topimage

2017-05

「レイルウェイ 運命の旅路」 - 2014.05.15 Thu

人の心にキズを残す「戦争」というものは、してはいけない。…を改めて確認しよう。

当たり前のことだが、「映画」においても、そうした作品を作りつづけることが大切。

ご対面

クワイ河という名前を聞いたとき、「戦場にかける橋」(1957年)を思い出した。
そうか、あれと同じ。日本軍がイギリス兵捕虜を鉄道建設に従事させたのだった。

戦争において、どちらがどれほど、ひどいことをしたのかということは、当事者の主観も入れば、情報操作(?)もあるかもしれず、私はどんな話でも、鵜呑みにはしない。自分で見たわけでもないし。
以下、ネタばれ。

実話であるけれども、ひとつ、引っかかるのは、拷問を受けた者が、敵の通訳を恨むのはどうなのか。
当人の立場になれば、そんな綺麗事は言っていられるか、ということかもしれないし、その場にいた者は同罪と、すべてを恨むくらいの、ひどい経験であるかもしれない。
だけど、本当なら、恨むべきは、通訳ではなく、命令を下した上官ではないか。通訳が、英兵が不利になるウソっぱちの言葉を訳したわけでもあるまいに。

後日、偶然に消息を知った相手が通訳であって、とにかく、その場の一番身近にいた敵だから、恨みをもって会ってみた。ということかも?
もしも、会ったのが、命令を下していた上官だったら、のちに、友人になれただろうか、許せたか、どうだろうか?

ついでに言えば、彼の戦友が死ぬ必要があったのか。友人が復讐するのを後押ししようということだが、多少、唐突に思えた。余命が少なくて…というなら分からないでもないが。友人に託すのではなく、自分で実行してもいいんじゃないか?

ニコ

ニコール・キッドマンさんは、夫を想い、心配する妻を演じて、もう、安定した上手さ。
素晴らしいです。

コリン・ファースとステラン・スカルスガルドが共演しているのを見て、「マンマ・ミーア!」を思い起こした。
ここにピアース・ブロスナンがいれば、「ソフィの父親候補3人組」!
ニコールも「ムーラン・ルージュ」で歌えることを証明済だから、いっそミュージカルにしたらどうかな、と一瞬考えたよ。
でも映画のテーマがミュージカルに合わない…。苦笑


マンマ・コンビ
ふたりで歌って…ませんね…。

それから、何かといえば、日本人役に渡辺謙か真田広之をキャスティングする欧米映画には食傷気味。ほかにいないのか。それとも、まずはビッグネームが欲しいのか。…日本人でない俳優を使うよりは、いいけどね。

(5月11日 角川シネマ有楽町)

THE RAILWAY MAN
2013年 オーストラリア・イギリス作品
監督 ジョナサン・テプリツキー
出演 コリン・ファース、ニコール・キッドマン、ジェレミー・アーヴァイン、石田淡朗、真田広之

参考:レイルウェイ 運命の旅路@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia

ブログパーツ

● COMMENT ●

ハリウッドでは、、、

中国と違って、基本、吹替えをしないので、
英会話力で既に絞られ、演技力となってくるから限定されるのでしょうね・・
過去には吉田栄作とか松田聖子なども挑戦してましたが、「言葉の壁」で
オーディションを突破できなかったのでしょうね。
なのでこの役、やっぱり日本人俳優として演じることに意義持って演じて下さった2人にありがとうです。
「軍人」なのだから、「戦争」なのだから、、
個人の恨みを50年もたって個人で晴らしに行くという創作部分がダメでした(-_-;

>kiraさん

英語の壁、ありますよね。
英語圏以外の外国俳優は、英語ができる人がたくさんいるように思いますけど、日本の俳優は…?
若い頃を演じた、石田淡朗という人は、まるで知りませんでした。

実在の人物で、原作もあるらしいですが、どのくらい脚色されたのか。
どうも、原作では、あんなふうに憎んでいたわけではないような…?
私の場合は、ニコール中心の興味なので、まあいいですけど。

日本人俳優で、

「世界に通用する英語」となると限られちゃうからなぁ。
渡辺謙か真田広之か・・・あとは世界のサカモト?(あれは俳優じゃない。笑)

『レイルウェイ~』は福島でも上映するみたいですが、7月末なんですよ。
その前に原作でも・・・と思ったけど、ノンフィクション苦手。

>小夏さん

サナーダ、タシカニ英語、上手デス。イエ~ス!
ボーを使いなさい、下手だから。それじゃ、だめじゃん。

なんか、原作だと、そんなに恨み恨まれ、じゃないんじゃないかという疑惑も?
7月ですか…レイルウェイでフィルムを運ぶんでしょうか。(それにしたって遅いか)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2699-f36b9e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レイルウェイ 運命の旅路

原題 The Railway Man 製作年度 2013年 製作国・地域 オーストラリア/イギリス 上映時間 116分 原作 エリック・ローマクス 監督 ジョナサン・テプリツキー 出演 コリン・ファース/ニコール・キッドマン/ジェレミー・アーヴァイン/ステラン・スカルスガルド/石田淡朗/真田...

『レイルウェイ 運命の旅路』 (2013) / オーストラリア・イギリス

原題: The Railway Man 監督: ジョナサン・テプリツキー 出演: コリン・ファース 、真田広之 、ニコール・キッドマン 、ステラン・スカルスガルド 、ジェレミー・アーバイン 、サム・リード 、石田淡朗 試写会場: よみうりホール 映画『レイルウェイ 運命...

レイルウェイ 運命の旅路

レイルウェイ 運命の旅路@角川シネマ有楽町

ショートレビュー「レイルウェイ 運命の旅路・・・・・評価額1600円」

殺したいほど、忘れられない。 丁寧に作られた良作である。 第二次世界大戦中、日本軍の捕虜となり、“死の鉄道”と揶揄された悪名高き泰緬鉄道建設工事に従事させられた英国人帰還兵が、戦後35年間に渡って抱え続けた消せない傷。 残酷な思い出の象徴として、心の中に残るある日本兵の消息を知った時、彼はどうするのか。 元英国軍人、エリック・ローマクスの手記を元にした実話ベースの物語だ。 名優...

「レイルウエイ 運命の旅路」☆心の真ん中にあるもの

ノンフィクション大賞に輝いた元英国人将校エリック・ローマネスクの壮絶な戦争体験を描いた自叙伝の映画化。 戦争体験とかけ離れた現代の恋愛が美しく描かれ、当時の記憶とのギャップがより一層際立っている。 真田広之が出ているとは知らずにいたので、その重要な役どころにびっくり☆

レイルウェイ 運命の旅路

遺恨の彼方に 公式サイト http://www.railway-tabi.jp 実話に基づいた映画 原作: レイルウェイ 運命の旅路 (エリック・ローマクス著/角川文庫) 1980年、鉄道好きな初老の

『レイルウェイ 運命の旅路』 日本人にできること

 映画が素晴らしいだけでなく、映画が存在することが素晴らしい――そんな作品がある。  映画を完成させ、世界に発信していくことの意義――その崇高さに圧倒される作品がある。  『レイルウェイ 運命の旅路』がまさにそれだ。  「愛を持って作られた作品なので、愛を持って受け止めていただけたらうれしいです。」  劇中でニコール・キッドマンが演じたヒロイン、パトリシア・ローマクスさんご本人が...

レイルウエイ 運命の旅路 ★★★★

コリン・ファース、二コール・キッドマン、真田広之らの共演で、第2次世界大戦時、日本軍の捕虜となり、鉄道建設に狩り出された英国兵士と日本人通訳らの実話を映画化したヒューマンドラマ。 鉄道好きで平凡な人生を送るはずだった英国軍兵士のエリックは、シンガポール陥...

映画評「レイルウェイ 運命の旅路」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年オーストラリア=イギリス=スイス合作映画 監督ジョナサン・テプリツキー ネタバレあり

レイルウェイ 運命の旅路

JUGEMテーマ:洋画     「レイルウェイ 運命の旅路」 原題:The Railway Man 監督:ジョナサン・テプリツキー 2013年 オーストラリア=イギリス映画 116分 キャスト:コリン・ファース      ニコール・キッドマン      真田広之      ステラン・ス...

カセット「SEPARATION KYOKO」 キョン2ディスコグラフィ(11) «  | BLOG TOP |  » 「アナと雪の女王」(4回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード