topimage

2017-11

「ゴーン・ガール」 - 2015.01.07 Wed

妻が行方不明になる映画と聞いていたけど、こんな展開になるなんて、おもしろすぎ!

ロザムンド・パイクさん、もう個人的に主演女優賞、あげます!

妻

これから、この映画を観ようとしている方は、映画解説も、ブログ記事も、コメントさえ、目にするべきではありません。(え? もう公開から、ずいぶん経って、いまさら遅いって?)
ネタがわかってしまったら、面白さ半減以上。
だから、ここでは間違ってネタを知ってしまわないためにも、ネタはばらしません。ただし、コメントではネタばれの可能性あり。
しかし…それでは感想を書けません。
…では、さようなら。
って、おい!


失踪
「えー、みなさん、ネタばれしないので、安心してこの先へお進みいただきたいと、ええ、そのようにですね、」「しっかりしてよ、お婿さん」

原作は知りませんが、原作者が脚本も書いているようですね。
映画は、やっぱり脚本の面白さが命。

しかし、ロザムンドさんが、こんな役をやるなんて、イメージなかったなあ。
喜んだときに、ひゃっほー!と飛び上がるクセがあるらしいのですが(もちろん、役でですよ)、これが多少わざとらしい伏線になっていました。
これはちょっとマイナス面として印象的。
でも、ほかには引っかかるところは、なし。

真相は

こまかく考えれば、ここはまずいぞ、ここはうまく行かないかも、ということがあるのかもしれないが、あんまり考えないことにすれば、まあいいか。

事件に対する周囲の人々(大衆、野次馬)の無責任な興味、心理も面白い。

そうそう、上の画像の男の警官、「あの頃ペニー・レインと」のパトリック・フュジットなんですね!

とにかく、どうなるんだ、どうなるんだ、と、どんどん目が離せなくなる、おもしろいサスペンス映画でした!

何を思う

(12月28日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

GONE GIRL
2014年 アメリカ作品
監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 ロザムンド・パイク、ベン・アフレック、キャリー・クーン、キム・ディケンズ、リサ・ベインズ

参考:ゴーン・ガール@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2014 Twentieth Century Fox

ブログパーツ

● COMMENT ●

私もまさかロザムンドさんが、40メートルに巨大化して自由の女神と融合するもベン・アフレックの顎には勝てないみたいな、想像もつかない役をやるとは思ってませんでした。

こんにちは♪

先日は放置状態(苦笑)の自ブログに、コメントありがとうございました!
アナ雪の感想読みに来たのですが、どこにあるかわからないv-12

で、この作品ですが・・・・
ボーさんとは反対でしたv-40
つまらなくはなかったのですが、CM観てあまりにも期待が大きすぎたのか・・・
前半ではちょっと睡魔も(ちなみに一緒に行った友人も睡魔が~・笑)

ロザムンドパイクは好きですし、途中からは良かったんですが・・・
期待が大きすぎましたv-17

こんにちわ

ひゃっほ~と飛び上がるクセを見て「身体能力高っ!」と感動したワタシです。
運動神経良い女優さんじゃないと、この役できひんな(???)
ロザムンドを初めて「いいな」と思った作品です。それまでは、なんか表情がないというかお人形のような印象で・・・
顔中くしゃくしゃにして演じる人=上手い人みたいなイメージを持ってるため。
この映画でも無表情なのは変わりないデスが、役柄が合ってましたね。
ストーリーは、想像通りに進んでいきましたがラストがあぁなるとは!!
女って怖い(笑)

>ふじき78さん

いちばん下の画像は、どうやったら、ベンアフの顎を打倒できるか、顎に手を当てて次の手を考えているところですね。

>ひろちゃん

こんばんは!
「さん」つけなくてもいいんですよね?
記事探しは、左欄のカテゴリー「映画感想タイトル検索用リスト (4)」から探すか、同じく左欄「ブログ内検索」でお願いしたいなと、ぜひ。「アナ雪」記事は8個あるので!

大きすぎる期待と睡魔は大敵! 小さすぎる期待とじゅうぶんすぎる睡眠で臨んでください!

>mia☆miaさん

こんばんは。
いきなり飛び上がりますからね。びっくりですわ。
抑圧していた気持ちが爆発するという性格の見せ方だとすれば、すばらしいかも!
人形みたいなというのは、なんとなくわかります。いままでの映画を思い出すと…。
ラストは驚きでしたね。おもしろかったです!

こんばんは。
面白かったし予期せぬ展開でよく出来てましたよね、去年の3位に入れました。
ボーさんのベスト、お待ちしていますよ。


あ、ここにもひろちゃんいた 笑
(先ほどから行く先々にコメが、、、、)

>migさん

こんばんは。
3位ですか! 私も10位以内には入ると思います。
この映画の記事で昨年の映画はすべてなので、ベスト記事は今週末の仕事かな…。

ひろちゃん、あいさつ回りしているのですね、きっと!?

ボーさん、こんにちは!

これは結局ベスト10に入れてましたっけ?

細かい事を言えば、防犯カメラを利用したつもりでも
あれは完全犯罪とはいかないよね~(^^;
まあいいか・・・。

本作は衝撃的な展開が良かったし、
結婚とはみたいな提議があって、面白かったですね!
ロザムンドさんの狂気がサイコーでした。

>YANさん

こんばんは!
これは年間マイベスト7位です。パイクさんはマイ主演女優賞です。
そちらへのコメントに書きわすれました!
よくよく考えてみれば、なにかアナはありそうで…(「アナ雪」じゃないですよ。え、わかってるって…サンドイッチが好きですって?…あ、違う 笑)

そう、展開のおもしろさ。まさか、あんなふうになっていくとはねー。
いや、結婚に幻滅していません、していませんとも。していま…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2818-9204a84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴーン・ガール

原題 Gone Girl 製作年 2014年 上映時間 148分 映倫区分 R15+ 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラー・ペリー/キム・ディケンズ 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周...

「ゴーン・ガール」

監督 デビッド・フィンチャー ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/キャリー・クーン 脚本は原作者でもあるギリアン・フリンが担当。 作者が脚本を担当って良いのでは。だからなのかは分かりませんが、細部にわたってモレがないと言う感じで長時間サスペンスで展開も予想外に進む物語ながら、非常に分かりやすいと思いました。 原作の事は知らなかったのですが...

映画「ゴーン・ガール」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『ゴーン・ガール』 (公式)を本日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー NYで元雑誌のライターをしていたニック(ベン・アフレック)は仕事を失い、2年前に元性格診断クイズのライターの妻エイミー(ロザムンド・パイク)と故郷のミズーリに帰ってきた。しかし、都会...

ゴーン・ガール

ポスター A4 パターンA ゴーン・ガール 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【GONE GIRL】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は 誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日 に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛 けられ、日々続報を流すため取材を続...

ゴーン・ガール ★★★.5

結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描くスリラー。アメリカの女性作家ギリアン・フリンのベストセラーをベースに、理想の夫婦が抱える秘密を暴く。監督は、『ソーシャル・ネットワ...

ゴーン・ガール/ベン・アフレック

劇場予告編で流れる「She」にまんまとすっかりやられてしまいましたが、『ノッティングヒルの恋人』のようなロマンチックストーリーというわけではなさそうです。『ソーシャル・ネ ...

ゴーン・ガール

 ネタバレせずに、この傑作映画の素晴らしさを伝える自信がブログ主にはありません。結婚している人、もしくは、結婚について思いがある人はこのブログに限らず、予備知識を一切いれず、「She」が流れる予告編だけみて映画館にいきましょう。鑑賞後、ウィキペディアをみた…

ゴーン・ガール

ゴーン・ガール@新宿明治安田生命ホール

『ゴーン・ガール』 完璧なブロンド美女

Gone Girl(viewing film) 『ゴーン・ガール(Gone Gi

ゴーン・ガール/GONE GIRL

今月いちばん楽しみだったフィンチャーの新作 デヴィッド・フィンチャー監督作品は「ソーシャル・ネットワーク」も「ベンジャミン・バトン」も 面白かったけど「セブン」「ファイトクラブ」が傑作だと個人的には思ってる★ 最近の「ドラゴンタトゥーの女」(リ...

インターステラー/INTERSTELLAR

 「ダークナイト」3部作、「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督最新作 インターステラーとは、惑星間移動を意味する。 著名な理論物理学者キップ・ソーンの理論を基に、宇宙のワームホー ルを利用して惑星間を旅する人類の限界を超越した冒険を描く...

『 ゴーン・ガール 』完璧な結婚

ゴーン・ガール~ GONE GIRL ~     監督: デヴィッド・フィンチャー    キャスト: ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、キム・ディケンズ、パトリック・フュジット、エミリー・ラタコウス…

劇場鑑賞「ゴーン・ガール」

“結婚”とは… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412120002/ ★USA版★数量限定グッズ★DVD等と並べて飾ってください★ゴーン・ガール 映画ポスター (GONE G...価格:12,800円(税込、送料別)

映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、...

監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあまり...

ゴーン・ガール

夢も希望も無いのである。。  

『ゴーン・ガール(Gone Girl)』デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、他

注・内容について触れています。『ゴーン・ガール』(Gone Girl)監督 : デヴィッド・フィンチャー出演 : ベン・アフレック、ロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリーキム・

ゴーン・ガール

その辺のホラーより怖いわ〜。

ショートレビュー「ゴーン・ガール・・・・・評価額1700円」

愛する妻は、何者か? ※核心部分に触れています。 いやはや、デヴィッド・フィンチャーは毎回驚かせてくれる。 ミステリ映画という事で、情報を可能な限り入れないようにしていたのだが、予想してた内容と全く違う映画だった。
 結婚5周年の日に突然妻が失踪して、はたして夫が殺したのか否か?という話だと思ってたら、まさかの展開。 観ながらどうしても頭をよぎったのが、サム・メンデス監督の「レ...

「ゴーン・ガール」☆「あの妻」はどこに?

少子化問題が叫ばれる中、少子化どころか結婚する人がますます減りそうなこの映画。 ああ、恐ろしやおそろしや。 この恐ろしさはすぐそこに潜んでいる・・・・

ゴーン・ガール

ミズーリ州の田舎町。 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は、誰もが羨む理想のカップルだったが、結婚5周年の記念日に、エイミーが突然行方をくらましてしまう。 部屋には争った形跡があり、大量の血液が拭き取られていることも判明し、警察は他殺と失踪の両面から捜査を開始する。 美しい人妻の謎めいた失踪事件は注目を集め、全米中からマスコミが殺到すると、次第にニックの不可...

ゴーン・ガール (試写会)

間違えて選んでも一生きみのもの 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl12月12日公開 原作: ゴーン・ガール (ギリアン・フリン著/小学館文庫)監督:

「ゴーン・ガール」

とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているのか、などのミステリー仕立てになっているが、途中から加速度的にスリラーになっていく。アカデミー賞のノミネート(主演女優賞)もされたこの作品。面白...

ゴーン・ガール

未だ不明熱のため、 検査と薬漬けの日々を送っております。(^^; 頭がボーッとして胃がムカムカする状態なので PCに集中して向かう事ができませんが、 少し状態が良い時に記事更新をしていこうと思います。 GONE GIRL 監督:デヴィッド・フィンチャー 製作:2014年 アメリカ 上映時間:149分 出演:*ベン・アフレック *ロザムンド・パイク *ニール・パト...

映画評「ゴーン・ガール」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督デーヴィッド・フィンチャー 重要なネタバレあり。鑑賞予定のある方はご注意のほどを。

2014年・映画・好きな順・ベスト43 «  | BLOG TOP |  » 「ベイマックス」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード