topimage

2017-08

おら、あまちゃんの名言・迷言を書いとく 3 - 2014.06.22 Sun

第18週~最終週(第26週)。

もう、次の次の朝ドラも中盤だってのに、いまどき「あまちゃん」でもねえべ? という気持ちは、よ~ぐ分かる!
だども、あと1回やらなきゃ終わらねえんだ。今回も、おらが「これはっ!」と思ったセリフを書き留めただけだがら、何の味気もねえし、ドラマを見でねがったら、なんのことやら分がらねえかもな…。
総集編ではカットされてだセリフなんかは、この際、延々と書いでたりしてることもあるがら、全体的に長えぞ。途中で飽きるど。
まあ、行ってみっが! ( )は放送回。脚本は、宮藤官九郎。

どんなに歌がうまくても、お芝居が上手でも、それだけじゃアイドルになれないでしょ? う~ん、何かこう…私にはわかんないんだけど、なんかがあるわけでしょ? ねえ、大将!? そのね、なんかが、なんなのか、私自身が知りたいんです (103)
それってアイドルでしょ? そこにいないのに、みんなの心にアキがいるって事でしょ? (103)
ほら、もう漫画の酔っ払いみたいになってるじゃないですか (104)
あの薄汚えシンデレラの娘! (105)
ヤマトナデシコ〔週刊誌の記事〕 (105)
どこまで器ちっちゃいの。普通にやって普通に売れるもん作んなさいよ (107)
しょうがねえ。ここさ来る前から、おら、ママの娘だ (107)
アキちゃんと一緒にいると誰でも笑顔になれるもん。だからアキちゃんの周りには自然と人が集まってくるんだよ。それってアイドルの基本じゃん。どこにいても何をしててもアキちゃんはアイドルだよ (108)
相談して~。こういうの、ちゃんと相談して~! (108)

見つけて

海の底さいる天野に空気送り込むのは、自分しかいねえべ (110)
先輩、お、おらと、つ、つつ、つ 〔オープニング音楽に、さえぎられる〕 (111)
水口2000円デイイヨ。みんなは5000円通しネ (111)
おらもアイドルになりでえど~! (111)
ズルじゃないわよ~! (111)
あんたのために頭下げても、あんたには頭なんか下げません~ (112)
もう走り出した恋の汽車は止まりゃしねえです! もう盛りのついた猫背の雌の猿なんです! (113)

勉! 小田勉! 和田勉と1字違い! (115)
あれが? ゆき橋夫? (116)
年なんか関係ねえべ。はたちだろうが30だろうが40だろうが、ユイちゃんはみんなのアイドルだ (118)
ブラジル人なのに全然陽気じゃねえな (119)
今は恋人がお仕事です。…あ、間違えた! お仕事は恋人です (119)
「悪いようにはしないから」って、悪い奴のセリフだよね (120)

母ちゃん、親孝行できなくて、ごめんなさい! (121)
いっぱ~んだんせ~い。るぱ~んさんせ~い (122)
生きてる限り、大事じゃねえ時期なんてねえし (122)
ママもパパも、家さいねえの (123)
うるさい。何も言うな。うるさい。もっと泣くぞ (126)
一生懸命磨いたかいがありました。原石、やっと輝きました (126)
軽く、もう、ここ来る時、こう、足が、こう、産まれたての鹿みたいな感じになってるかもしれない (126)

前髪クネ男と呼ぶ事にしました (128)
神に誓って、じっちゃんの名に懸けて、プラトニックですから (130)
今、日本で天野アキをやらせたら、あんたの右に出る女優はいません。だから続けなさい。向いてないけど…向いてないけど続けるってのも才能よ (130)
年とか関係ねえし。アイドルが存在する限り追いかけるのが男でしょ! (132)

ごめん…もう遅い (133)
走れるかどうかの問題でねえ。走らなきゃなんねえのだ (134)
自慢すんじゃねえよ! つうか、自慢すんじゃねえよ! (135)
ハゼとジミ・ヘンドリックスを足して2で割った感じ? (138)
私に会いたければ、みんな北三陸に来ればいいんだもん! ね! (138)
アキちゃん、帰ってきてくれて、ありがとう (138)

ポスター

もう67だべ? 四捨五入したら100歳だべ! (140)
いちばん関係ないのにね (141)
だからこそ、ここで本気出さねばどうする! いつまでたっても被災地だぞ! それでいいのか? いぐねえべ! (142)
アイドルは諦めたけど、女としてはむしろこれからだと思ってるから (143)

駅長、た、た、大変。GHQが来てます! (145)
お帰り。面倒くさいユイちゃん、お帰り (146)
それでも変わらねえ。変わりだぐねえ部分もあると思うんだ。あまちゃんだって言われるかもしんねえけど、それでもいい。うん。プロちゃんにはなれねえし、なりだぐねえ (147)
あんた、魔女なのか? (150)
三者三様だけど、代々、北三陸のアイドルだったんですねえ (150)

私たち、おばあちゃんになっても、ずっと潮騒のメモリーズです! (151)
安部ちゃん オラど結婚してけろ! 大吉 〔書き込み〕 (152)
♪ 三代前からマーメイド 親譲りのマーメイド (153)
最後に本日は皆さん、おらの夢をかなえてくれて、どうもありがとう (155)
明日もあさっても来年もある。今はここまでだけど、来年は、こっから先にも行けるんだ (156)

ヒロインのアキの祖父である忠兵衛を演じた蟹江敬三さんは、 3月30日、胃がんのため、亡くなられました。合掌。
誰にも言わずに北三陸を旅立った忠兵衛さんを探す場面で流れた「潮騒のメモリー」の歌詞は…
♪ 置いていくのね さよならも言わずに 再び会うための 約束もしないで

本作での最後のセリフは「見れ! これ、おらの孫! マイ・ドーターズ・ドーター! メモリーズ・オブ・潮騒よ!」

関連記事:
おら、あまちゃんの名言・迷言を書いとく 1
おら、あまちゃんの名言・迷言を書いとく 2


ブログパーツ

● COMMENT ●

懐かしいですねえ~。いま自分の頭の中は花子が占領しているので、やはり時は流れたんだなあ、という気持ちになりました☆

>officeroaderさん

ありがとうございます。
なつかしいでしょう!
私には、今のアレは脚本がつたなく感じられて、見ていられないんですが(苦笑)。

前回の記事のとき、「次回は4月あたりかな?」とコメントしたけど、なんと、6月じゃないか!

そういうの大好きだ! (by ハンス in 「アナと雪の女王」)

「あまちゃん」のテーマ曲は楽団では何度も演奏してます。先日の定演でも、その後の屋外演奏でもやってます。けど…結局ドラマは見てなかったなぁ…


「薄汚ねえシンデレラ」って、キョンキョン本人のパロディなセリフもあったんですね。あのドラマは…「少女に何が起こったか」でしたっけ?ピアノを弾くキョンキョンに対しての石立鉄男のセリフ…だったかな…かなりうろ覚えですが。その娘って事ですね。あのピアノ曲はたしかショパンの「革命」だったような…。

あまちゃんが終わってからもうそんなに経つんですねぇ。そして、「俺様方」もコメント頑張ってますね。

>ボーさんへ

こんばんは。
いつもありがとうございます。

懐かしいですね。

このあたりとなると、私ははやり、アキのレコーディングの日、
春子、鈴鹿、太巻の3人が和解するシーンが印象的です。
この回だけで、50回近く観ているのでは。。未だに観ます。

後は、156話のエンディングと157話の紅白ですかね。

あまちゃん、やっぱり面白かったです。もう、あんなに毎日楽しめるドラマは
ないのでは無いかと思います。
皆さんと、潮騒の歌詞があーだこーだと行っていたり、今後の展開を予想していた日々も良い想い出です。

時間ができたら、1話から観なおしてみたいものです。

>たけしさん

朝ドラは、15分間とはいえ、半年間ほとんど毎日ですから。見る習慣にするか、録画しておくしかないですね。見ようというモチベーションがないと、見ないですよ。

「少女に何が起ったか」のパロディですよね。元ネタを知らない人は気づかないという…「分かる奴だけ分かればいい」と、ドラマの中でもセリフにして開き直っていた(?)クドカン(笑)

>moonstarさん

ご、ご、50回ですか!
私がいちばん多く見たのは、やっぱり春子さんvs鈴鹿さんの寿司店での初直接対決ですね。

今回は1話から通して、全編見ました。時間はかけましたけど。
ツイッターで同時進行で、みんなで楽しんだというのは、新しい楽しみ方だったと思います。
番組関連のグッズやイベントなど、連動した楽しみも多かったし。
それもこれも、ドラマの力自体が強くなければ、生まれないものですから、まれにみるドラマでしたよね。

また、そのうちに見直したいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2717-bf252d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「HOME 愛しの座敷わらし」 «  | BLOG TOP |  » 「女子ーズ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード