topimage

2017-08

「BUNGO~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち」 - 2014.05.02 Fri

3編の物語が入ったオムニバス。

橋本愛ちゃんが出ているから見たまでのことなんだけど。
彼女が出るのは第1話で、岡本かの子の「鮨」が原作。

第1話

リリー・フランキーふんする作家が食べに来る寿司屋の看板娘を演じている。
作家の思い出話を聞いたり、彼が店に来なくなってからの自分の感情を表現したり。
作家のお母さん役の市川実日子さんも良かった。

2番目は、坂口安吾の「握った手」。

第2話

まあ、なんだかよく分からんかったよ。今をときめく黒木華さんが出ていたので、得した気分。
成海璃子さんは伊達眼鏡をかけてるので、私からすれば、かわいさが半減。

第3話は林芙美子「幸福の彼方」。

第3話

第2話に比べたらオーソドックスだけど、そういう正攻法的な感動話のほうが泣けるし、いいなあ。
演じているこの女性、誰だろうと、後で調べて、波瑠さんと分かった。ドラマか何かで見たことはあるはずだが、お顔を覚えていなかった。
良かったです。

(4月29日)

2012年作品
監督 関根光才、山下敦弘、谷口正晃
出演 橋本愛、市川実日子、成海璃子、黒木華、波瑠

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 「BUNGO ささやかな欲望」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

観てたわ~

これは劇場鑑賞、未アップになっちゃった作品。
好きな順でいえば、3>2>1かな~。俳優陣はすでに出来上がってる方ばかりでしたが
女優陣が旬な方が多くて、これで覚えた方も何人か♪

>kiraさん

おー。未アップのがあるんですね。
私の好きな順は3、1、2です。
我が家の記事の傾向で、男優無視ですけど、あんな方やこんな方が出ていたんですね。それに引かれて観た女性も多いことかと。

そうか、ボーさんは愛ちゃん目当てでこちらだけ観たのですねv
やっぱり三話目が心に響きやすかったですよね。
そして女優さんはそれぞれに素敵!

>まおさん

そうです。だから、もうひとつのほうは見ていないんですよ。
第2話は、なんだかよく分からなくて、なおさら次の話が、しっとりでした。
たまには日本映画も見ないとねえ~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2695-a3466b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「BUNGO~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・関根光才、山下敦弘、谷口正晃 ネタバレあり

先週観た映画 〜6/15

  お、邦画ばっかり観ました! 「BUNGO〜ささやかな欲望〜見つめられる淑女たち(12)」   「注文の多い料理店(宮沢賢治)」「乳房(三浦哲郎)」「人妻(永井荷風)」   文豪の名作をドラマ化したオムニバスドラマでサブタイトルは言われればな感じ。   この中では「注文の〜」しか知らない;「世にも奇妙な」のノリだったなあ。 「BUNGO〜ささやかな欲望〜告白する紳士たち(1...

マリリン・モンローさん来日時の足取り «  | BLOG TOP |  » 「恋多き女」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード