topimage

2017-06

「SMASH」 シーズン2 第11話~第17話(最終話) - 2014.03.15 Sat

シーズン2、最後の7話分。

まず総評みたいなものを。
シーズン1は、オリジナルナンバーでも、そうでないナンバーでも、歌の素晴らしさに感動したが、シーズン2では歌そのものが不満
マリリンの劇である「ボムシェル」のナンバーは、稽古シーンが少ないせいもあって、あまり歌われないし、シーズン2では、もうひとつの劇「ヒット・リスト」を出してきたから、単純に考えても「ボムシェル」のナンバーは半減する。
マリリンとは関係のない劇である「ヒット・リスト」のナンバーは、たとえ、いい曲があったとしてもマリリンに関連する興味は生まれない。
ドラマのほうは、あいかわらず、アッチとダメになったら、コッチとくっつく、みたいな、ゆるすぎる仲間内での展開が、ずるりずるりと。

最終回またはスペシャルで「ボムシェル」の舞台を1時間でもいいから、舞台そのまんまの形で放送してくれたりしたら素晴らしいなと思ってたけど、マリリン役が、カレンとアイヴィー、2人いるから、どうしたって、ひとつの舞台には、まとまらない
(CDだって、それぞれがリードボーカルの歌が、いっしょくたに1枚の中に入っていたし。)
なんとも残念なシーズン2だったと思う。
シーズン3は、なさそうです。
ただし、キャサリン・マクフィーとメーガン・ヒルティの歌は、ほんとに素晴らしい

なお、1話~10話の記事は以下。
「SMASH」 シーズン2 第1話~第5話
「SMASH」 シーズン2 第6話~第10話



幼いノーマ・ジーン(マリリン)の母(バーナデット・ピータース)が歌うナンバー。「At Your Feet/スターと留守番」

以下、第11話~第17話のあらすじ。

「ボムシェル」のプレビュー公演はミス続出だが、トム(クリスチャン・ボール)は翌日の舞台中止を拒否。幕間をもたせるためにキャストが客席で歌を始めるというアイデアを採用する。
また、アイヴィー(メーガン・ヒルティ)が舞台上でヌードを見せてしまうというハプニングも起きる。
一方「ヒット・リスト」は、デレク(ジャック・ダヴェンポート)の脚本変更に対してジミー(ジェレミー・ジョーダン)とカレン(キャサリン・マクフィー)が反発。ジミーは、カレンと自分の仲に嫉妬したデレクの意地悪と受け止める。
ちまたでは「ヒット・リスト」のほうが「ボムシェル」より有望という批評が流れる。

トムに来シーズンの演出の仕事の話が舞い込む。ジュリア(デブラ・メッシング)は「華麗なるギャツビー」をトムといっしょにやりたいのだが…。そんななか、ジュリアには劇作家への誘いが来る。

「ボムシェル」のチケット売り上げが伸びず、関係者は営業に力を入れることに。
ジュリアは劇作家の道を選び、トムはコンビ解消を言い出す。
ジミーは取材撮影に遅れてきたり、クスリでハイになって芝居を普段どおりにしなかったり。「ヒット・リスト」はブロードウェイのプロデューサーのオファーを受けずに終わった。

「ヒット・リスト」の脚本家カイル(アンディ・ミータス)が交通事故で死亡するが、プロデューサーの考えで舞台は中止せず。
トムがコンビ解消を言い出したのは恨みつらみの感情ではなく、「ギャツビー」の権利関係をわずらわしくしないためで、ジュリアのことを考えていたのだった。
ジェリー(マイケル・クリストファー)は「ヒット・リスト」をブロードウェイに持っていくことをアイリーン(アンジェリカ・ヒューストン)に宣言。



総勢9名による「UNDER PRESSURE」。トニー賞授賞式に向かう皆の緊張感。アンジェリカ・ヒューストンまで歌うよ。

「ヒット・リスト」はプレビューに。アナ(クリスタ・ロドリゲス)のミスが多いということで、デレクはアナを休ませてデイジー(マーラ・ダヴィ)を代わりに出演させるが、舞台はそのままデイジーが出続けることに。しかし、これはデレクが女たらしの面での弱みをデイジーに握られたせいだった。
一方、アイヴィーには妊娠の知らせが。デレクとの子だ。

真相を知ったアナはデレクと会社を訴えることに。その件を知ってしまったアイヴィーは、デレクに妊娠のことを告げるのをやめる。
デレクは、記者に真実を語る。
トニー賞に「ボムシェル」は12部門、「ヒット・リスト」は13部門でノミネートされた。

アイリーンは恋人ニック(トーステン・ケイ)の居所を突き止める。
ジュリアは夫フランク(ブライアン・ダーシー・ジェームズ)と示談の交渉に。
トニー賞の発表。脚本賞はカイルに。作詞作曲賞はジュリアとトム。
助演女優賞のデイジーが舞台でパフォーマンスをしようとするところを、意を決したデレクが止める。
主演女優賞はアイヴィー、作品賞は「ボムシェル」に。
アイヴィーはデレクに子どものことを話した。
ジミーは過去の罪をつぐなうために、しばらく収監の身に…。
カレンとアイヴィーの歌のパフォーマンスで、シーズン2は終了。


ブログパーツ

● COMMENT ●

『ボムシェル』のサントラは、いい曲あったと思ったが、ドラマに、あんまり出てこなかった印象が。

失敗だな。『ヒット・リスト』の曲なんか興味ないしな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2672-c9672675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「時計じかけのオレンジ」 «  | BLOG TOP |  » 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」(1回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード