観たり。 「ハウンター(Haunter/13)」   同じ一日を何度も過ごしていることに家族でただ一人気づいた少女リサ。   家に縛られたまま、少しづつ見えてく現象の原因と関わる人々…   怖いながらも知らなければ現状を変えられないもどかしさと焦り。   オリビアの視点ではなくリサの視点、というところが面白いのかも。...

映画評「トリック劇場版 ラストステージ」(地上波放映版)

☆☆(4点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・堤幸彦 ネタバレあり

「SMASH」 シーズン2 第6話~第10話 «  | BLOG TOP |  » 「ウエスト・サイド物語」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード