topimage

2017-09

「ディマジオとモンロー」 佐山和夫 - 2014.04.19 Sat

副題は「運命を決めた日本でのニ十四日間」。

マリリン・モンローさんが来日したときの詳しい足取りがわかる本がないのかなあと思ってたが、ちゃんとあったのだった。
1995年の発行。やだなあ。あったんなら、教えてよ~、みんな。
彼女の日本での行動が、かなりのところ分かって、ありがたかった!

カバー

引退はしたが、優れた野球選手だったジョー・ディマジオと、人気沸騰中の、世界一優れた女優マリリン(私は「モンロー」と書くのは嫌だ。親しみが感じられないから。)の簡単な紹介のあと、ディマジオらの野球教室開催を兼ねたハネムーン来日のことが書かれている。
現役時代に来日して大人気だった日本へ行って、ほら、こんなに人気があるんだよ俺、と妻のマリリンに見せたい気持ちがディマジオにあったのではないかということは、じゅうぶん以上に考え得る。

ディマジオの選手デビューは、サンフランシスコ・シールズという野球チームで、そこの監督だったのがフランク・オドウル。
東京の陸軍病院(現在の聖路加病院)に勤務していた、元大リーガーのボビー・ブラウンを誘って、ディマジオ、ブラウン、オドウルの3人でプロ野球チームの野球指導をすることになった。


川奈で
川奈で。漁村を散歩する夫婦。写真を撮ったのは山田まつえさん。彼女のお母さんは、マリリンに誘われて一緒の写真におさまったのだそう。

しかし、日本ではマリリンと一緒にいると、彼女にばかり注目が集まって、ディマジオは気分を悪くする。
ついには自分が注目されるべき野球教室の場(球場)に、マリリンがやってきて人気をさらわれる。
ホテルに戻ったあとディマジオが怒ったのか、彼女が泣いているのが目撃されたのだそうだ…。
のちに彼女は友人のノーマン・ロステンに、「わたし、ハネムーンで泣いたのよ」と言った。

ディマジオは、妻は家庭に入ることを基本に考えていたらしいから、それだけでも、マリリンとの結婚は、すごく難しいことだったはずだ。
結局、来日から、わずか8か月後の10月3日、マリリンは離婚訴訟に及ぶ。

本書に書かれたマリリンの来日時の足取りは、資料として見るためにも、あとで別途、記事にしたいと思う。

(4月12日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

ディマジオさん、女優と結婚という時点ですでに理想からかけ離れていた事に気付かなかったのでしょうか?離婚当時の映画雑誌で「やつは脳ミソまで筋肉だから、細かい事まで考えられないんだ」なんて書いてありましたが。
ちなみにその記事には「マリリンほどの優れた女性がディマジオなんぞという男と何故結婚したのか理解し難い」とも書かれていて、記者はずいぶんなディマジオ嫌い、もしくは野球嫌いなんだと感じました。
マリリンの日本での行動も後でまとめて下さるのですね。この本を読んだの、はるか昔なので、ちょこちょこ忘れてる箇所もあるので、そちらの記事も楽しみにしています。

マリリンのルート、たしかあっちに行ってからあそこだったはず…あれ?逆?みたいな。


マリリンの呼称、私もいつの間にかマリリンで定着してます。以前はモンローとも言ってたんですけど、やっぱりマリリンのほうが親しみを感じますよね。

>たけしさん

ありがとうございます。
脳ミソまで筋肉、はヒドイ言われようですねえ。
女性は家で家事をするものだという考えで育った人が相手では、どうしたってマリリンが家に入らなきゃ長続きはしなかったわけですが、結局は無理でした…。
彼女も家庭を優先したいとは言っていたようですけれど、うまいこといかなかったですね。

マリリンの行動は、まとめて書いておけば、なにかのときに便利だろうなということで、のちほど。

まつえさん、写真上手い!
私は特にファンではありませんが、ミーハー気分で足取りを追ってみたことがあります(インターネットで)。
前にも書きましたが、知らずに通っていた場所がお二人にちなんだ場所だと分かると、ちょっとワクワク♪(ミーハーだから)。
通る度に「ディマジオさんはどこに行っちゃったの~wo wo wo~Hey Hey Hey~♪」(適当)と歌っています。私のフィアンセ(…まだ言う)とは関係のない、ポール・サイモンさんの「ミセス・ロビンソン」という歌です。
今、北の大地に居るので、正確には歌っていま「した」ですが…。

>モペ改め「謎の」ミトンさん

なっ、なぬ!? とくにファンではないですって!?
あ、ディマジオのね。
マリリンがいた場所だったら、私は夢心地になります。…あ、帝国ホテルとか行けるか…
あ! そういえば、「ミセス・ロビンソン」にジョー・ディマジオって出てきますよね!
映画の「卒業」も好きですし、S&Gのいくつかの曲もおなじみです。

いまは北にいるんですか? 日本国中を駆け巡るスパイかなんかですかー?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2688-6fbf0feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

衝撃!「アナと雪の女王」のアナはサンドイッチ好きとは限らない? «  | BLOG TOP |  » 「愛と誠」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード