topimage

2017-06

「ハンナ・アーレント」 - 2014.02.09 Sun

考えることの重要さを考えさせられた。

映画の中で、ハンナは考える。タバコをくゆらせて、寝そべって、窓際で、考えつづける。

考える

ネタばれあり(?)

ユダヤ人の強制収容所の問題に関わった人物、アイヒマンの裁判レポートができあがるまでに、長い時間がかかったのも、考えつづけたからゆえだろう。
(哲学者の原稿は時間がかかる、みたいな皮肉を出版側に言われていたけども。)
ユダヤ人自治組織の指導者がナチに協力したこともある、とする記述が反感を呼ぶことも、考えていなかったわけがない。
それでも、彼女は愚直ともいえそうな態度で、自分が考えたことをまげなかった。

裁判

命令に従ったまでです…私は手を下していません…アイヒマンの言葉。
傍聴したハンナが考え至った概念は「悪の凡庸さ」だった。
アイヒマンは思考不能となり、ただ命令に従ったことによって、ホロコーストの巨悪に加担してしまった。
アイヒマンは平凡な小役人だった。最大の悪は、そうした平凡な人間が行う悪であり、動機もなく、信念や邪心や悪魔的な意図もない…。

ただ、戦争という場においては、考えて、倫理的に正しいことをしたら、自分が殺されかねない事態なのは明白で、命を捨ててまで良心に従ってやるのか、命を保つために思考を停止するのか、ということでもあるとは思う。それが「戦争の悪」ではないか。

講義

「考える」ことを止めてしまうことで、人間ではなくなる。
考えずに行動するということは、ある意見を知った場合、その真偽、正誤にかかわらず、乗せられてしまう危険もあるわけだ。
よく考えなければならない。

ハンナ・アーレントという人物を、わかりにくくなく、映画を見た人に知らせるという意味でも、有意義な映画だと思う。

(1月25日 角川シネマ有楽町)

談義

HANNAH ARENDT
2012年 ドイツ・ルクセンブルク・フランス作品
監督 マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演 バルバラ・スコヴァ、アクセル・ミルベルク、ジャネット・マクティア、ユリア・イェンチ、ミヒャエル・デーゲン

参考:ハンナ・アーレント@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2012 Heimatfilm GmbH+Co KG, Amour Fou Luxembourg sarl,MACT Productions SA ,Metro Communicationsltd.

ブログパーツ

● COMMENT ●

「自分の損になる事にあんなに熱心に取り組んで………変なアーレント!」
ちゃんちゃん

こんばんは

>考える事の重要性を考えさせられた。

おっしゃるとおりの一言だと思います。
1/25にご覧になって、それからじっくり熟成されたのですね。
去年のキネ旬の3位でした。

>ふじき78さん

ヘンナさんというのも、どこかにいるんじゃないかなーと。

>とらねこさん

こんばんは。
キネ旬3位ですか! ちっとも知らなかったです。キネ旬も、なかなかやるもんですね~。

熟成なんて、いやいや、そんな偉いもんじゃないです。単に、遅く書いただけですよう。見た映画は一応書くので、まだまだ書かなきゃいけないものが残っています…。

主張ということ

これは複雑なシチュエーションでしたね。
人道としては悪いことだがそこにいきさつもある、しかしながら同胞への配慮も考えてしまう。
板挟みになりながらもしっかり貫き通すことはなかなかできないことです。

>rose_chocolatさん

ユダヤ人の中にもナチに協力した者がいたということを事実として書いた、その時点で反発を食いますね。
そのあとに、どんな論が続くのかを読んでみなければ、本当は何もいえないでしょうし、ハンナ自身、そのようなことも言っていました。
じっくり考えに考えたあとだからこそ、発表したことを曲げずにいけたのでしょうね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2652-66cbca22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハンナ・アーレント

 『ハンナ・アーレント』を岩波ホールで見ました。 (1)哲学者を主人公にした酷く地味な作品ながら、大層評判が高いと聞いて(注1)、神田神保町まで足を伸ばしてみました。  本作(注2)は、専ら、アドルフ・アイヒマン(注3)に対する裁判(1960年)をめぐって主人公...

ハンナ・アーレント

ハンナ・アーレント(2012 ドイツ) 原題   HANNAH ARENDT 監督   マルガレーテ・フォン・トロッタ 脚本   パム・カッツ マルガレーテ・フォン・トロッタ 撮影   カロリーヌ・シャンプティエ 編集   ベッティナ・ボーラー 音楽   アンドレ・メルゲンターラー 出演   バルバラ・スコヴァ アクセル・ミルベルク       ジャネット・マクティア...

『ハンナ・アーレント』が発信するのは何か?

 巧いな。  『ハンナ・アーレント』を観て、そう感じた。  この映画から、ドイツ国民の思慮深さと立ち回りの巧さを改めて思い知らされた。  それはもちろん、一観客である私が勝手に感じたことであり、作り手の意図は違うところにあるのかもしれない。もしも私が感じたことと作り手の狙いが一致したとしても、作り手がそれを認めることはないだろう。  だから、ここに書くのは単なる妄言でしかない。まぁ、...

「ハンナ・アーレント」

 (原題:Hannah Arendt )素材に対する考察は限りなく浅く、単にエピソードを漫然と並べているに過ぎない。伝記映画としては落第点だ。監督のマルガレーテ・フォン・トロッタが過去に撮った「ローザ・ルクセンブルク」(87年)と同じく、凡庸な展開である。やはりこ...

ショートレビュー「ハンナ・アーレント・・・・・評価額1650円」

アーレント教授の白熱教室。 1960年、南米で逃亡生活を続けていた元ナチス幹部、アドルフ・アイヒマンがイスラエルの諜報機関モサドによって拘束され、密かにエルサレムに移送される。 ユダヤ系ドイツ人女性で、ナチスの抑留キャンプから逃れて米国へ亡命した哲学者、ハンナ・アーレントはアイヒマンの裁判を傍聴し、その記事をニューヨーカー誌に連載する事になる。 世界はこの旧世界の恐るべき“野獣”の...

『ハンナ・アーレント』をシネマカリテ1で観て、『スペシャリスト 自覚なき殺戮者』を思い出すふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★これはこれで面白いけど不満は映画評論メディアにある】 実はアイヒマンが好きだ。 それは2000年2月にBOX東中野(現ポレポレ東中野)で公開された ドキュメン ...

映画:ハンナ・アーレント Hannah Arendt 圧巻のラスト10分。

今年の当ブログ映画ベスト10を検討するに、この1本は見逃せない、と駆けつけた。 (公開終了2日前。滑り込み、セーフ) 実は昨日も行ったのだが、チケットソールドアウト! 受付に19:00の回は17:00を待たずして完売と言われ、ビックリ。 なので、今日も大変だった......

「ハンナ・アーレント」

「Hannah Arendt」2012 ドイツ/ルクセンブルグ/フランス ハンナ・アーレントに「シシリアン/1987」「エム・バタフライ/1993」のバルバラ・スコヴァ。 ハンナの夫ハインリヒ・ブリュッヒャーに「ザ・バンク 堕ちた巨像/2009」「おじいちゃんの里帰り/2011」のアクセル・ミルベルク。 ハンナの友人でザ・ニューヨーカーのメアリー・マッカーシーに「アルバート氏の人生...

『ハンナ・アーレント』 (2012)

“凡庸な悪”におちぬよう、思考せよ! きわめて地味で硬派な教養映画の趣きながら、意義深い良作であった。 ハンナ・アーレントは、20世紀を代表するドイツ系ユダヤ人哲学者。1933年にナチス政権成立後、母国ドイツからフランスに逃れるも、かの地で強制収容所に...

【TIFF_2012】『ハンナ・アーレント』 (2012) / ドイツ

原題: Hannah Arendt 監督: マルガレーテ・フォン・トロッタ 出演: バルバラ・スコヴァ 、アクセル・ミルベルク 、ジャネット・マクティア 、ユリア・イェンチ 、ウルリッヒ・ノエテン 、ミヒャエル・デーゲン 第25回東京国際映画祭『ハンナ・アーレント(...

ハンナ・アーレント

ハンナ・アーレント 12:ドイツ:フランス ◆原題:Hannah Arendt ◆監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ「三人姉妹」「ローザ・ルクセンブルク」 ◆主演:バルバラ・スコヴァ、アクセル・ミルベルク、ジャネット・マクティア、ユリア・イェンチ、ウルリッヒ・ノエテン、ミヒ...

映画『ハンナ・アーレント』を観て

14-9.ハンナ・アーレント■原題:Hannah Arendt■製作年、国:2012年、ドイツ・ルクセンブルク・フランス■上映時間:114分■料金:1,800円■観賞日:1月25日、吉祥寺バウスシアター(吉祥寺) □監督・脚本:マルガレーテ・フォン・トロッタ□脚本:パメラ・カ...

映画評「ハンナ・アーレント」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年ドイツ=ルーマニア=フランス=イスラエル合作映画 監督マルガレーテ・フォン・トロッタ ネタバレあり

「めまい」 «  | BLOG TOP |  » 「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード