topimage

2017-08

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 - 2014.10.01 Wed

クオリティ高いなあ。

お猿さんのビジュアルも、ドラマの流れも。

ポスター

シーザー率いる猿たちは山奥に移り住み、人間は「猿インフル」で絶滅の危機に。
10年間が過ぎ、いつしか猿たちは人間に遭遇することもなくなり、確かなコミュニティを築きつつあった。
しかし…。
以下、ネタばれに。


親分です
皆の者、よく聞くのだ。この先はネタばれだぞ!

ある目的のために人間たちは、お猿さんの住む森の奥まで行かなければならない。
猿と人間がお互いの存在を知る。
人間が持つ銃は猿にとって脅威であり、緊張が高まる。
シーザーは争いにならないように、心を配るが…。

シーザーの右腕ともいえそうなお猿さんは、過去に人間にひどい目にあっている。
そんな経験があれば、どうしても人間を信じられなくなるのは、もっともな道理。
彼は人間の住む地区を偵察に行き、射撃の練習をする人々を見る。やつらは戦おうとしているんじゃないか!

人間

いったん、力のある戦争主張者の陰謀や扇動などのペースにはまったら、コミュニティ全体が戦争に引き込まれることにもなる。
(現実でも私たちは注意して見張るべきだろう。)
個々の人間、お猿さんのレベルではお互いを思いやる者がいても、全体として戦争は起き得るのだ。

3部作(たぶん)の2作目なので「途中経過」的な色合いが強いが、それでも、がっちりとした重厚なドラマ展開はお見事。
次も、どうしても観なきゃいけないじゃないですか。
次が終わると、1968年の「猿の惑星」の始まりに、つながるのだろうか。

戦争回避は?

(9月27日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

DAWN OF THE PLANET OF THE APES
2014年 アメリカ作品
監督 マット・リーヴス
出演 アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル

参考:猿の惑星:新世紀(ライジング)@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


メイキング
こんな服を着て撮影して、あとからお猿さんに映像加工されるんですかね。

(c) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

コメントで攻めてこないなあ。

こんなとこ猿でも攻めないぜ。

まあまあ、そう言わんと。

ああっ、すんませんでした、ボス! ウッキー! ウホウホ!

なんだなんだ、また猿の惑星になったんだって!?

あ、これは初代の猿惑ヒーロー、へストンさん! そうなんです、面白い映画つくってます。
えーと、昔、チャールトンじゃなくて、チャールストンさんだと思ってて、すいませんでした。

ボーさん、こんにちは!

あっ、一番最後の画像、面白い!
こんな風に撮影されてたんですね~~(゚o゚)
猿達がめっちゃリアルで、
とてもCGとは思えませんでしたよね!
前作同様に、猿達に感情移入して観ました。
人間社会とそっくりで考えさせられる作品でしたね。

>YANさん

こんばんは。
いやいや、これは見せかけで、じつはCGじゃなくて、本物なんですよ~。こわいですね、おそろしいですね。
…大ウソですね。
戦争の起こりを描く映画としても秀逸だったと思います。

コメントにC・へストンがっ!w
あの猿の惑星に向かっているんだと感じさせられるお話でしたね。
戦争主張者の陰謀や扇動、なるほどです。
これだけのコミュニティになると平和に過ごすことの方が難しいんだろうな。

>まおさん

「猿惑」といえばヘストン。ヘストンといえばチャールストン。(ちがう)
前日談ならば、次回作で「猿の惑星」につながるはずですよね。
ちょっとした考えの違いも、大きな食い違いになることがあるから、集団生活って難しいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2769-d8500a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猿の惑星:新世紀(ライジング)/アンディ・サーキス

SF映画の金字塔『猿の惑星』の新たにリブートしエピソード0的位置づけのストーリーを描いた前作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』から10年後の世界を舞台にした続編です。 出演はその ...

猿の惑星 新世紀

 猿の惑星シリーズのリブート版第二弾。もともと原作は有色人種の台頭を猿に見立てたそうですが、本作でも人間とまったく異なる生物との対立というよりも、明らかに文明が違う人間同士が対立する現実のメタファーであり、よく考えられていると思いました。  作品情報 2…

猿の惑星:新世紀(ライジング)

評価:★★★★【4点】(11) 終始、緊張感に包まれた展開にぐいぐい惹き込まれた。

『 猿の惑星:新世紀(ライジング) 』APE SHALL NEVER KILL APE

猿の惑星:新世紀(ライジング)~ DAWN OF THE PLANET OF THE APES ~     監督: マット・リーヴス    キャスト: アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カーク…

猿の惑星:新世紀(ライジング)

【DAWN OF THE PLANET OF THE APES】 2014/09/19公開 アメリカ 131分監督:マット・リーヴス出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マク...

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (2014)

示唆に富む、猿VS人間の哀しき戦争! SFエンタメでありながら、身につまされる優れた教訓映画であった。 映画史に燦然と輝きながら、1作目を頂点に回を重ねる毎にB級へと下降線をたどったためか、どこか一段低い娯楽作とみられていた『猿の惑星』シリーズ(68〜73...

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(土)■...

猿の惑星 新世紀(ライジング)

シーザーの男前のみを観るべき映画。  

猿の惑星:新世紀(ライジング)★★★.5

名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリ...

『猿の惑星・新世紀(ライジング)』

「猿の惑星」って、むか〜し、観ましたよ。 あれの続編なのかと思いながら観てきたのですが、ちょっと違ったみたいです。 第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編という事でした。 知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程なのか。 猿のシー...

劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」

共存か、対立か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/  猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別) 【楽天ブックスならいつでも送料無...

映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映初日の第1回目で劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 2020年代のサンフランシスコ。猿たちは驚異的な遺伝子の進化を遂げ、人類と接触しようとせず、森の奥に平和なコミュニティーを...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

★ネタバレ注意★ ■猿の惑星:創世記(ジェネシス)  つい先日、インドのニューデリーの動物園で酔っぱらった若い男性がホワイトタイガーの展示場に侵入したというニュースが報じられました。最初にそれを知った時、わたしはてっきり、モフモフしたホワイトタイガーとたわむれる微笑ましい画像が見られるんだろう、と思って嬉々としてクリックしてしまったのでしたが、とんでもなかった。  どう...

猿の惑星:新世紀(ライジング)・・・・・評価額1750円

“星を継ぐもの”は誰だ? 2011年に公開されたリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の、10年後の世界を描く新シリーズ第二弾、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は驚くべき映画だ。 ルパート・ワイアットから監督を引き継いだマット・リーヴスは、絶滅に瀕した人類と進化した猿たちの予期せぬ出会いから始まる壮大な叙事詩を構築し、あっさりと前作を凌駕してみせた。 二つの種族10年ぶりの...

猿の惑星 新世紀 ライジング(2D字幕)/DAWN OF THE PLANET OF THE APES

2011年に公開された「猿の惑星」シリーズの前日譚、 「猿の惑星 創世記ジェネシス」の続編。 これまでのが全部好きなので先行にて鑑賞 前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、 存亡の危機に陥った人類が...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

恐れや憎しみは戦争を生む 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA」 「モールス」

[映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を観た]

☆・・・かつて、小林よしのりのマンガに影響され、思想を語るようになった者は、その考えの浅さを含めて「コヴァ」と揶揄されていた。  まあ、隠さずに言えば、私もかなり影響された口だ。  この、『猿の惑星 ライジング』は、対立にある人間と猿たち、その双方に、「...

【映画感想】猿の惑星:新世紀(ライジング)

自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。 サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、 再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

■「猿の惑星:新世紀(ライジング)/Dawn Of The Planet Of The Apes」(2014年・アメリカ) 監督=マット・リーヴス 主演=アンディ・サーキス ジェイソン・クラーク ゲイリー・オールドマン ケリー・ラッセル  前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」が、...

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』('14初鑑賞66・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:45の回を鑑賞。

猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し!

前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...

「猿の惑星:新世紀」激減した人類と猿の戦いを続けた先にみた戦うしか生き残れない弱肉強食の世界

「猿の惑星:新世紀」は2011年に公開された「猿の惑星:創世記」の続編で、猿ウイルスによって人類が激減した世界で10年ぶりに人間と邂逅した猿たちが、共存を選ぶのか?そ ...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅し、わずかな生存者グループは、荒廃した都市の一角で身を潜めるように暮らしていた。 ある日、電力が底をつきかけた人間たちは、ダム...

『猿の惑星:新世紀<ライジング>』

(原題:Dawn of the Planet of the Apes) ----これって、フォーンも こそっと隠れて一緒に観た映画。 ニャんだか、スゴく評判いいよね。 「そうだね。 個人的には前作『猿の惑星・創世記<ジェネシス>』の方が好きだけど、 今回の作品は、 堂々たる風格を備えた 文句...

猿の惑星 新世紀 (ライジング) 【劇場で鑑賞】

猿の惑星のリブート作で2011年に公開され好評だった 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編で、監督は 『クローバー・フィールド』のマット・リーヴスに バトンタッチされたSF映画『猿の惑星:新世紀 (ライジング)』が公開、3Dで観るか2Dのアトモスで 観るか迷いました…

猿の惑星 新世紀(ライジング)

猿の惑星 新世紀(ライジング) '14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、...

映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)3D』を観て

14-74.猿の惑星:新世紀(ライジング)3D■原題:Dawn Of The Planet Of The Apes■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:130分■料金:300円(ポイント使用)■鑑賞日:9月20日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:マット・リーヴス◆ジェイソン・クラーク◆...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年 アメリカ 131分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/09/19) 監督: マット・リーヴス 『モールス』 出演: アンディ・サーキス:シーザー ジェイソン・クラーク:マルコム ゲイリー・オールドマン:ドレ...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行くまでの過程(この10年)が見たかったのに。前作のラストで「人間に対し反乱を起こして」という感じではなかったような気がするんだ...

ここから終わる・・・

19日のことですが、映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を鑑賞しました。 勢力を拡大し手話や言語を操るようになった猿たちは森の奥深くに、人類はわずかな生存者たちが荒廃した都市の一角に そんなある日、資源を求めた人間たちが猿たちのテリトリーを侵食したこと...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

戦争はこうやって始まるのか。 DAWN OF THE PLANET OF THE APES 監督:マット・リーヴス 製作:2014年 アメリカ 上映時間:131分 出演:*アンディ・サーキス *ジェイソン・クラーク *ゲイリー・オールドマン  ヒトの世紀が終わろうとしている。 前作から10年後、人類は新薬開発中に派生した ウィルスによって90%が死滅し、 ...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マクフィー、カーク・アセヴェド、ケヴィン・ランキン、テリー・ノタリ...

映画評「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督マット・リーヴズ ネタバレあり

先週観た映画 ~10/25

  はっ。 意外と空いてしまいました… ぼんやりしてると10月がもう終わり?ひい! 「猿の惑星:新世紀(Dawn of the Planet of the Apes/14)」   リブート版の第2作目。観始めてから1作目を観ていないことに気付いた…   けどまあ、話の区切りはついているのでそれほど戸惑わずに観られた。   種を違い対立する者達と、同じ種でもその中で生まれてく...

猿の惑星:新世紀(ライジング)

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 でも、監督が変わったせいもあり、微妙にティストが変わったかな? SF作品から、アクションに! 特撮技術は圧倒的だけに、素朴い第1作「猿の惑星」(1968)が懐かしくも感じられました。 新型ウィルスで9割方、人類が死滅してしまった、って冒頭が衝撃的!であると同時、やはり、あの名作へ続けねば… ってことから、仕方ないのかなぁ、と感じてし...

「死刑執行人もまた死す」 «  | BLOG TOP |  » 「特別展示 マリリンとアインシュタイン――神話的イコンに捧げる讃歌」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード