topimage

2017-05

「X-MEN:フューチャー&パスト」(1回目) - 2014.06.04 Wed

素直に「楽しかった!」と言います。

最近、観たい新作が少なくて「アナ雪」しかねーじゃん!状態だったのが、おもろい作品が来ましたね。

プロフェッサー復活?

人間がミスティーク(ジェニファー・ローレンス)のDNAを研究して作った、対ミュータント用ロボットのセンチネルが、こりゃまー、強くて、X-MEN側としては、ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)を過去に送ってセンチネル開発を阻止しようと考える。
なんでウルヴァリンかというと、ちょっとやそっと痛い目に遭ったり壊れたりしても、修復能力があるからですねえ。
便利な人(ミュータント)たちがいると、お話もいろいろつくりやすいです。

ストーリーの主な舞台は過去になる。
ということで、前作でおなじみになったメンバーが活躍。

以下、ネタばれ。
ウルヴァリンが過去にきてみると、プロフェッサー(ジェームズ・マカヴォイ)ときたら、おりゃ~もうダメら、と人生半分投げてました。


ミスティーク!
ミスティーク。実際、この画像、今シリーズのジェニファー・ローレンスさんか、前シリーズのレベッカ・ローミンさんか分かりません。

ウルちゃんは、その教授とビースト(ニコラス・ホルト)とともに、超高速移動男クイックシルバー(エヴァン・ピーターズ)をリクルートし、とらわれの身のマグニートー(マイケル・ファスベンダー)を救出に。
任務のためには、マグニートーとも力を合わせることが必要なんですね。

救出場面では、ウルヴァリンたちが銃で撃たれたところを、超高速移動男が防ぐ描写がおもしろい。
彼の動きにくらべれば、ほかのものは止まっているも同然なので、余裕で銃弾の道筋も手でひょいひょい変えちゃうし、そのほかの(余計な遊びみたいな)細工もできちゃう。(
エレベーターの中に、敵をテープでがんじがらめに貼り付けちゃったのも笑える

それにしても…マグニートーって、大きな目的のためには、人ひとりの命の犠牲をいとわないところがあって、そういえば以前の作品でも…と思い当たるフシがあったよ。

過去の教授と未来の教授が話し合うシーンは、ちょっと感動。過去か未来の自分に会うって、おもしろそう。

ご対面

ジェニファー・ローレンスさんのミスティークは大活躍。
とくに、ハイキックで男の喉元を押さえつけて、そのまま、やっつけるところは、かっこいい!
この脚の上がり具合! 楽勝よ!
…ほんとは、以前のシリーズのレベッカ・ローミンさんのミスティークも好きなんだけど、今回は出ないですね。

X-MENとセンチネルの闘いが、見ていて、どうなっているのか、くわしくは理解できないのが、タマにキズ。
現在(未来)と過去、おおぜいのミュータントが出てくるのは、うれしい。あの人や、この人や!
そして、お話の結末の付け方は希望があって、うれしい気分になる。ああ、これだったら…と。
次作が、どうなるのかは分からないけど。

(5月31日 TOHOシネマズ スカラ座)

活躍

X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST
2014年 アメリカ作品
監督 ブライアン・シンガー
出演 ヒュー・ジャックマン、ジェニファー・ローレンス、マイケル・ファスベンダー、ジェームズ・マカヴォイ、ニコラス・ホルト

参考:X-MEN:フューチャー&パスト@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2013 TWENTIETH CENTURY FOX.

ブログパーツ

● COMMENT ●

あ...私もミスティークは前の人が好きかもです、、、
ジェニファーもいいんですけどね。

>yukarinさん

時間のかかる全身青メイクを毎回やるという根性がいいです!
(あ、そこは関係ないか)

こんばんは。

クイック・シルバーはカッコ良かったですねー。
ちょっと人をおちょくったようなアクションが面白かったです。

>オリーブリーさん

こんばんは。
ちょっと面白いアクションとしては、彼のパートしかないので、印象に残りますね。
そういえば、なんかの映画のラストのおまけに、この高速移動っ子が出てたじゃないか!と。

とりあえず、フューチャー&パンストという題名なのに、パンストが何一つ映らないのが問題だと思います。

>ふじき78さん

パンストが映るチャンスは、ウルヴァリンが娘の寝床に忍んでいった(?)ところでしょうが、はいている余裕がなかったですね。残念です!
(ウルヴァリンが、はくんじゃないですよ。)

こんにちは

ミスティーク、
レベッカ・ローミンさんの美肢体もいいですけど、
まだそこまでいかない成長途中のジェニファー・ローレンスさんのぷっくり肢体もいいですよね~
今回の喉もとハイキックがかっこよかったですね~

>makiさん

こんばんは!
はい、ぷっくりめ、でしたよね。
そうそう、あの足の上がり具合、かっこよかったです!
メイクに時間がかかりそうな役でも、がんばってますよねー!

今日2度目のお邪魔

ボーさん、これ3回もご覧になったんですね~!
過去と未来で多くの人が出てきて、
特に顔なじみのあの人この人は嬉しかった~~♪
だってもう出てこないと思っていた人まで出てきたからね~(^_^)

クイックシルバーのスーパースローシーンが最高でした!
教授が未来の自分と対面するシーンは私も感動☆
いろいろ盛りだくさんで楽しめましたね★

>YANさん

2回目のお邪魔され。
ありがとうございます。
これの公開当時、ほかに面白いのがなかったんです!
それはそれとして、これは面白かったんです!
思わぬ復活には、感激してしまいます。盛り上がります。
スーパースローは楽しいシーンですよね。いちばん楽しいシーンだったかも。

細かい過去と現在の交差具合を把握できたら面白かったんだな…とキャラの把握を観ながら思い出す程度の私は、するーっと観てしまいました、いかんいかん(^.^;)
ミスティークはついつい、前のレベッカ・ローミンさんを観たくなります。

>まおさん

私もあんまり過去作を覚えていないんですが、観ちゃいました。
レベッカ・ローミンさんのミスティーク、カムバーック!と言いたいですね。ジェニファーもいいですけどねっ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2709-7f74b64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『X-MEN/フューチャー&パスト』(2014)

2023年、殺戮兵器センチネルによってミュータントは全滅の危機に瀕し、かつての宿敵マグニートーもプロフェッサーXと手を組んで抵抗していたが、一人また一人とX-MENたちも倒れていた。全ては1973年、ミスティークがセンチネルの開発者トラスク博士を殺害したことが発端だった。トラスク博士の死は計画を白紙に戻すどころか開発に拍車をかけ、捕えられたミスティークから採取されたDNAが強力な武器となって...

X-MEN:フューチャー&パスト/ヒュー・ジャックマン

大人気SFアクションシリーズ『X-MEN』の劇場版第7作。『ウルヴァリン:SAMURAI』のラストーシーンではプロフェッサーXとマグニートーが突如現れかなり意味深な暗示をして幕を閉じたわけ ...

X-MEN:フューチャー&パスト

評価:★★★★☆【4,5点】(11) 1973年からの歴史の勉強をしたいというウルヴァリンに

『X-MEN:フューチャー&パスト』 (2014)

新たなる時代の幕開けとなるタイムトラベル・アクション! 『X-MEN』シリーズの総キャラ出演というお祭り作品ながら、実は仕切り直しの序章という異色の味わいの一本であった。 1963年に登場し、現在に至るまで熱い支持を受け続けているマーベル・コミック『X-MEN...

ブライアン・シンガー監督『X-MEN : フューチャー

注・内容、ラスト、台詞に触れています。『X-MEN : フューチャーパスト』X-Men: Days of Future Pastブライアン・シンガー監督ヒュー・ジャックマンマイケル・ファスベンダージェ

X-MEN:フューチャー&パスト

見どころは多いが何でもありすぎる。  

X-MEN:フューチャー&パスト(3D吹替版)

【X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST】2014/05/30 公開 アメリカ 132分監督:ブライアン・シンガー出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、エレン・ペイジ、イアン・マッケ...

「XーMEN フューチャー&パスト」

アメコミづいてますな。という訳じゃないんだけど。このシリーズの「ファースト・ジェネレーション」が思いのほか面白く、結構好きになってしまったから。スピンオフの「ウルヴァリン」も良かった。なかなか、っていうか全然死なないんだもんなあ〜、ヒュー・ジャックマン。ま、そういう設定のミュータントなんだけど。 そう、様々な設定のミュータントが、極めて面白い。好き好き、大好き。「面白い」のはちょっと滑...

X-MEN:フューチャー&パスト

2023年。 バイオメカニカル・ロボット“センチネル”の暴走により、地球は危機的状況に陥った。 ミュータントに不信を抱くボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)が開発した最強兵器だったが、いまや、センチネルはミュータントばかりか人類にも牙をむき始めていた。 プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は、宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、センチネル・プログ...

X-MEN:フューチャー&パスト

まさかの旧三部作とのクロスオーバー!『X-MEN:フューチャー&パスト』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ全開で。 もう無いかと諦めていた旧キャストによる旧X-MEN三部作の続きで幕を開け、でもなにか違う。世界が滅びかけている。 活躍を期待していたX-MEN達が一人また...

『X-MEN:フューチャー&パスト』 順番に気をつけよう

 X-MENシリーズは遂にここまで進化した!  X-MENはミュータント(突然変異体)であり、シリーズの背景には人類の進化への考察がある。  だが、『X-MEN:フューチャー&パスト』で驚かされるのは、映画そのものの進化だ。変容と云ってもいい。  このシリーズは他のスーパーヒーロー物と同様に、正義のヒーローが悪役を倒す物語だった。これまでは。  ところが本作に倒されるべき悪役はいない...

X-MEN:フューチャー&パスト

クイックシルバーの能力発揮のシーンがイイ。

「X-MEN フューチャー&パスト」☆新旧揃い踏み

過去と未来を行ったりきたり、若かりし頃のプロフェッサーからマグニート、今は亡きX-メンのメンバーも。 どんな未来であろうとも、どんなに過去に戻っても、『ウルヴァリンだけはヒュー様』の美味しい役どころ。

X-MEN: フューチャー&パスト  監督/ブライアン・シンガー

【出演】  ヒュー・ジャックマン  ジェームズ・マカヴォイ  マイケル・ファスベンダー  ジェニファー・ローレンス 【ストーリー】 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーXは宿敵マグニートーと...

X-MEN:フューチャー&パスト

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 連敗中の敵に対抗するために過去に遡り修

X-MEN:フューチャー&パスト★★★★

未来から過去へと送り込まれたウルヴァリンや、超人的パワーを持つX-MENのメンバーが、二つの時代を舞台に地球の危機を救うべく戦いを繰り広げるSFアクション。ブライアン・シンガーが『X-MEN2』以来の監督として復活し、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンをはじめ、...

X-MEN:フューチャー&パスト

新旧X-MEN勢揃い 公式サイト http://www.foxmovies.jp/xmen 監督: ブライアン・シンガー ボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)がミュータントを殺すために開発し

X-MEN:フューチャー&パスト・・・・・評価額1650円

未来を、諦めない。 マーベルコミックの人気ヒーローシリーズ「X-MEN」の第5作は、シリーズ初の時間SFだ。 あらゆるミュータントの特殊能力をコピーして増幅できる自立型ロボット兵器、センチネルが暴走し、ミュータントのみならず人類までもが存亡の淵に立たされた近未来。 運命を変えるべく、ウルヴァリンが過去の世界へと送り込まれ、プロフェッサーXやマグニートらとの共闘を試みる。 前作の「...

X-MEN:フューチャー&パスト

 アメコミ原作の人気シリーズで今作で7作目。僕は昨年の「ウルヴァリン:SAMURAI」以外は見ているのですが、結構、忘却のかなたにあり、特に旧3部作の登場人物は誰が誰なのか把握しきれずまごまごしました。でも、シリーズ1作目と同じブライアン・シンガー監督…

X-MEN フューチャー&パスト/X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST

2023年の未来(フューチャー)と1973年の過去(パスト)、二つの時代が同時進行する X-MENシリーズの最新作 X-メン(2000年) X-MEN2(2003年) X-MEN: ファイナル ディシジョン(2006年) ウルヴァリン: X-MEN ZERO(2009年) X-MEN: ファースト・ジェネレーショ...

X-MEN:フューチャー&パスト

原題 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 製作年度 2014年 上映時間 132分 脚本サイモン・キンバーグ 監督ブライアン・シンガー 出演 ヒュー・ジャックマン/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ハル・ベリー/ニコラス・ホルト/ジョシュ...

新しい過去へ~『X-MEN:フューチャー&パスト』

 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST  2023年、対ミュータント兵器として開発されたロボットが暴走し、人類は滅亡 の危機に瀕していた。プロフェッサー(パトリック・スチュワート)とマグニートー (イアン・マッケラン)は、過去へ遡ってこの事態を招いた元凶を排除すべく、 ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)を50年前に送り込む。  20...

『X-MEN:フューチャー&パスト』('14初鑑賞45・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月31日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:00の回を鑑賞。

『X−MEN フューチャー&パスト』を109シネマズ木場8で観て、要望を上げておこうふじき★★★

五つ星評価で【★★★ちゃんと面白いけど、ビックリ人間をジックリ見せるって趣向がちょっと御座なりになっている】   映画全体はパズルを上手い事組み合わせて、 ようちゃんと ...

映画『X-MEN:フューチャー・パスト 3D』を観て

14-55.X-MEN フューチャー&パスト■原題:X Men:Days Of Future Past■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:131分■料金:2,100円■鑑賞日:7月3日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・製作:ブライアン・シンガー◆ヒュー・ジャックマン◆イアン・マ...

過去から未来を変える

9日のことですが、映画「X−MEN:フューチャー&パスト」を鑑賞しました。 2023年、センチネルの攻撃により地球は危機的状況に陥る、そのためプロフェッサーXとマグニートー共闘していた この状況を打破するべく1973年にウルヴァリンの魂を送り センチネル・...

X-MEN:フューチャー&パスト

X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 2014年 アメリカ 132分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/05/30) 監督: ブライアン・シンガー 『ジャックと天空の巨人』 製作: ブライアン・シンガー 製作総指揮: スタン・リー 原案: マシュー・ヴォーン 出演...

総決算だよ! X-MEN! ブライアン・シンガー 『X-MEN:フューチャー&パスト』

西暦2000年からコツコツと続き、いつのまにやら14年も経ってしまった長寿アメコ

X-MEN:フューチャー&パスト

【概略】 2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム」の開発を阻止しようとするウルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの過酷な攻撃で、地球滅亡へのカウントダウン...

X-MEN:フューチャー&パスト

オールスターキャストだったのとスケールの大きさが良かった☆ X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 監督:ブライアン・シンガー 製作:2014年 アメリカ 上映時間:132分 出演:*ヒュー・ジャックマン *ジェームズ・マカヴォイ *マイケル・ファスベンダー *ジェニファー・ローレンス *ニコラス・ホルト *エレン・ペイジ *イアン・マッケラン *...

X-MEN:フューチャー&パスト (X-Men: Days of Future Past)

監督 ブライアン・シンガー 主演 ヒュー・ジャックマン 2014年 アメリカ/イギリス映画 131分 SF 採点★★★★ 大小様々な選択の積み重ねってのが、今の自分を作り上げちゃったんですよねぇ。本質まで変わるとは思っていませんが、選択次第によっては全く違う人…

映画評「X-MEN:フューチャー&パスト」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ブライアン・シンガー ネタバレあり

先週観た映画 〜7/5

  傘を乾かすヒマがなーい! というくらい梅雨らしく降ってます。 紫陽花をいつもより長く観賞できてる気がするなあ。 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier/14)」   2作目。現代で活躍するようになったが、事件で追われる身になり…   クリス・エヴァンズはいかにも「正義のアメリカ...

「恐怖の報酬」 (映画館観賞記事祝500本) «  | BLOG TOP |  » マリリン誕生日会、絵付け体験

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード