topimage

2017-04

「ティンカー・ベルと妖精の家」(1回目) - 2014.05.29 Thu

やっぱり大好きだ、ティンク!

以前の2作、「ティンカー・ベル」そして、「ティンカー・ベルと月の石」は劇場公開されて観に行った。
(マリリン・ファンとして触れずにはいられないこと…マリリン・モンローさんとティンカー・ベルの関係については、多少だが「ティンカー・ベル」の記事に記してある。)
この第3作は残念なことに映画館ではかからず、日本では2011年に発売されていたけど、レンタルするのが今頃になってしまった。

ティンクは、ものつくりの妖精

女の子が外で遊んでいた、妖精のためのドールハウスに興味をもって、中に入ったティンカー・ベル。(さすが、もの作りの妖精!)
その子、リジーに見つかり、ハウスごと家に連れて帰られてしまう。
ティンクと一緒にいたヴィディアは、助けを呼ぶために仲間の妖精たちのもとへ急ぐ。
でも、リジーは妖精が大好きで、すぐにティンクは彼女と心を通わせていく…。

人間の女の子と

ティンクが女の子と仲良くなっていくのがいいよね!
人間にはティンクの言葉は鈴の音のようにしか聞こえないけど、ジェスチャーや影絵(!)なんかでコミュニケーション!

助けに来る妖精仲間の冒険も楽しい。
妖精は羽が水に濡れると飛べないから、雨の中、船をつくって出発するのだが、滝や川の難所が。
といっても妖精は小さいので、「川」は道路の水たまりだったりする。
それに、家に着いたら、大敵の猫に追いかけられたり。

助けに来た仲間たち、猫は大敵

ティンクが車を止めようとするところは、まるでアクション映画もの!
最後は、人間もフライング! 妖精の粉をかければ飛べるんだ。

夢のように楽しく、ニコニコしちゃうし、泣けてもくる。
ものを作ったり、直したりするのが仕事のティンク、父娘の仲も直しました。

(5月24日)

妖精の粉をかければ人間も飛べる!

TINKER BELL AND THE GREAT FAIRY RESCUE
2010年 アメリカ作品
監督 ブラッドリー・レイモンド
声の出演 メイ・ホイットマン、ローレン・モート、マイケル・シーン、パメラ・アドロン、ルーシー・リュー

参考:ティンカー・ベルと妖精の家@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2010 Disney Corp.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

新作もでてますねー!また借りなきゃ

少しの出番しかないテレンスが
「二人の仲を直したんだね」なんて、
誰が巧い事を言えと(ry

>makiさん

おはようございます。
新作、私も早く見たい! 私の場合は、あと2作あるのかな…?

テレンス、かっこいいこと言っちゃってますね。君は、まとめ役かい! ってことで。

こんにちは、TBありがとうございました。
わたしもこのシリーズ大好きです。
表情豊かなティンクがかわいいですよね~。

>人間にはティンクの言葉は鈴の音のようにしか聞こえないけど、ジェスチャーや影絵(!)なんかでコミュニケーション!

ここは印象に残ってます。ピーター・パンと一緒にいるティンクを思いだしたり。
言葉の壁を越えた友情に感動です♪

>宵乃さん

おはようございます。
ありがとうございます!
ディズニーのキャラクターとしては、ティンカー・ベルが一番好きですね~。
ディズニーなどの今どきの絵柄が、昔のものとはタッチが違って、いつも丸っぽくて同じようなので気に入らなかったのですが、最近はそうでもなくなりました。

言葉が通じなくても分かり合えるっていうのは、いいですよね! 見ていて、あったかい気持ちになるのは好きです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2704-93abd6c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ティンカー・ベルと妖精の家」観ました

製作:アメリカ’2010 原題:TINKER BELL AND THE GREAT FAIRY RESCUE 監督:ブラッドリー・レイモンド ジャンル:★ファンタジー/ファミリー夏の準備のためにやってきたメインランドで、人間の少女リジーに見つかり捕えられてしまったティンカー・ベル。だが、いつしか二人は特別な友情で結ばれていく。そしてリジーと父親の絆が壊れかけていると知ったティンクは...

ティンカー・ベルと妖精の家

前2作とまた雰囲気が変わっています。今度はメインランドの少女との交流。今度は夏。 そしてようやく謎が解けますね。ティンクが身振り手振りで話しているはずなのに、仲間の妖精たちとは普通に会話している謎。つまりは妖精は小さいので、人間にはよく聴き取れないってこと。なので、今回関わるリジーという少女とも、ティンクはほとんど彼女と身振り手振りで会話しています。 しかし、モノづくりの妖精たちはメイ...

「ティンカー・ベルと妖精の家」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「ヒドゥン・フェイス」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード