topimage

2017-11

「LIFE !」 - 2014.04.23 Wed

これは、すんばらしかったですね!

「すんばらしい」というのは書き間違いじゃなくて、そういうふうに言ってみたいわけで。

いい仲?

予告編を見たときは、よさそうだと思って、でも、なんとなく見そびれそうになっていたけど、観て良かったよ
見そびれそうになった理由は、見たい女優さんがいないのと(ああ、やっぱりね、と言ったのは誰ですか?)、ストーリーが「勇気を出して」(?)「一歩踏み出せ」(?)「自分発見」(?)「頑張れ頑張れ」(?)みたいなベタベタで恥ずかしいようなことかと感じたせいでもある。

でも、kさんから「LIFE」誌の話でマリリンの写真が出ると聞いたことと、rさんが何度も観ていることなどから、観てみるか度がグーンと上昇したのだった。
ええ、出ました。LIFE社内の壁にドドンとマリリンの写真が。

壁のマリリン

oさんからの情報で、前に載せていた写真とは違うことが判明。ありがとうございます。
しかも、この写真は、実際のLIFE誌の表紙にはなっていない。
FAKE、偽表紙。映画のためにつくったものらしい。

偽のマリリンカバー

主演のベン・スティラー。コメディもやったりするけど、前から思ってた…この人、真面目なんだ。
顔も真面目なシーンばっかりだ。
1947年のダニー・ケイ主演「虹を掴む男」のリメイクということで、原題も同じ。「虹を掴む男」は見たはずだが、ほとんど覚えていない。
あらすじを読んだ限りでは、細かい部分は、違うんじゃないかなあ?とも思う。

こちら「LIFE !」では、カメラマンに会うためにアイスランドとかまで行っちゃう。自分の可能性とか、あきらめるより、まず動いちゃえ、とか、冒険心とか? かっこよく言えば、そんなふうなことを体験していく。
観ていて気分がよくなるんだよね~。
前向きベクトルのパワーが自分にも入ってくるというのか。

ペンと

彼女や彼女の息子との触れ合い方も、すごく心地がよい具合に決まっているので、そのあたりも気分がいい。全編がそんなふうに気分がいい。
お母さんがシャーリー・マクレーンって、出てきたときは、びっくりで、うれしかった。
「あなただけ今晩は」「スイート・チャリティ」がある限り、彼女のことは好きなんだ。

普段、こつこつやってる仕事がいちばん素晴らしいものなんだって分かるあたりも、とても良い!
ベン・スティラー、いまのところの最高傑作でしょう。

(4月13日 イオンシネマ 大井)

THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY
2013年 アメリカ作品
監督 ベン・スティラー
出演 ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、キャスリン・ハーン、ショーン・ペン

参考:LIFE!@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2013 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんばんは

ボ-さんの見るポイントになったのは、なんとこの映画もマリリン!でしたか。
おお、確かにマリリン居ました。特に記事に書かなかったけど…
さすがのマリリン熱ですね。

そうそう、最近マリリンの映画見返して見たの、『ショウほど素敵な商売はない』でしたよ。
マリリンの歌って時々聞きたくなりますよね。
マリリンの喋り方が大好きなんですけど、歌も本当に素敵だな♪

>とらねこさん

おはようございます。
マリリンですね! 出るとは知らず、そうと聞かなかったら、観なかったかもしれません。
壁の写真のなかでも、いちばん最初に出てきた扱いで、満足です。当然ですよね!

映画見ていただいたのですね。ありがとうございます! しゃべりかたも歌も、素敵です!
「ショウほど素敵な商売はない」は、彼女の映画のなかでは曲数が多いし、有名なアービング・バーリンの曲ですからね~。

こんにちは

ほんと、見ていて気分が良くなるという映画でしたね
毎日同じ事の繰り返しから、ちょっとした勇気、一歩から
生まれ変われるのでないかと思わせられる描写がうまかったです
音楽もラストもじんわりさせてくれて、とても良かったです

>makiさん

こんにちは。
そうそう、これだけ気持ちよくなる映画も少ないです。
一歩を踏み出すのが難しいとは思うけど、やらないより、やってみるほうがいいだろうことは分かる。
ベン・スティラー、いい人のような気がしますー。

ボーさん、こんにちは!

ほんと、これは すんばらしかった~~☆
ベン・スティラーの作品ってこれまでほとんど観てこなかったから、
こんなに真面目で良質の作品を撮るとは、
良い意味で裏切ってくれて、すごく嬉しくなりました☆

1歩前に進んで視野を広めようって事を、
ネガを探す旅にして、壮大な風景まで見せてくれる作りも
良かったし、結末も感動的でしたね~!

>YANさん

おはようございます。
すんばらしいですよね!
私(だけ)は、ときどきアダム・サンドラーと区別できないベン・スティラー。(「ラー」しか同じじゃないのに)(笑)

お笑いのほうに振れている作品が多いから、こんなにマジなのは珍しいんじゃないかと。
やってくれるじゃん! と感心しますよね。

ボーさんが2014年のベスト10の中に入れていたので期待していたのですが、吹替でとっても微妙な印象になってしまったのが残念な私です…
マリリン表紙はフェイクだったんですね〜マリリンの写真だとどれでもありそうな気がしてしまうかも!

>まおさん

吹替…噂に聞く、あの方の関西弁ですか。
なんで関西弁やねん!? って感じですが。
また見たくなりましたら、今度は間違いなく字幕版で!
マリリンなら、どんな写真も、それっぽいです!

TBありがとうございました

マリリンの写真、素敵ですよね。ボーさんが喜びそうだなと思ってました。
そうそう、毎日コツコツ続けてきた仕事が評価されるラストは共感できますよね。退職という事実は変わらなくても、彼は誇りを胸に頑張っていけると思います。
「虹を掴む男」は未見なので、いつか観てみたいなぁ。

>宵乃さん

まず、マリリンありき、でしたからねー。
気分のよい物語と感じました。
「虹を掴む男」は、その後見たんですが(どこかに記事があるはず)、まったく違う話でしたよ! どういうこっちゃ!(まあ、いいですけども)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2690-d6ad4fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LIFE! (試写会)

ネガを探して大冒険人生の真髄に迫る 公式サイト http://www.foxmovies.jp/life3月19日公開虹を掴む男(1947年)のリメイク 原作: 虹をつかむ男 (ジェイムズ・サーバー著

LIFE!

【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】 2014/03/19公開 アメリカ 114分監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン この映画には「!」がある。 [Story]雑誌「LI...

『LIFE!』

□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショーン...

LIFE!

LIFE!@よみうりホール

LIFE!/ベン・スティラー

平凡で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していく姿をベン・スティラーが監督、主演を務めたヒューマン・ドラマです。ここ最近公開された映画の中では劇場予告編 ...

LIFE! ★★★★

凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジッ...

LIFE!

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。 ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真のネガがないことに気づいたウォルターは、カメラマンのショーン・オコンネル(ショーン・ペン)を捜すため、ニューヨークからグリーンラン...

LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY

「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピック・サンダー」から5年ぶりとなるベン(スティラー)監...

「LIFE !」☆リアルの素晴らしさ

これは素敵! 胸が熱くなり、わくわくして心弾み、さらに高揚感が増していく。 そして最後にこの映画と自分自身が愛おしくなる。 まさに『その一歩』を踏み出したくなる、生きている間に生まれ変われる映画☆

『LIFE!』

(原題:The Secret Life Of Walter Mitty) ----昨日は、久しぶりに映画館ではしごしたんだよニャ。 お空から見ていたけど、スゴい行列だったよね。 「そう。 そのほとんどが『アナと雪の女王』。 おかげで1時間以上並んで、 ぼくが最初に観る予定だった『LIFE!』は チ...

人生の真髄~『LIFE!』

 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られてきた最終号の 表紙ネガが失われていることに気付いたウォルターは、ショーンを探して...

映画『LIFE!』を観て

14-29.LIFE!■原題:The Secret Life Of Walter Mitty■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:114分■料金:1,800円■観賞日:3月22日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:ベン・スティラー◆ベン・スティラー◆クリステン・ウィグ◆ショーン...

LIFE!

■「LIFE!/The Secret Life Of Walter Mitty」(2013年・アメリカ) 監督=ベン・スティラー 主演=ベン・スティラー クリステン・ウィグ アダム・スコット シャーリー・マクレーン ショーン・ペン  ダニー・ケイ主演のクラシック「虹を掴む男」(1947)に...

LIFE!

THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 2013年 アメリカ 114分 ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2014/03/19) 監督: ベン・スティラー 製作: ベン・スティラー 出演: ベン・スティラー:ウォルター・ミティ クリステン・ウィグ:シェリル・メルホ...

LIFE!/ライフ

下記全部に○がつく私、主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。  ○ 毎日毎日同じ生活を繰り返していますか?  ○ 仕事で大きな失敗をしたことがありますか?  ○ 空想することはありますか?  ○ 大切な誰かのために、夢を諦めたことがあ...

映画 LIFE

JUGEMテーマ:洋画     ウォルター・ミティの妄想が凄過ぎて   SFかと思ってしまうくらいです。   ウォルターがショーン・オコンネルを探す旅は   過酷だけどとても良い風景。   シンプルな冒険ものを見ている...

LIFE!

優しく背中を押してくれる清々しい映画★ THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 監督:ベン・スティラー 製作:2013年 アメリカ 上映時間:114分 出演:*ベン・スティラー *クリステン・ウィグ *ショーン・ペン *アダム・スコット *シャーリー・マクレーン *パットン・オズワルト この映画には「!」がある。 ベン・スティラーは監...

映画評「LIFE!」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ベン・スティラー ネタバレあり

先週観た映画 〜2/15

  観ても観ても減らないのは嬉しいこと…かも? 「バレエに生きる〜パリ・オペラ座のふたり〜(Une vie de ballets/11)」   パリ・オペラ座の振付師として60年以上活躍しているピエール・ラコットと、   彼の妻で元エトワールのギレーヌ・テスマーの半生を追ったドキュメンタリー。   二人のインタビューを入れながらも過去のバレエ作品、バレエ映画が見所ね。 「エリ...

一言映画感想(2/14~2/17)

いつものようにマーマレードを作ろうとしたらうっかり消し炭ができてしまった…。本当にこんな風になるんだね~。2/17「ハーモニー(2015)」攻殻機動隊とエヴァの色濃い影響を受けた百合SF?思春期の頃ならともかく、この歳になるとちょっとついて行けないかな…。2/16「プライベート・ライアン」相変わらず戦場シーンでは麻痺して何も感じないですが、フィルム感がとても好みで楽しく観られました。メインの...

「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」 «  | BLOG TOP |  » 衝撃!「アナと雪の女王」のアナはサンドイッチ好きとは限らない?

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード