topimage

2017-07

「SMASH」 シーズン2 第6話~第10話 - 2014.01.30 Thu

マリリン・モンローさんを取り上げたミュージカルを上演しようと努力する人々の人間模様を描いたテレビドラマ「SMASH」

第1話から第5話までの「あらすじ」に引き続いて、今回は第6話~第10話のあらすじをメモしておきます。

「ボムシェル」の脚本を書き直したジュリア(デブラ・メッシング)だったが、アイリーン(アンジェリカ・ヒューストン)の選択は、以前の脚本のほうだった。しかも、大事な曲をカットするというプロデューサーのジェリー(マイケル・クリストファー)に、ジュリアは反発する。
舞台稽古で、作曲家のトム(クリスチャン・ボール)が曲を振り付けているのを見たデレク(ジャック・ダヴェンポート)は、それが気に入らず、演出を辞めると宣言してしまう。
一方、アイヴィー(メーガン・ヒルティ)が出演を決めた舞台「危険な関係」の稽古は、主演の喜劇俳優テリー(ショーン・ヘイズ)のおかげで相変わらず喜劇の方向へ。

トムが「ボムシェル」の演出を担当することになるが、稽古では、主演のカレン(キャサリン・マクフィー)と、うまくいかない。
アイリーンは、ジェリーの陰謀を知り、プロデューサーの座を取り返す。
アイヴィーの舞台は開演するものの、結局、打ち切りとなる。トムと仲がいいアイヴィーの姿を見たこともあって、カレンは気になっていたジミー(ジェレミー・ジョーダン)たちの舞台「ヒット・リスト」に出演することを決める。演出にはデレクが当たることになり、デレクはジミーに、仕事に私情をもちこまないように(カレンと恋仲にならないように)釘を刺す。



第10話より、ライザ・ミネリ登場シーン。

デレクの助言(嫉妬?)も効果なく、カレンとジミーはベッドをともにする。
「ボムシェル」のマリリン役にはアイヴィーが復帰。トムは演出に際して、皆の意見を聞き入れようとし、昔の恋人を出演させるために新たな役まで作ろうとするが、それはさすがにジュリアに反対されてしまう。
デレクはジミーと演出面で衝突するが、トムにも言われて態度をやわらげる。
カレンの友人アナ(クリスタ・ロドリゲス)は、「ヒット・リスト」で小さな役でしかなかったが、デレクに歌でアピールして大役のディーヴァを射止める。
「ボムシェル」のマリリンの母親役候補として、アイヴィーの母リー(バーナデット・ピータース)が呼ばれる。

アイヴィーは、母親の出演をとりあえず承諾。
カレンの父親ロジャー(ディラン・ベイカー)がカレンを訪ねてくるが、部屋の窓から男が逃げていくのを目撃。デレクなどを疑ったあと、ジミーだったことを知る。
ジミーは昔のヤクの売人仲間に、金を返すことを要求されていたが、それを知ったデレクが肩代わりする。
アナがパフォーマンスを披露したパーティは成功、「ヒット・リスト」公演に明るい兆しが。
ジュリアは「ヒット・リスト」のプロデューサーのスコット(ジェシー・L・マーティン)とは旧知の仲で、彼から「ヒット・リスト」の脚本の見直しを頼まれる。

アイヴィーは、無断で母親をキャスティングしたトムに腹を立てる。彼女の態度に閉口したトムは、アイヴィーの誕生日にサプライズとして、ライザ・ミネリを呼ぶ。
感激するアイヴィーだったが、演出する側のトムと自分とは一時的に友人関係ではなくなる、一線を引くべきだと、トムに語る。
デレクはカレンに対する好意を告白するが、カレンは他に思っている人がいると答える。
ジミーはカレンをデートに誘い、自分のコートを彼女に着せかける。カレンはコートのポケットに麻薬の入った袋を見つける。


ブログパーツ

● COMMENT ●

あらすじ、ありがとうございます。でも、シーズン2のDVDが出るまで今回の記事もガマンしてます。本心はすごく読みたいんですけど…

>たけしさん

いえいえ、もう、話を羅列しただけなので、まとまりがなくて。
シーズン1は見ちゃったんですか? 「2」は歌が少ないです、今のところ。マリリン方面の筋も薄いので、いまいち乗れないんですよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2647-ecb6e38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マリリン来日60周年! «  | BLOG TOP |  » 「トリック劇場版 ラストステージ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード