FC2ブログ
topimage

2019-08

「ラッシュ/プライドと友情」 - 2014.12.26 Fri

ふたりのライバルの生き方の対照が、よく出ている。

こういうレースの映画は、私は「栄光のル・マン」くらいしか思い浮かばなくて、久しぶりだなあと感じる。

ライバル

ジェームス・ハントニキ・ラウダ。ラウダのほうは名前に聞き覚えがある。
レースはテレビでも見たことはなく、ほとんど知識はないが、マクラーレンとフェラーリに所属していたんですね。
クルマに恵まれないと、きっと勝つのは難しいのだろう。
レースで1位2位を争えば、お互いに意識して当然だし、好敵手にもなりうる。

ラウダの場合は、妥協できる以上のリスクがあるレースは無理をしない。
「やめる勇気」もあることを教えてくれる。

ニキカップル

ハントの場合は、楽しくなきゃね!と言って生きる。
実際はナイーブなのに楽しそうに振る舞っているようで…それも、ひとつの生き方。
映画のナレーションでは、2年たって引退したらしく、レースそのものへの執着は少なかったのかも。

本人たちの実像と、どれほど近いのだろうか。

最終戦が日本で開催というのが、なんだか誇らしいような気持ちに。ここで最終順位が決まるなんてねえ。
今は、やってないのかな。

ジェームスカップル

あまりにも、「するりっ」と、上出来なので、余韻が残らないというのか感動しないというのか…無難といってはいけないのだろうが、器用貧乏に近いような監督のせいか? たぶん、私があまのじゃくのせいもあろう。好き度は普通。

(12月25日)

RUSH
2013年 アメリカ・ドイツ・イギリス作品
監督 ロン・ハワード
出演 ダニエル・ブリュール、クリス・ヘムズワース、アレクサンドラ・マリア・ララ、オリヴィア・ワイルド、ナタリー・ドーマー

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.

ブログパーツ

● COMMENT ●

昔ほど観なくなったわ

そうそう、大抵日本GPでチャンピオンが決定することが多かったし、
また富士も鈴鹿も、よく豪雨の中でドラマがありました。
作品は2人のバトル中心だったのが、やや物足りない気もしました~。

「ニキ」で思いだすのは「ニキニキニキニキ、ニキの菓子」ってCM。でも、ニキのお菓子を食べた記憶はない。なんかいろいろダメだ。俺。

>kiraさん

日本で最終戦っていうのは、すごいですね。
いろんな国が「最終戦の権利」を欲しかったのでは?なんて思いますが。
なんかね、上手すぎて私にはピコンと響かないんです。

>ふじき78さん

「にきのかし」というCMありましたねえ!
「かし」が菓子なのか河岸なのか下肢(そんなわけない)なのか分からないんですけど。ニキ・ラウダの菓子だったんでしょうか。

クリス・ヘムズワースさん。

今やソー役で有名になっちゃいましたけど、それ以前から目をつけていた俳優さんだったので、彼の出演作というだけで美味しく頂きました。うふふふ。
あと、私は映画館で観たのですが、大スクリーンで観る価値ありの迫力でした。そういう意味でも、個人的にはかなり高得点の作品だったりします。(レビューしてないけどなっ!笑)

>小夏さん

うーむ。そんなに前から知っていたとわ!
これは、映画館とテレビ画面では体感差がある映画でしょうね。
映画館で観るかどうか迷っていた作品です。
まあ、いまテレビで見ての実感だから、しょうがないな〜。

新年

明けましておめでとうございます!

TBだけだったのは、ボーさんにとっては普通の評価なのに
私が「好き」オーラを出しまくっていたからかな(^^;

これ、昨年のベストに入れました!
実像と近くても離れていても、
2人の戦いに燃えたし、絆にジンときました。
日本が舞台になっていたのも感激☆
(やっぱり温度差が・・・)

では、本年もよろしくお願いします!

>YANさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
あれ、TBだけでしたっけ。年末でなんだか忘れてたのかも。

う~ん、それは…温度差、あります! 確実に!
べストに入りますか。。。評判もよかったし、否定はしませんよう~。

マシンに乗って 調子に乗って

うわ~ クリボー(→クリス・ヘムズワース)Vsダニ二郎(→ダニエル・ブリュール)の対決やわな~(いったい どういうあだ名の付け方じゃいv-12

正反対で反発しまくりやん(ライバル同士ならよくあるパターンやなv-219)
お前がケーキv-274なら 俺は饅頭じゃい みたいな(どんなたとえじゃいv-356)

態度でッけえクリボー、 雨の状況を見て慎重なダニ二郎に 「フン、臆病者がv-427」と挑発(男なら度胸だせよな、オイといわんばかりやわなv-413)
だった やったるわv-412 やりゃいいだろうが~やりゃあ~ とレースに出たダニ二郎・・・もう~売り言葉に買い言葉やなv-394

・・が クラァ~ッシュ クラッシュ クラッシュi-5

 今まで 調子に乗って図に乗りまくってたクリボーが 自責の念だよ ジ・セ・キ(こーゆーヤツって他人の痛みは他人の通みと オレには知ったこっちゃないぜえと言いそうなのになv-219)

しっかし ここからダニ二郎の見せどころ すっげえ~v-405

 事故からたった42日でレースに復帰って・・・すっげえ生命力v-91

 これじゃあダニじゃなくて ゴキブリみてえな生命力だわな~(→失礼)

富士スピードウェイでの決勝も またしても豪雨だったので 今度はリタイヤ(同じ失敗は繰り返さんのじゃな)

でも・・・王座を手放したのはもったいないv-239
で、クリボーの優勝か・・・心境は複雑だよな~(ライバル同士って そうなのかもねv-290

>zebraさん

私もダニ…いや、二木てるみ…いや、ニキ・ラウダと同じく、リタイアしますね。
命あってのモノだね、いや、物種です。
いや、その前にカーレースなんて出ないです。(おい! 元も子もないな!)

レース好きの人が観たら、もっと楽しめるでしょうねー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2812-2c5739ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラッシュ/プライドと友情

【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、すべてが変わった。壮絶なクラッシュ。ラウダは瀕死の重傷により再起は絶望的だった。事故の一因は自分...

劇場鑑賞「ラッシュ/プライドと友情」

互いの存在があったから、高みを目指せた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402020001/ 【送料無料】「ラッシュ」オリジナル・サウンドトラック [ ハンス・ジマー ]価格:2,520円(税込、送料込) CAR MODELING MANUAL カーモデリングマニュアル...

『ラッシュ/プライドと友情』 (2013)

宿命のライバル、その熱き勝負を体感せよ! 思わず胸がヒートアップする、痛快な疾走型ヒューマン・ドラマであった。 自動車レースの最高峰F1(フォーミラー1)における名レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダが火花を散らした1976年。本作はそんな伝説の...

ラッシュ/プライドと友情

お前がいたから、強くなれた。 原題 RUSH 製作年度 2013年 上映時間 124分 脚本 ピーター・モーガン 監督 ロン・ハワード 出演 クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/オリヴィア・ワイルド/アレクサンドラ・マリア・ララ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/クリ...

ラッシュ

 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...

ラッシュ/プライドと友情/クリス・ヘムズワース

F1レーサーのニキ・ラウダがレース中の事故で大火傷を負いながらも見事復活を果たしたという出来事はなんとなく子供の頃の記憶にあるんですよね。何で知ったのだろう?テレビや新 ...

『ラッシュ プライドと友情』

□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェスコ...

『ラッシュ プライドと友情(吹替版)』

□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト(吹替) ジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)堂本光一            ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)堂本 剛■鑑賞日 2月...

ラッシュ/プライドと友情

ラッシュ/プライドと友情@よみうりホール

ポールポジション~『ラッシュ/プライドと友情』

 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハント(クリス・ヘムズワース)。前王者ラウダはハントをリードしていたが、悪 天候の中決行されたドイツGPで、彼...

ラッシュ/プライドと友情

やる気スイッチ入りましたー!  

ラッシュ/プライドと友情  監督/ロン・ハワード

【出演】  クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリヴィア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ 【ストーリー】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング...

ラッシュ/プライドと友情・・・・・評価額1750円

地上で最速、ただそれだけのために。 60年を超える歴史を持つオープンホイールレースの最高峰、F1グランプリを舞台にしたHOT&COOLな人間ドラマ。 通算三度の世界タイトルに輝いた冷静沈着なドライビング・マシン、ニキ・ラウダと、“壊し屋”の異名をとりながらも、火がつくと手の付けられない速さを見せたジェームズ・ハント。 全てが対照的な二人の天才の運命は、今も語り継がれる1976年シー...

ラッシュ/プライドと友情 (試写会)

宿命のライバルは神の恵 公式サイト http://rush.gaga.ne.jp2月7日公開 実話の映画化 監督: ロン・ハワード 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・

クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール主演、ロン・ハワード監督『ラッシュ/プライドと友情 (Rush)』

F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマをロン・ハワード監督が映画化した『ラッシュ/プライドと友情(Rush)』脚本は「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピ

ラッシュ/プライドと友情 (日本語吹替版)

【RUSH】 2014/02/07公開 アメリカ PG12 124分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ お前がいたから、強くなれた...

『RUSH/ラッシュ プライドと友情』('14初鑑賞15・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。

ラッシュ/プライドと友情

1976年。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、年間チャンピオンを巡って激しい首位争いを繰り広げていた。 ランキング1位だったラウダは、ドイツ大会で事故に遭遇し、大怪我を負うが、わずか6週間でレースに復帰し、富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。 F1レーサー、ニキ・ラウ...

ラッシュ/プライドと友情

F1に興味ない自分でも十二分に楽しめる内容だった。

ラッシュ プライドと友情

■「ラッシュ プライドと友情/Rush」(2013年・アメリカ) ●2013年英国アカデミー賞 編集賞 監督=ロン・ハワード 主演=クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール オリヴィア・ワイルド アレクサンドラ・マリア・ララ  1977年頃、少年だった僕らはス...

ラッシュ プライドと友情

生涯の一本を塗り替える・・・って言うのは、気恥しくないかなあ〜。

『ラッシュ/プライドと友情』

(原題:Rush) ----あけましておめでとうなのニャ。 「おめでとう、フォーン。 と言っても三が日は過ぎちゃったけどね。 そろそろ、お仕事モードに移行… ということで、 軽く映画のお話から。 2014年の一本目は、 昨年末に観て大のお気に入り『ラッシュ/プライドと友...

映画評「ラッシュ/プライドと友情」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年イギリス=ドイツ合作映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり

ラッシュ/プライドと友情 (Rush)

監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく…

ラッシュ プライドと友情

1976年、自動車レースF1黄金時代。 人々を夢中にさせたのは、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダ(オーストリア:1949年〜)と、ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント(イギリス:1947〜1993年)、二人の天才レーサーだった。 “墓場”と呼ばれる世界一危険なサーキット、ドイツのニュルブルクリンクで、ラウダの車がクラッシュし、400度の炎に包まれるのだが…。 実話カーア...

「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」 «  | BLOG TOP |  » 「ビザンチウム」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード