topimage

2017-08

「嘆きのピエタ」 - 2014.12.22 Mon

彼の映画は、あまり見ていないけど、さすがはギドクというべきか、「ぎぃ~毒!」とばかりに、ふさわしい名前。

ピエタって、なんだっけ?と見たあとで調べて、なるほど、と。
キリストなら、「わたしの肉を食べ、…」ということか。細かい意味では違うけど。

このあと、ネタばれ。


イメージ
映画のシーンにはない、イメージ映像ですね。

この男の高利貸し、取り立ては、払えないほどの利子をつけておいてから、相手を機械事故としての障害者にして、保険金で返してもらうという、卑劣きわまるもの。
ヘドが出るほど嫌な奴だが、天涯孤独の生い立ちがそうさせる要因であるようだ。
そこへ、産んですぐ彼を捨てた母と名乗る女が現れて。
演じるチョ・ミンスさんが素晴らしい。(…美人のお母さんでもあるし…)

自慰から近親××(未遂?)から人肉食いから、やりたい放題。
しかも、自慰には母を名乗る女も加担(!?)。
…ギドクってマザコンなのか?と少し思う。

終盤の、母の気持ちの独白には、涙せずにはいられない。
誰か個人の母親というより、より大きな、母の愛、大いなる母だ。

母

それにしても、あの贖罪のやり方までも過激であることよ。
移動するから、十字架を背負って歩いたイメージに近いか?
あんなに長々と血の跡はつかないだろうと思ったが、ここもリアルでなくてもいいのだろう。

怒りと憎しみ、無慈悲から始まって、大いなる母の愛、そして、贖罪。
強烈な映画ではあるが、いまのところ、また見たいというものではないし、そういうところで好き度は多少、下がる。

(12月20日)

PIETA
2012年 韓国作品
監督 キム・ギドク
出演 チョ・ミンス、イ・ジョンジン、ウ・ギホン、カン・ウンジン、チョ・ジェリョン

参考:嘆きのピエタ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2012 KIM Ki-duk Film All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ギドク興味あるけど、借りてきてまで見るつもりはないんだよな。

テレビでやったら録画するためには、どんなタイトルの映画を作ったのか把握しとかないとだな。

記事を見てみると、結構意外な映画も並んでいて面白いですね。
恐怖の黒洋館にバーバリアンまで見てますね!
WOWOWかな。

ギドク

どっちかというと苦手です。
修羅を売りにしているっぽい傾向でしょ?
疲れてる時にはちょっとスルーしたいかも。

>とらねこさん

WOWOWです。
ホラーものも興味はあるので、ときどき録画しています。
われながら、いろんなのが並んでいますよね。

>rose_chocolatさん

修羅…そうなのかも。
たしか、ギドク作品は観たのが、まだ2本目か3本目なので…。
疲れてるときはキツイですよね~。

ボーさん、こんにちは!

初ギドク作品でした。ぎぃ~毒!でしたね(^▽^;)
やりたい放題もあって、生々しくて濃かった。
最後に大きな母性を感じさせてくれた所が良かったです。

韓国映画らしい強烈さがあったけど
その点でも「母なる証明」のほうが好きです。

>YANさん

こんばんは!
「母なる証明」は見ていないんですよねー。
韓国映画は好きこのんでは見ませんが、インパクトのあるものは多い気がしますね。そういうのが多く公開されているということかもしれませんが…。

まー、強烈でしたねー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2808-45da9615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嘆きのピエタ

天涯孤独で生きてきたガンドは借金を返せない人間を障害者にさせて保険で支払わせる冷酷な男。ある日彼の前に、母親を名乗る謎の女が現れる。やがて女の献身的な愛によって、心を閉ざしていた男の感情に変化が生まれ、人間性を取り戻して行くのだが…。 ピエタ(聖母マリアがイエスの亡骸を抱く彫刻や絵のこと)から触発されて作られた母と子の物語。 冒頭、障害者となった青年が首を吊る…それが大きな伏線になってい...

嘆きのピエタ

嘆きのピエタ@ハンマダンホール

嘆きのピエタ ★★★★

独創的な作風で世界中から注目を浴びる韓国の鬼才キム・ギドク監督による、第69回ベネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた問題作。昔ながらの町工場が並ぶソウルの清渓川周辺を舞台に、天涯孤独に生きてきた借金取りの男の前に突如母親と名乗る女性が現われ、生まれて初めて母...

映画評「嘆きのピエタ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2012年韓国映画 監督キム・ギドク ネタバレあり

嘆きのピエタ

PIETA 2012年 韓国 104分 ドラマ R15+ 劇場公開(2013/06/15) 監督: キム・ギドク 『うつせみ』 脚本: キム・ギドク 出演: チョ・ミンス:チャン・ミソン イ・ジョンジン:イ・ガンド ウ・ギホン:フンチョル カン・ウンジン:ミョンジャ クォン・セイ...

嘆きのピエタ

2013年7月1日(月) 14:35~ 109シネマズ川崎9 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 この絵が映画の全てを語る。愛の物語である。 『嘆きのピエタ』公式サイト 現存する映画監督の中で、世界で一番奇天烈な作家キム・ギドク。 その強烈なインパクトは、今回も炸裂。 酷いバイオレンスありの、正しい韓国映画。 そして、キム・ギドクらしい、救われたような見捨て...

【 嘆きのピエタ 】全ての「始まり」で「終わり」

嘆きのピエタ~ PIETA/피에타 ~     監督: キム・ギドク    出演: チョ・ミンス、イ・ジョンジン、ウ・ギホン、カン・ウンジン、チョ・ジェリョン、イ・ミョンジャ、ホ・ジュンソク、クォン・セイン、ソン・ムンス、キム・ボムジュン、ソン・ジョンハク、チン・…

嘆きのピエタ

嘆きのピエタ(2012 韓国) 原題   피에타 英題   PIETA 監督   キム・ギドク 脚本   キム・ギドク 撮影   チョ・ヨンジク 音楽   パク・イニョン 出演   チョ・ミンス イ・ジョンジン       ウ・ギホン カン・ウンジン       クォン・セイン チョ・ジェリョン ...

母の懐~『嘆きのピエタ』

 PIETA  町工場経営者からの借金取り立てを生業とするイ・ガンド(イ・ジョンジン)は、 天涯孤独な青年。30年間独りで生きてきた彼のもとに、ある日突然 「母」 を 名乗る女(チョ・ミンス)がやってくる。  人は皆、女から生まれ、子を産んだ女は母となる。母のない子はいない。血 肉を分けた母と子が、求め合うのは当然のこと。しかし我らがギドクが描く...

13-401「嘆きのピエタ」(韓国)

目の前で愛する人を失くすと抜け殻になる   生まれてすぐに親に捨てられ天涯孤独に生きてきたイ・ガンドは、法外な利息を払えない債務者に重傷を負わせ、その保険金で借金を返済させる取り立て屋をしている。  そんなガンドの目の前に、母親を名乗るミソンという女が現れた。  ミソンの話を信じられず、彼女を邪険に扱うガンド。しかし彼女は電話で子守歌を歌い、捨てたことをしきりに謝り、ガンドに対し無償の...

『嘆きのピエタ』 (2012) / 韓国

原題: 피에타 / PIETA 監督・脚本: キム・ギドク 出演: チョ・ミンス 、イ・ジョンジン 、ウ・ギホン 試写会場: 駐日韓国文化院ハンマダンホール 『嘆きのピエタ』公式サイトはこちら。 トーキョー女子映画部さんで当たって...

嘆きのピエタ

罪と赦しと救いの先にあるものは・・・

嘆きのピエタ(2012)**PIETA

皆さんお元気でしょうか?久しぶりの投稿です。母の病気でばたばたしています。その間をぬって久しぶりに映画を鑑賞してきました。 キム・キドク監督の作品です。そういえばキム監督作品を観るのは、悲夢以来鑑賞です。なんでもこの作品はあのヴェネチア映画祭で金獅子...

嘆きのピエタ

母性が操る物語はかなり濃密で衝撃的    PIETA 監督:キム・ギドク 製作:2012年 韓国 上映時間:104分 出演:*チョ・ミンス *イ・ジョンジン 十字架から降ろされたイエス・キリストを抱く聖母マリア像であり 慈悲深き母の愛の象徴でもある「ピエタ」をモチーフに、 心を失った男とその母を名乗る女の姿を描く。 最後まで緊張感が途切れる事なく続く良作...

「グリフィン家のウエディングノート」 «  | BLOG TOP |  » 「危険なプロット」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード