fc2ブログ
topimage

2024-03

「SURVIVE STYLE 5 +」 - 2005.09.19 Mon

CMプランナーを演じる小泉今日子さん
(c) 2004 「SS5」製作委員会


写真でけえ! あー驚いた。(自分で驚くな。)
そう。小泉今日子さんである。彼女が出ているから観た。それだけである。

「キリンFIRE」「サントリーBOSS」などのCMを手がけたコンビ、関口現(監督)+多田琢(脚本)の映画デビュー作。
ちょっと変な人々の変な話が、時々お互い交わりながら、描かれていく。
メンバー的には5つに分けられるから、タイトルが「生き残りスタイル5」なのである。+がくっついているのは、その他の登場人物のことなのか、もしかして観客か?

映画タイトルの正しい読み方は「サバイブスタイルファイブ」。+は読まないらしい。

小泉さんはCMプランナーの役。厳しい仕事社会をキャリアウーマン風に生き抜いてきている。高飛車、突っ張った態度が身に付いている、可愛くない女。

キョンキョンいきなり男とベッドにいるから、私は相手の男に対する怒りに燃えたぎった。
男は阿部寛であった。ヤツは催眠術師の役だが、小泉の怒りを買って、大変なことになるのだった。やーい。KYON2の怒りを買うと怖いぞー。

今日子さんが考えるCM劇場が面白かった。自分で想像して「ししししし…」と笑うキョン2。何をやっても素晴らしい! ←惚れた弱み。

サラリーマン一家の娘の役に「スウィングガールズ」でトランペット担当だった貫地谷しほり。息子の役に「妖怪大戦争」で主役を演じた神木隆之介。この2人を見られたのは収穫だった。
「スナッチ」「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」などに出演していたヴィニー・ジョーンズも、なぜか主役のひとりだったりする。

あとは、まあ、どうでもいい、意味のない話。CMクリエイターらしく、シュール(普通の理解を超えて、ぶっ飛んでる、みたいな)なアイデアを、いろいろまとめて映画にしたような印象。
退屈はしないが、これは「長~いCMフィルム」といっても、おかしくはないものかも。

“Nobody is Perfect.”(完璧な人間なんかいないさ)という「お熱いのがお好き」の名セリフが公式ホームページに使われている。
しかも「みんなちょっと変態。」と訳されて。
ま、いいんだけどさ…。

感覚的なものが、すべて、なのかな? 
とにかく頑張って日々を生きて(SURVIVE)いこうよ。ってかい?
(9月18日)

2004年作品
監督 関口現
出演 浅野忠信、橋本麗香、小泉今日子、阿部寛、岸部一徳、荒川良々、ヴィニー・ジョーンズ

トラックバックは、SURVIVE STYLE5+@映画生活様に。

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

あら

ボーさんたら阿部ちゃんにジェラってしまったのですね?

キョンキョンってちょっととんがった役が似合いますねー。
前にやっていた「すいか」ってドラマの、地味な銀行員だったのに横領して逃げる役、良かったなぁ。

ところで「空中庭園」読み終わったんですよ。
・・・・・ううん・・・・どうなんだろう・・・(--)

>紅玉さんっ

何ですか、その意味深な感想はっ!
原作本自体が問題ありですか?

阿部寛は、北斗の拳のケンシロウをやっていればよいのです。小泉の相手役など100年早いわっ!(うそ)

「すいか」見逃している、最低のファン、それは私です! わはは!

とんがった役…アイドル時代、アゴが、とんがってましたからねー、彼女。…関係ない? 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/276-2cb0bc10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SURVIVE STYLE5+

  『SURVIVE STYLE5+』を観た。 なんかものすごいぶっ飛んだ映画だった。浅野忠信さん、阿部寛さん、小泉今日子さん、岸部一徳さん、麻生久美子さん、ヴィニー・ジョーンズ・・・役者を挙げていったら何本も映画が作れそうな面子だね。 この映画の魅力はCMのよ...

DVD: SURVIVE STYLE 5

邦題:SURVIVE STYLE 5 監督:関口現 出演:浅野忠信、橋本麗香

「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」 «  | BLOG TOP |  » 「下妻物語」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード