topimage

2017-03

「アナと雪の女王」(1回目) - 2014.03.18 Tue

あーもー、好きだ! 完璧に好きだ!

こんなに「愛」がいっぱいで、映像も内容も美しくて、楽しくて、泣けて…。

アナ

ツイートで「『アナと雪の女王』よかった〜! なんて美しいアニメの表現力。歌もいいし。あの顔って昔のゴム人形の感じ?」と書きました。

アニメはあんまり見ないけど、この絵の美しさは本当に驚くこと、しばしばで。
たまに実写かと思ったときもあった。
ここまで来ると、実写以上に思ったとおりの表現ができるのではないかなあ。

エルサの魔法

姉妹の幼い頃は、やっぱり子役が声を担当していたようだけど、クリステン・ベル、イディナ・メンゼルのおふたり、声優としても歌手としても素晴らしい。
イディナさんは私は2005年の映画「レント」で知っている。ブロードウェイで活躍する実力派ですね。

姉が凍らせる魔法を使える理由はわからないけど、それはどうでもいいこと。
魔法のせいで氷や雪、吹雪の描写が多いということは、それを表現できる画力が大事で、それがまた、綺麗にできてるんだ!


姉を追いかけてきたアナ
映画のなかでは、このシーンはなかったようだが…。

劇場の予告編で、姉のエルサ(声:イディナ・メンゼル)が歌う“Let It Go”を聴いて、聴くたびに泣かされて、映画を観に来ようと決めたので、ディズニーにしてみれば、してやったり!だ。
でも、1曲だけを、まるまる見せる、聴かせる予告編は珍しいし(と書いてから思いついたのは、「レント」の予告編も、キャストが並んで歌っているものだった)、すごい。
アカデミー賞をとったからって、よほど自信がなきゃできないよ。



映画の中で女王エルサ役のイディナ・メンゼルさんが歌うバージョン。

そして、いい曲です。少なくとも私はハマリました。
この前向きさ、勇気づけてくれる力強さ…。
エルサは何年の間、ひっそりと隠れて暮らしてきたのだろうか。かわいそうに。それが開放される喜びの爆発もある。
映画のなかでは、けっこう前半のうちに歌われたので、あ、もう? と少々びっくり。



デミ・ロヴァートさんが歌うバージョンは、エンドタイトルで流れます。

ほかの曲では、一度聴いた限りでは、アナとハンスのラブソング“Love Is An Open Door”は好き。トロールたちが歌う“Fixer Upper” は曲の構成が面白い。

キャラクターでは、やはり、妹のアナの一途さがいい。
姉が落ち着いていて妹がきゃんきゃんしてる(?)のはパターンかもしれないけど、まったく嫌味がなくて、いっしょうけんめいさが、いとおしくなる。
性格の作り方に無理がない。

ひとめで恋?

よくある話の「真実の愛」について、どう物語をもっていくかについても、よく考えられていて、新鮮な感動があって、さわやか。
あーもー、泣けるよ。

子どもには、雪だるまキャラが受けるかもね。
トナカイさんも大活躍。
大ヒット間違いなし。

雪だるまオラフと

原題は“FROZEN”。凍っちゃってる~って? 氷の国? 氷につつまれて? みたいな?
今度は、吹替版も観てみようかな。

エンドロールが終わったあとにも、もうちょっとオマケがあるので、さっさと帰らないようにしましょう。

(3月16日 イオンシネマ 大井)

FROZEN
2013年 アメリカ作品
監督 クリス・バック、ジェニファー・リー
声の出演 クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョシュ・ギャッド、ジョナサン・グロフ、サンティノ・フォンタナ

関連記事:
「アナと雪の女王」(2回目)
「アナと雪の女王」(3回目)
「アナと雪の女王」(4回目)
「アナと雪の女王」(5回目)
「アナと雪の女王」(6回目)
「アナと雪の女王」(7回目)
「アナと雪の女王」(8回目)
「アナと雪の女王」(9回目)
「アナと雪の女王」(10回目)
「アナと雪の女王」(11回目)
「アナと雪の女王」(12回目)
「アナと雪の女王」(13回目)(みんなで歌おう♪バージョン)
衝撃!「アナと雪の女王」のアナはサンドイッチ好きとは限らない?
「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」(1回目)
「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」(2回目)
笑撃!「アナと雪の女王」短編はツッコミどころ満載!?

参考:アナと雪の女王@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆★(4.5点。満点は5点)


(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

感想アップたのしみにしてますー。

わたしもさっそくでかけてきました。予告編だけでも泣けてしまうすばらしさでしたねえ。

>とーふさん

カミング・スーン状態(中身を書く前の予告状態)から、さっそく、ありがとうございます。
もう観ちゃいました? よかったですよね~!
私は字幕版で観て、今度は吹替版もちょっと観てみたいです。

こんにちは

ほんと完璧の面白さでしたね。
私は吹替えで観ましたがこちらも良かったのですが
2回目は字幕で観たいです。

モーリーン!

イディーナ・メンぜルさん、あっという間にミュージカルのチケットが売れちゃったんですって。
アナ雪効果、さすがですね。
『レント』のモーリーン役もすごく良かったなあ、彼女印象的でしたよね。
ボーさん、大分気に入られたみたいですね!もしかして、これベストに入りそうなレベルでしょうか!?

>yukarinさん

おはようございます。
満足でした!
吹替版もチェックしたいですね~。3Dにしてみるかな~。

>とらねこさん

おお~。そうですよね、人気、出ちゃいますよ。
「レント」も、大好きでした! 1回しか観ていないんですけども。
アナ雪は気に入りましたよ! 点数からして、もはやベスト10入りですよね。
だって、いやなところ、ないし。

ぼくも観ましたあ字幕版で。すばらしかったです。「レット・イット・ゴー」をYouTubeで松たか子さんとMay J.さんのを聴き比べてみましたら、ぼくは松さんのほうのがスキでした。松さんのほうがイディナさんの声質に近いからだと思います。May J.さんのはカヴァー曲というより、もうご自分の世界観を持ってご自分の歌にして歌っているという感じをうけました。さすがMay J.

>officeroaderさん

松さんは、声の高さもイディナさんと合わせているようですよ。
字幕版も、エンディングのデミ・ロヴァートさんは、歌手らしく自分の曲としてのアレンジで歌っているので、May J.さんも同じポジションですよね。
イディナさんは、エルサというキャラクターに添って歌っているような気がします。素直というか、まっすぐに弾けてるような。

アナがいたら浚って監禁したいくらい可愛かった。あ、でもオラフが付いて来そうだ。それはちょっとなあ。

>ふじき78さん

オラフが来たら、溶かせばいいんですよ。あ、でも、それでアナに嫌われたら元も子もないですよねえ。

本日、2度目見てきました。
また字幕で(笑)
学生達でいっぱいでしたが、帰りしな、「英語のほうが良かった!!」と力説していた男子団体と遭遇(笑)
リピーターが多いみたいですね。

私、2度目の方が泣けてしまった、、、。
凍ったアナにしがみついて泣くエルサの声だけが、静まり返るスクリーンにも会場にも切なく響いて、、、。
これ、「トイストーリー3」に次いで大好きなディズニーとなりました。

>オリーブリーさん

おおっ! いいなー。
英語のほうがよかった、という男子もいるんですね。
私は吹替版もチェックしたいと思っていますが、観に行きたい劇場が字幕上映なんですよね~。

そのシーン…思い出したら泣けてきた…今週末、ぜったい観たい!

6回目ですか!

ボーさん☆
相当なお気に入りですね~
でもこれは納得です。
歌が本当にいいですよね。
私はどちらかとうと日本語の歌の歌詞が気に入っているのですが、吹き替え版もご覧になりましたか??

>ノルウェーまだ~むさん

気に入ってますねー!
明日、6回目に行くかも、です。
いまだに、寝る前に動画で歌を聴いてます。ありのままに~じゃなくて、「とびら開けて」を聴いていますよ。
吹替版は1回観ています。吹替が嫌なのではなくて、偶然、字幕版上映を観たということで、吹替も素晴らしいですよね!
下記の記事に載せた、神田さんと津田さんの生歌、聴いてみてくださいよー!
http://bojingles.blog3.fc2.com/blog-entry-2689.html

日本語吹替え版だとわかりませんが、英語の歌詞を理解出来れば、明らかにアナ雪は同性愛をテーマにした作品だという事が理解出来ますね。

http://japanese412.blogspot.jp/2014/02/8.html

http://japanese412.blogspot.kr/2014/02/blog-post_1116.html

http://japanese412.blogspot.kr/2014/06/gay-days.html

>ムサシさん

そういうふうに考えていけば、そう解釈もできるかもしれません。
でも、エルサとアナは姉妹愛と思いますけど。

普通に
松たか子さんの ありの~ままの~♪が 素晴らしかったです
…と書こうとしたら、同性愛?? びっくり
少なくともエルサとアナは姉妹愛ですよねー

>makiさん

私も最初は、ありのーままのーに惹かれたのですが、今はアナとハンス王子のラブラブな曲「扉あけて」を毎日のように聴いています。
どんな愛でも、思いの強いほうが勝つ!?(のかな~?)

ボーさん、こんにちは!

えっ、6回も行ったんですね!
さすがミュージカル好きのボーさん!
確かにイヤな所の無い映画でしたね~
特にレリゴ~は胸に迫ってくる名曲で素晴らしい☆

「とびら開けて」も曲はいいけど、
後から分かる真実からすると、
どういう心境であの男は歌っていたの?と
言いたくなります。

>YANさん

こんにちは!
6回です~。ソフトが発売になったのに、いまだに映画館でも上映していますね。

「とびら開けて」は、そう、男の心境は問題です。
でも、あんなふうに仲良く歌うときには、それが「ふり」であっても、なんとなくアナ可愛いなあという思いは出るんじゃないでしょうか。大悪党じゃなくて、小悪党なら、なおさらに。
まあ、それはそれとして、純粋に、「歌の良さ」を考えています。だって、いいんだもん!

6回のボーさん!でもほんとリピートしたくなる感じです。
私も一度は3Dで観たかったかな…
字幕版の方が多いのですね、イディナさんの声を満喫でありますね!
そしてそう「あ、この歌早いね?」と後半に盛り上がり曲が少なかったですね〜。

>まおさん

ぜひ、DVD?でリピしてください。英語、日本語、交代で見るのも楽しいですよ。
私は、いまだにディスクは買っていませんが、どうしようかな~。
ありのままに~は、意外に早い登場で、ああ、こういう「途中」の歌なんだーということなんですね。
後半…? ああ、もう歌のこととか、気にしてなかったです!

7回!お家でリピではなく、劇場でなんですよね?すごいですねー!
確かに映像美や音響を楽しむには劇場のほうが良いですが…7回とはー!
でも、本当に美しい映像でした!氷の宮殿とか圧倒されました。

素敵なブログ、ぜひリンクさせてください♪

>ihuruさん

おはようございます。
「ムーラン・ルージュ」(2001年)あたりから、好きになった映画は何度も映画館に行くようになりました。ぜいたくかもしれませんが。

リンクは喜んでお受けします! そのあと、こちらからもリンクいたしますね。

ありがとうございます♪

リンクさせていただきました!
今後ともよろしくお願いします。

>ihuruさん

こちらもリンクしました。
これからも、よろしくお願いします。

良かった~♪
ボーさん、大絶賛!8回も観てるし~v-291
私のブログのコメにむにゃむにゃとか書くから、てっきりイマイチなのかと
焦りましたよ~v-12

私は基本吹き替え版は観ないのですが、観たのが遅かったので
吹き替え版しかなくてv-403
でも、吹き替え版もすごく良かったですよ
あと7回の感想も徐々に読ませていただきますね~

ところで、目黒シネマまでいらしてたんですか!
私の家から近い!駅で一駅
歩いて、15~20分です。お茶でもお付き合いできたのに・・・
残念v-17
最近はあまり、というかここ何年も行っていないのですが・・・

ps.あいさつ回りではないです(笑)
放置しっぱなしのブログにコメをつけて頂いたのが
嬉しかったので、お礼参り(笑)です^^
今のところはあまり時間が無いというか余裕がないので
仲良くして下さっていた皆様のところに
挨拶まわりには行けなくてv-292

>ひろちゃん

むにゃむにゃ、は適当にごまかしただけですねえ。
半年ほども上映していましたね。おかげで何度も観に行っちゃいました。

あとの時期になってくると吹替版しか上映がなくなりました。
結局、吹替版で観たほうが多くなりました。吹替えも素晴らしかったですね!
こんなに観たなら、去年のマイベスト1は当然…ですよねー。

目黒に近いのですか! では…ブログ経由でメールいたします!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2674-0368bdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

製作総指揮ジョン・ラセター、監督クリス・バック、ジェニファー・リー『アナと雪の女王(FROZEN)』"Let It Go"

注・内容に触れています。アンデルセン「雪の女王」にインスパイア(エンドクレジットに表記されていますが原作ではなくSTORY INSPIRED BY THE SNOW QUEEN)され製作された『アナと

アナと雪の女王

先が読めて感動は薄い。  

アナと雪の女王

【FROZEN】 2014/03/14公開 アメリカ 102分監督:クリス・バック声の出演(日本語吹替版):神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエール瀧、津田英佑、多田野曜平、安崎求 凍った世界を救うのは――真実の愛。 [Story]エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったもの...

アナと雪の女王

アレンデール王国の王女、エルサとアナ姉妹は、幼い頃から大の仲良し。 触れたものを凍らせる力がある姉エルサは、ある時、アナを危険にさらしたことで、魔法を封印し、部屋に閉じこもる。 月日が経ち、国王夫妻が不慮の事故でこの世を去ると、王位を継ぐエルサは、新女王として戴冠式に臨むが、力を制御できず、真夏の王国は冬に変わってしまった。 逃亡するしかなかったエルサは、氷の世界で“雪の女王...

アナと雪の女王 ★★★.5

アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーミュージカル。触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく妹アナが雪山の奥深く...

アナと雪の女王

親会社のディズニーのCGアニメが遂に興行収入的にピクサーを超えてかつての輝きを取り戻したと噂の『アナと雪の女王』を観てきました。 ★★★★ 今回は耳に残る強力な主題歌が人気を引っ張ってるように感じ、どの曲も楽しかった『塔の上のラプンツェル』の方が全編ノって観...

アナと雪の女王(吹替え)

評価:★★★☆【3,5点】(AF) 時間の都合で吹替えになってしまったが特に不満はない(笑)

映画「アナと雪の女王(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画『アナと雪の女王(2D・日本語吹替版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー 王家の美しい姉妹・エルサとアナは幼少期から大の仲良し。しかし、触れるものをすべて凍らせる秘密の力を持つ姉エルサはその力を制御できず、真夏の王国を極寒の冬の世界に変えてしまう。妹アナは行方不明の...

映画:アナと雪の女王 Frozen  王道路線と思わせつつ「現代」な味を加え、新しく魅せる。

アンデルセン「雪の女王」をベースにした、ディズニー最新作。 このため、王国・プリンセス・魔法・幽閉 etc.. とオーソドックスな展開が前半にずらっと(笑) あっそういうことね、王道路線になっていくんだと思っていると… 製作途中で監督:クリス・バック/ジェニ...

『アナと雪の女王2D吹替』をトーホーシネマズ府中2で観て歌と映画の争いふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★歌にやられる】    物語的にはアラもあると思うのだが、それは歌の素晴らしさに塗りつぶされる。 アナがやたらめったら可愛い。 多彩な表情。それと肌 ...

アナと雪の女王

 『アナと雪の女王』を吉祥寺プラザで見てきました。 (1)本作(注1)が今度のアカデミー賞の長編アニメ映画賞(注2)を獲得したというので映画館に行ってみたのですが、上映されているのが吹替版ということもあり、館内は小さな子供連れが目立ちました。でも、歌が多く...

[映画][☆☆☆★★]「アナと雪の女王」感想

 世界にその名を轟かせるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズの最新作は、アンデルセン童話「雪の女王」を原作にしながら、二人の姉妹が真実の愛を探すべく翻弄するオリジナル・プリンセスストーリー。 公開と同時に、世界中で大ヒットを記録。既に興行収入

アナと雪の女王 (2D日本語吹替版) 監督/クリス・バック&ジェニファー・リー

【声の出演】  神田 沙也加 (アナ)  松 たか子  (エルサ)  ピエール瀧 (オラフ)  原 慎一郎  (クリストフ) 【ストーリー】 エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変...

『アナと雪の女王(吹替版』

□作品オフィシャルサイト 「アナと雪の女王」□監督 クリス・バック、ジェニファー・リー□脚本 ジェニファー・リー□原案 アンデルセン「雪の女王」 □キャスト(声の出演) 神田沙也加、松 たか子、原 慎一郎、ピエール瀧、               津田英佑...

アナと雪の女王

いやぁ、吹替えで観たけど面白かったなぁ。

アナと雪の女王

アカデミー賞でも話題になったディズニーアニメ最新作です。 「Let It Go」の歌にすっかり魅せられていたので、字幕版でチャレンジしてみました。 美しい映像と歌に彩られた作品は、真実の愛に満ちあふれていました~♪

『アナと雪の女王』('14初鑑賞25・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月15日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 13:40の回を鑑賞。(字幕) 3月21日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:35の回を鑑賞。(吹替え)

アナと雪の女王

アナと雪の女王 '13:米 ◆原題:Frozen ◆監督:クリス・バック、ジェニファー・リー ◆主演:クリステン・ベルアナ、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、サンティノ・フォンタナ、ジョシュ・ギャッド、アラン・テュディック、クリス・ウィリアムズ ◆STORY◆エル...

アナと雪の女王(2D 日本語吹替え版)

監督:クリス・バック、ジェニファー・リー 声の出演:【洋画版】クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、【日本語版】 神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエール瀧、津田英佑 【解説】 アンデルセンの童話「雪の女王」をヒン...

映画「アナと雪の女王」

映画「アナと雪の女王」を鑑賞しました。

アナと雪の女王 日本語吹き替え版

アナと雪の女王 日本語吹き替え版 MOVIXさいたま 3/14公開 エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、 真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。 行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、 夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく。 結論 ...

「アナと雪の女王」」☆遅ればせながら♪ありの~ままの~

あまりのブームの盛り上がりに、今更ながら観る機会をすっかりのがしてしまっていた世界的大ヒット映画「アナと雪の女王」 良かったよーと聞いていたのに思ったほどでもなかった「ラプンツェル~」のこともあったので、スルーしていたのだけど・・・・

アナと雪の女王

キャッチーな曲(ありの〜ままの〜♪とか、ゆきだるま、つくろう♪とか)がとても良いです。松たか子さんの歌声が素敵。 王家の姉妹エルサとアナ。この2人の愛と真の自由の物語。 姉エルサは幼い頃より触れたものを凍らせてしまう魔法の力をもっていた。しかし事故で妹アナを傷つけてしまい、自分の力が制御できなくなることを恐れて、それ以降城の一室に籠りこみアナに近づかないようになります。アナはなぜエルサが...

アナと雪の女王

「Let It Go」の持つ力がやっぱり凄い! 字幕版と吹替え版の両方を一気に鑑賞♪ FROZEN 監督:クリス・バック 製作:2013年 アメリカ 原案:アンデルセン「雪の女王」 上映時間:102分 声の出演:*クリステン・ベル *イディナ・メンゼル *ジョナサン・グロフ *ジョシュ・ギャッド *サンテョノ・フォンタナ *神田沙也加 *松たか子 *原慎一郎 *ビ...

アナと雪の女王

FROZEN 2013年 アメリカ 102分 ファンタジー/アドベンチャー/ミュージカル 劇場公開(2014/03/14) 監督: クリス・バック ジェニファー・リー 製作総指揮: ジョン・ラセター 原案: アンデルセン『雪の女王』 主題歌: イディナ・メンゼル『Let It Go』 ...

アナと雪の女王

785 : 名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2014/03/15(土) 17:38:29.87 ID:9D1GgSlr見てきたけどよかった やっぱディズニーは歌がいいね氷の城でのアナとエルザが一緒に歌ってるところもっかい聞き ...

先週観た映画 〜9/7

  映画鑑賞100本目は… 「アナと雪の女王(Frozen/13)」   とうとう大ヒットディズニー映画を観たー!ディスク買ってみてしまったよ。   なるほど今までのプリンス&プリンセス映画にはないことが色々と。   (ジャケット表紙にいない人の理由とか)そして事前に聞いていた曲が、   物語の中では少々微妙な位置にある曲なのだなあ。それでも良いですが。   なんといっても...

映画評「アナと雪の女王」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督クリス・ベック、ジェニファー・リー ネタバレあり

「ロボコップ」 «  | BLOG TOP |  » 「時計じかけのオレンジ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード