topimage

2017-11

「ティンカー・ベルと輝く羽の秘密」(1回目) - 2014.06.09 Mon

ティンカー・ベル、春・秋・夏ときて、4作目は「冬」です。
今回もラブリーでキュートでビューティフルで、もー! ティンク(と仲間たち)大好きだ!


「冬」は、ティンクたちが仕事をしているところとは別の場所にある。
ティンクは「冬」に興味しんしんだが、暖かい季節の妖精には「冬」は寒すぎて、羽が凍って割れてしまうから行ってはいけないのだという。

境界

それでも、好奇心いっぱいのティンクのこと。ちょっとだけ「冬」に入ってみたら、羽が不思議なことに輝きだした!
冬の妖精のひとりが「輝く羽」について知っているというので、ティンクは「冬」の世界に行くことに!

この先はネタばれしそうなので書かない。(予告編や、あらすじを見たら分かってしまうかも。)
「アナと雪の女王」などでも、ディズニーアニメの雪景色の美しさはおなじみだけど、本作は白銀の世界も、カラフルな春夏の世界も楽しめる。
ティンク自身も知らなかった秘密や、女王の秘密まで分かっちゃう。

輝く

エンドロールを見ていて驚いたのは、植物の妖精ロゼッタの声を、メーガン・ヒルティさんが演じていること!
前作までは違う人だったけど?
メーガンさんはテレビドラマ「SMASH」でマリリン・モンローさんを舞台で演じる役柄だったから、私にとっては特別な女優さんなのだ。


仲間
まんなかのピンクの服の子がロゼッタ。

そういうわけで、ロゼッタがしゃべるところだけ、もう一回聞いてみた。
メーガンさんの普段の声より、かわいらしく、女らしく、発音しているような? ロゼッタの性格に合わせているんだなあと思います。

本作のディスクには映像特典で、ロゼッタが主役の短編が入っていて、彼女がいかに汚れるのが嫌いで、おしゃれさんなのかが分かる。ちなみに、この短編は吹替音声のみで、メーガンさんの声は聞けなくて残念なのだ。

(6月7日)

同じ…

TINKER BELL AND THE SECRET OF THE WINGS
2012年 アメリカ作品
監督 ペギー・ホームズ
声の出演 メイ・ホイットマン、ルーシー・ヘイル、ティモシー・ダルトン、アンジェリカ・ヒューストン、メーガン・ヒルティ

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2013 Disney

ブログパーツ

● COMMENT ●

ティンクが好奇心旺盛じゃなかったら、もしかして冬の方に入らず姉妹の事も知らずにいたかも!?
でも、きっと直感が働いて行かずにはいられなかったんでしょうね~。
輝く羽が綺麗でした。

いつも吹替え版しか見てなかったんですが、ロゼッタの声が変わってたんですか~。
おしゃれ大好きなロゼッタはいかにも女の子って感じで可愛いですよね。

>宵乃さん

目の前に「冬」があれば、入ってみたくなる…好奇心いっぱいイコール危険でもありますが、そこがティンクらしさでもあるのでしょうか。
あの羽は綺麗ですね! 輝いたときももちろん、ふだんも、透明感を持たせて描いていて、ほれぼれしますよ。

ロゼッタは衣装がピンクなのも、性格づけに影響しているように思います。
ピンクって、いかにも女の子ですから! 
…ヘアスタイルからも性格がうかがえますよね~。

こんにちは

ティンクに姉妹がいたとはねーとびっくりな展開でしたね
それと不思議だったのは、
一作目では冬の妖精の長ってたしか女性だったような?
といった記憶があることなんです^;

ロゼッタは最新作で、
その髪の毛が大変な事になっちゃいます(笑)

>makiさん

こんにちは。
ほんとに驚きでしたね!
ああいう双子の妖精、物知りな著者が、輝く羽をはじめて見たとなると、めったにいないのでしょうか。
1作目で冬の妖精の話が出てましたっけ。もう、すっかり忘れています~。

5作目も早く見たい! ティンクの仲間の女の子のなかでは、ロゼッタが、かなりキャラ的にも目立っていますよね。

「1回目」とあるってことは、2回目、3回目もご覧になる予定、
ってことなんでしょうね(^_⌒)v

>kiyotayokiさん

はい、記事を書いた時点で、すでに2回目を見ていました。
そのあと、もう1回…。
1時間ちょっとの映画なので、見るのも楽なんですよ~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2711-3179b7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ティンカー・ベルと輝く羽の秘密」観た

原題:SECRET OF THE WINGS 製作:アメリカ’2012 監督:ペギー・ホームズ ジャンル:ファンタジー/ファミリー物づくりの妖精たちで冬支度をする中、ティンカーベルは立ち入り禁止の冬の森に興味を示す。こっそり境界線を超えたところ自分の羽が光ったのだ。 ある冬の妖精がその理由を知っていると聞いた彼女は、禁じられた境界線を越えて冬の森に入って行き…。ファンタジー企画三作...

ティンカー・ベルと輝く羽の秘密

もともと、ティンカー・ベルにたいして思いいれもないし、好きでもなかった私。なのに、4作目も見ちゃいました。なんと今作ではベルの姉妹が登場!新キャラクターであるペリウィンクルは、同じ赤ちゃんの笑い声から生まれた双子の妖精だった! なんとなく、がちがちの設定から柔軟な設定へと変貌してきている気がします。 ティンクは、いままでの作品から比べるとずいぶんと大人になったような印象。顔を真っ赤にした...

「X-MEN:フューチャー&パスト」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「恐怖の報酬」 (映画館観賞記事祝500本)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード