topimage

2017-03

2014年・映画・好きな順・ベスト43 - 2015.01.10 Sat

2014年に観賞した新作映画の、個人的に好きな順の順位発表!

「マイ・ベスト10」だけでは、つまらないから、ぜーんぶに順位をつけちゃいなさいよという、恒例のお遊びです。

2014年に見た映画は、映画館観賞、衛星放送での映画観賞など、合計で132本。
前年を11本、上回りました。

映画館で観た新作映画に限り、「好きな順番」を考えてみました。
「また見たいかどうか」が重要な選考基準。
今回は43本あるのでベスト43です。
(全部じゃベストと言わんぞ! と前回と同じくセルフツッコミ。ついでに、今回も、前回の文章をあんまり変えずに手直しして作ってるぞとツッコんでおく。…という文章までほぼ同じかよっ! 笑)

あくまでも、私の今の時点での好きな順ですが、世間一般で、いい映画といわれていても、気にしません。 むしろ、反発する可能性大。

こんな順位おかしいだろ!責任者出てこいや!と、吠えていただいても、責任者は私ですが、あくまでも個人的な好みで決めた順位ですから、なんとも変えようがありません。

2014年、映画館で映画を観た回数は(同じ映画を観た場合でも、その回数分を数えて)、61回。
リピート観賞が11回(「アナと雪の女王」6回、「X-MEN:フューチャー&パスト」2回、「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」1回、「GODILLA ゴジラ」1回、「思い出のマーニー」1回)あるので、映画の本数としては50本、そこから「旧作」7本を引いて、「新作」観賞本数は43本となります。

毎年のことながら、すべてに順位をつけるのは無謀で、たいした意味もありませんが、記事を書いたときの「好き度」の点数を基本に考えてみました。
映画タイトルは、すべて、感想記事とリンクしていますので、興味がわいたらタイトル名をぜひクリックしましょう!

今回も、第10位から第1位まで、ベストテンは画像で順番に紹介してみましょう。

第10位 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
(c) 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

正義の味方ごっこが、どう発展していくのかが興味深かった。2回観たし。
おばかなふりして、おばかじゃない。下品なところはあるけど。


第9位 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

猿の惑星:新世紀(ライジング)
(c) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

クオリティ高し。お猿さんの表情の表現はすでに驚くばかりの完成度になっている。
3部作の中間(2作目)という、はっきりしない位置にありながら、見事な出来。


第8位 「ハンナ・アーレント」

ハンナ・アーレント
(c) 2012 Heimatfilm GmbH+Co KG, Amour Fou Luxembourg sarl,MACT Productions SA ,Metro Communicationsltd.

いわゆる単館系の映画よりメジャー系を観ることが多いが、単館系でこれほど真面目(?)な作品を観たのは昨年唯一といっていい。あることについて、言われていることを鵜呑みにするのではなく、自分自身で考えること。


第7位 「ゴーン・ガール」

ゴーン・ガール
(c) 2014 Twentieth Century Fox

目を見張るような展開に、こんなにワクワクして楽しんだのは、それほど多くない。
何か書こうとするとネタばれになりそうで、サスペンス映画として、おもしろすぎる。


第6位 「X-MEN:フューチャー&パスト」

X-MEN:フューチャー&パスト
(c) 2013 TWENTIETH CENTURY FOX

X-MEN、大勢出てきたし、楽しかったね! 3回観た。
こういう形で終わったら、次(があったら)、どんな話にするのかにも期待。ミスティークには引き続き活躍してもらいたい。


第5位 「インターステラー」

インターステラー
(c) 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ノーラン兄弟らしい壮大さで、宇宙への冒険を見せてくれた。
スケール感が、映画館で映画を楽しむ醍醐味のひとつであることを実感させてくれる。


第4位 「GODILLA ゴジラ」

GODILLA ゴジラ
(c) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC

ハリウッド版ゴジラは、かっこよかった。堂々として強かった。感激。2回観た。
日本生まれの怪獣が、いいかげんな形でなく映画化されるのはうれしい。


第3位 「LIFE !」

LIFE!
(c) 2013 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

ベン・スティラーの映画で、これほどいいとは想像していなかった。すまねえ!
観ていて、さわやかに、前向きで素敵な気分になれる感動、かなり希有だと思う。


第2位 「思い出のマーニー」

思い出のマーニー
(c) 2014 GNDHDDTK

もうね、大好き。ひとりで観たら号泣だわな。愛の深さ。
原作も読んだが、映画のほうが劇的でいい。2回観た。


第1位 「アナと雪の女王」

アナと雪の女王
(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

自分としては、まさかのアニメ映画ワンツーフィニッシュ。
2014年は、この映画に惚れ込んだ。3月から10月までの長い間に、映画館で7回観たからねえ。
映画館で何度も観たい、何度観ても飽きない、というのが、最高の映画でしょう。
「とびら開けて」の歌の動画も、何か月も毎日のように観ていた。



続きまして、43本すべての順位を発表!

「アナと雪の女王」
「思い出のマーニー」

「LIFE !」
「GODILLA ゴジラ」
「インターステラー」
「X-MEN:フューチャー&パスト」
「ゴーン・ガール」
「ハンナ・アーレント」
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
10「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」
11「マチェーテ・キルズ」
12「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」
13「ホビット 決戦のゆくえ」
14「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
15「her/世界でひとつの彼女」
16「マレフィセント」
17「ウォルト・ディズニーの約束」
18「ジャージー・ボーイズ」

19「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」
20「鑑定士と顔のない依頼人」
21「6才のボクが、大人になるまで。」
22「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
23「ホビット 竜に奪われた王国」
24「トランスフォーマー/ロストエイジ」
25「ラヴレース」

26「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
27「ベイマックス」
28「ハンガー・ゲーム2」
29「女子ーズ」
30「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」
31「レイルウェイ 運命の旅路」
32「LUCY/ルーシー」
33「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」
34「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」
35「トリック劇場版 ラストステージ」
36「ホットロード」
37「ニンフォマニアック Vol.2」
38「キャプテン・フィリップス」
39「鷹の爪7~女王陛下のジョブーブ~」

40「ロボコップ」
41「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」

42「ニンフォマニアック Vol.1」
43「アメイジング・スパイダーマン2」

観ていない映画は、たくさんあるわけで、そうした映画が入ってきたら、どういう結果になったか? とは毎年考えることですが、見方を変えると、どうしても観たいものは何としても観るだろうから、観ていないという時点から、すでに私の選考からは、はずれた作品としていいのではないかと捉えておきます。(この文章も毎年流用ですが。)

順位を1行あけて区切ってあるのは観賞時の「好き度」の点数による区切り。
1~2位は4.5点(星4つ半)をつけています。(2位は2回目観賞時に4.5点に上げました。)
3~18位が4点、19~25位が3.5点、26~39位が3点、40~41位が2.5点、42~43位が2点でした。

21位以下は、順番はこんなもんかなと。だいたいの順です。
3点が「普通」評価ですから、ずっと下にある39位だって「普通」なのです。下にあると評価が悪いみたいに見えますが、それほどでもないのですよ。


ちなみに、43本の順位の中に、旧作7本を加えると、以下のようになります。プラスした7本は、分かりやすいように、映画タイトルの後に(旧作)と書いておきます。

「ウエスト・サイド物語」(旧作)
「マンマ・ミーア」(旧作)

「めまい」(旧作)
「あなただけ今晩は」(旧作)
「恐怖の報酬」(旧作)
「アナと雪の女王」
「思い出のマーニー」

「LIFE !」
「GODILLA ゴジラ」
10「インターステラー」
11「X-MEN:フューチャー&パスト」
12「ゴーン・ガール」
13「ハンナ・アーレント」
14「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
15「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」
16「マチェーテ・キルズ」
17「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」
18「ホビット 決戦のゆくえ」
19「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
20「her/世界でひとつの彼女」
21「マレフィセント」
22「ウォルト・ディズニーの約束」
23「ジャージー・ボーイズ」

24「泥棒成金」(旧作)
25「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」
26「鑑定士と顔のない依頼人」
27「6才のボクが、大人になるまで。」
28「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
29「ホビット 竜に奪われた王国」
30「トランスフォーマー/ロストエイジ」
31「ラヴレース」

32「マーニー」(旧作)
33「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
34「ベイマックス」
35「ハンガー・ゲーム2」
36「女子ーズ」
37「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」
38「レイルウェイ 運命の旅路」
39「LUCY/ルーシー」
40「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」
41「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」
42「トリック劇場版 ラストステージ」
43「ホットロード」
44「ニンフォマニアック Vol.2」
45「キャプテン・フィリップス」
46「鷹の爪7~女王陛下のジョブーブ~」

47「ロボコップ」
48「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」

49「ニンフォマニアック Vol.1」
50「アメイジング・スパイダーマン2」

上位5本が旧作で占められてしまいました! 
好きな映画だから観たわけで、上位に来るのは当然ではありますね。1位、2位は星5つ。


ということで、次回の記事は第10回(2014年)シネマ停留所映画賞を、前年度に引き続き、こぢんまりとアップ予定!

関連記事:第10回(2014年)シネマ停留所映画賞
年度別マイ(ベスト)ムービー検索用リスト


ブログパーツ

● COMMENT ●

そういえば昨年はマリリンに関係する映画がなくて、映画館に行かなかったような気がします。昨年のベストはアナ雪でしたか!うちの楽団もアナ雪と妖怪に振り回された一年だったような気がします。…でも実はまだアナ雪、観てなかった…。これからでも観ておこうかな。

おおお、壮観です!
御本人も驚きのアナ雪とマーニー・アニメの1&2位なのですね。
この10位の中で観た事があるのが2本…(内一本は今年になってから;)
今年もテレビで観られる頃にボーさんの感想にお邪魔しそうです。
たくさん良作に出会えますように!

ボーさん、こんにちは!

おお出ましたね~
私はいつもレンタル鑑賞でその上
昨年は鑑賞数が激減していたけど、
43本の中で観た作品は11本ありましたよ~♪
特に「LIFE!」「鑑定士」「ホビット」あたりが好きなので
半分より上にあって嬉しいです!

これからレンタルになるものを観るのに参考にさせてもらいます!
「ゴジラ」「インターステラー」「ゴーン・ガール」が楽しみ~♪

>たけしさん

ありがとうございます。
マリリンの写真が出る映画はありました。「LIFE !」とか。
ちょっとだけじゃ映画館では観ないと思いますが、時間をつくらないとDVDになったあとでも見ないですよ~。

アナ雪は、ぜひ見てください。映画を見たのと見ていないのとでは、絶対に演奏が違ってくるはず!

>まおさん

ありがとうございます。
毎度ながら、数が並べば一応、体裁はとりつくろえる、と。(笑)

ほかの映画は、アナ雪、マーニーの日米アニメには、かないませんでした。

テレビやDVDなどで見たら、ぜひ、いらして、なんだかんだ書いてください。
今年もよい映画に会いたいですね!

>YANさん

おはようございます。
ありがとうございます。
出ましたね~って、お化けみたいに。笑
書いて精魂つきはてたうえ、風邪でなお精魂つきはてているので、こちらからのベスト記事訪問は、おあずけになっています…。

「LIFE !」は素直によかったと思えますね。マリリンが出たからじゃなくて。

「GODILLA ゴジラ」はレンタルで見て、どうかな~。そもそも怪獣もの好きでないと。あ、「パシフィック・リム」はだいじょうぶでしたっけ?
「インターステラー」「ゴーン・ガール」は、まだ公開中ですから、レンタルはまだ先ですね。

今年もよろしくお願いします

とうとう出ましたね!
今年も「年のずれた被り方」をしましたよ。
私は13年のベストに『ハンナ・アーレント』を入れました!毎年一本ですが、こういう関わり方も面白いですね。

猿惑、ゴジラは私も大好きな作品でした。
LIFE!やゴーンガールもいいですね。
アニメが1・2って、ボーさんにはとっても珍しくありません?

twitter・ブログ共に、仲良くしてくださりありがとうございます♪
今年も変わらず、どうぞ宜しくお願いします!

こんばんは、ボーさん
TBつけられない状況なんですね、コメありがとうです。
わー。一位はわたしはDVDで見たけど話題のわりには、、、とあまりハマれずでした〜💦好みですよね。
3位のベン作品。嬉しいな!
ベン監督作ってどれも面白いですよ!ぜひ制覇してみて下さい!!

ボーさんらしさのあるランキングですね☆

>とらねこさん

ありがとうございます。
あ、「ハンナ・アーレント」は1年前に入っていましたか! そういうのも楽しいですね。
全体的に、観ているのがメジャーなエンタメ系が多いので、「ハンナ~」は貴重な作品でもありました。
アニメの1位2位なんて、はじめてですよ。そもそもアニメ映画を観る数は少ないですし。

今年もよろしくお願いします!

>migさん

おはようございます。
ありがとうございます。

gooに、一度にまとめてTBすると、スパムと思われるみたいです。
映画ブログはgooに多いので、しょうがないと思うんですけどねえ。

アナ雪は、人気が出ると嫌になりがちな、あまのじゃくな私としては、嫌いになっておかしくないのですが(笑)、最初から気に入っていました。

ベン監督作…見ていないものをチェックしてみましょうか。
「LIFE !」は、ほんとによかったです。

私も。

ベスト10記事ではないのですが、TBさせてくださいね。

「LIFE!」はようやく先日、WOWOWで見たのですが納得の3位ですよ。あれ、良かったです。

この企画、いつも思うのですが面白いですね。
自分が見た映画がどの辺にいるのか見るのも楽しいです♪

>kiriyさん

ありがとうございます。
「LIFE !」は、ちょうどWOWOWで放送しはじめましたよね。
私も録画はしてあります。

観た映画すべてに順位をつけている野郎なんか、ほかには(あんまり)いないでしょう。でも、ほんとに同じ星の数の映画の中の順番は、感覚で「なんとなく」が多いですから。

gooブログ

それは困っちゃいますねー。
解禁されるといいですけど。
もし自己申告じゃない申し出が必要なら、gooに言いますので、その際は言ってくださいね。

今年はほんとかぶりませんでしたね。
まあ、しょうがないんですけどね。好みの問題もあるし。
でも観たけど書いてない記事いっぱいあって、『インターステラー』とか『ニンフォ・・』とか、まあまあよかったのに書くパワーがないw
ということですが今年もよろしくね~

壮観!

こんなに順位づけ出来るなんてすごいです!
めんどくさがりーなわたしはベスト5にさえ、順位付けできなきという。ふだんは気分で即決しちゃうタイプなのに。
ディズニー系、色々見てるんですね。わたしは今まであまり見てなかったのですが、子どもと見ることが増えそうなので、色々参考にさせてもらいたいと思います♪

>rose_chocolatさん

いちおう返事をきのう、いただきまして「あくまで目安となりますが、10分間以内に、3件以上トラックバック送信等実施された場合、規制対象になる可能性がございます。例えば、3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信」をしてほしいと…。まずTBをいろいろ送るブロガーにとっては、映画ブログが多いgooに対して、これでは一度の作業では送れませんよね。そしたらTBなんかするかい、と減っていくんじゃないでしょうか。
…と言っていたよ、とgooに意見していただくとありがたいです。
この、もらった返事もブログのトップに書いとこうかしらん。

ということで、今年もよろしくです!

>ihuruさん

いやいや、もう、適当です。
星の数はすでにつけてあるので、同じ星の数の映画の中で順番を考えて、なんとなく並べていけばいいんです! 即決しちゃいましょう!(笑)

ディズニーは、子ども向き!なイメージで好きじゃなかったんですが、いまは一般(実写)映画も含めて巨大な映画勢力でもありますし、アニメのほうも大人が耐えられるもののようなので、チェックしていきたいです。

「ウエスト・サイド物語」が1位獲得ですか~。

以前、どこかに書き込んだ気がしますが「午前10時の映画祭」が始まった頃、宣伝でジョージ・チャキリスが来日してくれたんですよね。その時に彼が訪れたという公園を、先日通りかかり、「ここって、そういえば…」と思い出しました。

v-55で知りましたが、市村正親さんは、劇団四季時代のファンから
「市村さんのベルナルドが、もう一度観たい」とせがまれるそうです。
「もう、脚上がりませんから!」と笑いつつ、音楽が流れた途端、脚が上がっていました。
音楽v-341といい、振り付けといい、不思議な力を秘めた作品ですねー。

>モペ改め「謎の」ミトンさん

星5つですからね~。
チャキリスが来た公園…どこだろう…そこで踊りまくっていたのを目撃していたのは私…ではない…。

市村さん、中南米人が似合いそうですよね! いや、なにも日本人離れしていると言ってはいません! (いや、言っているのか…?)

こういう映画が、もう50年以上前だとは、感慨無量、心をうつ映画は昔も今も変わらず、技術の発展とはあまり関係ないなあと思いますね~。

こんにちは

順位を付けるのは大変ですよね。50位までつけられるなんてすごい!
人それぞれの好みがありますし皆さんのランキングは興味深いです。
「LIFE !」は私も好きです。

>yukarinさん

こんにちは。ありがとうございます。
いえいえ、遊びでテキトーなんで。やってみたら、いいですよ!?
「LIFE !」は録画してあります。すぐには見直さないだろうなあと思いますが…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2819-9f5c76b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

極私的 2014年 映画鑑賞 ベスト10!

完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10です(since 2008) 今年もなかなかの豊作だったなと! 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。 あくまでも「極私的 」ですので、旧作のDVD、そして禁じ手?のNetflix...

今年のベスト1・・・映画編

今年も映画鑑賞の総括を試みることにした。

2014年マイベスト10

 2014年は劇場で209本鑑賞したほか、試写会で16本見ました。洋画は印象的な作品が多かったのに、邦画が今一つだったのが、今年の総括。ベスト10のなかに邦画は1本しか入りませんでした。まだ、今年見た分の感想を全部アップしていませんが、31日なので、ベスト10を発表し…

2014年映画鑑賞記録

2014年も多くの映画作品を鑑賞しました。 今回は自分が2014年に鑑賞した映画を振り返ります。

NEW YEAR 2015 & 2014_BEST MOVIE (お気に入り洋画・日本映画)

2014年_洋画・日本映画ベスト10 ●2014年_洋画お気に入りベスト10① インターステラー② ゴーン・ガール③ ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー④ 6才のボクが、大人になるまで⑤ エレニの帰郷

2014 MY BEST MOVIE TOP 10

詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412260000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「インターステラー」オリジナル・サウンドトラック [ ハ...価格:2,592円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX 【Blu-ray...

2014 真紅のthinkingdays Best 10 of the movie

 改めまして、あけましておめでとうございます。遅ればせながら、2014年の 映画ベストを選んでみました。タイトルは記事にリンクしています。  昨年、劇場鑑賞した映画は83本。うち洋画は67本(80.7%)、邦画は16本 (19.3%)。自宅鑑賞を含めると、95本の作品を鑑賞しました。 劇場鑑賞数は横ばいで、忙しい割に結構観ているな、という印象(これでも)。 まぁ、映画好きな...

2014年に見た映画の記録

さっぱり更新の出来なかったこのブログですが、一応2014年に見た映画の記録は残しておこうと思います。 昨年は他のお出掛けや諸々あったので、映画館での鑑賞も含めて映画自体を見る機会が少なかったと思います。 1 鑑定士と顔のない依頼人 ブログに感想を書きました。 2 キック・アス/ジャスティス・フォーエバー ブログに感想を書きました。 3 ホビット「竜に奪われた王...

2014年my映画ランキング

映画祭・特集上映・日本未公開部門編ランキングに引き続いて、こちらが一般公開編のランキングです。 個人ランキングのTB、集計用はこちらを使って下さい。 選出対象となる本数ですが、 308本(2014年劇場公開総鑑賞本数) − 10本(複数回鑑賞) − 83本(映画祭・...

2014年度 個人的映画BEST(*^-^*)

本年も ”個人的”BEST MOVIEを決める時期がやってまいりました。

2014年洋画・邦画総合ベスト作品

年末の大掃除や年賀状作成なんかと並行しながら行っているベスト映画選出も、2006年から数えて自分も今回で9度目ともなり、だんだん恒例と呼べるだけの年月を歩めている今日この頃な気がします。・・・まあとは言いましても、『ジャンル単調』、『鑑賞数少なめ』、『シネコン重視』と、以前偏りの激しい鑑賞スタイルなことに変わりは無く、鑑賞作品を振り返ってみると今年もまた相変わらずと言った所ですねぇ。週末に1...

2014年 この映画がアレだ! 幕内編

めいごたちが襲来しててんてこまいの中、逃げ隠れながらこの記事を書いてます… 今年

2014 unforgettable movies

都知事選で始まり、衆院選で終わった印象の2014年。 景気は良いんだか悪いんだかイマイチわからなかったが、とりあえず映画界には「アナ雪」と「妖怪」という二大旋風が吹き荒れ、途中停滞した時期もあったものの、まずまず活気ある年だったのではないか。 昨年「風立ちぬ」と「かぐや姫の物語」という、共に映画史に残る傑作を発表したスタジオジブリが、長編アニメーションからの撤退を発表という残念なニュース...

2014年ベストシネマ15(洋画編)

2014年ベストシネマ15(洋画編)   2014年は洋画61本、邦画62本と意外に終わってみれば僅差の鑑賞でした  邦画同様、洋画の作品もバリエーションに富んだ1年だったように感じました。  最近は、年末年始に洋画も邦画もビッグタイトルが少なくなり、...

「2014年ベスト・ワーストな作品、ランキングはかなり悩みましたスペシャル」

また今年もやって参りました2014年の総決算ともいうべきベストワーストランキングでございます。

第10回(2014年)シネマ停留所映画賞 «  | BLOG TOP |  » 「ゴーン・ガール」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード