topimage

2017-10

「グリフィン家のウエディングノート」 - 2014.12.23 Tue

いろんな女優さんと会えたことで満足しとけばいい。

まずは、なんたって私の彼女アマンダ(・セイフライド)です。
主役の一家のうちの男の子と結婚するという役柄で、彼の実母(コロンビア人)に対して、がんばって覚えたのであろうスペイン語?で結婚の誓いを立てるという、いい子です!!

アマンダ

デ・ニーロの彼女で、スーザン・サランドンさん。あいかわらずグラマーですね。
彫りが深い顔立ちで、まだまだ健在!

夫との仲に悩む長女で、キャサリン・ハイグルさん。はじめっからフラフラしたり吐いたりで、なんなんだろう?と思いましたよ。
エンドロールで、ダイアン・キートンさんやスーザンさんより先に名前が出たので、あいや、これ、すごい人気というか売れっ子なんだなあと再確認。テレビドラマ発の人気でしたっけ?

ポスター

いちばん色っぽかったのは、コロンビア娘のアナ・アヨラさん。
ヌードあり(放送時は、ぼかされてたぞ!)の、恋に積極的な女性を演じて悩殺。
でも、コロンビア人がみんな色気(エロ気)ムンムンと決めつけている脚本だと思われませんかね?

先日亡くなったロビン・ウィリアムズが、神父役でニコニコして出てきてたのは感慨があったけど。

お話としては…どうってことないです。

アナ

(12月20日)

THE BIG WEDDING
2013年 アメリカ作品
監督 ジャスティン・ザッカム
出演 ロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、アマンダ・セイフライド、アナ・アヨラ

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


裸のアナ
アナ・アヨラさん、裸で泳ごうとしています。そこのあなた、最後まで読んで得しましたね!? このせいで、「ペーパーボーイ 真夏の引力」のように、この記事のクリック数が増えるのかも。笑

(c) 2012 WEDDING PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

グリフィンってさ、傲慢を象徴することがあるらしいぞ。

デ・ニーロ親父は、そんな感じもするが、全体的にはどうかな。

映画ポスターを見ると改めて豪華メンバーですねーアマンダ可愛いv
ほんと、お話はどうってことなかったですが(笑)
グリフィンてそういう意味も含んでたのかも?!なるほどー。

>まおさん

アマンダが出ていなければ見なかっただろうなー、という一作。
傲慢な人はあんまりいなかったかと思うので、グリフィンの意味は、俺Aの、こじつけな気がします~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2809-4d77aa0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「グリフィン家のウェディングノート」

☆☆(4点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジャスティン・ザッカム ネタバレあり

先週観た映画 〜5/10

  妙な暑さは収まったか…な? でも台風がもう6号なんですね。 うーん、雨風くるかしら。 「グリフィン家のウエディングノート(The Big Wedding/13)」   ロバート・デ・ニーロ、スーザン・サランドン、ダイアン・キートン、   キャサリン・ハイグル、アマンダ・セイフライド、ベン・バーンズ、   ロビン・ウィリアムズ…という面々でなければ途中で観るのやめてたかも...

「婚期」 «  | BLOG TOP |  » 「嘆きのピエタ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード