topimage

2017-08

「荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~」 - 2014.11.02 Sun

シャーリーズ(・セロン嬢)に惚れ直した!

私の彼女のアマンダ(・セイフライド嬢)とシャーリーズが、ダブルで出演するというからには、どんな映画であろうと映画館に足を運ばねばいかん!というわけで。

アマンダ
アマンダ。

音楽やタイトルロールの字体などは、まさしく正統な西部劇のムード。
でも、つくって主演しているのが、「テッド」の人ですから。

下ネタ多い。
作り物とはいえ、下痢○を大っぴらに見せなければ、とってもよかったんだけどねえ…。客席でも「うわ゛あ」って声が上がったもんね。

主人公、拳銃の腕はまるでダメなのに、何度も決闘するはめになる。
シャーリーズは腕利きな姉御なので、彼に教えることになりますが。


シャーリーズ
シャーリーズ。

銃の撃ち方を特訓、ふたりでしゃべっていて、彼がおかしなことを言うと、シャーリーズが笑う。
その笑い方が、マジに聞こえるんですよ。
ほんとに、おかしくて笑ってるみたい。なんかねえ、それが、すごくいいと思った。性格が出ちゃってるようで。

アマンダはあまり性格がよくない役で、よけいにシャーリーズのほうが魅力的になった。シャーリーズが主役級の役でもあったし。(追記:性格がよくないというより、まだ人を見る目がないというべきか。)
たとえば、「プロメテウス」とかよりも、はるかに、かわいくて素敵だったよ。

的当てゲーム


アマンダがらみのセリフに「自分探しの旅…」というのがあって、これって「マンマ・ミーア!」での彼女の役をパロディにしているんじゃないかと思いましたよ!
彼女の目の大きいのも、笑いに持っていかれてたし。
シャーリーズが、自分で巨乳っぽく言うシーンもあったね。アマンダのほうが大きいから、それはギャグです。

笑いどころも多い、楽しめる一作でした。
(テッドは出てこなかった。たぶん。)
(リーアム・ニーソンが悪の親分だけど、すごく恥ずかしいことになってます。笑)
(あの大人気だったSF映画のパロディに驚き笑う!)
(ユアン・マクレガーがサプライズ出演。観たときは知らなかったし、どこにいたか、わからなかった。)


友人カップル
サラ・シルヴァーマンとジョヴァンニ・リビシのカップルも面白い。

(10月26日 TOHOシネマズ シャンテ2)

A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST
2014年 アメリカ作品
監督 セス・マクファーレン
出演 セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、サラ・シルヴァーマン、ジョヴァンニ・リビシ

参考:荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。細かくすれば3.8点くらい。満点は5点)


カップル

(c) 2014 Universal Pictures.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ブログの記事でセス・マクファーレンとセロンの会話はアドリブが多いと言うのを見たような気がするんで、本当に自然な笑いなんじゃないですかね。

監督のこだわりとして、下ネタとドラッグネタは外せないみたいな意識を持ってる気がします。

>ふじき78さん

コメ早っ!
やはり、アドリブなのでしょうね。そんな反応な笑いでした。

ウ○コネタをやって、ばっちり見せちゃうから、ウワッとなっちゃうんですよね。
しょーがないなー。

ボーさん☆
下ネタもにおわす程度なら良かったのに、あれはちょっとドン引きですよねー
っていうか、本当に臭ってきそうで・・・(汗)
アドリブで笑っているかんじが、実に良かったです。
シャーリーズセロンがあんなにキュートな女性だったとは~~と、すっかりファンになりました。

>ノルウェーまだ~むさん

「テッド」のときも、もろにありましたよね。
やらずにはいられないんでしょうか(苦笑)
シャーリーズ、かわいいですよねっ。どんどんファンになってください。あ、でも、私の彼女ですからね。

この映画まだ新潟では上映されておりません、東京が終了すると地方で上映が始まるものと思われます。/さすがアマンダ贔屓のボーさん、いち早くご覧になられたんですネ。/ところで劇団四季の「マンマミーア」はご覧になりましたか?

>officeroaderさん

東京でも上映館は少ないです。
アマンダにシャーリーズですからね、もう観ないわけには…!
もちろん、四季のマンマは観ました。2回ですけど、いまのところ、もういいかなと思っております。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2786-64183308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜/セス・マクファーレン

『テッド』セス・マクファーレン監督が自ら主人公を演じたウェスタン・コメディ。予告編であのデロリアンを目にしたらもう絶対観に行くっきゃないでしょう〜。 出演はその他に、 ...

「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」inしたまちコメディ映画祭

したコメ映画祭の続けて3本目。 大好きな「ted」の監督、セス・マクファーレンが監督主演を務めた映画だから、絶対面白いハズ! 思ったより抑え目だから映倫15禁だけど、その分子供の好きそうなばっちいネタが満載で・・・・

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ 【劇場で鑑賞】

可愛い熊のぬいぐるみがオッサンのような 中身で笑わせる大ヒットコメディ『テッド』で 知られるセス・マクファーレン監督の新作で自身 が主演も務めるウエスタンコメディ映画『荒野は つらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』が公開 されましたので観に行ってきました。 …

「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」

2014年・アメリカ/ユニヴァーサル 配給:シンカ、パルコ 原題:A Million Ways to Die in the West 監督:セス・マクファーレン脚本:アレック・サルキン、セス・マクファ

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (A Million Ways to Die in the West)

監督 セス・マクファーレン 主演 セス・マクファーレン 2014年 アメリカ映画 116分 コメディ 採点★★★ 「現代の知識を持ったまま大昔にタイムスリップなんかしたら、神とか王様扱いされてウハウハなんじゃね?」なんて戯言を若い頃はよく妄想したもので。今でも…

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて

【概略】 西部開拓時代のアリゾナで暮らす羊飼い・アルバートは、決闘を挑まれても逃げ出す地味なオタク。彼は射撃の腕が立つ美女・アナと恋に落ちるが…。 コメディ うん、わかった!この監督とは合わない。「テッド」もさほど楽しめなかったしーこの作品に関しては2時間くらいのものが4時間くらいに感じたよ。しかも下品な下ネタ(苦手)が多い。主人公も「いい人」な魅力が薄いうえに概略にあるオ...

映画評「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」

☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督セス・マクファーレン ネタバレあり

「赤毛のアン」 モンゴメリ «  | BLOG TOP |  » 「ニンフォマニアック Vol.1」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード