topimage

2017-08

「死刑執行人もまた死す」 - 2014.10.03 Fri

第2次大戦中につくられた反ナチ映画ということに、大きな意義があるだろう。

しかも監督は、ドイツから亡命したフリッツ・ラング。思いの込め方が違うに決まっている。

街角

(余談ではあるが、この著名な監督さんは、マリリン・モンローさんのファンである私にとっては「熱い夜の疼き」を手がけたことによって、いっそう親しみというか、敬意というか、を感じる人なのである。)


アンナ・リー、ブライアン・ドンレヴィ
アンナ・リーさんとブライアン・ドンレヴィ

舞台はチェコスロバキアのプラハ。ドイツ軍占領下にある。
ひとりのドイツ軍高官が狙撃される。
罪のない多数の市民が選ばれて拘束され、実行犯が捕まらない限り、かわりに一人ずつ処刑が行なわれることになる。なんと残酷で卑劣なやり方!

実行犯をかくまった一家の父親をウォルター・ブレナンが演じているのだが、メガネのせいもあるのかイメージが違って、こんなインテリっぽい役もやっていたのか、と少し驚いた。
一家の娘役のアンナ・リーさんは、のちに「サウンド・オブ・ミュージック」ではシスター・マルガレッタ、「何がジェーンに起ったか?」では隣家のベイツ夫人などを演じている。


ウォルター・ブレナン
ウォルター・ブレナン

映画は、実行犯を含むレジスタンス側、ドイツ軍側、実行犯をかくまった一家の娘と父親、ドイツに協力するプラハ市民のスパイ、それぞれを描く。
完全版とのことで、やはり134分は、ちょっと長い気がする。(短くしたものは120分らしい。)

エンディングはナチスの非情さを見せられて、やりきれない。
そしてエンドマークでは、まず、NOTと出て、THE ENDと続く。
戦争は、まだまだ終わっていなかったのだ。

(9月27日)


アンナ・リー
アンナ・リーさん

HANGMEN ALSO DIE !
1943年 アメリカ作品
監督 フリッツ・ラング
出演 アンナ・リー、ブライアン・ドンレヴィ、ウォルター・ブレナン、デニス・オキーフ、ジーン・ロックハート

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 1943 UNITED ARTISTS. All rights reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

120分版

映画館で観た時は120分だったと思います。
その時は興奮するほど面白く感じたものですが、今春WOWOWで観たのは136分もあり、少しもたつきと説教臭さを感じました。
16分若しくは14分の差がこれほど違う結果をもたらすかと編集の大事さに思いが至りましたよ。

>オカピーさん

映画は、基本的には、いらないところは、できるだけ削いだほうがいいですね。
本作は、とくに、戦時中に反戦をうたう映画なので、気持ちが入ってしまって、当時はカットしたくないところばかりだったのかもしれません。
いまの時代になってから、戦争中にこんな映画があったことを知っておくのも、知識のひとつになっていいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2770-506fb0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「死刑執行人もまた死す」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1943年アメリカ映画 監督フリッツ・ラング ネタバレあり

「ジャージー・ボーイズ」 «  | BLOG TOP |  » 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード