topimage

2017-08

「赤毛のアン」 モンゴメリ - 2014.11.05 Wed

なぜ読んだか。朝ドラ見てたから!

ドラマは9月で終わっていて、ずいぶん遅くなったけど。

まず本を手に取って思ったのは、おもいがけず、厚い! 本の厚さ。文庫本で520ページありますね。
読んでみると、アンの描写は、赤っ毛が二本の編み下げ、顔は白く、やせていて、そばかすだらけ。あごが大変とがって、目は大きい。
イメージと違う、と思って、すぐ、あ、私が考えていたのはアニメのハイジじゃないか!と気づいた。
そうか、アンは、やせっぽち。孤児でクスバート家にやってきたんだから、やせていても不思議じゃないか。

彼女は「eのついたつづりのアンで呼んでください」(「 」内は村岡花子・訳。以下同)と言う。「Annはひどく感じがわるいけれど、Anneのほうはずっと上品に見えるわ」
そこで私は思いました。マリリン・モンローさんのファーストネーム、ミドルネームは、ノーマ・ジーン。ジーンはJeanと書かれたり、Jeaneと書かれたりする。それと同じじゃないかと。
それが何だと言われれば、それだけのことだが。ファン心理というものである。
うん、Jeaneのほうが、上品というか、おしゃれだと思うよ、私も。

カバー

養父となるマシュウの口癖。「そうさな」なんですねえ。ドラマでは花子のおじいちゃんの口癖になってました。

曲がり角をまがったさきになにがあるのかはわからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの」というのも、ドラマで時々出てきたところですね。これは小説のほうではラストちかくにあります。

腹心の友」も出ました! アンの言葉に、養母のマリラは「ふく―なんだって?」と聞き返してしまうくらいだから、めずらしい言い方だったんでしょう。ダイアナという友達が腹心の友になります。よかったね、アン。

アンはおしゃべりで、文庫本1ページぶんくらいは、余裕でしゃべりまくりますね。
お菓子つくりに失敗したり、屋根から落ちたり、髪染めに失敗したり、乗ってた小舟が沈んだり、いろいろやってくれます。

でも、憎めない、いい子で、上の学校を受験するころになると一気に大人っぽくなりますね。
それで、最後は感動することがあって…これ、続きの話もたくさんあるんですねえ。ちょっと読みたい気もする…。

(10月30日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

赤毛のアンは、昔アニメで見たのを覚えてますけど、本は読まなかったなぁ。
アンは、夢見る少女の代表格という印象です。少女マンガにしてもいいくらいのキャラ。なんでもない風景なんかにもロマンチックな名前をつけて楽しんだり、後先考えないでいろいろ行動して失敗したり。普通の女の子がこうありたいっていう夢を最大で持っているような、魅力的なキャラですよね。…で、アニメでは大人になった後も続いていて、最後は…どうなったんだっけ?はるか昔で忘れてとります。


名前にeをつけるという部分で、マリリン関連のカテゴリなんですね。JeanとJeane、私にはどっちも上品で素敵な名前に感じます。マリリンはどっちが好きだったのかな?どっちも使ってましたけど。

>たけしさん

マリリンに少しでも関係づけたら、マリリンのカテゴリーにしてしまいます。
名前の最後のeにマリリンを思い出すのは、ファンならではでしょう!
アニメは見たことがなくて、なんとなく、今でもCMで見るアニメのハイジのイメージになってました…。
原作だと、最後は子どももできて、でも戦争があって少し悲しいことがあるようです。1作目を書いて、ずいぶん経ってから、続編を書いたみたいですね。
私はJeaneのほうが女性っぽいと感じます。Jeanは男でも使うイメージ。

いつ読むの?今でしょ!

私は、10代の初々しいウェービーロングヘアガールズの頃(笑)、読みました。3~4巻くらいまで読んだような・・・?アンが結婚するあたりです。
読破するとなると、大河ドラマレベルの長さなので大変かもですが、物語そのものはその巻で完結するので、時間があるときに読んでも大丈夫かと。

キャラクターでは、ギルバートが好きでした。
乙女が好きになるテンプレキャラですもん、彼。

>小夏さん

今ですか!
ウェービーロングヘアガールズの頃、見てみたい! 写真おくってください!
アンちゃんはギルバートと結婚するんですよね。
最初は、アンが、つんけんしてて…というのも王道かいな?

アンのお話が何巻もあるなんて、腹心の友もびっくりです!(誰が?)

お読みになったんですね〜!
私も随分と昔に全巻読んだはずなんですが、最初のこの巻しか記憶が薄い…
ちょうど今、放送中のアニメ「赤毛のアン」を観ているので(昔も観ていた)書いてくれた定番の台詞もアニメの声で甦り。
「そうさな」はあまりに耳に馴染んでしまい、原語だとどうなのか気になります。
そしてマリリンに繋がるところがさすがです!(笑)

>まおさん

読みました!
朝ドラちゃんと見ましたから、一応、原作も!
アニメでも、あのセリフとか、あるんですか。
「そうさな」は、“Well now” だそうです。(Wikipediaより)
私はwellは想像できましたが、nowがついてるんですね。
マリリンに「かすって」でもいたら、ちゃんと、かこつけるのです。(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2787-799df134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヴェロニカ・マーズ [ザ・ムービー]」 «  | BLOG TOP |  » 「荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード