topimage

2017-09

「ホビット 決戦のゆくえ」 - 2014.12.16 Tue

シンプルに大活劇で、単純に楽しくて、最後は泣けたし、よかったよ。

戦いのシーンがほとんどだが、おもしろく観た

バギンズ!

前作の終わりで、スマウグ(竜)が町を燃やしに飛んでいった。
今作のスタートは、竜の襲来を迫力ある映像力で楽しませてくれて、それが一件落着。
そのあとは、黄金がザクザクと保管してある山に向かって、多くの勢力が集結、そこでの戦いとなる。

原題の「5軍の戦い」の5軍って、ドワーフ、エルフ、人間、ゴブリン(オーク)と、あとは誰かと調べたら、イスタリ(魔法使い)らしい。
記憶と記録のためにも、固有名詞を多く書き留めておく。

人間のバルド(ルーク・エヴァンス)VSスマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)。一騎打ち。


人!?
この子はスマウグじゃないよ、息子だよ。

ドワーフを率いるトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)は、スマウグの黄金への執着心が感染したかのようになってしまうのだが、そこから立ち直るのかどうか、戦いのゆくえは、どうなるのか。

ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)が指輪の力を使う場面は、それほどなかったけど、この指輪は「ロード・オブ・ザ・リング」の3部作につながるわけですね。

エルフのタウリエル(エヴァンジェリン・リリー)(原作にはないオリジナルキャラクターらしい)と、ドワーフのキーリ(エイダン・ターナー)の淡い恋のゆくえ…これは、もう、言えない! 言えないよ!

魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)の場面には、なんと! 森の奥方のエルフ、ガラドリエル(ケイト・ブランシェット)が登場! そればかりか、○△□や×○△(伏せなくてもいいんだが)も出現!

ガンダルフが!?

レゴラス(オーランド・ブルーム)の戦いぶりも、かっこいい。

3部作にわたる旅の終わり。
やっと、ただいま!って感じ。いっしょに旅してきたようで、ほっとしたり、感慨もあるね。

以下はネタばれなのだが…

ドワーフたち

魔法使いラダガスト(シルヴェスター・マッコイ)、大鷲、ビヨルン(熊みたいな獣人)勢が加勢して、北からのゴブリン軍を粉砕しちゃったわけ? もしかして最強の軍? もっと早めに参加できてたらよかったんじゃ?

(12月14日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES
2014年 アメリカ・ニュージーランド作品
監督 ピーター・ジャクソン
出演 マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、エヴァンジェリン・リリー、エイダン・ターナー、イアン・マッケラン

参考:
「ホビット 思いがけない冒険」
「ホビット 竜に奪われた王国」
ホビット 決戦のゆくえ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


エルフたち

(c) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC

ブログパーツ

● COMMENT ●

原作どおりでタウリエルが出なかったなら、映画の感動ポイントは大きく減っただろうな。

エルフとドワーフが結婚したら、どんな子ができるんだ!?

そうそう

俺A様と同じく、彼女が居なかったら花がなかったですよね。キーリもレゴラスも彼女がいたから男っぷりも上がりましたよね。
この映画、私も泣きましたよ。
あっ、泣くと思ってた?   やっぱし!? (笑)

>kiriyさん

泣けますよ、もちろん、あんなふうになれば。
2作目は、いまいち自分の中で盛り上がらなかったのですが、今度はよかったです。
ヒロインは大切ですね。ブランシェットさんがいるのですが、怖いくらいですし!
ビルボの冒険、終わってしまいましたねえ。

こんばんは

>魔法使いラダガスト(シルヴェスター・マッコイ)、大鷲、ビヨルン(熊みたいな獣人)勢が加勢して、

毎度ですが、お助け軍団あとから出てきて最強ですよね(笑)
思えばLOTRもそうだった
テンションあがらずの鑑賞でしたが、そのままのテンションで「まあまあ普通…」というくらいには楽しめました

>makiさん

おはようございます。
あの連中が出てくると勝つ、というような…。はじめっから出てこいや、と(笑)。
のめりこみ具合は、この世界観がどのくらい好きか、にもよるのでしょうね。

ボーさん、こんにちは!

大迫力の展開を見せる戦いの3作目でしたね。
特にトーリンの最後の男らしい戦いぶりには
目頭が熱くなりました。
キーリも彼女の目の前であんな事になるとは。。。

冒険が終わったな~って感じでしたね。

>YANさん

おはようございます!
トーリン、キーリ…そんなふうな話にしなくてもいいのにー! なーんて思いました。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの懐かしい雰囲気と再び会えて、楽しめた「ホビット」でした。
誰かのスピンオフなんかやってもいいんじゃないかと。

タウリエルとキーリのエピソードは良かったですよね…泣けました。
これを観終えると、また指輪の三部作が観たくなりますね。

>まおさん

あんなふうにしなくてもなあと思いましたが、異人種間の関係は、やはりイカンのでしょうか。
指輪の持ち主の変遷、続きます。

3作目も観ましたよ

名前が覚えられなくて誰が誰のことかわかりませんが(汗)、ヒロインとイケメンドワーフの恋の行方はウルウル来ましたね。
二人が結ばれていたら、ちょうど人間みたいな子が産まれそう。小柄な赤毛の美少女とか。
ワープ魔法が使えたら、最強軍団も早く駆けつけられたのに!

>宵乃さん

最後は、ものすごい決闘をしていましたよね。(たぶん。まだ忘却していないと思いますが。)
星4つ、つけてたんだ…。かなり好きだったんだ…。(おいっ、忘れるんじゃない)
最強軍団、そばに置いとけばいいのにねえ。そうもいかないんでしょうか、いかないんでしょうね。(自己完結しました。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2806-3702b96d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ホビット 決戦のゆくえ』

旅立つ者に愛を。 本格的な旅はこれから始まる。ここで終わるのは冒険である。 指輪を捨てる旅が終わった時のような淋しさとはまた違う、この大切な仲間と過ごした日々が終わる淋 ...

映画「ホビット 決戦のゆくえ」@109シネマズ川崎

 109シネマズさん主催のIMAXデジタルシアターでの試写会だ。客入りは前3列以外満席だ。

『ホビット 決戦のゆくえ』 (2014)

名作ファンタジーの前日譚、感無量の完結編! 壮大なシリーズの幕引きと前シリーズへのブリッジという意味では、文句のない豪勢な一本ではあるのだが…。 J・R・R・トールキン著のファンタジー小説の古典の映画化として、歴史に残る傑作となった『ロード・オブ・ザ・リ...

『 ホビット 決戦のゆくえ 』愛だけが真実のものだから

ホビット 決戦のゆくえ~ THE HOBBIT:THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES ~     監督: ピーター・ジャクソン    出演: イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ベネディクト・カンバーバッチ、ルーク・エヴァンス、エイダン・タ…

劇場鑑賞「ホビット 決戦のゆくえ」

旅が、終わる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412130000/ 送料無料!!【予約要確認】【CD】映画 ホビット 決戦のゆくえ オリジナル・サウンドトラック/サ...価格:3,240円(税込、送料込)

ホビット 決戦のゆくえ

ホビット 決戦のゆくえ@新宿ピカデリー

ホビット 決戦のゆくえ/イアン・マッケラン

『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚でフロドの父ビルボと仲間たちの冒険の旅を描くホビットシリーズの第3章完結編です。この長編大作もついに終わってしまうんですね。前作『ホ ...

ホビット 決戦のゆくえ

評価:★★★☆【3.5点】(F) こういうファンタジー・アドベンチャーは

ホビット 決戦のゆくえ ★★★★★

J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(たん)をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた...

ホビット 決戦のゆくえ (試写会)

金より愛です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies12月13日公開 監督: ピーター・ジャクソン 竜に奪わ

物欲戦争。『ホビット 決戦のゆくえ』

『ホビット』3部作の最終章です。

ホビット 決戦のゆくえ

ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、“湖の町”のバルド(ルーク・エヴァンス)が竜のスマウグ(声ベネディクト・カンバーバッチ)を倒したことから、ついに王国を奪い返す。 しかし、竜の病にとりつかれてしまったトーリンは、エルフと人間を拒否してしまう。 三者の対立が激しくなる中、...

ホビット 決戦のゆくえ

戦うしかないのであります!  

ホビット 決戦のゆくえ  監督/ピーター・ジャクソン

【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー  リー・ペイス 【ストーリー】 ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズやドワーフのトーリン...

ホビット 決戦のゆくえ

とうとう三部作の終わり。 12月25日に観てきました。 感想を書こうと物語のあのシーンこのシーンと思い出していたら、涙が次から次へと溢れてしまいました。。 もちろん映画館でも旅のたどり着いた先のその物語に胸が一杯になりました。でも家に帰って来てまで、その物語に涙するなんて。 このような余韻を残す物語は大好きです。 そしてこれで彼らとお別れなんだと思うと、寂しくて...

ホビット 決戦のゆくえ・・・・・評価額1800円

時の輪が、遂に閉じる。 2001年の「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」以来、J・R・R・トールキンが創造した“中つ国”を舞台に、13年に渡って繰り広げられた壮大な冒険譚がいよいよ完結。 本来、「ホビットの冒険」「指輪物語」の順に書かれた原作は、映画化にあたっては順序が逆となったが、ピーター・ジャクソンは、「ホビット」の中に未来の話である「ロード~」を組み込む事で、作品自体が指輪の...

ホビット 決戦のゆくえ

結局、ドワーフ13人全員の顔と名前が覚えられなかった。

「ホビット 決戦のゆくえ」 Hobbit : The Battle of the Five Armies (2014 WB)

前作「竜に奪われた王国」はこちら。トールキンの、指輪をめぐる中つ国(ミドル・アース)の物語ついに完結。全6本、よくぞ付き合ったなおれも。指輪が象徴するものって、葉っぱ系?(笑)原題はThe Battle of the Five Armiesだから、直訳すれば五軍の戦い。三国志です...

ホビット 決戦のゆくえ

【概略】 火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる! ファンタジー ついに終わるホビット…しかし前作の後半からグダグダしちゃったので(私はね)まった...

ホビット 決戦のゆくえ

THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 2014年 アメリカ/ニュージーランド 144分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/12/13) 監督: ピーター・ジャクソン 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン 脚本: ピータ...

ホビット 決戦のゆくえ

壮大なる冒険が終わった。 キリの良い1000番目の記事に ホビットを持ってこれた事が嬉しい♪ THE HOBBIT:THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 監督:ピーター・ジャクソン  製作:2014年 アメリカ・ニュージランド 上映時間:144分 原作:J.R.R.トールキン 出演:*マーティン・フリーマン *イアン・マッケラン *リチャ...

映画評「ホビット 決戦のゆくえ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ=ニュージーランド合作映画 監督ピーター・ジャクスン ネタバレあり

先週観た映画 〜12/13

  きゃー、12月も半分過ぎました! はやいぃっ! 「ぼくを探しに(Attila Marcel/13)」   シルヴァン・ショメ監督初の実写作品。監督らしいテイストはそのままで、   どのシーンを観てもアニメ的なものに脳内で変換されてしまう不思議な感じ。   「ベルヴィル・ランデブー」のサントラに入ってる曲がタイトルなのね。   サントラ聞きまくってたけど暴力夫の歌だとは知...

一言映画感想(1/10~1/12)

vistaがいよいよ4月にはサポート終了でメッセージが出るように。終了後もオフラインで使い続けるつもりなら、そろそろいらないソフトをアンインストールしていった方がいいと思います。とくにメーカーPCは余計なソフトを削除すれば軽くなるかも。スタートメニューのすべてのプログラムを片っ端から起動してみて、使わないものや使えなくなくなるものをコントロールパネルの「プログラムをアンインストール」から削除...

「危険なプロット」 «  | BLOG TOP |  » 舞台「ぽっくり仰天島」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード