topimage

2017-10

「ホビット 竜に奪われた王国」 - 2014.03.10 Mon

エヴァンジェリンさんと竜かな~。印象にあるのは。

前作の記事は、こちら

並びましょう

前回1作目は、あの世界を久しぶりに堪能したせいもあって満足した。
今回も、おもしろいことはおもしろいが、やっぱり慣れがあって興奮しない。

エルフの女戦士を演じたエヴァンジェリン・リリーさん、アクションも頑張ってて、いいじゃないですか。
紅一点だしさ!
コンビのオーリー、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのときより、顔がツル~っとしているんじゃないかい?

エヴァ

終盤は、竜との対決で、カンババッチィ…ん? ベネディクト・カンバーバッチが竜の声をやっているんだけど、低音きかせてまして。
映画館を出てから、竜の真似をして低音でしゃべっていましたよ。
つまり、観賞後の印象は、かなり「竜」なのでした。
…と、エヴァンジェリン。

樽くだり

ルーク・エヴァンスも、かっこよかったね。あの港町の人って人間なのかな?

人間?

(3月1日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG
2013年 アメリカ・ニュージーランド作品
監督 ピーター・ジャクソン
出演 マーティン・フリーマン、エヴァンジェリン・リリー、リチャード・アーミティッジ、オーランド・ブルーム、ルーク・エヴァンス

参考:ホビット 竜に奪われた王国@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

ブログパーツ

● COMMENT ●

> 紅一点だしさ!

ガンダルフ「実は秘密にしておったが、わしは女なのじゃー」みたいな事はないですか?

>ふじき78さん

あっ、それで身の危険を感じて単独行動にしたんだ!
なるほどー。(笑)

こんばんはー☆

そうそう、紅一点☆
コワイ、むさいのから、美形まで男、男、竜まで男(^^ゞ
シリーズものって、途中でもうイイヤ、、ってなるのもあるけど
これは次も観るわ♪

>kiraさん

こんばんは!
紅一点ですよね。子どもとか、おばちゃんとかの女性はエキストラ含め、出ますけど、主役級の女性は一人。
あのラストは、もう、次を観ずにいられるか!って止め方でしたよね!

ボーさん、こんにちは!

ボーさんと印象に残ったものが全く違う!
私の目に入ってきたのは、イケメン~♪
レゴラスにスランドゥイルにトーリンにキーリにバルド・・・フフ\(^▽^)/

竜の声の事は観る前から知ってましたか。
私は全く気付きませんでした。
それにしても狡猾でおしゃべりな竜でしたね。

>YANさん

こんばんは!
観に行っちゃったんですねー。
そりゃそうっすよ。目には入ってきますけど、オトコは受け流しております。
イケメンいっぱいでよかったですねえ~。ロマンスのあった小さい人が、なかでは一番かっこいいと思います。
竜を缶バッチがやるのは知っていましたヨ!

こんにちは

ハイレベルなファンタジーで面白いんですが興奮度が低かったです
展開に強弱がなくって、同じテンションがずっと続いてる感じなのがつまらなさをうんでいるのかなー
イケメン萌え度も低かった(イケメン増えてるはずなのに…)
レゴラス無双は健在で良かったです

>makiさん

こんばんは。
私の場合は、興奮度が低かったのは、慣れと、女子の出演が少ないこと(笑)でしょうか。
でも、続きを観ないと収まらないのは、卑怯というか、してやられてる、というか。苦笑。

エヴァンジェリンさんの役は原作にないようですが、よいあキャラクターでしたよね。
そしてカンバーバッチはメイキングを見たら、表情も動きもちゃんと付けていてびっくりしました。
しかし確かに男性律が高い!(笑)

>まおさん

エヴァンジェリンさんの役をつけてくれて、よかった!
じゃなきゃオトコだらけな印象になってしまいます。
缶ばばっちい君、そういう演技をしないと、竜に表情がつかないのでしょうね。なりきるのが大事!?

こちらもお邪魔します

樽で流されていくドワーフの画が面白かったですね。その上でレゴラスがぴょんぴょん飛びながら戦うのも(笑)
ラストの引きは劇場映画では反則技に近いような気がします。3作目の公開が近かったのかな?
このシリーズは女の子が少なかったですね。

>宵乃さん

ラストの引きは、すっかり記憶の闇に葬られておりますが。
「ロード・オブ~」を観ていたときは、まさか、レゴラスが再び(というか、こっちの話が過去ですよね)こんなに活躍するとは思ってもいませんでした。
ええ、黒色の脳細胞には女の子不足は死活問題です。(さっきポワロ見てましたので。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2669-4a5c3c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホビット 竜に奪われた王国

ホビット 竜に奪われた王国@よみうりホール

ホビット 竜に奪われた王国 (2D字幕)

評価:★★★☆【3,5点】(AF) 敢えて2Dをチョイスしたが十分迫力は伝ってきた。

ピーター・ジャクソン監督『ホビット 竜に奪われた王国(The Hobbit : The Desolation of Smaug)』"ゆきて帰りし物語"が待ち遠しい!

注・内容に触れています。「ロード・オブ・ザ・リング(以下「LOTR」)3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした前日譚を描く3部作・第2弾『ホビット 竜に奪われた王国(The

ホビット 竜に奪われた王国 IMAX-HFR3D/イアン・マッケラン

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台に描かれたJ.R.R.トールキンの冒険小説「ホビットの冒険」をピーター・ジャクソン監督が実写映画化した『ホビット』シリーズ3部 ...

『ホビット 竜に奪われた王国』

(原題:tHE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG) 「う〜ん。 最近、ブログから遠ざかりすぎだなあ。 またまた間があいちゃった」 ----そうだよ。 いくら一時期より数が減ったからって まだまだあんなに観ているのに…。 ほら、ツイッターではけっこう呟いているのに。 「...

【 ホビット 竜に奪われた王国 】僕たちのせいだ…

ホビット 竜に奪われた王国~ THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG ~     監督: ピーター・ジャクソン    出演: イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ベネディクト・カンバーバッチ、エヴァンジェリン・リリー、リー・ペ…

『ホビット 竜に奪われた王国』をトーホーシネマズ六本木7で観て、首2本付けて出直してこいやふじき★★★

五つ星評価で【★★★こっちもなげー】    副題が小説の『スマウグの荒し場』から『竜に奪われし王国』に変わった事で、原作マニアが残念がってるけど、私は分かりやすくなって ...

「ホビット 竜に奪われた王国」☆エンドレスロードプレイングゲーム

追われて隠れて逃げて戦って助けられ、また追われて逃げて戦って・・・・ ラスボスを倒すまでは続く、あちこちを旅してアイテムと仲間を集めて戦って、まさにロールプレイングゲーム。 ああ、私にはロマンもロマンスも無いんだった・・・・ (かなりDisってます。ロードオブザリングシリーズのファンの方はここまでで)

ホビット 竜に奪われた王国

開幕してすぐピーター・ジャクソンがニンジンかじってるよ!w  

ホビット 竜に奪われた王国 ★★★★★

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ・R・R・トールキンの冒険小説を実写映画化した『ホビット』3部作の第2章。邪悪な竜に奪われたドワーフの王国を取り戻す旅に出たホビット族の青年ビルボ・バギンズら一行を待ち受ける過酷な運命を、壮大なスケ...

ホビット 竜に奪われた王国

原題 THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 161分 監督 ピーター・ジャクソン 出演 イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/オーランド・ブルーム/エイダン・ターナー/...

ホビット 竜に奪われた王国・・・・・評価額1700円

いよいよ“ドラゴンクエスト”へ! J・R・R・トールキン原作による「指輪物語」、即ち映画史のエポックである「ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)」三部作の前日譚、「ホビットの冒険」の第二作。 前作で結成された旅の仲間は、遂に邪悪な竜スマウグに占拠されたドワーフの地下王国、“はなれ山”への潜入を試みる。 熊人ビョルンや弓の名手バルドら原作ファンにはお馴染みの面々が続々と登場する一方、...

ホビット 竜に奪われた王国

エンタメ度UP! イケメン度UP! THE HOBBIT:THE DESOLATION OF SMAUG 監督:ピーター・ジャクソン 製作:2013年 アメリカ、ニュージーランド 上映時間:161分 出演:*マーティン・フリーマン *リチャード・アーミティッジ *イアン・マッケラン *オーランド・ブルーム *リー・ペイス *エヴァンジェリン・リリー *ルーク・エヴァ...

ホビット 竜に奪われた王国

魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン) に誘われ、トーリン(リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフ達と、かつての王国があった“はなれ山”を目指していたホビットのビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、闇の森で巨大クモに襲われるが、間一髪のところをレゴラス(オーランド・ブルーム)率いるエルフに捕らえられ、城に連行される。 ドワーフを追うオークたちがエルフへ責め入り、...

ホビット 竜に奪われた王国

なんか知らんけど、圧倒された。

ホビット 竜に奪われた王国

三部作の第二部。 160分超えしてるのですが、その2時間40分のうち2時間は長く感じません(スマウグのところにいってからちょっと長かった)。このファンタジーどっぷり感、やっぱりいいですよね。 イケメンが多く出演しているので目の保養にも。原作にはいないレゴラスも登場。皮を変える者、大蜘蛛、エルフの森、キーリの命、スマウグとの壮絶な死闘、せまる敵の大群。どうなる中つ国!?というところで終わり...

ホビット 竜に奪われた王国

THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 2013年 アメリカ/ニュージーランド 161分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/02/28) 監督: ピーター・ジャクソン 『ラブリーボーン』 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン ...

映画評「ホビット 竜に奪われた王国」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年ニュージーランド=アメリカ合作映画 監督ピーター・ジャクスン ネタバレあり

映画 ホビット 竜に奪われた王国

2016-2017年の年末年始に纏めて無料放送されていた映画「ホビット」。1作目の「思いがけない冒険」に引き続き、2作目の「竜に奪われた王国」をPSVitaに転送して鑑賞しました。1作目同様 ...

「マチェーテ・キルズ」 «  | BLOG TOP |  » 「ラヴレ-ス」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード